住居表示板のセカイ その11



切り取られて残ったのかな。
今は支えられて、生きながらえている。

住居表示のセカイ その10



「南仙北一」
セカイにはいろんな一番があるけど、こんな一番もいいよなと思った。

住居表示板のセカイ その9

住居表示のセカイ その9


お花に囲まれることに憧れなんかはなかった。
でも、これはなんか幸せそうだと思った。

住居表示板のセカイ その8

住居表示板のセカイ その8


一部を切り離して生き残ること。
それはそれで意味がある。

住居表示板のセカイ その7

住居表示板のセカイ その7


閉じ込められていると思うか。
保護されていると思うか。

住居表示板のセカイ その6

住居表示板のセカイ その6


いつのまにか新しい塗装になった柵。
その片隅に板。

住居表示板のセカイ その5

住居表示板のセカイ その5


とある銀行の脇の扉。開くことはあるのだろうか?
すっぽりと収まる住居表示板。綺麗だ。

住居表示板のセカイ その4

住居表示板のセカイ その4


ずり落ちたというわけではないだろうが・・。
電柱にあるにしては、低い位置だ。

住居表示板のセカイ その3

住居表示板のセカイ その3


昔はメーターでも設置されていたのだろう。
その跡に住居表示板が貼られたみたい。
板同士の素敵な取り合わせだ。

住居表示板のセカイ その2

住居表示板のセカイ その2


埋もれそうで、そうでない措置に嬉しく思う。

住居表示板のセカイ その1

住居表示板のセカイ その1


階段の手すりを支える棒の間にはまった。
それらが作り出す模様とうまく調和している。

絶妙なサイズ設定。
この板の魅力のひとつだと思う。

----------------
住居表示そのものにはいろいろ課題が指摘されていますが、
住居表示「板」は、様々な存在感が一部の人たちを魅了しています。

さりげなくいるときもあれば、かなしげに存在をアピールしたり。
すばらしいこのセカイの一端を御紹介していきたいと思います。
不定期です。

Template Designed by DW99