もりおかのバス停 その280

もりおかのバス停 その280 西松園四丁目北


西松園四丁目の縦のメインストリートにある。
近くには、やよい幼稚園とか。
どうやらこちら側にしかポールはないようだ。

平日は6時から20時まで1時間1本のバスが来る。
なかなか綺麗な時刻表だなと思った。

■松園支線C(松園バスターミナル)

もりおかのバス停 その279

もりおかのバス停 その279 前九年三丁目


厨川中学校方面からだと、くどう医院を過ぎたあたりある。
市内方面は手書きの文字のバス停でそれがやけに印象に残っている。
今はどうだろうか。

このあたりを見渡すと、なんだかんだで思い出がある場所もあったりする。
僕にとってはそんな場所の入口。
前九年公園や江南義塾盛岡も近い。

<2015年当時>
■日赤経由みたけ線 414(都南営業所)
■青山町線 201(盛岡バスセンター)
■青山町線 203(盛岡バスセンター)
■青山町線 209(盛岡バスセンター)
■盛岡北高線 212(盛岡バスセンター)
■みたけ中央線 255(盛岡バスセンター)
■松園北高線(松園営業所)
■青山松園線(松園営業所)
■青山町線 208(茶畑<中野一丁目>)
■青山町線 210(茶畑<中野一丁目>)
■青山町線 220(盛岡市立病院)
■青山天神線 214(附属中学校)
■滝沢中央病院線 217(盛岡バスセンター)

もりおかのバス停 その278

もりおかのバス停 その278 厨川中学校前


東日本大震災で大きな被害を受けた厨川中学校。
校舎は建て替えられ、メインの入口は変わってしまった。
青山町線などが通るバス停は、そういう意味では学校からちょっと遠くなった。

<2015年当時>
■青山町線 201(滝沢営業所、滝沢市役所)
■青山町線 208(滝沢営業所)
■青山町線 210(滝沢営業所)
■青山町線 220(滝沢営業所)
■青山天神線 214(滝沢市役所)
■滝沢中央病院線 217(滝沢市役所)
■青山町線 203(滝沢市役所)
■青山町線 208(アメニティタウン)
■日赤経由みたけ線 414(岩手牧場)
■みたけ中央線 255(岩手牧場)
■盛岡北高線 212(滝沢営業所)
■松園北高線(滝沢営業所)
■深夜バス(滝沢営業所)

(撮影日 2015年11月)

もりおかのバス停 その277

もりおかのバス停 その277 東松園二丁目


松園中央公園、東松園小、松園中、松園地区公民館を擁する東松園二丁目。
ニュータウンのコアっぽい感じがする場所ではある。
バス停は中央公園の入口にひっそりと立っている。

<2015年当時>
■松園羽場線 319(松園営業所)
■松園北高線(松園営業所)
■営業所ターミナル線(松園営業所)
■青山松園線(松園営業所)
■松園循環【右廻り】(松園営業所)
■上田・都南BT線 318(松園営業所)
■松園山岸線 310(松園東県営アパート)
■松園循環【右廻り】(松園バスターミナル)
■松園支線バスAコース(盛岡駅、盛岡バスセンター)
■松園支線バスBコース(盛岡駅、盛岡バスセンター)

(撮影日 2015年5月)

もりおかのバス停 その276

もりおかのバス停 その276 緑が丘二丁目


バス停は、県営野球場方面へ続く道が上田深沢線と分岐してすぐあたりにある。

思えば、この付近はかなり変わった。
薬王堂緑が丘店は、コープ緑が丘だった。
姿を消したのは2009年6月。昔話だ。

そして、東には、日本たばこの関連施設があった。
緑が丘ヒルズとして宅地開発されてしまった。
あそこから見えた岩手山が時々恋しくなる。
これも昔話。

<2015年5月時点>
■松園羽場線 319
■松園北高線
■北山経由東緑が丘線 312
■上田線   301、306
■駅上田線  307、334
■上田・都南BT線 318
■青山松園線
■深夜バス
(いずれも松園バスターミナル行き)

もりおかのバス停 その275

もりおかのバス停 その275 黒石野二丁目


松園へ続く道の途中。
ホーマックやくろいしの保育園の向かい側あたり。
二丁目は東側のエリアで地区活動センターなんかある。

思えば、黒石野みどり台ニュータウンが開発される前に来た。
その風景に感動した記憶があるけど、もうぼんやりだ。

<2015年5月時点>
■松園羽場線 319
■松園北高線
■北山経由東緑が丘線 312
■上田線   301、306
■駅上田線  307、334
■上田・都南BT線 318
■青山松園線
■深夜バス
(いずれも松園バスターミナル行き)

もりおかのバス停 その274

もりおかのバス停 その274 松園南県営アパート前


松園交叉点に下って行く途中にある。
バス停名の由来となっているアパートも高いところに見える。

平成29年6月末現在の県営住宅一覧をみると、松園三丁目の団地名は「松園」。
これは現地確認しなくては。168戸あるらしい。

<2015年当時>
■松園山岸線 310(松園東県営アパート)
■支線1、松園循環【右廻り】(松園バスターミナル)
■松園支線バスAコース【小鳥沢先廻り】(盛岡駅、盛岡バスセンター)
■松園支線バスCコース(松園バスターミナル)

(撮影日 2015年5月)

もりおかのバス停 その273

もりおかのバス停 その273 松園小学校前


松園小学校の前にバス停はあり、校舎も見える。

松園小は昭和49年、岩手県で最初の団地にある学校として開校。
昭和54年には、県内で一番児童数が多い学校【39学級,児童数1565人】に。
その後、東松園小や北松園小もできて、平成29年は15学級、280人。
校歌には「プリズムもよう」という単語もあって、一つの時代の先を走っていたことを感じさせる。

<2015年当時>
■支線1(松園バスターミナル)
■松園支線バスCコース(松園バスターミナル)

(撮影日 2015年5月)

もりおかのバス停 その272

もりおかのバス停 その272 松園二丁目北


松園小学校に面した筋を登って行く途中。
ベンチが置かれて、バス停らしさを醸し出す。

二丁目は縦長の形状をしている。
確かにバス停はその北にある。

<2015年当時>
■支線1(松園バスターミナル)
■松園支線バスCコース(松園バスターミナル)

(撮影日 2015年5月)

もりおかのバス停 その271

もりおかのバス停 その271 西松園三丁目


道路と住宅地の高さのレベルがだいたい同じになってきたあたりにある。
このあたりは高い方と推測され、ここから交番に向かって下り坂。
三丁目は基本的に宅地。バス停はその南端に位置している。

<2015年当時>
■松園羽場線 319(松園営業所)
■営業所ターミナル線(松園営業所)
■松園ゆぴあす線(ゆぴあす)
■松園支線バスBコース(盛岡駅、盛岡バスセンター)
■上田・都南BT線 318(松園営業所)
■松園山岸線 310(松園東県営アパート)
■松園北高線(松園営業所)
■青山松園線(松園営業所)

(撮影日 2015年5月)

もりおかのバス停 その270

もりおかのバス停 その270 西松園二丁目


めぐみ幼稚園のところを曲がったところにある。
西松園二丁目は半分くらいは県営アパートや老人ホームが占めているエリア。
バス停がある付近は両方とも斜面になっているので、その様子はうかがえない。

<2015年当時>
■松園羽場線 319(盛岡工業高校)
■盛岡駅・松園線(盛岡駅)
■営業所ターミナル線・支線2、3・松園ゆぴあす線(松園バスターミナル)
■松園支線バスBコース(盛岡駅、盛岡バスセンター)
■上田・都南BT線 318(都南バスターミナル)
■松園山岸線 310(盛岡駅)
■松園北高線(滝沢営業所)
■青山松園線(滝沢営業所)

(撮影日 2015年5月)

もりおかのバス停 その269

もりおかのバス停 その269 つつじが丘公民館裏通り


「裏通り」という響きに衝撃を受けた記憶がある。
そのとおり、つつじが丘公民館の裏手の筋にポールは立っている。

■新庄循環線(盛岡駅)

もりおかのバス停 その268

もりおかのバス停 その268 宇曽沢


国道106号を宮古方面へ進む簗川線。
簗川ダム建設に伴い、終点が簗川局前から宇曽沢になったのは平成25年6月のこと。
位置的には簗川道路が分岐から少し進んだところにある。
バスベイが整備されており、そこに普通にたたずんでいる。

■簗川線
(撮影日 2013年6月)

もりおかのバス停 その267

もりおかのバス停 その267 市営つつじが丘住宅前


つつじが丘団地の坂を上って一番奥にある。
バス停は一般民家の前にあって、ちょっと緊張する。

盛岡市のウェブサイトによれば、市営つつじが丘住宅が正式名称。
だから、バス停名は正しい。

間取:2DK・3DK
家賃:8400円~2万3000円
所在地:つつじが丘
構造:簡易耐火2階建
建設年度:昭和44年度
浴槽:持込
ガス:プロパン
駐車場:無
小学校の学区:城南小学校
中学校の学区:城東中学校

建設年度から僕は親しみをおぼえてしまった。
ここから城南小学校というのも大変そうだな。

■新庄循環線(盛岡駅)

もりおかのバス停 その266

もりおかのバス停 その266 加賀野公民館前


まだ山賀橋まで開通していなかった頃の画像と思われる。
水道橋行きのバスが新しい道を経由することに鳴って、御筒持町を通らなくなったときにできたはず。
代わりのバス停に相当するが加賀野公民館前だった。

加賀野公民館の守備範囲は知らない。
僕の中では桜が綺麗な公民館というイメージがずっとある。
特にバス停そばにあった桜は一時期愛していた。
剪定されて形が変わるまで。

■浅岸線 314(水道橋)

(撮影日 2013年4月)

もりおかのバス停 その265

もりおかのバス停 その265 東桜山


つつじが丘団地内のバス停の一つ。
名前も足りなかったのか、向かい側の地名である東桜山を採用している。
ポールがあるのが不思議な感じすらする。

自分の中の東桜山は違う場所。
もう少し東にある。

■新庄循環線(盛岡駅)

もりおかのバス停 その264

もりおかのバス停 その264 宗任橋
151104munetobashi2.jpg


雫石方面のバス停は盛岡インターの西側、二代目正太郎の先にある。
バス停名の部分は、訪問当時かなり日焼けしたような色だったが、今はどうだろうか。

名前の由来の宗任橋は国道46号の旧道で確認できる。
旧道の旧道といった感じで欄干がかなり低いので見逃してしまうかも。

<2015年11月時点>
■繋・鶯宿線(繋温泉、鶯宿温泉)
■雫石線(雫石営業所)
■山伏線(ほっとゆだ駅)
■網張温泉線(網張温泉)

(撮影日 2015年11月)

もりおかのバス停 その263

もりおかのバス停 その263 県営つつじが丘アパート前


つつじが丘団地の上の方を循環するバスがある。
新庄循環線という名前だが、2008年に実証実験が始まった。
その頃は、大通を通過するというルートで、今となっては乗っていてよかったと思う。
実証実験が何度か延長され、通年運行になったのは2010年。
それから、もう7年近く過ぎているわけだ。

県営つつじが丘アパート前は、実証実験の頃と変わらない場所にたたずんでいる。
アパートの施設は修繕がほどこされたようだ。
階段もなんか綺麗になっている。

■新庄循環線(盛岡駅)

もりおかのバス停 その262

もりおかのバス停 その262 湯沢県営住宅前


湯沢団地の入口的な場所にあるが、バス停名は近くにある県営アパートからとられている。
見えることは見えるが、「前」というにはちょっと距離がある。
アパートの真ん前はバスが通らないから、ここにせざるを得なかったのかなと推測。

県交通の場合「県営○○アパート前」とか「○○県営アパート前」となるはずだが、
ここは漢字でまとめられている。

県営湯沢アパートは昭和55年建設とのこと。

■南インター経由川久保線 510(矢巾営業所)
■飯岡線 505・506(矢巾営業所)
■羽場線 501(矢巾営業所)
■本宮線 504(矢巾営業所)

もりおかのバス停 その261

もりおかのバス停 その261 下前潟


語るまでもなくイオンがやってきて大きく変わったエリア。
このあたりはイオンの手前だが、ローソン、吉野家、びっくりドンキーなどに囲まれている。
反対側はハイグレード仕様。

駐輪場も残っている。
これは昔からあった。かつてを忍ぶことができる物件。

<2015年11月時点>
■繋・鶯宿線(繋温泉、鶯宿温泉)
■雫石線(雫石営業所)
■山伏線(ほっとゆだ駅)
■イオンモール盛岡線 224(イオンモール盛岡)
■網張温泉線(網張温泉)
■滝沢長橋台団地線 223(滝沢市役所)

(訪問日 2015年11月)

もりおかのバス停 その260

もりおかのバス停 その260 黒石野一丁目


マルイチ緑が丘店を過ぎて、ほどないところ。
植え込みに隠れるようにひっそりと立っているポールがかわいい。
向かい側には県営緑が丘アパート。ゆえに緑が丘小学校も近い。

<2015年5月時点>
■松園羽場線 319
■松園北高線
■北山経由東緑が丘線 312
■上田線   301、306
■駅上田線  307、334
■上田・都南BT線 318
■青山松園線
■深夜バス
(いずれも松園バスターミナル行き)

(撮影日 2015年5月)

もりおかのバス停 その259

もりおかのバス停 その259 東黒石野


市内方面から来れば、家が消えて、道だけの区間になる。
やがて数軒の家が現れ、四十四田ダムへ抜ける道とクロスしたあたりが東黒石野バス停。
松園バスターミナルともそれほど離れていないが、統合されなかったのは歴史があるからなのかな。

<2015年5月時点>
■松園羽場線 319
■松園北高線
■上田線   301、306
■駅上田線  307、334
■上田・都南BT線 318
■青山松園線
■深夜バス
(いずれも松園バスターミナル行き)

(撮影日 2015年5月)

もりおかのバス停 その258

もりおかのバス停 その258 農業研究センター


正式には国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構東北農業研究センター。
何をしているのかは、ちょっと難しくてよくわからない。
盛岡に本所があって、秋田県大仙市や福島市に研究拠点があるらしい。

菜の花畑の一般公開で何度か入ったことはある。
いつか綺麗ですっきりな岩手山を拝んでみたいものだ。

バス停の周辺には盛岡西警察署厨川駐在所や聖パウロ幼稚園。

(県交通)
■厨川中央線 251・252(巣子車庫)、<深夜>・251・252(岩手県立大学)
■巣子箱清水線 229(岩手県立大学、盛岡大学)
■あすみ野箱清水線 228(あすみ野)
■松園みたけ線(盛岡中央高校)

(県北バス)
八幡平方面 A01,A11,A12,A13,A51,A52,A71
盛岡大学・沼宮内方面 B11,B12,C01,C04,C06,C07,C35,B11,B12
県立大学・滝沢駅前方面 C35,C41,C43,C44,C45,C46,C47

もりおかのバス停 その257

もりおかのバス停 その257 上黒川


山が迫る場所を抜けて、さあ黒川だというところにある。
バスベイがあり、後続車は迷うことなく追い越せる。
東京BK足場の盛岡SC、浅沼醤油店の工場がすぐ近くに。

170811kamikurokawa2.jpg

バスセンター方面は小川歯科医院の名前が入っている大きなベンチが印象的。

■長岡線 611・614(日詰駅前)、612(長岡支所)
■日赤経由川久保線 420(乙部)
■手代森・矢幅駅線(矢巾町役場)

もりおかのバス停 その247

もりおかのバス停 その256 上堂四丁目


この画像を撮影した2017年7月時点ではマースは改装中。
新しい名前になって生まれ変わる予定。

バス停の敷地には自動販売機。なんか珍しいような気がする。
ここは県交通オンリー。県北バスは停車しない。

(県交通)
■厨川中央線 251・252(巣子車庫)、<深夜>・251・252(岩手県立大学)

もりおかのバス停 その255

もりおかのバス停 その255 北厨川小学校前


北厨川小学校の前に屋根付きのバス停。ポールは県交通と県北バス一体型。
屋根はかなり昔からあるようで、古い。反対側も。

小学校は平成29年5月1日現在で、14学級、307人。
かなり減っている。

(県交通)
■厨川中央線 251・252(巣子車庫)、<深夜>・251・252(岩手県立大学)
■巣子箱清水線 229(岩手県立大学、盛岡大学)

(県北バス)
八幡平方面 A11,A12,A13,A51,A52,A71
盛岡大学・沼宮内方面 B12,C01,C04,C06,C07,C35,B11,B12
県立大学・滝沢駅前方面 C35,C41,C43,C44,C45,C46,C47

もりおかのバス停 その254

もりおかのバス停 その254 氏子橋


岩手トヨタ盛岡店の前にバス停はある。
橋の痕跡は個人的にはいまだに出会えないまま十数年といった感じ。
バスベイあり。

(県交通)
■厨川中央線 251・252(巣子車庫)、<深夜>・251・252(岩手県立大学)

(県北バス)
八幡平方面 A11,A12,A13,A51,A52,A71
盛岡大学・沼宮内方面 B12,C01,C04,C06,C07,C35,B11,B12
県立大学・滝沢駅前方面 C35,C41,C43,C44,C45,C46,C47
厨川駅・運動公園 D01

もりおかのバス停 その253

もりおかのバス停 その253 上堂二丁目


青山方面へ抜ける道を過ぎて、県道氏子橋夕顔瀬線が国道と出会うちょっと前にあるバス停。
ドコモの鉄塔なんかが見えて、次のステージへ進むような感覚はするところ。
近くには盛岡上堂郵便局がある。

(県交通)
■厨川中央線 251・252(巣子車庫)、<深夜>・251・252(岩手県立大学)

(県北バス)
八幡平方面 A01,A11,A12,A13,A51,A52,A71
盛岡大学・沼宮内方面 B12,C01,C04,C06,C07,C35,B11,B12
県立大学・滝沢駅前方面 C35,C41,C43,C44,C45,C46,C47
厨川駅・運動公園 D01,D02

もりおかのバス停 その252

もりおかのバス停 その252 県営厨川アパート前


厨川の名前を持つ施設は広範囲に分散している。
みたけにある県営厨川アパートもおやっと思う施設の一つ。
バス停はちゃんとアパートの前にあり、機能を果たしている。
ポールは、県交通と県北バスとそれぞれ。
一緒とバラバラ、この基準もよくわからない。

アパートは2階建てが並ぶ。
昭和60年に建設されたとのこと。
向かい側に創価学会岩手文化会館。

(県交通)
■みたけ東線 260(岩手牧場)

(県北バス)
E03,E23(厨川駅西口)

もりおかのバス停 その251

もりおかのバス停 その251 乙部新田


たぶん、盛岡最南端のバス停。
旧道をたどり、乙部の中心部を過ぎたあたりにある。
少し歩けば、境橋があり、その先は紫波町になっている。
ここから眺める乙部バイパスの風景は結構好き。

■長岡線 611・612・614(日詰駅前)

Template Designed by DW99