FC2ブログ

ライオンズマンション下ノ橋

マンションがある風景(6)
050608raionzu-shimo.jpg

細長くて、あちこちから印象的な風景を作り出しているマンション。
建物のそのものは典型的なライオンズ色なんですけどね。
ネットで検索すると、平成2年生まれで12階建て。
買うと1250万円はするみたいです。

上衆小路方面から見てみました。
画面左手にキャメルマートがあったのも昔話になってきました。

050607 開運橋通

6月7日(火)そして晴れた
050607kaiunbashi.jpg
かつてスターバックスがあった開運橋そばのマンションを折り返しにして散歩。
しばらく空き店舗だったが、内装をいじっている。
新しいことが起こりそう。まあ、顔な部分でもあるから、このままでいいわけがない。

開運橋通をふらつくが、ここが中心部では楽しそうなエリアに見える。
私が欲しいものを売っている店はないけど、
世間の若いヒトが欲しいものは、たくさんありそう。

三段構えの長い階段を一気に登っていきたい。
この町を通るたびに思うこと。

050607yonoji.jpg

盛岡タイムスによれば、与の字橋が7月から改修工事に入るとのこと。
高欄はとっかえて、路面鋪装も新しく。見違えるようになるのか?
そんな知識を頭に入れてしまうと、錆も目立つ。
実は改修工事よりも気になっていることが橋の向こう側にある。
「盛岡臨床検査センター」。何をしている会社?なんだろう。

050607sakanacho.jpg

久々に無駄な一日だった気がしないでもない。
明るいうちに帰れることは、しあわせなことではあるはず。
ビアガーデンという気分ではない。
お店が閉まりはじめた肴町アーケードをとぼりとぼりと歩いていく。

○与の字橋
橋長 54.70M、橋梁幅員 10.25M、1939年完成、1969年歩道拡幅

050606 中津川

6月6日(月)はれのち曇りから夕暮れ色に
050606nakatugawa.jpg
野の花美術館前のわすれな草は満開で、あの色はなんていうんだろう?
紫色が水で薄められたような色。河川敷の緑の中でがんばっていた。

「わたしを忘れないで」だっけか。
取り返しがつかないことはあるわけで。
離しちゃいけないものって、年数が経つと重みを増してくるから、やっかいなもの。
探してしまうコトやヒトがいる。

050606kagano.jpg

天気は優れずも、加賀野まで中津川を歩いた。
小岩井のマンションはお色直しでもしているようで
まるごとシートに覆われちゃっている。住みごこちは、どんな塩梅なんだろう。

日当たりって、当たり前だけど大切。
強過ぎず、弱過ぎず。南向きとはよく言ったものだ。

カキツバタもきてまっせ。

○新しい宮古市はじまる
→宮古、新里、田老が合併。
○ホーマック スーパー デポ盛南店 2006年2月開店へ
→大規模小売店鋪立地法の申請をしているんだとか。ゆいとぴあ盛南地区に。
○南昌山で40回目の山開き(5日)

050605 猪去三枚橋

6月5日(日)くもりのち晴れ
050605isari.jpg
猪去三枚橋。
そんな橋があるのかは知らねども、この交叉点は好き。
「どさんこ」の前(上えぞ森)の区別は、しばらくの間つかなかったけれど、もう大丈夫。

夕方になり、雲が多様な顔見せながら、ゆっくりと泳いでいる。
日曜日の終わりだと言うのに、嫌な顔もしないで。

鹿妻穴堰の水の音に聞き入る。
とくとくとく・・。川の音とは違う音色。
稲荷場の分水工で聞くことができる。

050605kamiota.jpg
県道をまたいで、太田小学校があるエリアへ。
倉庫たちと小さな小学校。奥まった場所に幼稚園。

太田の空は次第にきょうの終わりの色になる。
何をしない日々。憧れているがなかなかできないでいる。

○旧練兵場跡(青山町)+愛宕町=西口の土地
→国との等価交換の協議が整ったとのこと。西口には国の合同庁舎ができるようです。
○7月24日 浅野温子語り舞台「日本神話への誘い」@盛岡八幡宮
→なんか目に止まった広告です・・。

050604 堂の前アパート

6月4日(土)やがて晴れる
050604donomae.jpg
午後から晴れてきた土曜日。体が動いたのは夕方近くになってから。
旧馬検場のイベントに遠野市長が来ていたらしい。ちょっと見てみたかった。
やがて自転車は盛岡の西へ。よ市はそこそこにして、夕顔瀬町。

このエリアはJRの社宅が点在しているエリアだから吸い寄せられてしまう。
国鉄キッズとして育ったから、この手のアパートには強烈な郷愁を覚えるのだ。
残念ながら、この町はふるさとではない。つまりよりどころはない。
だからこの場所へ来てリフレッシュするのだ。
上野へ『そ」を聞きにいくようなものだろうか。

夕顔瀬の商店街の北側には堂の前アパート。
なぜか一部だけごつい石畳がある2棟の構成。
相変わらずといえば相変わらず。
ただ壁面が青色だったのはJR貨物だからというのは今回の更新。

050604shimoda.jpg
そこから止まらなくなり、下田アパートへ。
境田町側から入り、田沢湖線のガードをくぐると、一瞬とまどった。
家が立ち並んでしまって、どこからどこまでかがわからなくなったのだ。

ようやく指針となるべき家を見つけて、周りを見渡す。
2階建てのアパート群は完全に消えてしまった。
社宅の駐車場に変わっていたし、マンションが建っていた。
(田沢湖線沿いには社宅が健在ですよ)

050604kippushi.jpg

最後は木伏アパート。
ここのもイオンが忍びより、アパートは風前の灯。残り1棟。
木伏か厨川が育ったアパートの雰囲気に近くて愛していたのが、ダメそう。
ジャスパーも昔話の世界へ。

彼ら・彼女らとは遠く離れてしまった。
ときどき思い出すのは、いわゆる山河ではなくて、情けないけどコンクリートづくりのアパートたちのなのだ。
だから、もうちょっとこのままで残っていてほしい。
わがままでしかないのだが。

○さんさ踊りの参加予定は130団体
○ガードレールの鉄片 盛岡の市道では15片(3日現在)
○県が広域生活圏を見直しへ
→盛岡は二戸や久慈といっしょ。
http://www.pref.iwate.jp/~hp0112/kyoku/kyokutop.htm

050603 上田中学校

6月3日(金)くもり
050603uedachu.jpg
「想いを語る」
平成16年度の上中の生徒会スローガン。

想いを閉じ込めるようになる。少なくとも出し入れすることができる。
そんなことが大人だと思っていたが、決してそうだとは限らない。

曇天の空。上田中が上田二丁目1番地であることを知る。
杜陵高校、岩手医大の馬場。そんな構成は変わっていなかった。
もちろん、中央病院から国道4号までの片側2車線道路は新しい風景。
岩手町方面にしか曲がれない、いまひとつ使えない道。
トンネルができまでの間、その閑散を楽しむことは悪くない。

素朴な疑問として、トンネルができても中央病院から先の進展がないと意味がないような。内丸へは今までのルートのほうが早そう。
でも三ツ割の坂を一所懸命登る下小路中の子たちを見れば
早くできればいいのにとは思う。

050603uedaichi.jpg

「上田一」の文字に立ち止まる。
そう人生において、上田で一番に慣れたら、それはそれでたいしたことだ。
「オンリーワン」は嘘くさいが、
誰かの一番になることは、昔から大切なこと。

○高卒未就職者 142人(4月末現在)
→うち盛岡職安管内は78人

○国道4号の松並木
 茨島跨線橋から分レまでが3.6キロ。
○ガードレールの金属片 岩手でも見つかる
○吉田整形外科・リウマチ科クリニック 本町通一丁目に開院

○西口のアイーナに意見が或る人は・・
http://www.pref.iwate.jp/~hp0215/public-comment/public-comment.htm

050602 大北証券

6月2日(木)はれ
050602daihoku.jpg
考えてみれば、何も持っていない暮らし。
資産といえば、オンボロ車とカブと自転車くらいか。
そしてなけなしの預金少々。土地もなければ、愛もない(笑)。

証券会社の前を通って、そんなことを思う。
株って一度は持ってみたいけれど、勉強していることとリアルが結びつかない。
みずほ銀行、岩手銀行、大北証券、盛岡信用金庫。
この並びは、盛岡の経済中心の名残なんだろう。

晴れていたのに4号線を南へ走っていた。
弱気な僕はいつも右側をずっと走る。相当なことがない限り左レーンには入らない。
結局、そのほうが早いというのが盛岡暮らしで結論だが、いかがなものでしょうか。

盛岡サティから南側が特に好きで、たもり付近の道幅を愛している。
そうそう、都南病院そばの胡洞が閉店していた。
盛岡にいなかった頃、ここで、じゃじゃを補給していた。合掌。

(追記 2005.6.7)
胡洞は移転したということです。(わたしは未確認ですが)

○盛岡市観光文化交流センターの利用者数(2004年度)
34万1814人(前年比 7.2%増)

○県高校総体の開会式 北上で

○岩手県の出生率 1.43
・2004年に生まれた赤ちゃん 11,167人(前年比 △290人)
・死亡数 13,757人
・自殺者 481人
・結婚 6523組
・離婚 2655組

○旭橋と開運橋間の遊歩道が工事のため通行止め。

050601 愛宕下へ

6月1日(水)はれ
050601atagoshita.jpg
夏服にすら出会えない6月1日。何をやってんだか。
比較的前向きな気持ちで、折り返し月へ突入。

下小路中学校の北側から看護学院の学生たちが流れてくる。
男の子もいるんだな。バイクに乗って北山方面へ消えていく。
今なら勉強できるという気持ちはあるが、気持ちだけではな何も産まれない。

ハウス表参道なんて、どこへの参道なんだかと思いながらグランドホテル方面へ。
国道4号をアンダーパスすると、生々洞あたりに出た。

愛宕下へ来ると、気分は立原道造になる。
石畳風の坂道を登ろうとしたが、息が切れる。あえなく挫折。
目に入ってくる風景を上手に言葉に変換できたなら、人生も変わるだろう。
今月は愛宕山を散策してやると心に近い、あとにする。

050601atago.jpg

愛宕町かいわいは複雑系の道路網。
ここにも田中商店ががんばっていた。盛岡は田中か?

○きょうの誤変換 下工事中学校
○下小路中学校生徒会スローガン 一心
→「大地の子」思い出す。

○盛岡市が市産学官連携研究センター(仮称)を岩大構内に建設へ
→2006年度に予定。地域連携推進センター裏手に

○IGR青山新駅 総事業費 6億400万円
→駅名は公募するらしい。他に何かあるのかなあ。

○盛岡職安有効求人倍率(4月)0.55

立原道造記念館
http://www.tachihara.jp/

Template Designed by DW99