050930 大通一丁目

9月30日(金)晴れた


大通の居酒屋改装系の建物が両方とも姿を見せていた。
ひとつは山田陶器店跡の「味勢」。どぶろく特区の文字も・・。
京風たこやきも売るらしい。オープンしたようだ。
盛岡にもあちこちにあるけれど、そんなに食うかなあ、たこやき。
修学旅行なのか社会見学かわからないけど、地図を片手の若者たち。

さらに進むと、盛田カバン店跡は「日本海庄屋」と「歌うんだ村」(カラオケ店)。
飲食店街化がこれでまた一層とすすむ。

050930daiei.jpg050930daiei2.jpg

ダイエー盛岡店にあらためて入ってみる。
戻ってきてからは初めてかも。そういう頻度。昔はワイシャツをよく買ったものだけど。
新聞記事通り、地下と1階はそれなりに賑わっていたけど、それより上は寂しさは否めない。
一通りのものはありそうだけど、なさそうに見えると言うか。
ちょっと哀愁すら感じる。小売店はそれを感じさせたらおしまいなんだと思う。

「町へ行く」
子どもの頃は、その言葉にココロが反応したものだった。
そこに行くだけで一大イベントだったんだと思う。
小さいから、すごく遠い場所へ旅する気分だったんだなあ。たぶん。
いい服着て、でかけたものだっけ。
エンドーチェーン(盛岡のじゃないよ)に行くと、やっぱり何かあったんだ。

そういう場所が今はこの町ではなく、別なところへ行ってしまっただけなんだと思う。
歴史をひも解けば、肴町→大通→○○みたいな。
その重心がいつかはここにも戻って来る可能性はある。
私が生きている間にその姿を見られるかどうかは難しいだろうけど。

(きょうのパン)
050930bonte.jpg

ということで、ダイエーにもあるのかしらんと地下をのぞいたらありました。
「ボンテ」という名前。きょうは105円均一でほとんどのパンがこの値段。
メロンパンをセレクト。真ん中あたりの評価でしょうか。

○国際交通は破産手続きへ
○マルイチ厨川店は「酒&業務スーパー厨川店」に29日オープン
○今日の誤変換 強風たこ焼き

050929 与の字橋から

9月29日(木)晴れやかに


昼までには快晴気味の上空に変わる。
中津川に降りたくなるのは、こんな日。
与の字橋から見える道。3年前はなかった。
どこまでも行ける。そう信じたいもの。

050929shitakoji.jpg

枯れそうな向日葵を見つけて、今さらながら夏の決算。
ベルトの穴は2つくらい僕から見て左側にずれた。
愛のない暮らしは相変わらず。お金は増えもせず、減りもせず。
仕事は若干の展望がひらける。
時間があれば漫画ばかり読んでいた。そしてせつなくなった(笑)。

下小路で見知らぬお店を見つける。
細い長い道は秋の気配。

(きょうのパン)
050929seishoku.jpg

とうとう正食普及会に入りました!
実はパンライフに飽きていたのですが、
朝「フルーブ」というマシェリが出している本を見て、再びパン熱が復活。
上の橋町まで行ってきました。

ドキドキしながら入ると、内部は雑多な雰囲気。
建物の中もなんか黒ベースで、階段がかもし出す歴史が嬉しい。
パンはどこよ?と目を動かすと、レジのところにありました。

調理パン等はなく、ちょっと自分の番が来るまで一所懸命選びました。
結局、よもぎ入りのあんぱん、そしてどうせなら100%じゃとライ麦パンをセレクト。

ライ麦パンの方は手に取った瞬間から戸惑いが。
堅いよこれ・・。

確か324円。食べないともったいない。
3分の1くらいちぎって食べてみました。全部なくなるまでどれくらいあごを動かしたか。
正食の道は厳しいです。
もちろん味わいはあって良かったのですが、1個まるごと平らげるのは無理でした。
これから2~3日かけて、少しずつという感じ。


○広告より(文化祭ガイド)
・下橋中 生徒祭・学芸の日 テーマ「無限」
・土淵中 文化祭      テーマ「革新~ここからはじめよう」
・大宮中 志流祭      テーマ「築(きずく)」
○月が丘の国際交通が全従業員77人解雇(28日)
→タクシー協会加盟は盛岡支部で17社 892台、個人は2団体 90台
 加盟していないところもあるようですから競争は激しいです
 国際交通は昭和15年創業なんだとか。密かに老舗だったんですね

050928 神子田町

9月28日(水)はれ


鉈屋町から神子田にかけての一本道。ここは旧街道。
神子田町の方はかなり風情がなくなってきたなあと思うこの頃。
嶋岡商店があるうちは、なんとか大丈夫だろうけど。

この先のずっと先にある町も週末にはとうとう合併します。
本当に住んでいたんだろうかって思ったりもします。
今日みたいなほどほどの気温で雲が浮かぶ日は、あの高原にもいい風が吹いているのでしょう。
行きたいなあとは思いつつも、ためらいも少々。

050928saiensu.jpg

隠れた道というほどではないが、上の橋町あたり。
瀬田産婦人科と加賀野郵便局の間から飛び出して、そのまままっすぐ。
マンション建設中の瑞鳳跡をなぞっていくと、道ではない方向へ歩く人。
抜けられるのか?ついていくと、「彩園子」の前だった。

思い返せば、ここまで近くに来たのは初めてかも。盛岡人としてはダメ?
ちらっとのぞいたら、絵の具らしきものが売っている様子。
そして正食普及会の横をすり抜けて、いつもの道へ。

密かに入ったことがない場所がこのへんにはあちこちに。
深沢紅子美術館もないし、丸竹も、中河も、クラムボンも、しゅんも。
一体どこに行っているんでしょうねオレって。

(きょうのポスター)
050928ganjyu.jpg

3番目くらいに応援している中学校。城東中。
八幡町で見つけたポスター。岩鷲祭が今週末に。
「集結~過去現在そして未来へ~」
明日(29日)が盛岡劇場で開祭式と合唱コンクール。
10月1日が中学校で展示など。

○大通三丁目 盛岡クリスタル画廊が閉廊へ
→31年の歴史に幕
○日影門のホテル小田島は10月1日から客室パワーアップとのこと
→全室液晶テレビ完備などなど
○きょうの誤変換 合掌コンクール

050927 北山の跨線橋

9月27日(火)快晴から晴れへ


伸びるように続く線路を見ると、これがあの人が住む町につながっていることが不思議でならない。
一日数往復の山田線からたどり着くには、たぶん一日がかりの旅にはなる。
それほど遠くに来てしまったことを最近いろいろと考えている。
答えがない思索で、とても無益なのだけど。

あれだけ毎日一緒にいたのが、いまではとても信じられない。
そして簡単にもう何年も会わなくなってしまうなんだなあって。

一体なんだっただろう?ああいう日々は。
お互いの人生がたまたま絡み合って、そして離れていく。
何十、何百の人とそういうことを繰り返しているはずなのに。
時々思い出す人は限られている。

盛岡は快晴の朝から始まった。遮るものはなくて、そして寒くて。

050927honchodori.jpg

三ツ割のこんぴら児童公園から4号線のガードをくぐる。
どうにかしてバイパスに出たくて周囲を見渡すと、道のような筋が一本。
側溝のふたが道をつくる。昇りきるとベアレン醸造所の前に出た。

同じようにファル上田店の脇からオンボロそうな倉庫に惹かれていく。
三田商店の盛岡寮があることを知る。寮というよりは社宅な雰囲気だったけど。
さらに奥へ進むと、用水路を塞いだような道。
たどっていくと、寮とファルの裏手を過ぎて、「フレッシュハウスこん」の前に出た。

当面は役に立ちそうにない地図を広げる作業がこのごろの楽しみ。
盛岡の裏道を極めようと思っています。

(きょうのパン)
050927yokosawa.jpg

国道455号で山田線の踏切を渡れば三ツ割。
そこに横澤パン。小さな売店がある。ずっと気になっていたので入ってみた。
本当に小さいスペースで、お昼に食べるようなパンはあまりなかった。
クリームパンなどセレクト。懐かしいタイプでした。
検索するとホームページもあり。手でこねるのがポリシーみたい。
パンの耳かあ。嫌いではなかったけど。

横澤パン
http://www.yokosawapan.com/

○肴町の「ジーンズif」は閉店セール中
○火事で焼けた三戸町角。再建の雰囲気。とりあえず酒店のほう
○ダイエー盛岡店にまつわる数字
・1973年5月18日オープン
・店舗面積 8587平方メートル
・売上高(2005年2月期)30億7千万円→79年は110億円だったそうです
・従業員 正社員27人 パート97人(8時間換算)

050926 中ノ橋通二丁目

9月26日(月)くもりのち晴れたらしい


ちょっと早めに仕事場へ行く。
当然のコトながら、いつもすれ違う人とは会わない。
その代わりに懐かしい人に会ったりする。悪くない月曜日のはじまり。

なるべくパターンを変えて通勤をしているつもりだが、
盛岡は川というハードルがあるから、どうしても最後は同じ場所へ集約される。
だからすれ違う人の何人かは覚えて、すれ違う場所で遅刻しないかどうかの目安にしている。
私はかなり不審な人物なので、同じように誰かの目安にはなっているのかもしれないけど。

さすがに肌寒く。とうとう背広(死語?)を着た朝。
そして日差しが顔出しそうになった昼。中ノ橋通二丁目で小さな人生とすれ違う。

050926nakanohashi-door.jpg

八幡の通りから一本北側の道は車はたぶん通れない。
ハードルが高そうなお店が並ぶ。「流転」の看板も健在で遠い目になる。
そんな一角でナノなドアを見つけた。オレは通れないよ・・。

生まれてから一度たりとも、標準体重なんぞなったことはない。
世の中、こんなドアもするりと通り抜ける人もいるんだろうなあ。
時代はナノ。それなのに・・。

(きょうのパン)
050926micheru.jpg

ミッシェルのメロンパンを買いました。
メロンというよりはクッキーの匂いが強いという印象。
このへんが真ん中って感じでしょうか。

本当はよつば風に言えば「ごはん、ごはん、ごはん、ごはん、ごはん、ごはん、ごはん」な暮らしです。
そろそろパンライフもひと休みでしょうか。

○葺手町のサーパスがベールを脱ぎはじめてきました。うーむ。
○盛岡てがみ館入場者数 2004年度 4619人
→管理運営事業費は2000万円を超えるのだとか
○山王小学校が2005年度学校給食文部科学大臣表彰
○不来方高校が来年度からプリンスリーグへ
○ダイエー盛岡店が11月27日で閉鎖
→とうとう発表です。

050925 仙北東児童公園

9月25日(日)雨のちくもり


昼過ぎまで雨がしっとりと降っていた。
家の中を片付ける。いくぶんスッキリしたものの、物欲からは離れられず。
あこがれは必要最小限のものしかない部屋なんだが。
捨てる勇気が足りない。これ何かに共通するなあ。

雨がやんだようなので、でかける。
外の空気を吸うのが、今では一番の気分転換方法。
容赦なく秋は忍び寄っていて、誰もいない児童公園にも秋色の落ち葉。

050925senboku-yuhodo.jpg

東仙北のタケダスポーツあたりから遊歩道が続いている。
それを部分的にたどる。ひそかに気になっていたのはベルフ仙北より先の区間。
流れの部分もそれなりに整備しているから、何かありそう。
こんな機会でもなければ、しばらく来ないだろうと潜入。

待ち受けていたのは行き止まりと鍋だった。期待させといて・・。容赦なし。
ソーメンをゆでるには、ちと小さいサイズ。
どんな経過をたどって、こんなところに来たのだろう。
いつかはこいつもここからいなくなるはず。

いろんなことは元には戻らない。でも何かをしなくちゃならない。
すぐに答えは見つからないけど、自分の中にあるはず。
変わった自分、変わらない自分の中に。

(きょうのポスター)
050925senboku-undokai.jpg

ポスターはカデゴリーから降格です。
第49回仙北地区大運動会は10月2日、仙北小にて。
地区ごとの運動会のシーズンですね。
仙北はわかるのですが、茶畑や松尾町、鉈屋町でも同じことをします。
運動会が成立するくらい人が住んでいるのだろうかとポスターを見るたび思うのですが。

○南仙北1丁目 日本道路公団職員宿舎が解体風情
050925minasen.jpg

→窓が取り外されて、もうわずかな命のようです。温泉は無事出たのかなあ。
 向側のファル跡も宅地へ向けて整備続行中

○石井県令私邸(清水町)を遠山病院が活用へ
→タイムスによると、改修工事をしたのだとか。企業メセナということで美術展を予定。
 入れるチャンスですね。

○県高校選抜バスケットボール 男子は盛岡市立が初優勝(24日)
○県小学校校長会が県内の小学校の校歌集を編纂中
→欲しい!岩手の小学校はここ10年で50も減ったのだとか
○「秋・秘境駅号」は10月15日、16日
→あの大志田・浅岸・押角に停まるのがウリ。押角には22分停車とのこと。
 車だと結構すんなりなところですが。

050924 みたけ二丁目

9月24日(土)はれ


南の方面は雲が多そうだったけど、みたけ上空にはいい雲とあおぞら。
日本たばこの工場をかけあがると、厨川駅裏あたりには原っぱが残っている。
観武ケ原ってこんな感じだったのかなあと。

ちょっと下から眺めるのが好きで、知らないくせに昔に想いを馳せる。
あれから変わったとするなら、新幹線の高架橋が見えるようになったことだろうか。

050924aoyama.jpg

みたけまでは自転車でヒーコラ。
青山踏切は工事はしていたけど、通ったときは片側交互はしていなくて、渋滞していなかった。
廚中にどうやったアクセスになるかは知らないけど、見通しはいくぶん良くなっている。

馬頭踏切のほうは、新しい道に切り替わっていて見違えるほど。
旧道のあとは残っているけど、じきに消えてしまうだろう。
そちらの方面に向いたポスト。くるっと回転することもできず寂しそう。
いつまでもって本当にないんだなあ。
できることはそれほど多くないから、やるべきことは・・。

○きょうのパン
050924morinopanya.jpg

みたけのスーパーセンターの中に「森のパン屋さん」がある。
スーパーセンターは久々だったけど、河南の住民からすると広い!って感じ。
天井が殺風景なだけになおさら、そんな感じがするのか。
メイプルメロンパンなるものをセレクト。

「メイプル」って何だっけ?と思いながら口にしてみると思い出した。
ホットケーキにかかっているヤツか。おいしいけどカロリー高そう。
でも全部食べました。

○5万アクセスによせて
ブログのカウンターが5万を超えました。
盛岡に戻ってきて半年。暮らしのペースもつかめてきました。
冬がどんなだったのか忘れてしまっているのが、若干不安ですが・・。
ささやかな御礼として、昔のやっていた「もりおかのかけら」をアップしました。

思っていたほど変わっていないなあと。でも決定的なモノはなくなったなあとも。
3年ってのは、10代と30代では重みも速さも違いますが、
過ぎ去ってみると、ずっしりと来る歳月ではあります。

↓よろしければ、こちらからどうぞ
http://tonolife.hp.infoseek.co.jp/

050923 東新庄二丁目

9月23日(金)雨と曇り


東新庄二丁目の吉昭石材工業前。
大きなPのマークが3年前とは変わっている。
その先に伸びるあこがれの坂道は変わらずにいるようだ。
どこかを人を寄せつけない雰囲気があるような気がするのは僕だけだろうか。

目の前にあっても通り過ぎるだけの場所がこの町にもいくつかある。
そんなふうに見ているようで見ていないことがある。

050923mituwari.jpg

雨が基本の日。その合間を縫って行けるところまで。坂道は極力避けて。
また雲行きが怪しくなってきたころに、三ツ割のロッキー。
建物がきれいになったような気もするが、おぼつかない記憶。

東山堂があるので、ここはなぜかよく来る交叉点ではある。
文庫本1冊買って、長嶺の坂を越えることにした。
そのあとの三ツ割の坂を一気に下る気持ち良さといったら。

○生協灯油は1リットル 69円(10月20日まで)
→その後は値上げ必至とのこと。買っておくかなあ・・。
○宮守村の閉村式
○中野小学校前バス停付近のガソリンスタンド跡が日本中古車査定センターに



050922 材木町

9月22日(木)くもりのち雨


材木町のきづやあたりまで。新しい宮沢賢治像の見方などを発見。
空は女ゴゴロらしくまた曇り空。そしてやがて雨。
折りたたみ傘を開いて、しのいだ。パラパラよりは少し強めでいい降り方をしていた。

久しぶりに重い「言葉」を飲み込んだ。
言いたいことを言えるって本当にしあわせなコトなんだと思う。
「好きです」「ふざけんな」はそれぞれに別の化学反応をおこして
僕のからだの中のどこかへ積もっていくのだろう。

050922pikaderi.jpg

密かにチェックをしている映画館通りのピカデリーの看板。
久々に「似てねえ!」という感じの嬉しい絵になっていた。
こういう映画だけにある絵は、もう盛岡ではここだけではないかしらん。
近くの東宝も文字だけはレトロ風ではあるけれど、絵はないから。

映画館通りを名乗るのならば、こういう絵で埋め尽くせばいいのに。
もう描くことができる人が少なくなっているから、ここにしかないだろうけど。

○きょうのパン
050922sanmaruku.jpg

大通のサンマルク・カフェ。
メロンパンがなかったので、ビーフシチューパンとやきカレーパンをセレクト。
両方とも200円以上するので、高いといえば高いかも。
ビーフシチューパンは異様に期待してしまったけど、期待ほどの感動は得られず。
でもこの手のコンセプトは好きです。

○渋民のイオンは2007年6月オープンへ
○中津川にサケ確認(21日)
○平成15年度 県内総生産(名目)4兆5508億円(国は約501兆円)
○上尾精密とシチズン岩手が10月1日合併してシチズン東北に。本社は北上。

河南中 文化活動発表会



我等が河南中の文化活動発表会(堅苦しい単語ですねえ)。
10月9日(日)9:00~16:00
テーマは「常昇~心一つに~」
ふと思ったんだけど、下手な高校より立派な仕上がりだなと。
常に昇ってはいたいけど、ひと休みばかりしているのがオレの性格。

050921 内丸

9月21日(水)はれ


県庁裏の藤島ビルのお店たちも営業再開。
1階の顔ぶれは変わらずも、理容内丸はやや奥まった場所へ。
御覧のような景観に。

ほどほどの雲が浮かんで、風は涼しくて、僕自身はとても気分が良かった。
一年中、秋でも異存はないくらいに思えた。

050921shitachu.jpg

相変わらず関口から見る下小路中は絵になる風景を提供する。
きょうは「S44 下小路中」と刻まれた、僕と同期の鉄パイプの椅子がいた。
推測するにここは野球部の場所のようだから、スコアつけるときにでも使われているのか。

こんなこてこての灰色の鉄パイプ椅子もあまり見かけなくなった気がする。
今はシートが青とかくすんだ赤とか多いじゃないですか。

30数年のときを経て、こうして出会えることもある。
そのままお別れなこともある。
そうやって生きていくしかないんだけど、ふと思い出すのは懐かしい人たち。

○きょうのパン
050921eieitoransu.jpg

本町通のエーエートランスのメロンパン。
やや小ぶりです。かじってみるとメロン風味は低めですが、
ふわっととサクッとの距離感が今までのと比べると大きくて好感をもちました。
ちなみに隣は「ぶたパン」というそうです。
肉まんの中身がパンに入っている感じ。

○県議会の定数を51人から48人に 県議会の検討委員会で意見が一致
→タイムスでは盛岡選挙区は変わらないだろうとの予測。2007年の選挙からの適用を目指す。
○平成17年度地価調査 1位の場所
・商業地 盛岡市盛岡駅前通8の17(小岩井明治安田ビル前) 440,000円 (△9.5%)
・住宅地 盛岡市住吉町8の34 128,000円(△7.9%)
※1平方メートルあたり

○盛岡信用金庫 10月に店舗統合
→六日町、中央、流通センター支店が廃止
○大通 盛田カバンや山田陶器店跡の工事がよく見えるようになっていましたね

050920 大沢川原一丁目

9月20日(火)くもり


同じ人なのかはわからないが、大沢川原~鷹匠小路~清水町のラインでリアカーを見かける。
こうしてあらためて見ると、それなりの秋が詰まっていることがわかる。
梨は林檎より好きで、出てくるのも短いから味わっている。

それにしても、リアカー一筋60年とかなんだろうか。
いろんな人生があることは、この歳になってわかったことだけど
運命ってのは存在するもんなんだろう。
だから巡り会ったモノやコトで生きることは悪いことばかりではないのかなと。

050920osawakara2.jpg

そのまま大沢川原を進んでいくと、岩女の生徒たちが流れていく。
僕が通るときは殺風景であるこの通りも幾らか華やぐような気がしないでもない。
そして佐々長にあったポストが新しいタイプになったことを知る。
かつてあったバージョンは、はがれたシールがまるで手を振っているようで可愛かった。
ほんのちょっぴり寂しさの風が吹き抜けた。

いまや大沢川原の最後のトリデ的存在の大正館かいわい。
ナカムラ写真館にハロウィーンの飾り物。
いつだったっけ?いろんなことが頭から抜け落ちてきている。

そして夜「秋祭りも過ぎたのに暑いですね」と言われ戸惑う。
自分の中では「もう寒いっす」って感じだっただけに。

○きょうのパン
050920buranje.jpg

肴町のブーランジェのメロンパン。
いままでで一番メロンな味がした。緑色も強い方では。
そしてまた「枝豆ちゃん」(これが商品名)を買う。
どうやらパンの生地だけで、あのもちもち感が出るとのこと。
パンの世界も深い。

○北山トンネル工事 まもなく赤山団地の下付近へ
○岩手中高で1学級分 中高一貫カリキュラムを来年度開設

050919 円光寺

9月19日(月)ほぼくもり


川原町の円光寺に入れば、本堂までの道が立派になっていた。
しばらく来ていなかったか?夫婦の木は緑を揺らしている。
米内光政の文字が目について、お墓まで行ってみた。

総理大臣のお墓というのに、思ったよりはシンプルな印象。
後ろにある墓銘碑に見入ってしまう。
米内家というのは江戸時代から続く家柄なんだと知る。
まだ新しく掘られた文字もあった。平成17年の日付けだった。

この前、数年ぶりに自分の家の墓参りをした。
うちの場合、そんなに由緒があるわけではないから、
一番古い日付けのものは戦後まもなく亡くなったというオレの本当の祖母。
年齢はまもなくオレが迎えようとしている数字だった。

今、その覚悟があるかと言われれば、情けないことにそれはない。
せめてあと倍は生きていたいなんて考えてしまうのである。
長く生きることに意味はあったり、なかったりするけど
もう少しこの世の中を見てみたいのである。

050919ikeda.jpg

夕暮れ時の南大通三丁目はいつもと変わらない。
明治橋北交叉点は相変わらず車が行き交う。
清水町へ向かうややこしい三叉路も信号が長い。

またやりすごしたかなと思ったが、思案することは多い。
せめて明日が晴れてくれたなら、きっと元気になれるのだが。

敬老の日だったね。
うちのおやじも65は過ぎているのに敬老会の準備をするほうらしい。
対象は70以上なんだとか。

○平成17年度市町村別百歳以上長寿者 盛岡市 53人
→人口が多いだけあって、県内では1位になっています。
 県内の長寿者ランキングでは8位に106歳の女性がランクイン。

○オスカルは本当に女性だったのか・・
→「ベルサイユのばら」文庫版で読了。

050918 大東町大原

9月18日(日)はれのちくもり


東磐井郡。
盛岡から見ると、くせが多い人たちが住んでいるというイメージだった数年前。
親近感を持ちはじめたのは、ここ2~3年くらいの話。
個人的には千厩の町と室根山が好きだった。
そして、摺沢・大原・松川・薄衣とあなどれない素敵な町がある。

大原の町を歩いた。
歩いてみてまたわかることがある。
国道沿いはひっそりとはしているが、かつては栄えただろう構えの家が続く。

県道との交叉点にベンチに座る人形を見つけた。
笑っているのにどうして寂しさを感じさせるのだろう。

大東町も20日から新一関市である。

050918ohara-maruto.jpg

そんな大原で見つけたお店。
「まると」
どんなお店かとのぞいてみたら美容室(理容室?)だった。
店名の由来を聞いてみたかったが、明るいうちに帰りたかったのでまたそのうちにする。
いつか水かけ祭りのときにでも。

○釜石シーウェーブス29ー21明治安田生命(17日)
○サッカー天皇杯 グルージャ盛岡2ー4佐川印刷(京都) 初戦敗退(17日)

番外編 仙台市連坊小路



仙台駅の東に連坊小路という町がある。
とりたてて何があるというわけでもないが、高校に囲まれた穏やかなところである。
メインストリートは拡幅されてから、もう数年がたち「小路」な感じはなくなってしまった。
そこから一本南側に入ったところに国鉄の社宅がある。
かつては「連坊小路国鉄アパート」と名乗った社宅群は数年前に半分取り壊されマンションに変わった。
そして残っていた4つのアパートも最後の時期を迎えようとしている。

もう既に誰も住んでいない。入口はベニヤ板が打ち付けられて入ることもかなわない。
草は好きに伸びて、人がいなくなるとこんなに簡単に荒れ果てるのかと驚く。
まるで松尾鉱山みたいな状況だった。

僕はここに小学校から高校生まで住んだ。
大げさに言えば、ここで人間としての土台と価値観を作った。
それがなくなろうとしている。
うまく消化できるだろうか。

「そんな時代じゃないんだよ」
わかっているんだけど・・・。

050917 花泉町

9月17日(土)はれかな?


岩手の南にある花泉町。20日からは新一関市の一部となり自治体としては消えてしまう。
お別れを言いがてら、車を走らせる。
役場は引越で忙しそうだったが、花泉駅前は特別な惜別ムードが流れているわけでもなかった。

花泉は時折ホームシックになった僕を慰めてくれた町だった。
盛岡を基準としたとして岩手らしからぬ風景が広がる。
もうほとんど宮城県な田園地帯の風にDNAが反応したものだった。

特に永井あたりの国道から石越や石森へ続く県道へ出て
その平らな風景を懐かしんだものだった。

050917kenkyo.jpg

町がなくなることについて、語る資格は特にない。
きっとここに吹く風は市町村合併じゃ変わらないわけなのだが
どうしてもやはり寂しさをどこかに抱えてしまうのだ。

○盛岡市の人口 287,451人(8月1日現在 前月比 △47人)
○ワタミが11月に盛岡へ出店
○盛岡市都市景観賞
・建築賞 徳清倉庫(仙北一丁目)、五日市邸(西見前)
・緑賞 盛岡社会福祉・菜園調理師専門学校前


050916 加賀野一丁目

9月16日(金)はれ


コスモスが咲く道は日本に無数にあるだろうが、盛岡でも数えるのが面倒なくらいあるだろうが、
僕はこの加賀野のコスモスを愛す。

きょうもなんとなく晴れていて、筆で描いた雲が浮かんでいる。
そんな日はなるべく遮るものがない場所へ足が向く。
加賀野のこの川沿いはそういう意味で空を眺めるには最高の場所。
向こう岸は下小路だから、それほど高い建物はないし岩手山も顔をのぞかせる。

無心になりながら、また中心部へ戻る。そして仕事をする。

050916usuyaki.jpg

まだ八幡宮の夜店がやっていたので寄り道。
並んでいるうすやきのお店に初挑戦。
「ささきのうすやき」は300円だった。真ん中にのり。

醤油かソースか聞かれたあとに、折り畳んで渡される。
期待していなかったけど、案外いける。
へたなお好み焼きよりはずっとおいしい。行列ができるのもわかる気がした。

10月とかあるけれど、例大祭が終われば、もう長い冬って気がしないでもない。
盛岡はそんな町だし、そういう季節の流れにも慣れてきた。

050916pomu.jpg

もう中心部のパン屋さんはないかと思ったが、まだまだあるようだ。
今回はジョイス本町店の中にある「ポム 本町店」。
白石食品工業のお店なんだと知る。パニーニとメロンパン。
メロンパンはチョコチップ入り。僕はないほうがやや好きかも。

ちなみに本町店のほかは、釜石店らしい。
ほかは「ブランドール」と名乗るお店で展開している。
それにシライシパンは大慈寺町が発祥の地。どこにあったんだろう。

白石食品工業株式会社
http://www.siraisi.co.jp/

○砂子沢釣具店(本社 中野)倒産
→5日までに銀行取引停止。負債総額は約2億円。入ったことはないですが、中野がまた寂しくなります・・。
○「ル・サンク上の橋」の完成予想図が新聞広告等に
→なんだかなあな風景になりそうです
○薬王堂 ジャスダック上場初日(15日) 初値82万円
○かなりあ跡地 鉄骨が上に伸びてきました

050915 本町通三丁目

9月15日(木)それから晴れ


昼までにはしみ込んで来る青空に変わっていて、山車の音を聞きながら仕事。
生の声でやったらいいのに・・なんて思いながら。

僕は期限がある仕事をしていた。
ムダを意識しだすと、確かに目についてくる。
つながっていく仕事は、思いやりがないと後ろの人に迷惑をかける。
世の中にはびこっている思想がすべて正しいとは思わないが
一理はあるかなと。

そして虚しい仕事を終えて家路。
山車とは遭遇しないように静かな道を選んで帰る。

050915fukuda.jpg050915fukuda-pan.jpg

パンシリーズのひとつの区切りとして長田町の「福田パン」。盛岡人のソウルフードらしい。
まあ、それはともかくよそ者の僕も、
おばさんと話しながら好きな具をつめてもらうのは嫌いではない。
こんなスタイルの商売がやがて大型SCを攻め立てる日が来るだろう。
遠い未来の話だが、予言めいたこととして書いておく。

そしてメロンパン。市販用だが、正統派の味がして嬉し。
どうしてメロンをパンにしたかったんだろう。そんなことを思いながらほおばる。

○四ツ家教会の門?がリニューアル中(ペンキ塗り直し)
○イオンの岡田社長が盛岡に来る(12日)
→第2イオンの挨拶だったとか。ちなみにこちらがお兄さんです。
○アピオ(県産業文化センター)の指定管理者
→県ビル管理事業協同組合・JTB東北共同事業体を選定

○うんていが「雲梯」と書くことを知る
→漢字が美しい単語ですね

050914 盛岡八幡宮

9月14日(水)雨


子どもの頃のお祭りの記憶って実はない。
忘れっぽいたちを差し引いても、たぶんない。
僕が育った町には例大祭なんかやる神社がなかった。お寺はそれこそたくさんあったが。

こうして八幡宮に足を踏み入れると、懐かしい気持ちにはなるけどどこか遠い。
雨が強弱をつけながら降り注ぐ。それでも人はいて、夜を楽しんでいるようだった。

いまなら大人買いというやつで、
お菓子をいっぱい買ったり、型抜きを死ぬほどやることもできる。
でも、それをしないのはどこかが違うのだと思っているからだ。

050914hachimangu-zenkei.jpg

でも、秋祭りは好きですよ。地元の人のためにあるような雰囲気が。
お祭りの本来の趣旨に合っていると思います。
地元の人が楽しんでいれば、おのずとそれからのことはついてくるわけですから。

せっかく来たので、賽銭も奮発してねがいごと。
「しあわせになれますように」よりはやや具体的なこと(笑)。

あさって(16日)は「くの一流鏑馬」。こう書くと怪しいですね。
見にいきたいけど、たぶん仕事。

050914meruhen.jpg

バスセンターにもパン屋さんがあったなあとおぼろげな記憶で訪ねてみる。
雨のせいなのか、椅子はほぼ満員の盛況ぶり。
かつてクリーニング店があったところにありました。
お店は「メルヘン」でした。ここにも出店しているんですねえ。

ということで、きょうは夕張メロンパン。パンの王道ですよね。
「夕張」がつくせいなのか、中にはメロン味のクリーム入りでした。
表面はつるつる系です。

○「一心太助」って本当にあったんですねえ。
→「昭和の一心太助ものがたり」(熊谷印刷)が出版されたそうです
○滝沢村が11月1日から、JA新いわて牧野林支所に職業相談室を設置へ
○南大通二丁目に「いけだ歯科口腔外科」15日開院
→ジョイス明治橋店の近くですが、最初は整形外科の入口目の前に建てていたのでびっくりした物件です。

050913 穀町

9月13日(火)くもり


穀町の長屋。ヤクルトのお姉さんが大清水小路方面へ。
たしか基本的には個人事業主で、或る意味一国一城の主であるということを前の町で知った。
大変だよなあと思った記憶あり。

この筋、そして横沢さんの卓球専門店がある。
根強い人気があるのかなあ卓球は。
お互いにボールを打ちかえすスポーツは個人的には苦手。
そういうところにも人間性が出るのかもしれない。

でもキャッチボールは好きですよ。
あれはココロ落ち着く。

050913bonabuono.jpg

南大通のパブロの中にある「Bono Buono」。
ウリはパン屋がやっているレストラン・・だったっけかな。
ちゃんと販売スペースもあります。
行ったときは品薄な感じもしましたが、ハンバーグのパンなど。
隣にうっすらと写っているのが「くるみチーズ」。
チーズがしっかりと入っていて、久々にココロに残るパンでした。

050913igumi.jpg

明日から八幡宮の例大祭。早くも盛岡の秋はクライマックス。
い組も最後の追い込みの練習。山車はいいことはいいんですがねえ・・。

○今年の山車
・八幡町い組 暫
・三番組 五條大橋
・み組 毛剃九右衛門
・城西組 矢の根
・盛岡観光コンベンション協会 鳴神
・六番組な組 義経・疾走
・の組 四つ車大八
・盛山会さ組 釣鐘景清

今年は流鏑馬に女性の射手奉行が十和田市から。
男だけの世界はこうしてなくなりますが、女だけの世界はなかなかなくなりません。

あ、そうそう、こちらの八幡宮例大祭&おまつりもよろしく。
http://www.tonotv.com/members/kankoukyoukai/japan/main/tonomaturi/tonomaturi.html

○盛岡南サティが来年3月末で閉店へ
→1979年のニチイ時代からの歴史に幕。1998年をピークに売上高減少。今は赤字らしい。
 サティって聞くと、なんか複雑な気持ちになるんですよ..。

○愛真館(繋温泉)の西館 13日オープン
○生姜町のモダンタイムス跡には「自然波動 盛岡整体センター」の貼り紙
○大清水多賀の前 長屋があったあたりにマンションが建つようです

○衆議院選 比例代表制得票数 盛岡市
自民党 45,121
民主党 64,496
公明党  9,980
共産党  9,977
社民党 14,394
国民新党 3,974

050912 大通三丁目あたり

9月12日(月)晴れ


山頭火と一力がある筋に入り、真正面に藤村商店跡をのぞむ。
縦に細長いビルはお色直しを終えて、そこで商いを営んでいたことは忘れてしまったよう。
ここのおばちゃんに、この筋に桜川があったと証言してもらった遠い昔の思い出。
僕はその川の跡に導かれて生きていたりなんかする。

050912kaiunbashi.jpg

秋がはじまり、ココロは定まりつつある。
とりてたて急ぐようなコトは一切ないのだけど、また努力しようかという方を向いている。
いつまで続くかは自分でさえわからないのだが、
僕の場合、秋は夏よりも前向きな気持ちにさせてくれる。

開運橋を渡って、駅前まで。
ここは僕の「毎日」ではないけど、何かをするときは関門のような存在になる。
橋のプレートにある日付けはメジャな橋の中でも圧倒的に古いわけだが
隣ができてもそのままでいるのものなんだろうか。
トラスじゃないと、やっぱり開運橋じゃないもんなあ。

050912ekimae.jpg

ということで、パンの旅は駅にたどり着くことなく挫折。
駅前のデイリーの中にあるパン屋さんへ。コンビニと併設でここで焼いているらしい。
きちんとショーケースにおさめられていて、開けないとパンにたどり着けない。
ホットドックなどを買う。ビニルが邪魔だけど、開運橋とともに。

○衆議院選挙 岩手1区 盛岡市の確定投票
達増拓也 民前 78,529
及川 敦 自新 51,441
細川光正 社新 12,083
神部伸也 共新  7,923
→投票率は67.28%

○秋の県大会盛岡地区予選 第5代表は不来方(11日)

050911 旧簗川小学校

9月11日(日)晴れとくもりの境目で


妙な天気だった。
盛岡の東からながめると岩手山だけが青い背景にあり上空は曇り空。
そんな風景とずっと一緒だった。

衆議院選挙の投票日。つつながなくというかそれなりにというか。
3つの投票用紙をあーだこーだ書いて箱に入れた。
さすがに県議選補選よりは来場者は多そう。

こどもたちは校庭でベースボールゲーム。
本来、投票すべきなのは彼等のような気がしないでもなく。
未来は選べるときもあり、選べない場合もある。

050911nedamo.jpg

久々に根田茂・砂子沢。
国道106号から県道に入ってすぐに橋脚が伸びていた。
両側に数十メートル伸びていて、まるで巨大なかかしのよう。

川とほぼ同じレベルで走る、ちょっとした渓谷っぽい区間は変わらない。
そして片貝橋に出ると、ここがダムで沈むことを思わざるを得ない。
旧根田茂小学校までは本当に寂しい。
ここに生活があったなんて、想像もつかない。

田んぼは色付いて、紅葉の頃にまた来ようという気持ちに。
一人になりたいときに来たくなる。そんな魅力があるコース。

スクールバス専用の停留所は増設されていた。バス停名は空欄。
その中で根田茂の南のここだけは立派な待合室。
かわいい椅子がひとつ。お嬢様?が利用。
大事にされているだろうか。そんなことを思いながら砂子沢地区へ入る。

(秋の自由研究 盛岡の投票所 その2)
050911tatarayama-kominkan.jpg

川目町の工業団地そばにあるのが、鑪山公民館。
いままで見た投票所の中では一番質素だと思われる。

27 中野地区活動センター、29 鑪山公民館
30 川目上地域学習センター、31 簗川地区振興センター、32 根田茂地区コミュニティ消防センター、33 砂子沢生活改善センター
37 繋小学校
64 見前南小、65 見前小
66 見前中、68 津志田小、69 永井小
71 羽場小、72 県営湯沢団地集会所、73 上飯岡児童センター、74 都南東小、75 大ケ生地区城内集落センター
76 手代森小

6、8、15、17、25、40、42~44、47、55、57、60~62、67はまた次回に。

○秋の県大会 盛岡地区予選 盛岡大附と三高が県大会へ(10日)
○めんこいテレビ近くにできたローソンには讃岐うどんコーナーがあるんですねえ・・
○覚え書き 砂子沢から紫波へのルート
→すんなりと盛岡から紫波へ。でもダート区間も3つほどあり。使えるといえば使えるか

050910 葛巻

9月10日(土)くもりのち雨に近く

ポロネーズと旅をした。
どこか果てしないところを目指して北へ。

050910takabashi.jpg

たどりついたのは上外川(かみそでがわ)。葛巻町の南にある土地。
小屋瀬からアプローチ。細いながらも鋪装の道をたどる。
思わぬところにあった暗く狭いトンネルを抜けていく。
風車までたどりついて、そして雨降り。誰でも雨宿りをすること知った。

上外川の廃校跡はいまは有名。こどもたちが遊んでいた。
校舎のまわりは思っていたより開けている風景だった。

葛巻町方面を目指したわけだが、上外川の集落が終わるとダートに。
間違ったかな?とも思ったが、いまさら同じ道をひきかえすわけにもいかない。
こういうときは自分を信じるだけ。

誰が使うのかというくらい立派なトイレもある(使ったので助かりましたが)。
そして「たかはし」と思ったら「たかばし」というフェイントをかえてくる橋もある。
それなりに楽しみを見つけながら、長い長い砂利道を走った。

下外川でようやく鋪装に。



葛巻は通り過ぎてばかりいた町だったから、散策してみた。
国道沿いにお店が張り付いている。
曇り空に圧されたせいか、今まで感じていたよりは寂し気な雰囲気。

メインストリートの中間地点に病院があり、小便小僧がいきおいよく飛ばしている。
男には何があるんだろう?
できることはあるけれども、こうしてすり減っていくだけ。
まあ、それでいいのだが。

050910ongakudo.jpg050910tozando.jpg

葛巻の町に東山堂があることを知る。
だが、どうやら別物らしい。材木町の支店と同じようなものか。

小学校の前にあったのが、真四角の野外音楽堂。
実際に音楽会など行われることはあるんだろうか。
でもこういうの盛岡にないよなあとも。

また同じ道を戻るのは、ちょっとつらいがまたポロネーズとともに。
約1時間30分の旅。

東山堂のホームページ
http://www.tosando.co.jp/index.html
→東山堂楽器は正式には「中の橋店」らしい

○2004年度県内法人申告所得ランキング(帝国データバンク)
1位 岩手銀行(8年連続)
2位 東北ヒロセ電機、3位 リコー光学、4位 新興製作所、5位 東北銀行
6位 アムコー岩手、7位 阿部繁孝商店、8位 アイオー精密、9位 みちのくコカ・コーラボトリング
10位 薬王堂
→盛岡っての消費都市ですねえ。盛岡市の企業は銀行以外は11位以下です。
○高校野球秋の県大会 盛岡地区予選 まず四高と盛商が県大会へ(9日)

050909 岩手公園

9月9日(金)快晴模様


文句がつけようがないあおぞら。吸い込まれていく。
些細なココロはもうそれはあっけなく。

岩手公園に迷いこんで、本丸の周辺などマイナな場所を歩く。
そして広場で昼食をとろうとする遠足の集団とすれ違って、僕は坂道を選択する。
人数から想像すると、小さな学校の5年生の秋の遠足・・。そんな感じ。
県庁所在地なるところを見に来たのだろう。

いつのまにか彼・彼女らは広場に散って、ブランコになんか乗っている。
先生が子供に向かって天高くボールを放り投げる。
いつかは落ちて来る。あれは何の法則だっけ?

どこまでも高くあがったらいいのに。
留まるところを知らずに行ければいいのに。

050909fukide.jpg

葺手町のサーパス中の橋。
あの穴吹マークだけが姿を見せはじめる。
六分儀の看板ごしに見る。ここでコーヒーを飲んだのも昔の話。

「可否」。漢字にしてみると奥深いなあ。
あいまい、中途半端を愛する僕からすると、もうそれは銃をつきつけられたような気分に。

そして肴町。Qボードはちゃんとなおったことを一応ここに記す。

050909riasapia.jpg

中三盛岡店の地下には「リア・サピア」がある。
最近、オープンしたという貼り紙がある。聞けば9月3日と言っていた。
昔からこの場所にパン屋さんがあった気がするけど、お店の名前は忘れた。
また白パン。そしてチーズくるみ。

パン屋の後方にはラーメン店があったはずだが、消えている。
酒売場はリニューアル工事中。

中三の地下は昔はよく通ったものだ。
田清で刺身を買って、酒売場でワイン。
そんなのが定番だった。

○ああ、花巻まつりなんですねえ。11日まで

050908 神子田町

9月8日(木)そして晴れた


また朝が来る。

戻ってきてから、神子田の朝市へ行くようになった。それもなんでもない平日に行く。
台風明けのせいなのかしらんが、今日はお休みのお店も多く、やや閑散。
或る意味「素顔」ではないかしらん。スッピンは嫌いではない。
まだ小さい林檎や遠い土地からの梨。季節が動いている。
スーパーとかとはまた違う季節感を学べる場所なんだなここは。

朝市食堂。いまだに勇気がなくて入れない。
のれんが僕が行くときはいつも裏側になっているから。

050908kaminohashi.jpg

そして昼。青空が戻ってきて、空気もこころなしかひきしまった盛岡。

さらに夕暮れどき。上の橋町へ。
たぶん見納めになるかもの「フクチジスカイ」。
マンション工事のため柵をめぐらす工事が始まっている。この更地ともお別れだろう。
近くの「ズイホウスカイ」はずっと見慣れていたから、こちらを愛す。
どちらも消え行く空に違いはないのだが。

最後はスペイン語で「チョピン」の調べ。
ヴァイオリンとのピアノばかり聞いていたから、
ホントはこんな音を出すんだと思いながら、県民会館のピアノを見ていた夜。
あれだけ弾けたら、楽しいだろうなあ。

○大手先の扇屋駐車場は9月1日から月極に
○県庁裏 藤島ビルの残り 解体本格化
○与の字橋は歩道部分もリニューアルの最中
○都南地区のゾーンバスは再編へ 10月1日から
・支線バス6コースのうち4コース廃止。1コース経路変更。
・基幹バスは津志田近隣公園経由に集約
・都南総合支所前始発 バスセンター行きは3便から9便に増発

050907 南大通一丁目

9月7日(水)台風14号来る


台風14号は昼くらいからやってきた。

盛岡って町は、風が吹く印象がなくて、少なくともここ最近は吹いていないから
帰り道、岩手からは少し離れた場所を通っている台風は、風を使って僕に語って来る。
普段流れているのとは違う温度、空気の流れ。そういうのがいろいろ考えさせる。
南の国は、いつもこんな風が吹いているのだろうか。

南大通の小さな飲み屋街で看板を見つけた。
昔好きだった子の名前だった。今はいずこに。
看板の向こう側にNビルを壊している重機。
3階くらいまで低くなってきた。なかなかしぶとい。

050907nakatugawa.jpg

一人前と言われるには、いろんな基準がある。
そのすべてを誰も満たしていないはず。何かはきっと足りないはず。
僕はもうそれはダメで、半人前にも届かないことばかり。

中津川で草刈機を動かすおじさん。
あの機械を自由自在に動かせる人は、きっと一人前にかなり近い。
なぜかと言われても言葉は尽くせないけど、大人の象徴のような気がするのだ。あれって。

050907meruhen.jpg

きょうはサンビルの「メルヘン」。
どこかで聞いたことがあるなと思ったら、上田のファルにもあるらしい。
手前はベーコンポテト、後ろはベーグル。

サンビルに入ったのは久しぶりで懐かしさが先に。
ブックセンターがあった頃はよく立ち寄ったものだけど、今はもうめったに入らない。
1階もかなり変わった印象。

○国道4号の茨島~分レの愛称「みちのく松風街道」に決定
○薬王堂 株式公募価格 53万円/1株

050906 中央児童公園

9月6日(火)くもりと雨で


「しあわせって何だっけ?」

ひと昔前のコマーシャルから流れていた唄がリフレインする。
一人が長すぎると、本当にロクなことを考えない。おまけに雨雲の町。
具体的な言葉に置き換えようとするほど、取り囲む現実から遠ざかる。

しあわせのスタイルは人それぞれは言え、
どこかで忘れ物をしてしまった僕は取り返しがつかないことをしたのかもしれない。

中央児童公園の赤い屋根の家を見るたびに、そういうことを考える。
「ふつう」のしあわせからははぐれてしまったことに。

050906katabira.jpg

仁王三小路から長町へ。
忘れかけていた頭の中の地図を整理する。
例えば、一力。長町にもあったことを覚えておく。
僕の中では大通だったから。

そして、帷子小路のトタン屋根の家。
書いたかもしれないが、門がなくなってスッキリしていた。
こんな町中にどうしてあるんだろうっていうスタイル。
農家だったんだろうか。それとも・・。

そして、かたびら薬店を見たくなって動き回る。なぜか見失ってしまった。
県民生活センターまで来ないはず。青少年勤労ホームの筋ではないよな。
わずかではあるが、焦ってしまった。
総合福祉センターの筋から遠めに見つけて、一安心。

050906sanjeruman.jpg

パンシリーズ。きょうは桜城小学校付近にある「サンジェルマン通り」。
思ったより小さなお店で、お菓子も売っていること知る。
なぜか名前だけは知っていたんだよなあ。白パンほかを買う。

○県議会 政和会と社民党が統一会派を結成
→社民党は6年ぶりに交渉会派の議員に復帰ということに
○7月の有効求人倍率 0.56倍



仁王幼稚園うんどうかい



桜城小学校前の仁王幼稚園。
運動会は9月10日。雨天時は桜城小の体育館にて。
晴れるといいね。

050905 与の字橋

9月5日(月)雨やくもり


グレイな空の日々。台風も近づいているらしい。
僕にできることと言えば、それはホントささいなことでしかない。

市道与の字橋山王町線橋梁補修工事。
要するに与の字橋リニューアルの工事だけれども、ほぼできあがった感じ。
新しい欄干はよくみると銅色。そして変哲もないデザイン。
上の橋と色を合わせたのだろうか。中の橋から見れば、新しい風景になっているのかも。
看板の請負金額は11,445,000円だった。

その先のニュー紺屋町番屋はノーマルな風情をさらにかもし出す鉄骨。
2階建てだろう。そして全面に小さなひさしっぽい骨組み。

050905from.jpg

そこからあーだこーだで下の橋経由でスクランブル交叉点。
遠いようで歩いてみれば、それほどでもない。着いちゃったって気分。
フロムハートのビルに映るのは、カワトク。

今のアパートには洗面台なんてのがあるから、いやおうなしに自分の姿を映さざるを得ない。
まあ、あまり見る価値もないのだけど、変わっていないと言えば変わっていない。
そもそも本当の自分が映っているのかすら、実は怪しいのだが。

050905micheru.jpg

肴町の「ミッシェル」でくるみパン等。
昔はあちこちにあったような気がするが、盛岡には3店舗らしい。
遠野にもあったなあ・・。

花巻が本社で、仙台にも支店があるという。これは知らなかった。
店名はフランス語で「パンの神様」の意味。
ついついビートルズの唄を連想してばかりいたから、ちょっぴりサプライズ。

くるみは、まんべんなく入っていて満足。でも昼食にはでかすぎるかな。

○岩手県 広域圏の案を4つに見直しへ
→一緒だった盛岡と二戸・久慈を分けたみたいです
○岩手競馬 ソフトバンクと業務提携へ
→岩手日報1面にありました

050904 加賀野三丁目

9月4日(日)ほぼ雨


加賀野の隠れた名所、加賀野児童公園。
キリンはきょうも寂し気な顔していたけど、結構なスタイルがひきつける。
公園からはマンションが見えるようになった。うーむ。
来年の桜はまた変わってしまうのかも。

050904nadeushi.jpg

傘をささなくても、なんとかなる降り方になって天満宮。
誰もいやしない。撫牛さんの後ろ姿も。
気が付かなかっただけなのか、石割梅はかなり大事にされるようになった。
柵に囲まれて「重要保存木」に出世?
天神様の範疇には入らないような願いごとをして下界へ。

天満宮の階段からはすっきりと盛岡の町が見渡せる。
今、目立つのは二高の新校舎工事。
回復の見込みはなさそうな空だけど、元気をくれる場所に変わりはなかった。
ありがとう。

○ホテルルートイン続編
 温泉付きになるんだとか。1500m掘れば日本全国温泉が出るのか・・。ホント?

○盛短跡のテニスコート 二高が使用中

Template Designed by DW99