050831 上田一丁目



怪し気な空模様。自然と傘を手に取る。
予想通り雨は強く降り出してきた。

用事を済ませたころには小降りになる。そして仕事場に戻れば日差しが。
まあ、そんなもんさ人生は。
悩ましい空の時に、オレが外に出たら8割の確率で雨が降ります。

050831goropin.jpg

きょうは上田の「ガロパン」。
バタースナッキーとカレーパン。
(あまり)揚げていないカレーパンが好きなので嬉しい。
ほおばると、僕にはちょっと辛かったけど。

横文字で書くと「Galopin」。
だから「ガロピン」ついついと読んでしまう。それも通るたびに。
思い出すのは、「Chopin」を「チョピン」と読む女の子がいて、間違いだよと注意したら、
実はヨーロッパのどこかの国ではそう発音するということで、最後は謝るという話。
(こう書くとつまらんねえ・・)
漫画の柳沢教授だったかなあ。あの話は好きです。
だから、その国ではたぶん「ガロピン」でいいのかも。
そんなことを中央病院の曇り空の下で思いました。

思い込みもほどほどに。
あなたの思っていることのすべてが正しいわけではないのですから。

○天皇杯 グルージャ盛岡は佐川印刷(京都)と9月17日松江で対戦
○青山町踏切で交通規制
9月5日~11月10日 22時~5時半→車両通行止
9月5日~12月22日 9時~16時→片側通行規制

白堊祭



9月3日と4日。
テーマは「千紫万紅」らしいです。
真ん中の丸の中では女の子と男の子が手を繋いでいます。
微笑ましい感じです。

050830 下小路

8月30日(火)はれのちくもり


彼曰く「白い長い真昼の道」にいた。
ぼんやりとした日は愛宕町に足が向いて、道造さんをしのんでしまう。
僕もこの町のことを遠くに住む人に伝えたいけれども、どうも上手に言葉が重ならない。
へたくそな積木は崩れてしまうように、不安定だから。
でも、まあそのうちに。

1938年とこの道筋は変わっていないのだろうか。
黒川産婦人科に残っていたあの洋館を僕も記憶にしまえたことは幸いだった。
2005年、どうでもいい人間がまた同じ道を南へ歩いている。

050830shiminbunka.jpg

夜は、盛岡市民文化ホール小ホール。パイプオルガンがあるところ。
ここもはじめてかも。
県民会館中ホールとは音の響きが何か違うような気がした。
計算されて音が跳ね返ってくるような。

ちょっと前までの人生のテーマ曲「愛のあいさつ」を聞く。
結局、使うこともなかった曲だが、こうして生で聞くと、やさしい気持ちになれる。
果たしてこのままお蔵入りしていまうのだろうか・・(笑)。

今度はオーケストラが聞きたいなあ。盛岡に来ないかなあ。

050830tanaka.jpg

本町通の「パン工房たなか」。国道455号沿いにある小さなお店。
私が入ると、もう満員みたいなかわいいスペース。
玄米パン、ホテルパンがオススメらしいが、昼飯にするには量が多い。
したがって、ツナと黒糖をチョイス。

黒糖は、あんの代わりにそれが入っている感じで最初はとまどったが
砂糖とくるみのカリカリとパンの生地が調和してくる。
ああ、また新しい発見だった。ありがとう。

○衆議院選挙公示
岩手1区は4人が立候補。県議補選とはうってかわり、男性ばかりとなりました。
○選挙人名簿登録者数(8月29日現在)
盛岡市 男 105,630人、女 119,946人、計 225,576人
○レクサス盛岡 30日オープン
→盛岡は岩手トヨペットの経営。
○28日夜 城南小裏のゴミ集積所で不審火

盛岡八幡宮例大祭



一応、本家のポスターも。
縁日風景のデザイン。

050829 中央通一丁目

8月29日(月)はれ


東京へ行って、思い残していたことの半分くらいを片付けたから比較的元気。
柄にもなく仕事の順序づけを頭の中でしながら出勤。
まあ、その通りには行くわけはない。ランダムに新しい仕事が飛び込んで来る。

中央通あたりを歩いていても、風はさわやかなくらい。
しばらくはココロ落ち着いて過ごせそう。

050829paburo.jpg

菜園のパブロがしまっているという情報を入手したので立ち寄ってみた。
確かに看板はなくなって、中は営業している気配もない。
閉店か?と思って近づいてみると、意外なことが貼り紙には書いてある。
要約すると
「建物が防災上の観点から点検・修理が必要と判断され、大幅な建築工事を実施せざるを得ない状況になった」
こんな理由なんてのは、貼り紙歴6年にしてはじめて。
ゆえに7月4日から長期休業しているとのこと。
ちなみにこのお店が「菜園通パブロ鳥の歌店」という正式名称を持つことを知る。

ここは1回しか利用したことないけど、他のお店がしまっていても開いていたような印象がある。
時々、動向をチェックすることにしよう。

050829art.jpg

パンを求めて、大通をさまようがなかなか見つからない。
結局、映画館通りの「アートコーヒー」。これがお店の名前なのかなという疑念が消えず。
でも建物の外観、看板からすれば、そうとしか判断せざるを得ない。

フランスパンにポテトが入ったものと、白いパン(名前失念)を190円で。
白いパンはハイジが食べていたのに似ているような気がして手にした。
食べていくうちに、てっぺんにちょっとかわいく塩味のエリア。
これが案外いける。ちょっぴりが味を引き立てることを学んだ。

○2005年春 県内高校卒業者の大学等進学率 34.4%
→過去最高も、全国では46位
現役合格者 岩手大496人、県立大272人、東北大139人、弘前大110人、山形大105人

石桜祭



肴町アーケードにて。第58回石桜祭のポスター。
岩手高校の文化祭は9月3日・4日。

テーマは
「男×漢=∞」~咲かせて魅せます、秋の華~
(ルビは おとこ×おとこ=無限」)

うーん、男子校ですねえ・・。
あの頃、文化祭は女子高生とふれあう数少ないチャンスでしたから燃えたものですが(笑)。

講演会があって、ピーター・フランクルさんが来るようです。
他にも一高や三高も今度の週末は文化祭のはず。

050828 盛岡町

8月28日(日)くもり時々はれ(東京)


野球場のフェンスに沿い、やがてお金持ちの人が利用しそうなテニスコート。
そのまま進んで交叉点で一息つくと、その後ろが盛岡町交番だった。
予想よりも立派な建物で新しそう。3階建てで茶色の建物。
ドリフのコントで見たような警察官が乗る自転車も数台ある。

ここは南麻布五丁目。かつて「盛岡町」という町があったということで
いわば東京での聖地へ行ってみたわけだ。
そのエリアはほぼ「有栖川宮記念公園」と合致する。

050828nanbuzaka.jpg050828nanbuzaka2.jpg

南部坂と南部坂教会

日比谷線の広尾駅で下車。そこからすでにセレブな匂いがする。
外国人の姿を多数見かける。その人たちがご用達なスーパーマーケットがあり、公園の入口がある。

入口の右手が「南部坂」。
想像していたよりも美しいラインを描いている。
緩やかにはじまり、クイッと高さをかせぐ、メリハリがあった。
教会があって、そこは「南部坂教会」という。
かわいらしく、かつ歴史がありそうな建物。そしてその先にドイツ大使館。

坂をのぼりきると、麻布野球場がある。
草野球を楽しむ人たちがいる。そして前述の道へ。

盛岡町は三角形に近い形状をしていたらしい。
交番からその一辺を形成する木下坂をくだると、また公園の入口へ戻る。

公園にも入ってみる。ここは南部藩の下屋敷があったそうだ。
それゆえ、坂道の名前になり、町名の由来になった。
入口からいきなり池があり、そこから階段をあがることになる。
遊んでいる子供たちの半分近くは外国人だった。
数百年の歴史を経て、ワールドワイドになっていることを知った。
そして東京都中央図書館が階段を上りきったところにある。
もしかしたらその昔、一度来たことがあるかもしれない。

聖地を訪ね満足し、さらに東へ。
また坂道。そこが仙台坂である。ここも仙台藩の関連施設があったとのこと。
でも雰囲気は南部坂のほうがよかった。

だんだん警察官が多くなり、何があるの?と思ったら韓国大使館。
坂道が終わって、麻布十番へ出た。

※もうひとつ南部坂があるようです。六本木一丁目に。

○天皇杯県予選決勝戦 グルージャ盛岡3ー0盛岡商業
○こまくさ幼稚園存続問題 県が2008年3月閉園の案を提示

050827 緑が丘二丁目

8月27日(土)朝は雨あり、そして晴れ


盛岡からはいなくなってしまう葉たばこ技術センターに別れを告げにいく。
最後になるのだろうか、黄色のたばこ畑ごしの岩手山を愛でる。
相変わらず素晴らしい景色だったが、敷地は昔の印象より狭くなった。
どうしてなんだろう。

前住んでいた町では、たばこ畑がたくさんあった。
この時期には刈り取りが終わっていたような気がする。
秋へのかけはしの風景。

わがままを言えば、一部をのぞいて家に囲まれているので
この風景を楽しむ場所が限られていることが残念。
反対側からも眺めてみたいが、かなうことはないだろう。

050827midorigaoka.jpg

そのまま箱清水一丁目を徘徊。
医大グランド寄りは複雑系の道筋で全体像を把握するに苦心する。
いつのまにか緑が丘二丁目に出てしまったようで、廃アパートひとつと出会った。
日本たばこのアパートだった。閉鎖の余波?
こうして社宅も減っていくのは、さみしいこと。
三公社五現業も死語。

050827hakoshimizu.jpg

一丁目はほとんど宅地化されているが、ときおり三田系の名残が現れる。
大好きだったくねり道(12番地と13番地の境)も健在だった。

箱清水はゴミ集積所そばに掲示板があり、いろいろと書いてある。
そしてライターとスプレー缶専用のカゴが設置してある。
どこも大きめで、我が町とはちょっと違う雰囲気。まじめな人が多い?

その他は、あまり変化はない印象。
そしてまた三馬橋から坂道をのぼりはじめる。
精神病院あたりまでは結構きつい。年をとった。

精神病院から三高までの道路。
中島整形外科付近が改良され、岩銀の箱清水出張所は更地に。
全体としてはまだ完成ではないようだから、通りにくい感もあり。

○IGRの運賃体系改定へ
盛岡~青山は200円、盛岡~巣子は360円

岩手銀行材木町支店舘坂出張所



9月9日で天昌寺支店と統合になる岩手銀行材木町支店舘坂出張所。
お別れに立ち寄ってみると、すてきなシャッターだったことを知る。
想像でしかないが、新幹線開通当時っぽいデザイン。

そういえば、箱清水の出張所もATMだけになっていたし、中野支店も同じく。
岩手銀行も大変なのかな?
でもこのシャッター残しておいてほしいです。
きっとお宝になりますよ。

050826 黒沢尻

8月26日(金)くもり


盛岡は台風らしくもない空模様。雨はそこそこ。風は少々。
東北道を南へくだる。惜しむべくは曇り空であること。
道がストレートになったとき、紫波や花巻あたりでフロントガラスに広がる空は素敵なだけに。

たどり着いたのは、黒沢尻。
と書いても、あまりピンと来る人はいないだろうから、北上。
「きたかみ」と口にしているぶんには、問題がない響きだけど、漢字で書くとあっさり過ぎる?

さくらの百貨店周辺は静か。
昭和風の屋根付きの商店街は周囲にあるが、寂しい風が吹いている。

惹かれるのは、どうしても「PIAすわちょう」のアーケード。
肴町より高さがあり、道幅が広い。
そこに古い屋根が覆いかぶさり、カーブを描いている。
まるでスノーシェルターの中を走っているよう気分。

でも数年前に来たとよりは明るい感じがした。
平日で人がいたからだろうか。それとも車が通るようになったからか。

050826nasukawa.jpg

盛岡に戻り、雨は小康状態。
仕事が終わり上盛岡のさわや書店。3番目によく行く書店。

買う本ないなあと思ったら
「深沢紅子と立原道造」(佐藤実 杜陵高速印刷出版部 1,800円)が目に止まる。
帯に「盛岡ノート」「全文」の文字。即購入。
全文は自筆の写しなのですらすらと読めない。たどたどしく読むしかない。

その中に「南昌山のシルウエット」のフレーズ。
そうそう。あれはいい。

本当はどんと岩手山が見える町に住みたいと思いつつ、それがかなわない。
だから思っている以上に南昌山に支えられて生きていたことに気付く。
例えば、南大橋からとか中野の片岡橋からとか。

「盛岡ノート」の感想はまた別の機会に。

○8月27日は三ツ石神社の例大祭(広告より)
高林石材店、横沢パン/Bread-inn、高橋石材店、喜六そば、樋下建設、アポロ石油、アド・スタジオ、カメラのキクヤ、内丸病院/ヴィラ加賀野
○東日本ハウス 銀河高原ビールを清算へ
○IBCがポットキャスティング配信開始
http://podcast.ibc.co.jp/

050825 ちりめん亭

8月25日(木)はれのちくもりでしょ?


ちょっと疲れた夜。ものたりないのでラーメンでもと。
「ちりめん亭」は生姜町の並びにあって、気軽に入ることができるお店だ。
ときおり立ち寄って、だらだらとスポーツ新聞を読みながらラーメンをすするのが定番コース。
3年前と比較すると、東南アジア方面からの留学生?の女の子がバイトをしている。
一所懸命とかまじめとか、忘れかけそうな言葉が浮かんで来る。
僕らが忘れてしまいつつあること、ホントはそれでいいのにってことを思い出させてくれる。

050825uchimaru.jpg

盛岡駅の改札口を列車ユーザーとしてはじめて利用する。
一か所にした意味があんまりないよなあという感じ。慣れないせいもあるのだろうが。
まだ昔のイメージがあるので、改札から出口まで遠くなったという思いは否めない。

台風が近づいている。どうなることやら。
当初の予想よりはそれているようだが。

○8月12日から北松園1丁目、西松園2・3・4丁目、東黒石野2・3丁目、東松園4丁目でFOMAエリア充実
○城東中で25日朝不審火。牛乳ケース焼く。

050824 富士見橋

8月24日(水)そして晴れ


ポカリ雲に想いを馳せた日。
仕事があったけど、せめて窓からでもなんて振り向いたりするが無理だった。

昼ごろには盛岡上空は快晴。周辺を囲んでもっこり雲。
空気は五月頃のベストシーズンに近くなってきた。
仕事がない時に来てほしかったなあ。
(どうやらこの日のフライトは中止なったようですが・・)

050824hachiman.jpg

八幡町の奥まったところに米内光政居住地跡の碑がある。
そこにあった民家がきれいさっぱりとなくなっていたことを知る。
正統派の2階建て日本家屋で好きだったんだけどなあ。
壊したってことは米内さんとは関係ないということだろうか。
今、上小路でも1件壊しているようだし、解体シーズンってところ。

050824fuzokusho.jpg

そして、とんで附属小学校前。
学校に隣接した部分の歩道工事は終了した。
学校のフェンスが味気なくなった。若干、附属小の敷地は狭くなったはず。
サンクスから盛岡バイパスの間も整備するようで、工事は続いている。

ここは愛用している道。
盛岡バイパスから右折で侵入し、附属小・マルタカ・住吉神社と過ぎていくうちに狭くなるあやしい道。
どこからなんだろうと、ふと今、考察してみるが、やはり山王の生協入口あたりからか。
八幡宮に出るころには電柱が邪魔だよって感じだから。
どこまで広くなるんでしょうかねえ。

050824eieitoransu.jpg

きょうは大工町入口(本町通1丁目)にある「エー・エー・トランス」。
町家の中でパンを売っている。対面販売ということで、やや緊張。
チーズカレーパンとトマトで煮込んだものが入っているものを買う。

トマト本体は大嫌いなのだが、加工品はだいたい大丈夫。
そのへんはまた後日、じっくりと考察したい。

もう少し大人になったら、食べられるだろうか?
そんなことを思いながら、口に入れる。幸いなことにトマト感は味だけだった。
おいしくいただく。

○上ノ橋町の瑞鳳酒造跡地工事は本格化していますね。駐車場のコンクリはがしてます。
○盛岡二高は正面からみるとあんまり進展を感じず。
→脇からは体育館?の鉄骨が現校舎を隠しています。
○県庁裏のビルを半分こわしたところ。「藤島ビル」という名前が出ています。
○東京三菱銀行仙台支店盛岡法人営業所 26日 小岩井・明治安田ビルに開設
→いまは小岩井明生ビルじゃないんですねえ・・。
○岩手大学 2004年度決算
 当期総利益 4億1365万円(全国で47番目)
 経常収益  121億363万円(うち外部資金 6億4766万円)
 

050823 岩手公園

8月23日(火)はれ


望んでいた以上の青空。わたあめの状の雲が浮かんでいているのがたまらない。
遠方ではよさそうな空になっていそうなので、岩手公園にあがってみる。
ここより高い場所はかなりたくさんあるのだけれども。

夏の終わりの城跡は蝉の声は聞こえる。
何かが終わってしまったときのような切なさはある。
それはここ自体が「夢の跡」であるからに他ならない。

050823matuya-ato.jpg

中ノ橋通の松屋デパート跡地。
コインパーキングから結局マンションのショールーム。
ルサンク上の橋のもの。
栄光の場所もこうやってうつろになっていく。
レトロなエレベータをやはり見ておけば良かった。
私が盛岡に来たとき建物はまだあって、当時はまんぞくやだった。

老舗受難の時代なのか、大通の白崎時計店も廃業へ。きょうの日報夕刊に広告。
前からお店の前を通るたび、窓から「廃業準備セール」って文字が見えて気になっていました。
1935年大通で創業して70年。
「在庫を一掃することができれば準備完了となり即日廃業することができます。」
御礼の文からの引用ですが、寂しいものです。

050823edamame.jpg

肴町アーケードのはじっこにある「ブーランジェ」。
ここでマーガリンがはさまっているパンと枝豆のパンを買う。
枝豆パンは42円。こんな金額の買い物をしたのは大人になってからは久しぶりかも。
あまり期待していなかったが、中にお餅が入っていることに感動してしまった。
微妙な塩味もいい。これ当たり前ですか。
その感動を伝えたくて、ピンぼけでも一枚。

○県立盲学校グランドソフトボール部が6年ぶりに全国大会へ
○きょうの誤変換 日報勇敢→そう?

盛岡秋まつり



今年はというか、盛岡は日程が変わっていません。
14日、15日、16日が市内巡行。
14日 八幡下り、15日が大通でのパレード。
ここは日程が動きませんね。八幡宮の例大祭は永遠に動くことはなさそうなので。

ちなみに八幡宮に由来するおまつりにこんなのもあります。
こちらは日程が変わっていますが、楽しいお祭りです。
http://www.tonotv.com/members/kankoukyoukai/japan/main/tonomaturi/tonomaturi.html
今年は17日、18日

050822 北日本銀行大通支店

8月22日(月)くもり一時雨 そして深夜も雨


また「いつも」に戻る。
朝6時に起きる。遥か遠い世間の動きを一応把握する。
ご飯を炊いて、お湯を沸かし、朝食を作る。
スーツを着ると、かなり現実をリアルに感じる。
空模様は生憎。でも馬場俊英で気持ちを奮い立たせる。

北日本銀行大通支店。この壁になる前に僕は一度盛岡を離れた。
前の店舗も入りにくかったけれども、今はさらにそれ以上。
入口にガードマンがいるからだろうか。ことさら悪い事はしていないけど苦手だ。
あのときの夜。玄関前には元気そうな女の子がギターを抱えて唄っていた。
彼女はどこへ行ってしまったのだろうか。

050822sakanacho.jpg

つつがなく一日を終える。
ときおりガス欠寸前のカブのようになるが、ゴールまではたどりつく。
たぶん明日からは普通に働けるだろう。

一気に日没が早くなった。帰り道は夜空との境界線。
葺手町から肴町アーケードに抜けると、Qボードはいまだに4分の1は故障している。
春先から変だなと思っていたけれども、壊れていることに気が付くのにはもう少し時間がかかった。
そのまま黄緑な部分は変わらないまま、情報を流していく。
僕もどこか壊れているのかもしれない。30ウン年過ぎたのだから。

050822donku.jpg

食生活の改善をはじめる。1か月くらいは昼は町にでるようにしてみる。
探していてた本とCDにふられ、やや傷心でカワトク。

パンでも買おうと地下街。エレベータを降りれば、いきなりパン屋さん。
「ドンク」と読むらしい。神戸方面のチェーン店?
「パニーニ」を1個(178円)。パヴァーヌも気になるが、きょうはパニーニ。
どんよりとしたベンチに座り、ほおばる。

深夜は雨。そして窓を閉めて眠れるような気温に変わっていた。

○南大通の「蘇州」 玄関の看板が変わりましたよね?赤くなりました
○衆議院選挙の掲示板も設置が始まる。盛岡市内は540か所
○天皇杯の岩手県予選 決勝はグルージャ盛岡ー盛岡商業に

050821 鉈屋町バス停

8月21日(日)はれのち夕立ち

「東京タワー」(リリーフランキーのほう)読了。
後半部分は涙を流しながら読んでいた(笑)。最近、親子関係のものはダメ。涙腺が緩むから。
そして休暇は終わり。



なにげに暑く、ふとんを干す。掃除もした。そしてまた夕立ち。
ぢっと止むのを待って。散歩。鉈屋町あたり。
雨上がりの匂いはしなかったけれども、空はまだ不安定そうだったけど。

こうしてゆっくりと歩くのも久しぶりのような気がした。
ここ数日はバイク、自転車、ダラダラ。そのいずれかだったから。
夕暮れの日差しが町を少しずつ染めていく。
間違いがない風を確認しながら行く。

050821nataya-marujyu.jpg
050821nataya-kikansha.jpg

さんざん歩いたつもりなのに、新しい更新が生まれて来る。
この機関車ははじめて見た。
どこかの遊園地かデパートの屋上で活躍していたような感じのスタイル。
どうやって生き延びてきたのだろう?苦節だけでは足りなさそうな錆具合。

十円玉を数枚入れりゃ。ガタンゴトンと動きだし揺れる遊具ってあった。
僕はそういう乗り物に乗った記憶がない。
乗せられなかったのか、乗れなかったのか、単に忘れているのか。
そういうことをいまさら母親に聞くわけにもいかない。

彼女はたぶん僕が忘れていることをたくさん知っているはずだ。
それを聞きたい気持ちもあり、そのままにしておきたい気持ちもあり。
生きているうちにいろんな話はしておかなくてはならないとは思っている。
でも今はその状況にはない。

悪くない気持ちでまた苦難の日々を迎えられそうだ。
まずはできることから。

山車の練習の音もしてきた。もう秋はすぐそこ。

○松尾村は116年の歴史に幕
→昭和の合併はなかったわけですね。
○欽ちゃん球団が高田クラブに圧勝したようです@県営球場


050820 西根町

8月20日(土)おおむね晴れ


9月1日から八幡平市になる西根町、安代町、松尾村の様子などを見にいく。
土日に閉町式など行われるようだが、僕がたどった道筋ではそんな寂しさもなく。
かと言って祝賀ムードもなく。

050820ashiro-sakai.jpg
050820matuo.jpg

とはいっても、着実に「八幡平市」モードになっていて
安代と松尾の役場はすでに総合支所の看板が県道や国道沿いの道路案内版は変わっている。
安代町は準備が早く「市立安代中学校」などの看板も。
松尾村はそれほど変化は感じられなかったが、やはり「八幡平市柏台出張所」の看板。

050820hachimantai.jpg

この3つの町や村に特別の思い入れはないけれども、万感の想いの人も多いのだろう。
消えてなくなることは確かにあり、
残された人たちができることは、きっと覚えてあげることぐらい。
それがいかに難しいか。しばらく会わなくなると、輪郭もおぼろになる。
だから覚えていることだけですごいことなんです。たぶん。

次に行ったときは「八幡平市」かあ。
しばらく慣れないだろうなあ。

○きょうの誤変換 八幡大使
○大更でスターたむらの仲間みつける「ホットさとだて」
○八幡宮前の交叉点に人用の信号機がつきそうです

050819 杜陵小学校前

8月19日(金)くもりのち晴れ一時夕立ち

「二十四の瞳」を読了。まじめな夏休み?
結構大河ドラマだったんだ・・。



夕暮れ前の激しい雨が止んだあと、社会復帰するためのリハビリを兼ねて町へ。
世の中は動き出しており、果たして反応できるか若干不安に。
体だけは十分休まったのではあるけれども、抱えているものは減るわけでもない。

そのまま中津川や大沢川原。
岩手女子高の校舎が改修でもしているのか校舎にシート。
いまどきだから冷房はあるのだろうけど、暑そう。でも夏は終わりだからいいか。
菜園あたりは、えびす神社(だっけ?)のお祭りらしい。
カワトクには特設ステージ。おばさんが踊っていた。

雷雲が岩手公園上空に。まだ降るのか?降られる前に避難をする。
それが大人というもの。

050819minamiodori.jpg

南大通は馬町入口のローソンが閉店したらしい。そんな素振りはなかったのに。
とはいえ、馬町は案外通らない町。
中心部から鉈屋町や大慈寺町へ行こうとすると、十三日町や穀町ラインのほうが楽。
馬町ラインだと木津屋で突き当たるので、どうしても迂回しなくてはならない。

車でも行ったことはあるけど、駐車するの面倒なんですよね。あそこ。
これで南大通のコンビニはサウスヒルズのサンクスくらいか。
ローソンはあのへんだと八幡宮前くらいしか思い浮かばない。
ポイントためていたからなあ。ちょっと残念。

○もりおかの人口(7月1日現在) 28万7498人(前月比 △15人)
→いつだかの新聞で、盛岡圏は将来的にも人口は安定的に推移すると書いてありました。
○肴町のプレタわかまつが改装中
○新庄墓園の使用料
4平方メートル 墓地使用料 27万2000円 墓地管理料 年2000円
6平方メートル 墓地使用料 40万8000円 墓地管理料 年3000円
○津志田のアメリカンウェーブ跡は選挙事務所に

050818 向中野

8月18日(木)くもりのち晴れ
「こころ」読了。夏休みらしい?
世間は動き出している様子。僕はまだ社会復帰ができない。



ここを向中野と書いても理解されないかもしれない。
つまりはサイクリングロード。もっと堅く表現すれば、県道盛岡矢巾自転車道線。
新しい暮らしをはじめてからは、南大橋から都南大橋までは癒しのルートになっていたりする。
好きな区間は、新川から四高にかけての区間。
エアポケットのような風景が好きだ。

そしてさらに南へ進むと、向中野字新田の農地が広がる。
北上川側にも見どころはあり、見前タイガースの「三省」の看板。

一、あいさつをキチンとする事
一、言葉づかいをテイネイにする事
一、グランドをキレイにする事

死ぬまで不変なことをあらためて見ることができる。
大人になると忘れがち。歯を磨くことのように・・(違う?)
さらにラジコンの飛行場を通り過ぎて、都南大橋へ。

050818tonanyochien.jpg

何を血迷ったのか、終点まで行くことにする。徳田橋あたりまでのはず。
一度、都南大橋を渡り、向こう岸へ。

ここからは国道396号と並行する区間が多いことを知る。
手代森あたりはいいとしても、黒川あたりは国道区間も長く、ちとつらい。
特に新たな風景の展開はなく、徳田橋までたどりつく。
そのまま国道4号までなぞってみるが、終点らしい感覚が味わえず。

なるべく4号をたどらずに都南方面を北へ。
都南幼稚園あたりも少し懐かしい場所。子供が元気に横断歩道を渡っていった。

050818sanbonyanagi.jpg

三本柳権現堂バス停からはまたよくわからないまま裏道をたどる。
なんとか盛岡四高まで出る。部活に彩られたグラウンド。
もう戻る気はないけれども、もう少し一所懸命したら良かったとは思う。
取り戻せないことではあるけれども、だから聞かれたらそう答えようとは思っている。

だんだん空に日差し。雲がかたちを成して来る。
洗濯物も乾いていた。もういい加減に立ち直らなければ。

○岩手県警の新マスコットは「風ぴかぽ」「雨ぴかぼ」9月1日から

今宮神社祭典



見前町バス停付近にある今宮神社。4号線をとばしているとわかりませんけど・・あるんです。
そこの例祭日は8月20日。
前夜祭では、懸賞付きさんさ!
奉納芸能では、あの菊池マセさんもやってきますね。
メインは紫波町の犬吠森念仏剣舞。

050817 土淵字北野

8月17日(水)一応はれ


滝沢村をふらついてるうちに、盛岡市な部分と又逢う。
ここは県道盛岡環状線。滝沢村役場もそれほど遠くない場所。
わずかな区間が盛岡市になっている。
ぐいっと滝沢村に食い込んでいるのが土淵字北野。
見える地名は「谷地上」である。その名を冠したコミュニティ消防センターがある。
何よりも目立つのは滝沢電話交換局の不愛想な建物。

奥まったところに鳥居が見えて、行きたい衝動に駆られたが民家の敷地を通らないと行けない。
あとで調べると「目玉清水観世音」。

どうしてこんなかたちになったかは知る術もないけど、ゴミ集積所にも盛岡市の文字。
滝沢に囲まれた盛岡はまた興味深い土地である。

050817biggama.jpg

大釜駅周辺は相変わらず。
そこから久々にビッグガマアポロ。以前のけばけばしいカタカナの文字は消えた。
「ガマ」な感じがなくなったのが残念。
しかしあんなに駐車場が広いと初めて知った。そこからスオミの湯方面へ出れることも。

行く先もたいして考えないまま、姥屋敷方面へ登る。
時速50キロしかでないけれども、風とひとつになろうとする。

○舟っこ流し 大舟 14隻、小舟 1隻

050816 明治橋

8月16日(火)くもりのちはれ


夏の終わり。少なくとも気持ちはそうなる。
舟っこ流しは終わっていたけれども、水面に揺れる灯を見ながらそう思う。
今年の夏は短い期間ではあったが、暑くて、ちゃんとバテた。
冷房という機械が生まれてはじめて住む家に入って、その恩恵にあずかった。
それ以外はたいした事件もなく、30ウン回目の夏は過ぎ行く。

静かに花火が打ちあがる。スターマインを見直した夏。
風は強めで、町の方へ移動しながら揺れて消えてゆく。
はかないものばかりが好きになっていく。

050816wayama.jpg

東見前のビッグライフわやま跡。すでに正面の面影はなくなっている。
大きい体育館のような残骸。目に焼きつけておく。
ユニオンになるようだ。

地震には気が付かず。そんな人間もいたということで。
盛岡は震度4。

○15日の豪雨
盛岡では14日降り始めから15日正午までで111ミリ
・北大橋が一時水没→木賊川がらみのようです
・みたけ6丁目の家が床上浸水→10年で4回目とのこと
・小鳥沢ではマンホールから汚水
・市内では土砂崩れ4か所
○12年ぶりに一ノ関~盛岡でSL運行 10月8日から3日間
○薬王堂が来月ジャスダックに上場
○市立仙北プールは14日に閉鎖 24年の歴史に幕


050815 Nビルあたり(南大通)

8月15日(月)雨のちくもりちょっぴり青の空


朝は激しい雨が降っていた。北の方では被害があった模様。

Nビルは確かに背丈は小さくなっていた。
盛岡劇場から見ると、シートに覆われているだけでその様子はよくわからないけど
裏側にまわって、コインパーキングあたりではシートもなくて、かつての姿がわかる。
今のままの建物をマンションに改修するのは無理があるわけで、解体は当然の成り行きか。
でもそんなに古くない建物だとは思う。もったいないような。

「未来少年コナン」を最終回まで。
涙を流すことはなかったけれども、それなりに思うことはあった。
子供の頃にちゃんと見ていたら良かったのになと。
それでも、やっぱり愛と勇気か・・。これは死ぬまで変わらん、大人になっても。

050815nataya.jpg

町で用事をすませて、やがて暗闇に。お盆の火がぽつりぽつりと揺れている。
迷わないで帰ることができないのは、生きていても同じこと。
まだ見えないだけなのか、見えなくなってしまったのか。
果たして僕が帰る場所はあるんだろうか?

○玉山村で最後の夏の成人式(14日)

050814 旧江釣子村

8月14日(日)くもりと雨


北上の江釣子。旧江釣子村を僕は知らない。
こんなふうに奥州の水沢、奥州の江刺なんて書くことになるのか。

江釣子駅前で土砂降りに遭遇。
どんな構造かは知らないが、屋根からひさしから雨が滝のように落ちて来る。
いつかは止むとわかるけれども待ちきれず、びしょぬれ。

なぜそんなところにいたかといえば、江釣子ショッピングセンターPALに行ったから。
FM岩手の公開録音で馬場俊英が来るというので見にいく。
本当は「人生という名の列車」を聞きたかったけど、無料だから我慢。
それを差し引いても価値あるライブだった。

「そうさ 女の言うことの半分以上はいつだって
いつだってMeaningless わかりっこないぜ」
(「ボーイズ・オン・ザ・ラン」より)

ミーハーにもサインもしてもらいました(笑)。

050814hiromiyazawa.jpg

帰り道は盛岡和賀線を北上。時速60キロ程度でのんびりと北上。
雨と競争していたみたいで、盛岡で追いつかれる。
洗車の手間がはぶけるのかなというくらいの雨にまた逢う。

○東見前のビッグライフわやま跡 解体中ですね
○前潟のイオン
 過去2年間で1600万人の来場者、売り上げは209億円

050813 東中野

8月13日(土)雨中心の空模様


東中野ではコスモス。秋が忍び寄っている。
簗川の土手を歩きながら、少しずつ回復しようとしている空の下にいた。
そのまま沢田橋まで歩いて、国道106号。

ここから先はしっくりとした空気が体に馴染んでくる場所。
砂溜、東山一丁目、中野一丁目、河南病院前。
変わった場所も多いけれど、デイリー、ファル、薬王堂、消防署、古本屋。
ひとつひとつが優しい空気を出してくれる。

050813faru.jpg

相も変わらず、一人で生きています。
一人では生きていけないんだって(禁止の意味)。そんなことを今日教わりました。
愛と勇気。身につけていたかった。

未来少年コナンは西暦2008年の世界。おいおい、もうすぐじゃないですか?
アトムは越えた。そしてコナンを越えて僕は生きていくのですね。
リアルタイムで見ていたら、勇敢な人間になっていたかなあ。
わからないけど。ただそういう気持ちでは生きていきたいんです。

中野という町は、元気にしてくれます。
抱かれたときのような気持ちになるのです。
見せてあげたいけど、きっとわかってくれないだろうなあ。

○県公会堂でアートショウ12日開幕 21日まで
○グルージャ盛岡に河南中出身の選手が入団
○千葉インターハイ新体操男子個人 盛岡市立の藤田選手が優勝(12日)
○きょうの誤変換 健康街道

中野町内会盆踊り大会



今度は盆踊りのシーズンです。
麗しきN野でも盆踊りがありますよ。
8月14日 茶畑児童公園にて。

数年前の記憶だと、ものすごく寂しい印象しかないんです。
あそこは会場が結構広いので、そのせいだとは思うんですが。
もうヤグラは組まれていました。

050812 厨中前

8月12日(金)くもり夜には雨

神子田の朝市はお盆セール。いつもより賑やか。
またふらふらしながら、季節を感じる。
ザリガニを売っていてた。食うの?しばし悩む物品だった。



とにもかくにも夏休みをゲット。

青山一丁目はマイヤがある筋。かなり変わったんだなあ。
盛岡に戻ってきてから、一番そんな気持ちが湧いたところになりました。
住んでいれば少しずつの変化も、たまに来ればそれは一気で。
薬王堂を見て、イワベニはいずこへ?なんて悩みましたが、どうやら後方に健在らしい。
そして互助センターの青山長安殿。リニューアルした和光学園。
赤袰あたりも自分にとっては激変でちょっと涙が出そうになりました。
あの古めのアパートも消えたんですねえ(しみじみ)。

050812aoyamaeki.jpg

その前には馬頭踏切。若干、厨川駅寄りになったのだろうか。
すっかりリニューアルしていたけど、あの青山のクランクはまだそのまま。
青山駅も初めて見たけど、相対式のホームでノーマルっぽい雰囲気。
まさかあのへんが「駅前」になるなんて、ここでもしみじみ。

もうひとつの新設駅の名称も「巣子駅」に決まったようです。
2回目決戦投票では「銀河巣子駅」「すご駅」と争ったようです。

050812odate.jpg

青山町からはそのまま大館町へ。
ここはかなり懐かしい気持ちになりました。イオンへは行くけど、ここは通らないから
本当に3年ぶりくらいなので。
「譲」も健在で、スパーはローソンに変わって生き残っていました。
バスも走るようになったんですねえ・・。
前潟を中心として、見違えるようになりました。

○巣子駅関連
ちなみに公募では「巣子駅」「すご駅」「滝沢巣子駅」「チャグチャグ駅」「銀河巣子駅」の順。
他にも「くりさわ駅」「あいだ駅」というのもあったようです。

050811 上田中学校

8月11日(木)おおむね晴れ


上田中ではテニス部とサッカー部が汗を流しているようだった。
思えば、そんなに科学的でなかった時代に炎天下でよくスポーツなんかしたものだ。
高校の頃にようやく水分を補給するべしという説が出てきたような記憶がある。
オンボロなやかんからの水はうまかったなあ。

050811kyusakurayama.jpg

なんとなく行っていなかった善友保育園あたりを攻める。
変わりようがないところかもしれないが、保育園までのアプローチは好きである。
昼間でもあり、おばさん、子供連れの母子とすれ違う程度。
ここから北山の点字図書館がある通りに抜ける道があったはずだが見つけられず。

そして旧桜山。聖寿禅寺までの緩やかそうな坂は実は息を切らせたりする。
国土交通省の宿舎前のオンボロなアパートは岩手大学関係だった気もするが、記憶はあやふや。
そんな見逃せない建物の他にも、南部家当主の家もある。
密かに話題の靖国神社の宮司もつとめていることは最近知った。
ここで春を思ったのはもう3年前の話。

050811torenta.jpg

浮気した。「モンタン」ではなく、開運橋前にできた「トレンタ」。
イタリア語で30という意味。秋田からやって来たらしい。釜ゆでスパゲッティの店。
「スパゲッティ」という響きが嬉しい。「パスタ」って言われるとちょっとむかつくこともあるので。
麺はおしいかったけど、オレは週刊誌をめくりながら
ミラネーズを食べていた方が性に合う人間だったということに気が付く。
開店したてということでホールトマトを1缶いただく。
日本語では「皮むきトマト・トマトジュース漬け」となる。嫌っ~。

さてこれをどうしたものだろうか?自分で作れと言うことだろうか。
料理を極めるということは、なにか一線を飛び越えてしまうような気がして怖い。
しばらくは様子見。この缶を手に取った時に何かが変わるのかもしれない。

○大通居酒屋事情
1丁目に「黄金の魚大通店」コア石川ビル2階に7月下旬にオープン。
盛田カバン本店跡には「庄屋」。
山田陶器店跡は網玄が出店予定。
○御所湖がダム湖百選に選ばれたのを記念して記念碑
ダム湖百選のページ(財団法人ダム水源地環境整備センター)
http://www.wec.or.jp/center/hyakusen/hyakusen_top.htm
○県内の不登校
小学生 164人(前年度比 29人減)、中学生 984人(前年度比 53人減)

舟っこ流し花火大会



8月16日は「盛岡名物」(らしい)の舟っこ流し花火大会です。
感覚的にも、気温もこのあたりが過ぎると秋めいてきます。
しかしこんなふうに見えたっけかなあ。

050810 下ノ橋町

8月10日(水)はれ一時雨も


おでってでまた古本市がはじまる。
探しているのは古い地図と「盛岡ノート」だが、今回もなさそう。
そのまま呉服町、六日町ラインを進む。水道橋行きのバスにもすれ違わずにパチンコ店の前に。
ここからの進路は悩むけれども、上衆小路ではなく、鷹匠小路を選択する。
船山さんの病院も相変わらずのようだし、ここで覚えたノウゼンカズラも朱色の花で迎えてくれる。
風にはかすかに秋を感じる。
まあ昼間はそんなさわやかな気分であった。

050810ekinishi.jpg

世間の会議の90%は無意味なものだろう。
でもきょうは久しぶりに「なるほどなあ」と素直にうなずく発言に出会った。
正直に書けば、ココロをえぐられてしまった。

彼が若いということなんだろうか、経験に裏打ちされた言葉だったということか。
いずれにしろ、言葉が素だったから動かされたんだろうなあ。
タテマエにまみれた発言の中で生きてきたんだなあって。反省。

嘘は言いたくない。自分が思ったことを素直に言うようにココロがけている。
何も感じなければ、何も感じないでいいではないか。
そういうときは何も言わない。

まあ、そんなことがあり午後はダメダメモードに(笑)。

○大沢川原の不来方橋周辺は番地が整理されるようですね(市役所で公告中)



Template Designed by DW99