050430 小野松橋

4月30日(土)黄砂晴れ
050430onomatu.jpg
やがて盛岡市になるという玉山村を走っておく。
好摩から一本木(免許センター)の間をあてもなく。
スキー場があったり、2階建てのかわいい生出小学校に出会ったり。
収穫がある小さな旅だった。

県大や滝沢駅周辺の桜はまだ。真っ赤に塗り替えられた岩姫橋に面食らう。
そして定番の観音橋ルートで市内へ戻る。

僕がこの場所に出会ったのは、心細い幅の頃で、低い場所でまっすぐな橋だった。
小野松側のアプローチも貧弱で、利用者も余りいなかった。

それも今では観音橋と小野松橋で快走路に生まれ変わった。
かつての奥州街道な気分はスキップすることになる。
一里塚は新道の一部に飲み込まれて、ただの土の山になっている。
存在するのは私有地らしく、フェンスが僕との間を閉ざしていた。

小野松観音は旧道沿いに残っていた。
新しく鐘ができている。あとは変わらず水仙がひっそりと咲いていた。

050430tutumi.jpg
つつみ幼稚園(高松)

黄砂の空に桜は似合わず、せっかく咲いているのに僕の目には色あせて見えた。
季節は合ったのに、ままならない。
高松の池を通り過ぎていくと、つつみ幼稚園が土の上で新しい姿を。
まだまだ知らない世界がある。

○高卒者就職内定率(3月末現在)
94.5%(県内)、87.3%(盛岡職安)
○グルージャ盛岡 5月1日が初戦(対TDK秋田)
→日程表を見ると、いきなりずっとアウェイ
 (盛岡ゼブラ、新日鉄釜石がいますから、あれなんですが)

今日のさくら(30日)

途中から黄砂。晴れじゃないとダメですよねえ。
050430kuroishino.jpg
黒石野保育園

050430kuroishino1.jpg
黒石野一丁目(上田グリーンハイツ)。桜が多い団地。

050430matuo.jpg
松尾神社は桜の神社だったのか

050430rakan.jpg
らかん公園もお忘れなく

050430shike.jpg
志家町。孤高系

050429 山岸一丁目

4月29日(金)快晴
050429yamagishi.jpg
もてあますような時間って、本当にあるんだろうか。
終わりがわからないから、とまどったまま使っている。
とりあえず桜を求めて、さまよう。
こうしてまた見られることは、或る意味奇跡的なことなわけで、
来年同じ気持ちで見られる保証はどこにもない。

加賀野四丁目を満喫し、山賀橋を渡る。
ふと、あの長屋のことを思い出して、進路を変えた。
連荘入口は茶色のトタン?の彼方に隠れてしまっていた。
向こう側に現存していることが救いになるのか。
盛岡の美しい長屋もほぼ絶滅に近い。
それを確かめた、みどりの日。

050429tutujibasutei.jpg

もうひとつ気になる場所がある。つつじヶ丘。
岩山の長根にある、小さな団地。
浅岸方面からアプローチ。カブの速度がぐんと落ちるが想定の範囲内。
きれいな岩手山を相変わらず提供してくれる。

寂しさの度合いに、それほどの変化は感じられない。
ただ警察の寮は更地のままだったし、スパー跡もそのままだった。
そのままであることが、現状を物語っているのだと思う。

バス乗り場はロケーションシステムが導入されて、終点の寂しさは緩和されていたかも。
いつかでバスでここまで来たいとは思っている。
思っているだけなので、実現はしないだろうが。

○きょうの誤変換 朝技師
○菜園の通りが280メートルほど無電柱化へ
→行政的に書くと「市道岩手公園開運橋線」。2008年度着手なので、まだ先か。
○盛岡市内の企業倒産(4月) 4件
○ファミコンショップJOHNNY青山店 リニューアルオープン
○盛岡市の合計特殊出生率(平成15年)1.28(全国 1.29)
○盛岡市広報の広告主
 三善眼科医院、第一商事、岩手県予防医学協会、NPO善隣館

きょうのさくら(29日)

きょうのサクラ5選。加賀野は桜の宝庫か?
050429kagano.jpg
加賀野一丁目のデカさくら

050429kaganokoen.jpg
加賀野児童公園のキリンは元気だった。
ちょっとガムテープの補強が痛々しかったが。

050429kaganokominkan.jpg
加賀野公民館

050429sanbonyangi.jpg
突然飛んで、三本柳の東にて

050429tutujigaoka.jpg
忘れちゃいけない、つつじヶ丘の孤高のしだれさくら

050428 下名須川踏切

050428shimonasukawa.jpg

山田線で踏切につかまる。不測の事態。
上盛岡駅には汽車の姿が見えるから、それほどでも待つこともないだろうと安心したのもつかの間。
動かない。その気配もない。踏切の前後には車の列が人の列が並びはじめる。

朝とはいえ、案外降りる人が多いことにびっくりする。
駅周辺の大きな施設と言えば、県立中央病院しか思い浮かばない。
需要がまだあることに、ちょっと安心したりもする。

ようやく動き出した汽車は、2両編成で駆け抜けていった。
急いでいたこともあり、微妙な徒労感。
ストレスがない世の中って、本当にないよなあ。

その先の盲学校のサクラは満開。
というか市内は満開。

○きょうの誤変換 紙盛岡駅
○岩手でも駐車違反取り締まり民間委託へ。予定では来年6月から。
○臨時快速「秘境駅」号 5月7日、8日 盛岡~岩泉駅で運転
 あの大志田、浅岸、押角に止まるんだとか。
○岩手公園で男性の死体発見(24日)
 盛岡タイムスを読んでいると、時々どっきりするニュースがひょっこりと載っています。

050427 馬場町

4月27日(水)ほぼ完璧に近い晴れ
050427baba.jpg
トロけるような青空。サクラがまともに鑑賞できるような状態になってきた。
毘沙門橋に隣接した杜陵小学校角はなかなかのもの。
一本系は孤独な姿が、誰かさんに重なり親近感を持たざるを得ない(笑)。

鷹匠小路を歩いてみた。歯科医師会館からすぐの鉤型は健在。
しかし小野寺木材には、9階建てマンションの建設計画。
船山内科はそのままだったが、佐藤外科がある交叉点の一角がスカスカに。
地図をひも解けば、ささまご青果店があった場所。

遠山病院は相変わらずだが、ツルハの赤色が盛岡を染めている。
無名荘ってあったよなあ。

薬剤師会館をみつけ、鷹匠小路は重要な施設があることを認識するのだった。
そして馬場小路へ出ると、また一本系サクラ。
孤独であれ、なるべく幸せでいられるような。

050427iwatekoen.jpg

岩手公園は昼の時点では、まだまだ。
でも天気のおかげでお花見気分は味わえた。
他の季節では閑散としがちな本丸あたりでも、会社員風情の人たちを見かける。
見なれない濃い緑色のジャージが多数。
どこの学校だっただろうと悩むが、杜陵小学校の皆さんだった。
偶然なんだろうか。それともたまたま晴れたからなんだろうか。
天気がいいから、仕事を休もう!なんて暮らしはできないから。
そんな夢想に走ってしまった。

○きょうの誤変換 塗料小学校
○サンセール盛岡は35周年。盛岡会館のほうがピンと来る方はそれなりの年齢かと。
○岩手県の人口138万人台に
→正確には138万7535人(4月1日推計)
○盛岡市の消費者物価指数(2004年度) 98.8(前年比 0.3上昇)
○テレビ岩手の2004年度決算 増収減益
営業収入 52億7183万円、経常利益 3億428万円、当期利益 1億604万円
○有効求人倍率(3月)盛岡職安 0.65(県平均 0.57)

050426 栃内病院

4月26日(火)まあまあの雲の下で
050426tochinai.jpg
早咲きの栃内病院は、満開手前の状況。
ここも或る意味恵まれている桜と言えるかもしれない。
胸に秘めている桜スポットは幾つかあるが、新しい場所を見つけたい気持ちがある。
果たして出会えるだろうか?隠れた今年の春の課題かも。

車を走らせて、県南へ。
視界は押し広げられるようにワイドに変わっていく。
それでも山が消えないのがイワテ。
イワテライフが人生の或る程度を占めるようになると
これが当たり前の風景になる。

050426fukide.jpg

夕暮れ時には盛岡に戻る。雲が薄い紅色。
葺手町・長福院の一角が東家専用駐輪場だったことを知る。
「しゅん」はライブで5時閉店。デビュー果たせず。

○北山トンネルの地表陥没事故 長さ18メートル、幅15メートル、深さ1.5メートル
→工事現場の上のナシ畑が陥没したという事件です。
○介護老人保健施設「ハートフルもりおか」が26日落成
→盛岡市永井にできました
○盛岡中央ゼミナール 学費 645,000円(一括納入の場合)
→入学金5万円、施設費3万円、光熱費3万円、授業料535,000円
まともに払うとこうなうですが、奨学生制度はもちろんあります。

050425 龍谷寺(名須川町)

4月25日 くもり一時雨
050425moriokashidare.jpg
石割桜ばかりに人が集まる。
ちょっと悔しくて、龍谷寺のモリオカシダレへ行く。
同じくらい珍しいのに、誰もいなかった。
アピールの仕方次第で、立ち位置の違いで、こんなに差が出るわけだ。
黙っていたら、わからないことってあるんだろう。

かろうじて数輪、花を咲かせている。
白系統の穏やかな色だった。

050425masukawa.jpg

早くも盛りに向かっているのが、光台寺(名須川町)の桜。
こちらはピンク系。品種は知る術もない。

○乙部老人福祉センターの落成式が23日に開催。
→旧乙部小学校の敷地内にできました。
○岩手県のNPO 187団体(4月1日現在)

050424 南仙北三丁目

4月24日(日)快晴
050424higashisenboku.jpg
文句のつけようがない快晴なのに、昼間まで寝ていた。
すると南の方には、雲がほんわりと浮かんでいる状態に変わっていた。
それを追いかけていく。

サイクリングロードに入って、都会と川のはざまに残る田園風景を走る。
まだ田んぼ系は茶色のままだけど、緑の小粒が木々にくっていているのはわかる。
知っている植物ではモクレンが咲き始めた。
つくしを見つけた。一気に来たな。

050424kawakubo.jpg

南仙北三丁目といえば、高等技術専門校跡地だが、そのまんまの更地だった。
その隣が四高で、盛岡工と野球の試合。球春ってやつか。
そのまま砂利道を幾つか経由して、川久保病院に出る。

かつての姿は、思い出せないが建物は昔からこんな感じで建っていたような気もする。
むしろ神社が移動して、周辺がスッキリしたことに感慨を深くする。

○23日 盛岡で桜の開会宣言
○県小学校長会 会長は山王小学校の校長先生

050423 アネックスカワトク

4月23日(土)くもり時々晴れ間
050423annex.jpg
松がなくなった上田の一里塚を目の当たりにしてからアネックスカワトク。
シェーキーズは健在であり、あの匂いが入口を包む。
3階まで登れば、ベスト電器
ユニクロも残っていた。行列があった頃が懐かしい。

1階のスーパーは品揃えが微妙にそのへんのスーパーとは違っていた。
豆腐もいくらかバリエーションがあった。
でも、思い描いているような寄せ豆腐は、ここにもなかった。
豆腐屋さんに行くしかないのだろうか。

050423abe.jpg

高松のキッチンあべに立ち寄る。自分の若さを試すため。
カツカレー(500円)完食。
まだ食欲面だけは大丈夫そう。

○ふれあいランドいわてが22日に利用者200万人達成
○競馬場あたりは地下道入口がなくなったんですね。

050422 大通

4月22日(金)やがて思わぬ雨
050422odori.jpg
前に住んでいたから、3年ぶりに逢う人がいる。
3年はたいしたことないけど、約1000日なんて換算すると、結構な時の流れ。
僕は僕なりに生きてきたつもりだったけど、そうでもなかった。
互いの人生に差がつくのに決して短い時間ではないのだ。
でも、お世話になった人に挨拶ができた。
それだけで自分では進歩(笑)。70点くらいはつけてもいいと思う。

大通は1000日前に望んでいた吉野家のほかに松屋までできてしまっている。
それなのに、立ち寄る機会は激減している。
さわや書店くらいだろうか。

メガネの松田もリニューアルしていることを今更知るくらいだ。
そのまま歩みを進めても、この通りを的確に表現する言葉が見つからない。
宝くじ神社、ローソン、移転したシータ。
入ってみたいと思ったのは、あの頃なかったカレー屋さんだけ。

050422odori2.jpg
大通を抜けて、空が広くなった三田長屋の跡。
雲行きが怪しい。数十分後、斜め45度の雨に降られるのも知らずに前へ。

○手づくり村に建設中だった、ぴょんぴょん舎冷麺工房 26日オープン
○県で中国人医師受け入れへ。小児科・産婦人科医不足に対応。
○ジョブカフェいわて利用者(3月末まで)
 来場者累計 11,298人 就職は490人
http://www.jobcafe-i.jp/index.html
○盛岡のマンション(盛岡市まとめ 3月末まで)
145棟、約9,000戸(届け出ベース)
○やまだ胃腸科・内科クリニック、津志田中央2丁目に23日開院

050421 蘇州(南大通)

4月21日(木)雨のちくもり
050421soshu.jpg

アスファルトがてかっている。とぼとぼと一日をはじめる。

南大通の蘇州。
最近は夜にのれんがかからないらしい。
まだ入っていないお店を一所懸命開拓しよう。
失ってから気がつくのでは遅すぎる。

石割桜が咲いたらしい。
これで一線を超えて、短い季節を楽しむだけ。
春が遅いのに、冬が早いってのは、不公平だと思いませんか?

○盛岡市中央卸売市場 2004年度取り扱い状況
青果部 10万1183トン、214億691万円
水産部 2万4280トン、192億932万円
○岩手県肉牛生産公社 債務超過額は約16億円の見込み
○高校野球のプラカード 今年の夏から白百合学園から各校主将へ

050420 大沢川原

4月20日(水)くもりのち雨
050420osakawara.jpg
曇り空からちゃんと雨が降り出した。
レンタルCDを借りる。前に住んでいた町にはなかった。
買うほどではないが、聴きたい歌ってあって、レンタルできないと買うしかなく、CDはかなりたまった。
懐かしめの歌(ザ・ベストテン系とか)をセレクト。
パソコンに取り込んで、はいおしまい。10年前には考えられなかった作業。

大沢川原へ行く。
税理士会館周辺は一変し、マイアミの自由の女神が消えていたことを確認する。
今までの道がまるで裸のまま晒されて、恥ずかしそうに細長く伸びている。
不来方橋方面へ空間だけは、もうつながっており、駅とマンションが見える。

050420nakaya.jpg

ふりかえり、反対側には中屋鋸店、佐藤ロープ店。
大沢川原のホッとする建物の並びが健在。
店先には、ロープが置いてあった。
3年間の時間も感じさせないくらい、配置も同じように見える。

それでも岩手女子高まで歩いてみると、通り沿いの家は少なくなった印象。
下の橋あたりまでの変化は避けられそうもないみたい。

○盛岡赤十字病院にファミリーマート
→県内の病院では初。これからもっと増えるでしょう公共施設にコンビニ。

○日本書店商業協同組合加盟店 岩手は110店。(1996年は164店)
日報の夕刊に、本屋さんの経営が大変だという記事。
http://www.shoten.co.jp/
このホームページで検索すると盛岡市は23店。
半分くらいは東山堂とさわや書店の支店です。
中でも中野一丁目の田中屋が光っていますね。
ちなみにイオンの未来屋書店はカウントされていません。

050419 舟越整骨院

4月19日(火)はれ
050419funakoshi.jpg

仁王新町から三戸町あたりを散策。
大抵のものは残っているが、土地改良会館はあっさりと消え、マンション建設地に。
最近、やけに新聞に載っている物件。
中央通、大通、本町通に近いのがウリ文句だったと思う。

それくらいかと安心しきっていたら、舟越道場付近がスカスカになっていた。
道路を挟んでいた建物が両側とも消えてしまったせいだ。
舟越整骨院も黄色の建物に変身。久々にびっくり。
「舟越道場」の看板はいずこへ。

050419ishiwari.jpg

石割桜では、ボランティアガイドの人たちが見学者にご案内。
修学旅行風情のこどもたちもチラホラ。サクラはまだだった。
待たれるうちがハナ。言われるうちがハナ。

○今年のチャグチャグ馬コは6月11日
予算額は1789万円(昨年比 △235万円)
去年の観客動員数は10万563人

あれからのかなりや

050419kanariya.jpg

大手先の「かなりや」は御覧の通り。
こんなに狭い敷地だったんだ。
失ったものは大きく感じるのに、見えるときは小さかったりする。
しばらくすれば、何事もなく通り過ぎることができるでしょう。
それが人生。

050418 スパーたむら

4月18日(月)はれ
050418tamura.jpg
とある雑誌を見て、ホットケーキミックスを買った。
そして朝から作ってみた。自分で作るのは人生初かも。

思い出した。大好きなのは焼く前のトロトロの状態のヤツだった。
そして大人食い。思う存分なめる(笑)。
フライパンにめいっぱい入れてから、引っくり返せないことに気付く。
こうやって人生って学んでいくもの。
次作るときは、もっとおいしいのができる気がする。

連日の晴れ。気持ち良く穀町。
「スパーたむら」の前を通る。もしかして盛岡最後のスパー?
この印をみると、つつじヶ丘を思い出す。
団地の真ん中にあったあの店を。

なんとなく平和だった今日。
先が見えない明日。
まず月曜日がはじまった。もう大丈夫。たぶん。



○もりおか敬愛パス 4,980円(3か月券)
→70歳以上の盛岡市民に試行販売。5月から10月まで。
盛岡市内に限り、1回の乗車につき100円でバスが利用できる。

ホットスパー
http://www.hotsparcvs.co.jp/main.html

050417 駒形神社あたり

4月17日(日)雨のちはれ
050417komagata.jpg
朝のうちは雨。弱気なこのごろ、車で買い出し。
今度の家からは選択肢は抱負だが、ファミマ・ローソン・サンクス。
どれも一長一短。セブンイレブン所望も、当分かないそうもない願い。

眠っていたりしているうちに天候が回復していく。
夕方、ごはんを食べがてら散歩。
南大橋から北上川の土手に出て、明治橋方面へ。

河原には、吉萬公園というれっきとした名称がついていることを知る。
それから警報の電光掲示板も絵が出る立派なものに変わっていた。

オレンジ色に染まっていく空と岩手山を眺めながら、不退院。
狛犬らしきライオン?結構怖い顔している。トイメンには牛。
この組み合わせの意味はあるのか。

050417tokusei.jpg
青物町へ入るところにあった畑中自転車店は解体風情。
白いシートからポストがけなげに顔を出している。
よくよくみると徳清さんの倉庫扱いだった建物らしい。
現場に張り付いていた注文書みたいな紙にそう書いてあった。
中堅くらいの良い建物が消える春だなあ。

地下道をくぐって駒形神社。
オレンジの光はさらに色を増して、女性を照らす。
さて、マウスでも買って、ウチに帰るか。

○盛岡さくらまつりのボンボリ
岩手公園 120基、高松公園 100基

050416 紅葉が丘

050416momijigaoka.jpg

快晴だった。休むわけにもいかない。
洗濯掃除なんていう義務をひととおりこなしていると正午。

健在なモノ、変わったモノ。
確かめながら小杉山、天神町、加賀野。
そしてなぜか目指す先は紅葉が丘。

紅葉が丘は山岸の一角になぜか単独で住居表示されている。
そして西側はトンデモな坂道で構成されていて結構愛している場所。
コープ山岸の鉄骨とがんばっているキャメルマートを確認した頃には、外山街道踏切。

面食らったのは、山田線をくぐる地下道ができていたこと。
これで途切れなく遊歩道を愛宕山まで行けるようになったんだ。
変化への不安がよぎる。

しかし、もみじがおか幼稚園への坂道は長いままで、あの角度だった。
すごい短い岩谷陸橋もそのまま。
給水塔まで続く坂道もあのままのように見えた。

嬉しくて登る。すぐに息が切れる。
いまだにどうしてこんなに急なところに家を・・なんて思ったりもする。
それでも、ふりかえれば加賀野あたりがのんびりと広がる風景が待っていた。

自転車でおりようとした。ブレーキがかからない。
かなり冷や汗。そうそうこれじゃなくちゃ紅葉が丘ではない。

○旧川久保病院の建物が在宅総合センター「ひだまり」に。18日オープン
○社団法人岩手県サッカー協会設立の記念講演会が17日に開催
→歴史を見ると、八重樫選手・遠野高校・リベロ遠野。そして小笠原ですね。
○岩手県職員2005年度採用予定 44プラス若干名
→今年から国家公務員みたいに?種、?種、?種になるんだとか

盛岡天満宮

050416tenmangu.jpg

住吉町へ。あのでかいマンションを見学に。
しかしそれよりも天満宮の階段の変化に目を奪われる。
なんかスカスカじゃない!

大きな石がある側から登ってみると、木が伐採されていることを知る。
盛岡の町の半分が手に入れられる風景が広がっていた。
岩手山も見えるもんだから、なおさら素晴らしかったりするのだ。

隣のマンションは、近くで見る限りはそれほど違和感はない。
むしろ遠くから・・って感じ。

050416tenmangu2.jpg

ついでに境内へ。石割梅は心細く花を咲かそうとしている。
狛犬も撫牛も元気そうだ。
以前になかったと思うのは「鹿島下」の由来となったという小さな祠。
へえへえとうなづいておく。

階段にはコーンが並べられていたから、工事でもするんだろうか。
天満宮、素敵な場所で一安心。

さくら便り

050416kitayama.jpg

名須川町の報恩寺あたりでは、こんな状況。
当たらないらしい岩手県の農業普及技術課の予想では
石割桜が23日、岩手公園・高松の池が26日の開花予想。
今年は連休にしっぽりと見ることができますね。

ここから名須川町の小道に入ったところにあった田んぼが消滅。
お寺の駐車場に変わっていました(しみじみ)。
中心部の田んぼは、附属中あたりにあるやつくらいでしょうか。

050415 盛短跡

4月15日 はれ
050415moritan.jpg

ペースがつかめてきた。慣れてきたと言ったほうが正しいか。
転勤族(狭い範囲だったけど)のこどもだったくせに、環境変化に適応する力は年とともに落ちていく。
家を建てたい人の気持ちが少しわかるようになったかも。

志家駐車場わきにできた「ざうお」を見学に行く。
昔からの建物(平面駐車場のほう)をリニューアルした。
外観はそれほど変わったわけではない。ランチもやっている様子。

志家あたりは見慣れたはずだが、まだ行っていない場所はやはりあった。
IBCは新しいテレビ塔(アンテナ?)を建てていたし
住吉町方面には、黄色の高層建築物がそびえたつ。
天満宮にもいずれ行かなくては。

盛岡短期大学跡に立つ。校舎の前はテニスコートに変わっていた。
そして、岩手県林業公社が今のあるじだと知る。

このストリートは新小路といって、古い木造建築が残っているのだが
若干消えてしまったのもある模様。
新しい空はときおり寂しい気持ちにさせてくれる。

○岩手日報に津志田の住居表示ネタ

050414 深心

050414shinshin.jpg

暮らす町を変えてしまうと「立て直し」みたいな作業が必要である。
コンビニ、スーパー、書店、灯油の購入先などなど。
そんなものをパターン化するために試行錯誤する。

そのひとつに夕食を食べる場所というのがある。
引っ越ししてから、じゃじゃ、かしわや、モンタン、皿うどんと昔なじみの味をたどった。
でも、それでは手づまりになるので開拓をはじめる。

肴町アーケード、ゲーセンがあったところにできた「深心」。
「ふかごころ」ではなく「しんしん」と読むそうな。
つけ蕎麦屋さん。

個人的には、つけめんは面倒なので(ざるそば除く)、
めったに頼まないが何事も経験。

実用新案の焼き石が入ったつけ蕎麦を注文する。
スープを直接飲むとあぶないみたいな注意書きがあるのでひるむ。
食べていくうちに「石がみたい!」というのは人情。
あわててスープを飲み干すが、そのあとに蕎麦湯が出てきた。
ゆっくりとどうぞ。

ちなみに結果は、確かに底に石があった。
その形は食べてみてからのお楽しみということで。
また来てもいいかなと思うような味であった。おしまい。

○サーパス中の橋のコピー
「盛岡という風情、その中心部に暮らす。」
→チラシだと、「中の橋」に月々4万円台で暮らせる!とあります。

○東松園小学校の校舎の一部を公民館に(協議中)
→松園の児童数は1315人なんだとか(ピーク時<83年>2127人)。
 東松園小は342人でピーク時の4分の1

050413 バスセンター

050413basucenter.jpg

盛岡から旅へ出るなら、バスセンターがいい。
けだるい雰囲気は残ったまま。

あの頃と比べれば、立派なバスロケーションシステムが置かれており
2階と3階はテナントを一所懸命募集しており
クリーニング店がパン屋に変わっているけど。

物憂気そうな窓口の人から、これまた久々にバスカードを買う。
考えてみれば、ストレートな名前だ。
下手な愛称がないぶんだけ、実はかっこいいのではないか。
1000円の柄は小岩井農場で変わらない。やはり売れんのだろうか。
100円分のプレミアを獲得しておく。

古ぼけた斜めにささったホームから、とりあえず旅に出る。

○県予算 将来的に7200億円規模が目標
○盛岡駐車場 1時間200円、30分ごとに100円

050412 河南食堂

4月12日 はれ
050412kananshokudo.jpg

南大通の河南食堂、河南土地の並びはフェイバリット。
食堂の看板はリニューアルしたんだ。
「食堂」の文字が「食費」に見えるのは、僕の教養が足りないだけ。

世の中、粉っぽい気がした日中。
幸いその症状はないが、マスクをしている人は世間の半分くらいいそう。
鼻はつまったりしたが、どうやら今年も大丈夫。

石割桜を初チェック。日当たり良い場所はツボミがピンク色してきたような。
満開なのを見るのは3年ぶり。楽しみ。

○大通のファミコンショップシータは、現在地より西へ移転し21日オープン
○JR東日本が「米内しだれ桜」号を運転
→ここ数年、かなりメジャになりましたもんね。車ではまって驚いたことあります。
5月4日、5日に一日2往復。

MOMO(大通)

050412momo.jpg

さわや書店のとなりの「MOMO」。リニューアル後、はじめて行く。
看板には「映画・音楽・コミック」「エンターテイメントコミック」の文字。
その違いはわからないが、さておき。

1階は芸能人関係の本、そして映画・音楽の本がそろえられていた。
お得意の宝塚関係の本もたくさん。絵本類は確かに消えた。

ここでなかなか見つからなかったマザーグースの本を買ったのを思い出す。
(読んではいなのだが・・)
コミック類もあったが、2階と住み分けは短い時間では判断できず。

絵本の頃は気持ちが引き締まった気もしたが、それはなくなった。
理由は不明。

ふと向側のツルハに入り、曲がった階段を見て第一書店の頃を思い出すのであった。
大通はすこーしずつ寂しくなっている。

050411 盛岡二高

4月11日 薄い晴れ
050411niko.jpg

仕事をさばくということは、どういうことなんだろう。
「優先順位」とかキーワードが浮かぶが、日中はふりまわされてしまう。
とにかく前へ進めるというのも一つ手段ではあるかなと思うこのごろ。
スピード優先だもんなあ・・この世の中。

盛岡二高あたりに来ると静かだ。ひといきをつく。
あれま。校舎を改築するんですかと知る。
校庭と体育館ひとつぶんのスペースが工事現場に変わっている。
黄土色の校舎には、祝入学の看板があるが、誰も見ないだろうなあ。

050411niko2.jpg

城南小学校側にまわると、当然の如く校舎(になるだろう)がたちはだかる。
雰囲気かわるかもしれんね、この通り。
校舎改築工事の工期は平成18年2月27日。
請負額は建築部分だけで7億9674万円。RCの5階建て。

盛岡の高校生を見ても、まだどこの学校か判別がつかない。忘れてしまっている。
かろうじて二高は思い出したが、冬服では難しい。
そういう戸惑いもある。たいしたことではないのだが。

○本宮四丁目にMarry de MANAがオープン
○盛岡友愛病院 駐車場500台
○本宮小学校の新1年生 158人(市内最多)
○もりおかの人口(3月1日現在)28万7947人<前月比△13人>

050411 釈迦の橋

4月10日 くもり時々雨

050410shakanohashi.jpg

くもりぞら。なりゆきでイオン。車で面倒じゃないことって大きい。
最後まで或る買い物を悩むが見送り。
アイリスオーヤマがどんなものを作っているか初めて知る。

せっかくだから猪去へ。
そう思う人間も少ないんだろうが、なぜか行きたくなった。
きのう見た路線バス廃止のニュースのせいだろうか。

釈迦の橋というお気に入りの橋が振興センター前にある。
鹿妻穴堰に架かる背が低い黄緑色の欄干はそのままだった。

ゴルフ場と分かれ道から先は心細い。
もっと登った記憶もあったが、すんなりと「かんぽの宿」。
ここも廃止の噂を聞いたことがある。

バスは確かにここまで聞いていて、手代森ニュータウンまで一本で行ける。
天気は回復しそうもない。帰ろうとしたら空のバスが坂道を登ってきた。
本当である。

○オフィス空室率(三月末時点)盛岡市 6.89%
→よくわからんが、東北の中では一番低かった。

○「岩手の野球を躍進・発展させる会」発足(9日)
→フェズント岩手という社会人野球チームを立ち上げるのだとか。

○岩山パークランド 入園料金 
大人(中学生以上)400円、小人(4才~小学生)200円

○たもり乙部店で「端数はいらない」と言われる
→いつも?

050409 仙北三丁目

050409senboku2.jpg

盛岡に来て、2回目の週末。
荷物整理を少しして、東仙北のホーマック。
今まで過ごしていた町のホームセンターに慣れたせいか、ぎっしりという印象。
品数はあるんだろうけど、圧迫感あるなあ。

仙北三丁目をふらつく。
たいていのところには行ったつもりだったが、新しい発見が次々と。
「こんな場所あったけ?」

県営住宅周辺の変わりぶりもすごいが、
「新茶や」周辺も拡幅による移転が終わって、面影はなくなった。

仙北中までたどり着いた頃には、夕暮れ時。
紺色のジャージで、かつての記憶とかろうじてつながった。

そこから4号に出る。
県公舎あたりで、道路は大きく曲がる。車だと怖いときもあり。

○県交通 盛岡市内10路線の廃止を申し出
鉈屋町への路線も廃止対象。いまや1日3往復。
その他にも競馬場周辺、大ケ生、猪去の保養センターも。

県営仙北アパート周辺

050409senboku.jpg

小鷹橋から遊歩道を進むと、新しい建物が見えてくる。
県営仙北アパートだった。3年前には古い建物も残っていた気もするが跡形もない。
前の吉田商店の建物は健在だったが。

アパートの前には砂の広場。
次期建設工事まで、子供の遊び場として暫定開放。

ユーザーとして想定されている、こどもはいなかった。
見かけないのは、実は絶対数が少ないと言う単純な理由なんじゃないかと思うこのごろ。

050408 川留稲荷

4月8日 ほとんどくもり

050408kawadome.jpg

富士見橋を渡ると、昨日の雨のせいなんだろうか。
大河・中津川になっていた。カキツバタの畑からおんぼろ長屋の下まで水。
それも茶色。春らしいことばかりが続く。

加賀野の川留稲荷が最終目的地。
神社から川に出る細道が大好きで、戻ってきたことを報告しにいく。
うん、あんまり変わっていない。季節が進んだらよくなりそうな雰囲気を残している。

変わらないでいることが誰かを安心させることもある。
そのままでいる部分も持っていても悪くはないはずだと思った。

そこから変則的な一方通行の道を戻る。
となりの大きなサクラの木も健在。ただし塀がリニューアルしていた。
うん、そうやって変わっていくこともある。

○県議の吉田洋治氏(盛岡選挙区)が宮古市長選へ出馬?
○さわや書店のMOMOがエンターテイメント系に変わってリニューアルオープン

Template Designed by DW99