060331 鉈屋町バス停

3月31日(金)くもり


年度末。いくつかのサヨナラ。

鉈屋町にアクセスしていた数少ない公共交通機関、鉈屋町バス停が本日をもって廃止。
市立病院がいなくなってから、事実上役割は終えていたが、寂しいもの。
今では1日3便。8:38、9:35、17:13。
滝沢営業所までは行けたようです。
一緒に「明治橋」バス停も廃止へ。川原町の一角にある錆びた表示板が好きでした。

060331sakanacho.jpg

内丸の方の県立図書館も本日をもって、暫定的な開放を終了。
アイーナが引き継ぎます。この建物は盛岡市がなんとかするとのこと。

そして肴町アーケード。いわてコミュニティビジネスセンターがサヨナラ。
看板もなくなり、窓から見る限り荷物もなくなっている様子でした。
ここが果たした役割は大きいと思います。

そういえば、盛岡南サティもでした。

あなたはいくつのサヨナラをしましたか?
僕は決定的なサヨナラは今年はありませんでした。
だから、どちらかというと新しい季節に期待をもっています。

ただ、季節がめぐるたびに、昔のサヨナラがココロに忍び込んできます。
「君は五番目の季節」を聞きながら、空を埋め尽くす移り行く灰色を眺めるのでした。

060331sakurayama.jpg

残された人たちにとっても、この街を舞台に何かが始まります。
いいことも悪いことも疲れることも嬉しいこともあるでしょう。

毎日を一所懸命生きる必要はないと思います。
むしろ大事なのは、前向きで静かな「継続」ではないでしょうか。
押しつけや出しゃばりを嫌悪し、淡々とがんばる人を応援していきたい春です。

イワテライフ日記はまだしばらく続くようです。
4月からもよろしくお願いします。

○佐藤ロープ商会はニュー店舗を作っていました
060331ropeshokai.jpg

→大沢川原の佐藤ロープ商会は隣接地に新しいお店を作っていました。
 金の文字に輝く店名はまぶしいくらい。さてロープは店先に出てくるのでしょうか?
○葺手町の「ミタケ手芸店」跡地にはカレー店 5月下旬頃オープン
○盛岡タイムスが4月1日リニューアル
→読売新聞から記事の配信を受けて全国ニュースも掲載。購読料は変わらずの1,800円
○「ゆびあす」の指定管理者 クリタス仙台支店
→指定管理料は7,070万円

060330 中央通二丁目

3月30日(木)まだ雪降る


中央通二丁目。機屋がある通り沿い。
昭和石材が入っていたビル(石泉ビル)が「売物件」の看板を出されている。
郵便受も哀しく半開きで乱れていた。
昼頃は小雪。夜はまた積もる。

060330kinro.jpg

飛んでこちらは、中央通三丁目の勤労青少年ホーム。
ここで習いごとをしていた時期があって、ちょっぴり懐かしい気持ちになる。
勤労青少年のハードルも低くなったようだ。
あの頃は原則として30歳以下だったような気がしたが。
外観はそのまま。もう足を踏み入れることはないだろう。

060330chuojidou.jpg

すぐに中央児童公園前にでるわけだが、政経ビルとなりの県公舎跡。
「ランドシティ中央通」が背丈を伸ばしている最中。
本宮のホーマックスーパーデポとなりのヤツと兄弟関係なる。
モデルルームはそっちという設定。

男に生まれて良かったということは、あまりないけど
女子トイレの長い列をすり抜けて、男子トイレに入るときは良かったのかなと思う。

きょう行ったコンサート。
女性比率が高いせいもあるが、喫煙ルームの比率も高し。7対3くらいだったろうか。
結構、吸っているんだなあと思いながら、私も一服。

○盛岡南サティの土地・建物所有者は、みずほ信託銀行
→売上のピークは1998年の70億円。2004年は40億円までダウン
○メモ 脩磨、亜咲美、那音、りろ、虹々
○盛岡地域若者就業サポートセンターが5月に県公会堂に設置予定
→労働局や県の調査では、県内のニートは5400人。約1割は盛岡市内に在住(らしい)
○盛岡市動物公園に園長さん
→開園以来17年いなかったとは驚きでした
○滝沢村役場裏の上田邸が一般に開放

060329 紺屋町

3月29日(木)小雪から吹雪そしてなごり雪


春への儀式その4。
午後からは吹雪になって、どうなることやらな空模様。
そして夜。お店を出ると、町は白くなっていた。
「なごり雪か・・」
そんなつぶやきを聞きながら、歩き出す。

お別れは必要なのかもしれない。
たぶん、そうしないと変わることができない自分がどこかにいる。

060329buraitoin.jpg

サンオーエンが生まれ変わった「ホテルブライトイン盛岡」の入口はこんな感じ。
必要最小限の改装といった印象である。
中津川沿いの立体駐車場には、ラヂオもりおかのロゴをひとつ剥がして
緑字に「ホテルブライトイン盛岡」の文字が刻み込まれた。
たぶん泊まることはないだろうなと思いつつ、その先へ。

060329shimonohashichu.jpg

下橋中前。もう大村自動車の建物は消えてしまった。
段差がある土地だったことを知る。
川面を眺めに出れば、あれだけの雪山はどこかへ消えてしまった。
6分の1くらいになったのではないだろうか。

そんなふうにひっそりと鮮やかにいなくなる。
できそうでなかなかできないこと。

○盛岡市立病院の改革基本方針
→運営形態は地方公営企業法を全部適用へ。公設民営化は見送りへ
○フェザンは開業25周年
→デリカタウンに「バズカリー」がオープンしたそうです
○メモ 修野、海音、海聖、妃菜乃、伊智、静花、麻尋

060328 長町

3月28日(火)うすくもりから雨へ


昼過ぎまではうっすらと陽射しもあった。そして予報どおりの雨。
雨であることが今度こそ間違いないのだろうという気持ちにさせる。

長町の古い民家にて。古いの住居表示の案内板。
残念ながら町名は読めないが、たぶん「長田町」だったはず。
下に広告があるのが、このタイプの特徴。

「盛岡スーパーカブ商会」。想像しただけで楽しそうな店名。大通二丁目にあったらしい。
そのまま当てはめれば、ダイエー盛岡店付近の一角になるはずだが。
「三丁目の夕日」的な風景が浮かぶ。軒先にカブが並んでいて、オイルの匂いがする・・。
実際は違ったかもしれないけど、そんな夢想。

060328nagatacho.jpg

そのまま駆け上がり坂方面へ行くと、今度は街区表示板の三兄弟。
おお!美しい(笑)。こんな狭い範囲に同じ番地の表示板が密集しているのは珍しい。
旧タイプと現タイプが共存しているのも嬉しい。
よくよく見ると、もう一枚画面左下にあるのがわかるだろうか?
わかる人にはわかる・・名所なのである。

060328ueda.jpg

長町踏切を越えれば、上田一丁目。
すぐに細道へ曲がると、「まる岩」というとんかつ屋を見つける。
食べたい衝動にかられるも、生憎時間はなかった。

東京にいた頃はよく「いもや」へ行った。
ああいうシンプルなやつを食べたいが、この町ではなかなか見つけられない。

○上田一丁目の小田島耳鼻咽喉科が新築する模様
○岩手県肉牛生産公社が臨時総会で3月31日で解散を決議(27日)
→都南の牧場施設は地権者に無償譲渡
○みたけにあった「しまむら」も増床して9月に新装して開店
○メモ さくら、勇磨、春香、ほのか、洸瑠
○岩手競馬全日程終了 総売上は296億円(前年比7.1%減)
→競馬場への入場者数は増えたものの、売上目標からも3億円下回る
○IGR青山駅・巣子駅の利用状況
→開業翌日の19日から25日までの一日平均の乗降客数
 青山駅 約880人、巣子駅 約410人

○お知らせ
 サイトの整理をします。遠野関係は3月31日をもって消去します。

060327 大沢川原三丁目

3月27日(月)はれ


不来方橋が開通した日。大沢川原ではひっそりと佐藤ロープ店が解体されていた。
しばらく来てなかったか?そんなつもりはなく、最近まで店先にロープが置かれていたはず。
もちろん買ったことはなかったけれども、ロープという響きが好きだったなあ。
二、三日でなくなってしまいそうな雰囲気。
また大沢川原が変わって行く。

060327kozukatabashi2.jpg060327kozukatabashi.jpg

そして不来方橋。お昼時は開通式が終わったあとのようで、道路上にはアーチやテント。
祝い事の後、特有の「終わったなあ」っていう安堵に近い空気が流れていた。
足を踏み入れてみるが、やはり渡ることはできないようで途中まで。
開運橋方面の眺めはこんな感じ。岩手山は拝める。

ここは盛岡駅南大通線の一部を形成している。
緒元としては、橋の整備は約16億円。橋長75.3m。
下り2車線、上り5車線で幅員は34.8m(歩道含む)。
真ん中にはささやかなバルコニーが両側についている。

060327kozukatabashi3.jpg

夜、もう一度供用開始後の不来方橋へ行く。
今度は渡ることができたが、いまひとつ橋を歩いた気分にならない。
車線がやけにあるせいだろうか。歩いた感じは夕顔瀬橋にも似ている。

個人的には駅西までのアプローチ方法が増えたことは嬉しい。
河南地区からだと開運橋経由で盛南大橋へというのは、自転車だと遠回りの感が否めずだったから。

○7月上旬 東京・新宿で「東京・盛岡デー」が開催へ

060326 盛岡南サティ

3月26日(日)くもりのち雨


31日で閉店する盛岡南サティへ。
別れを惜しんでいるのか、それともセール目当てなのか。
駐車場も構内もかなりのにぎわいだった。

ココロに触れたのは、閉店を知らせる貼紙。
「27年間のご愛顧、誠にありがとうございました。」の見出し。
「昭和54年、ご当地に都南ローズタウンニチイ都南店として開店・・」とはじまる。
ローズ色になるのだろうか、ニチイ時代の空中写真があって、食い入るように眺める。

津志田交叉点周辺は、まだまだ農地が多くて
アクロス盛岡もまんぞくやもない。歩道橋は当時からあったようだ。
昭和54年といえば、まだ小学生だった。この町に住むとは思いもせずに生きていた。

060326saty2.jpg

さっと店内を見てみると、「古さ」を感じずにはいられない。
時間を経て味が出ると言う建物でもないから、そこはつらいところ。

060326saty-okujyo.jpg

4月3日には什器の販売が行われるとのこと。
その後については、未定の様子。屋上から蝶が森が見える。
マンションの類いも少ないので、すっきりとした風景が広がる。
また、この建物に来ることはあるのか、それとも別な形になるのか。
知る由はないが、自分なりに別れを惜しむ。

060326tushidaminami.jpg

ついでに津志田住居表示地区に初見参。
津志田南一丁目は、アクロス盛岡やマックスバリューがあるエリア。
ちょっと入ると小さな団地。金蔵前という地名があったらしい。
「津志田金蔵町」
悪くないとは思うのだがなあ・・。
津志田中央との境目にある遊歩道あたり。閉じられたゴミ箱とともに。

予報通り、昼頃から雨。静かに眠る。

○門のアジキューが「門福」になっていた。唐揚げ定食の店
○中ノ橋通のサン・オーエンは明日から「ホテルブライトイン」に
○ジョイカードの会員数が3月中にも20万人達成へ
○不来方橋は明日午後3時から供用開始
○社会人ラグビーのノースリーグが解散
○県内の日本酒出荷量 7439キロリットル(2004年度)95年からでも半分程度に
○盛岡的住居表示
三ツ割五丁目、青山一丁目、二丁目
http://iwatelife.ashigaru.jp/index.html

060325 東黒石野二丁目

3月25日(土)はれ


松園バスターミナルから見える景色で気になるのは、メープルリーフが入った建物。
マンションカナダという、壮大な名前がついている。
そのあたりは東黒石野二丁目という住居表示がされている。
近づいてみる。古ぼけた壁に「CANADA」の文字。
入口も鉄製で、感じとしては昭和後半風のアパートだった。

東黒石野は松園の手前にあるエリア。
三丁目で「コーポ深沢」という建物に出会う。
ここがあの「深沢」だったのか!これだけ満足してしまう。
確かに三丁目はぽっこりと落ち込んでいる感じで深い沢だったのかもしれない。
ずっと、上田深沢線の意味を探していたが、もうこれで思い残すことの一つはなくなった。

060325higakuro-panda.jpg

四十四田ダムへ向かう道から、すぐ緩やかな坂道を登る。
だんたん高くなっていくコンクリート壁が独特な風景をつくる。
二丁目の上にも中規模の団地がある。

東黒石野幼児公園で懐かしいヤツに会う。
人民帽をかぶったパンダ。はじめて逢った頃からはお色直しされていて、やや綺麗に。
可愛さは、ほぼそのままに。公園系動物で指折りだろう。

060325iwawakidanchiguchi.jpg

二丁目から今度は一丁目へ。岩脇団地口までへーこらと歩く。
ここからの岩手山もなかなか。毎朝、こんな風景から通えたら、それはそれで楽しいだろう。
一丁目は「黒石野パークハイツ」を中心としたエリア。
「外苑通り」「富士見通り」なって名前を持つ通りもある。
それこそ住宅しかないわけで、ぐるりと一周。

060325iwawaki.jpg

市道を渡り、岩脇町。こちらも北上川のレベルまでぐっと下って行く。
坂道の途中から県営住宅の屋根たちが見えてくる。
閉店したカワショーに変わりはなかった。

市営と県営の「岩脇緑が丘団地」で半分は構成されているエリア。
2階建てのアパート付近は、やはりどうしても懐かしい空気が流れている。
老朽化はしているのだろうが、この手のアパートはどこかに残していてほしい。

残りの岩脇町にも住宅は建ち並ぶ。その中でダム関係の社宅を見つける。
4階程度の小さなアパートだったが、これまたなつかし。
岩脇町はこのあたりでは、散歩しがいのあるエリアだと思う。

そのまま晴れたまま、日暮れ。春はすぐそこらしい。

○リニューアルした黒石野中
060325kurochu.jpg

→日影でわかりづらいですが、黒石野中の校舎の一部がリニューアルしています。
 でも、半分は前のまま。引き続きなんでしょうか。二高に近い色です。

○盛岡緑が丘郵便局移転
060325midorigaokayubin.jpg

→地元の人にとっては古いネタですが、3月6日に緑が丘郵便局が移転。
 アネックスの近くから、みかわや方面へ。東緑が丘口バス停そば。

○県交通廃止バス路線(再整理)
滝沢土渕線、青山都南線、下厨川線、みたけ天昌寺線、上田・日詰線、松園・病院線
盛岡競馬場線、大ヶ生線、太田線(簡易保養センター発着便のみ)
青山町線(急行便、月が丘二丁目発便、鉈屋町発着便のみ)
→あの大ヶ生線も廃止へ。「なめし口」とか好きでした。

○Vita中三店は3月31日で閉店
○盛岡市消防団第10分団 一部が三ツ割で、二部が松園
エリアは松園から愛宕町や館向など。分団員募集していました。
○映画館通りのジェラート1があったところに「盛岡酒場ニッカツ」
○メモ はゆる、郁真、颯斗、海里、依咲、和也

060324 紺屋町

3月24日(金)はれ


神明町と紺屋町の境目あたり。
営業していないカフェバーの看板が青空の下で揺れる。

またひとつのサヨナラ。その彼女は上京するという。
今まで、あまり感じたことはなかったけれど、都会へ行く人を見送る気持ちを少し味わう。
この歳になれば、単純に寂しいとかではなくて、素直にがんばって来いよという感じ。
そして、いつの日か岩手に得たものをフィードバックしてくれよ。と。

未来も限りあるが、可能性は誰にも決められない。
見送る人ができることは、旅立ちを快くしてあげることだけだろう。
足をひっぱってはいけない。

060324kiiro.jpg

松尾町にてなぜか黄色のゴミ袋と出会う。
盛岡市がカラス撃退のために実証実験をしているもの。
このあたりそうだったっけ?なんて思うが、まあそれはそれ。

盛岡市(旧盛岡地区)には指定ゴミ袋は存在しない。
個人的には、ゴミ収集のコストを取られるならば、間接的なほうがいい。
それならば、たぶんゴミ袋が一番理解を得られやすいのではないだろうか。

○ビクトリアロード 市役所あたり
060324shiyakusho.jpg

→年度末ですから、あちこちの工事も完成へ。新渡戸さんの胸像があるあたり。
 何が変わったのかと思ったら、スロープができていました。

○岩手競馬 最後の追い込み?24日~27日まで水沢で追加開催
○マックスバリュー盛岡駅前北通店にサーティワンアイスクリームが24日オープン
○盛岡市が23日人事異動を内示 異動規模は557人(実質478人)
○メモ 礼来、麻祐子、佳蓮、琉生、哲
○盛岡市が市立病院北側の保留地5.2ヘクタールの取得を断念へ
→市役所移転候補地なんてあったんですねえ・・。
○2006年公示地価 商業地は▲8.0%で13年連続の下落
・商業地 盛岡大通2-3-5(ドラトマ大通りビル)525,000円
→「ドラトマ」の響き、懐かしいなあ。
・住宅地 盛岡市加賀野1-15-9 118,000円
→ちなみに変動率1位は「松園1-8-3」で▲9.1%。何か裏付けている感じですね。

○東北銀行も23日から金利上げ。県内地銀はみんな上げたかたちに
○石割桜の雪囲い とりはずし
○春のセンバツ 一関学院1-2岐阜城北
→あの大船渡以来、岩手県勢は22年勝利なし

060323 菜園

3月23日(木)雪のち雨


川徳前のスクランブル信号の前にて。
見上げれば、石川ビルの電光掲示板が消えてしまっていた。
あまり有意義な情報は流れていなかった気はするけれども、いなくなれば寂しいもの。
「貸看板募集中」とあるから後継者は決まっていない様子。

川徳ではもりおかスクエアの抽選会が行われていて比較的にぎやか。
きょうはエレベーター運悪く、かなり待たされた気持ちになる。
どうもこことは相性がよくないようで、一発で乗れた記憶はない。

バージンでCD探すも、ためらって見送り。

060323sakurayama.jpg

春への儀式その3。朝は雪。
積もらないとはわかっていても、やや不安になる。
今年は12月の後遺症をひきずったままの冬だった。それからは普通だったのに。

そして雨に変わり、そのまま行ったり来たり。
袴姿があちこちに。どこかの卒業式だったみたい。
世間もこれで出会いモードへ変わって行くのだろうか。

生まれてはじめて落丁本に出会う。

○盛岡駅前通のハッシュハピー 明日(24日)オープン
○盛岡市議会予算特別委員会 競馬組合への融資で午前零時まで
○メモ 琥珀、菜々花、敬司、芽久、星南、虎太朗、珠榎瑠、崇多、陽翔
○仙台管区気象台が2回目の開花予想 盛岡は4月19日で変わらず
○滝沢村の教育委員に35歳の安保繁氏
○岩手銀行と北日本銀行が定期預金の1年もの以上の金利を引き上げ
○全国高校選抜バレー2回戦 盛岡女子2-0北陸(福井)
○松園中学校ってハンドボールが強いんだ。男女で全国大会出場へ
○「FCガンジュ岩手」が県サッカー協会に登録申請。監督は武藤氏
○JR貨物が厨川駅を廃止へ
→まだ貨物駅だったとは・・。ここ30年ほど取り扱い実績はないらしい

060322 文化小路

3月22日(水)はれ


でか桜 君なし春に 一本道

一筋に見える道もどこかで行き止まりだったり、曲がったりする。
ここは加賀野四丁目・文化小路の一本道。誰かさんに続くことを信じて。なんてね。
いずれにしろ春の陽射しは盛岡の町に注ぎ込む。
様々な思いを昇華して、また新しい季節へ進むだけ。

060322kishukushaato.jpg

文化小路にかろうじて残る「文化」な家たちを愛でて、岩手高校寄宿舎跡地。
正確に書けば、続く敷地と一体となって新しい家は3軒できていた。
三田農林の文字が入ったものを見て、ああここもなんだと改めて思う。

ここ数日の思索の整理。
町並みは変えてしまってもかまわない。古いモノそのものを保存するわけではないから。
保存するのは「思想」だから。
今の町並みに違和感を感じているのは、そこに「思想」がないから。
「思想」が感じられれば、マンションがたくさん建っても問題はないのだろう。
ただ岩手山だけは地上からも見えてほしい。これだけは譲れない(笑)。

060322kagano.jpg

加賀野一丁目の角、新しいお店がひとつ。
「パパ」(漢字は父に巴が2つ)。前は加賀屋だったと記憶。

食品添加物に関する本を読んで、煮干からだしをとって味噌汁をつくる。
料理には手間がかかるかあ・・。
ただ、器の底に残った味噌のかすを見て、こうだったよなと思う。
産んでくれたことののほかに、食事を作ってくれた彼女には感謝しなくてはならないだろう。
食育の意味がちょっとわかった気がした。

○全国高校選抜バレー女子 1回戦 盛岡女子2-0城南(徳島)
→男子の盛岡南は初戦敗退
○玉山区の姫神小学校が21日に閉校式
→市立になってはわずかの期間でした。110年の歴史に幕
○岩手川の破産管財人に村井三郎弁護士(盛岡市本町通)

060321 中野一丁目

3月21日(火)あおぞら

午前中は土沢まで車を走らせ、バッテリーの充電。
ほんとうに花巻市になってしまったんだね・・。



午後もあおぞらは続き、しばし悩んだ末に近場で過ごす。
茶畑一丁目を軽くこなして、中野一丁目へ流れた。

ファルの前にある専門店街(ってほどでもないか)。
テナントのひとつ田中屋書店が3月10日で閉店。
薄汚れたブックエンドたちがお持ち帰りされるのを待っていた。
2006年の小学一年生の広告も哀し。
この建物も、オロチョンラーメンの店と、フジヨウ&クリーニング店という構成に。

060321nakanokoban.jpg

中野一丁目は思い出がはじまった町だから、他の場所とは違う気分で歩くことになる。
あれから4年、もっと変わっている訳で、ゴルフ練習場なんかは立派な家が並んでいたりする。

国道の反対側、茶畑児童公園あたり。移転した中野交番はすでに跡形なく。
そんなに急がなくたって・・ねえ。
金野医院も院長不在ということで休診。
公園はそんなに変わっていなくて、いまどき珍しい野球をしている少年たちを見る。

060321kawamefukuro.jpg

中野を満喫して、東山を通り過ぎて川目町。
工業団地に配慮したのか、川目の一部は住居表示が施されているのだ。

060321kawamecho.jpg

人がいるという部分は仁反田(にたんだ)になるだろうか。
よくわからないうちに国道から離れて高台へ登る。あれよあれよと細道を通り過ぎる。
そんな場所がこのへん。5番地から9番地にかけて。
急な勾配であり冬場はきつそうである。

この先に墓地があり、お彼岸だから比較的にぎやか。

060321nitanda.jpg

仁反田地区から鑪山まで歩けば、川目町も終わる。
盛岡中央工業団地に来る頃までには陽は山の向こう側に落ちて、一気に冷え込む。
印刷工場を見ても、きょうの僕には何も与えない。

国道106号を黙って歩く。そして再び、仁反田から岩手山。
この辺りまで来れば、納得なビューになる。
盛岡の東。やはり愛している。

○県交通バス 盛岡競馬場線も3月31日で廃止
○岩手県当初予算案 賛成33、反対15で可決
→競馬関係で1957年以来の修正案が提出もこれは否決
○メモ 悠大、花琉桜
○県立大学の副学長に船生氏
○岩手大学工学部の4学科が二次募集
○盛岡南サティ協友店会
あづまや、名鉄観光、デザイナーズセレクション、道又時計店、弥次喜多、グルメピアザ
盛岡せんべい店、ホクセイ、まつばや、ゆうきや、いんべクリーニング、フルール、大谷
スピーディモム、メガネバスター、三松、ロマナ美容室、たまや、エフワン、おしゃれ工房
おもちゃの仁科、サンプラザ、クラフトパーク・トーカイ、パディス
→昭和54年から27年の歴史があったとのこと。3月31日閉店

060320 御幸新道

3月20日(月)雪まだ降るそして晴れ


肴町の御幸新道あたりの古ぼけたビルにて、編物教室の文字に惹かれる。
編物というは、たぶんやることはないが、やってみたいなとは思っていること。
楽しそうだとは思う。記憶の底に沈殿しているコトだから。
こうしてキーボードを叩いているうちにも、
子供の頃、こたつの上にあった毛糸とかが脳裏に浮かんでくる。

編物はどうかはともかく、習いごととかはじめて見ようかなんて考えてしまう。
その他にも、あれこれと終わらせ、あれこれと始めようかと思索する。
これは春の効用。

御幸新道から賜松園に出て、南部城の角を曲がる。
昔の角屋ホテル裏手あたりも何にもなさそうで、何か気になるエリア。
駐車場が多いので、そらは比較的広い。昼の時点ではくもりぞら優勢。

060320hirakin.jpg

その先のことを少し考えられるようになって、
ピアノリサイタルのチケットを1枚。9,000円なり。うーむ。

平金商店から岩手公園まで歩く。
他のブログでは、ばっけとか載っているようだが、自分の目の中に入ってこない。
どうしたことだろうか(反語ふうに)。

○トリノパラリンピック最終日 男子回転座位 狩野選手(岩手大)は27位
○第4回東北中学校選抜野球大会 岩手県が3連覇
→4番は仙北中学校の子のようです。仙北中は2人、滝沢二中から1人出場
○農林会館1階に木炭展示館「すみっこ」が19日オープン
○滝沢村が新年度から補助金公募制度を導入へ
○グルージャ盛岡にプロ選手2名加入


060319 木伏

3月19日(日)案外晴れていた


食べるためには、それなりに野暮なことをしなければならない。
生きて行くためにではあるが、それがなければ生きて行けないかといえば不確か。
まあ終わった頃には、一日が暮れる頃。
さてと、そらを見上げれば、盛岡上空はあおぞらも少々。
思い浮かぶものがあり、駅方面にペダルを踏み出す。

木伏(きっぷし)のエリアに入ると、国鉄な匂いがしてくる。
昔よりは関連施設は減ったそうだが、JR東日本盛岡寮、乗務員宿泊所などは健在。

060319baryu.jpg

思い浮かぶものは、マックスバリューの「赤だし」のみそ汁だった。
盛岡では、あんまり売っていないんだよなあ。作れよと言われれば、それまでだけど。
イオンとは縁遠い生活をしているが、これと津志田メロンパンはがんばれよと書いておこう。
盛岡駅前北通の店舗は増床工事がほぼ終わり、専門店街は3月24日オープンとのこと。
外観からは100円ショップは入るようだが、他の店舗はわからず。

060319ridokinenhi.jpg

盛岡駅前北通の橋市エリアはなかなか足を踏み入れる機会がない。
「橋市武道具」とか興味はあるのだけど。

旭橋から北上川沿いに下りる。舗装があたらしくなって油が浮いている。
そこを適当に走っていると「里道開通記念碑」に出会える。
文字のデザインが素敵で、盛岡の石碑では3番目以内に好きなはずだ。
木伏から開運橋方面への道ができたことを記念してのはずだが、記憶はあいまい。

060318 青山駅

3月18日(土)うす晴れのちくもり


出発数分前。あわてて切符を買う。
出てきた切符には「盛岡→青山」の文字。IGRすごいじゃん。
ペタンとスタンプ。これもなんか懐かしいな。
列車に乗るときはちゃんと改札されないと気分が出ない。
花輪線直通のディーゼルカーで、いざ青山駅。200円なり。

060318aoyamaeki.jpg

相対式ホームに降り立つと、お祝いムードがすこしさめたくらいの状況だった。
記念品も売っていたが、まあいろいろあってそそくさと。
周辺整備のほうはほぼ終わっているようで、自転車駐車場は充実している様子。
道路を付け替えた跡地にも駐輪場が整備されていた。
フェンスに囲まれており、馬頭踏切に出るには、やや遠回りするのは面倒そう。
青山の歴史を物語るようにレンガづくりの柱は好感を持つ。

盛岡駅方面は基本的には上堂側に入口がある。
もちろん跨線橋を渡れば済むことだが、これもちょっと面倒かな。
ということで東改札口入口から一枚。

060318aoyamasho.jpg

記念に青山あたりを散策。
駅がある二丁目は、厨中、青山小、県営体育館、森永と青山なエキスが詰まったエリア。
かつてのマンモスぶりを物語る厨中では野球部員がグラウンド整備。
春がすこしずつ始まっている。

敷地が続いている青山小学校は静か。日時計を見つける。
昭和52年度の卒業記念なんだとか。もうその人たちも40代突入というところか。
この手の作品って深いね。研究の価値ありかも。

060318heiwadai.jpg

二丁目から一丁目へ。
こちらも警察学校、盛岡病院、和光学園などなど。いやまあ深い。
なんといってもいいのは厨中の南側の平和台。
館向町と同じ空気が流れている。空気を吸い込むと懐かしい気持ちになれる。
数年前の印象と比べると、新しい家が増えた気もする。

微妙な細かいところに、例えば公園の配置とか、道の広さとか。
この街を作ったときのポリシーみたいなのが見え隠れするのを感じるのが楽しい。

青山町はこのままなテーストを維持すれば、結構ブレイクするのではと思うのだが。

060318sugo.jpg

やっぱり巣子駅も見ておきたい。300円を払って、さらに北へ。
第一印象は間に合わなかったのかあ・・って感じ。
駅舎やロータリーはできていたが、駐輪場の柵などは仮設である。

駅前を見渡すと、正面に人専用の仮設道があった。
たどって行けば、噂の途中で途切れたアクセス道路に出る。
駅との間には1軒建物があって、これは時間かかりそう。

巣子の事情はよくわからないけど、駅は長根ハイツバス停に近い。
ダイゼンやあさひ幼稚園、そして夢乃湯を見た。
正直なところ、駅周辺は寂しいなって印象。どう変わって行くのだろうか。

帰りは盛岡駅まで360円なり。
青山駅はともかく、巣子駅は当分来ないだろうなあなんて所感。

○桜城小学校の今年の卒業生は68人
○滝沢村の福祉バスが4月から3路線い
○トリノパラリンピック 狩野選手(岩手大学)は途中棄権
○メモ 朱里、まいこ、大地
○県交通バス 3月31日での廃止路線
滝沢土淵線、青山一本木線、青山都南線、巣子滝沢線、みたけ天昌寺線、下厨川線、松園下厨川線
青山町線のうち
(急行便、月が丘二丁目発便、鉈屋町発着便、青山一丁目経由の市立病院発着便)

060317 城南小学校

3月17日(金)かぜのち晴れ


強い風が吹き荒れた朝。
春何番かは知らねど、季節が変わっていることを教えてくれているんだろう。
最大瞬間風速は25.6メートル。箱清水ではアパートの屋根が吹き飛んだとのこと。

昼頃はまだくもりぞら優勢。城南小学校では卒業証書授与式。

卒業の文字を見ると、
「卒業していったい何がわかるというのか・・」と頭の中で音楽が鳴りだす(笑)。
そんな世代です。すみません。

この前は区切りがないって書いたじゃないですか。
でも、証書がない卒業は生きているとあったりしますよね。
経験もそうでしょうし、人間関係もそうだし。
まともな人は不器用ながらも、そんな卒業を積み重ねている人なんだと思います。

卒業できなかったコトがこの季節になると、ひょっこりと現れたりして
また空を見るのです。

060317niko.jpg

こちらはトイメンの二高。合格発表の跡。
番号だけってのも味気ないもの。
岩手はどうだったか知りませんが、私の頃は名前入りでした。
今となっては、或る意味すごいことなんだけど、あの頃はそれで通用していたわけです。

世の中の判断基準は揺れ動くわけだけど、
そこに対応して行くためには、合わせるんじゃなくて、揺れないことなんだなと。
ココロにそんなのがあれば、たいていのことは怖くないんだろうなと。

060317fujiya.jpg

天神町あたりまで歩く。
サンクスの向い側のクリーニング店が閉店していることを知る。
色あせたポスターが寂しくもあり。

あまり変わらない春がやってきます。
変わりすぎた次の年だから、ちょっとホッとしています。
でも変わらないことを世間は許してくれそうもありません。

○盛岡仁王ミニバス少年団女子が第37回全国ミニバスケットボール大会に出場
→界隈ではお祝いのポスターが見られます
○メモ 優那、美桜、樹矢、優衣、晃・晟、斗翔
○盛岡市役所 組織を見直し
・商工観光部、農林部を設置
・地域福祉課、介護高齢福祉課、雇用労政課を設置
・歴史文化施設開設準備室を設置
○馬頭踏切東側に「青山駅」バス停新設(みたけ東線、運動公園線が停車)
○盛岡の人口 300,638人(2月1日現在 前月比 ▲88人)

060316 桜城小学校

3月16日(木)くもりのち雨


近くの仁王幼稚園では卒園式があったようだけど、ここは桜城小学校。
敷地の片隅に白がくすんだ彫刻ひとつ。題名があったと思ったが失念した。
たぶん卒業記念に作られたものなんだと思う。
市内中心部の小学校にはこんなタイプの彫刻がひとつは残っていたりする。

制作年度はわからなかったけど、おそらく僕よりは上の世代のひとたち。
今では世の中でもまれていることだろう。

小学生時代なんか振り返る暇もない。
記憶力がないから、思い出すことすら難しい。
そのころ考えていてこと、ココロに決めていたこと、ふたつみっつでも覚えていれば
今の生き様はまた違うものになっていたと思う。

戻りたいとかではなくて、積み重ねてきたものをきちんと知るという意味で。

060316niokaikan.jpg

桜城小学校界隈は自分にとってはエアポケットのようなところ。
その気にならないと奥深くまで入って行かない。
旧仁王会館は盛岡医療福祉専門学校の校舎として生まれ変わったようだ。
地下には柔道場もあるらしい。隣接する土地に立てていた新校舎も動き始めている様子。
専門学校ってのも一度は行ってみたい場所だなあ。

060316iwatejihan.jpg

小学校から北上川沿いに出る。新築地と呼ばれていたエリア。
開運橋下の花壇にはまだ出られない。

そのまま橋のたもと近くまで行くと、「岩手自動車販売」の文字。
おお、こんなところにあったのか!
ダイエーが入っていたビルのオーナー会社です。
タイムスによれば、今の自販ビルの場所は駐車場になるとのこと。
新しいビルが建つ場所は中央住宅産業が所有しているのだとか。

夜は雨。そして暖かく。仕事は途方もなく。

○15日 公立高校の合格発表 全日制で1万910人が合格
○メモ 大成、凛菜子、友輝、心暖、綾香
○仙台管区気象台の桜開花予想 盛岡は4月19日
○グルージャ盛岡 2010年にJ2昇格を目指すことを表明
→未払金は1400万円に確定。700万円の支払いめどがたつ
○盛岡南のスクールカラー「バーミリオン」
○青山一丁目にグループホーム愛の手が落成
○岩手県の全市町村でブロードバンドが利用可能になったんだそうです
○2003年度の1人あたりの県民所得 岩手県241.2万円(全国37位)
→全国平均との格差は54万6千円

060315 中津川

3月15日(水)くもり


与の字橋あたりにて。川底に沈むスコップひとつ。
どこからやってきたのやら。

こんな感じで本来の想定していたことから外れることがある。
スコップも中津川の清流にその身をさらすとは思っていなかっただろう。
どのように受け止めるか?真価を問われるときだが、今年の自分はどうだったろう。

盛岡はくもりぞら。雪はちらりほらり。
昨日の疲れをひきづり、ヒーターにはしがみつかないが、
体の中のエンジンはかからずじまい。

060315kuturogi.jpg

肴町の「くつろぎ」付近。シートで大胆に覆って、大幅な改装作業をしている。
どんなふうに変わるのかはわからないけど、アーケード内では一番目立つ変化か。
「深心」に店先に掲示板ができていた。
これはその気にならないと気がつかない変化だろう。

○岩手自販ビル(旧ダイエー盛岡店跡)建て替えへ
→隣接する駐車場に建設と岩手日報の報道。意外な展開になってきましたね。
○本宮字小板小瀬に特別養護老人ホーム「おでんせ本宮」4月1日開設
○上堂3丁目の公楽跡地に「ニトリ」が県内初進出。11月開店予定
○戸塚商店がゆいとぴあ盛南に工場立地
○メモ 花音、悠成、恭輔、ひなた、快、遥斗、裕汰、徹平、然、海花

060314 菜園・相生町

3月14日(火)雪中心


春への儀式その2。ほんのりと積もり、空中では荒れ狂う雪。
そんな様子を窓から見ながら、ぼんやりとする。

ここは相生町と呼ばれた筋。
「香醤」があるから、このあたりではよく通る場所である。
夜も知らないが、昼もあまり知らない菜園・大通界隈。
このまままっすぐ進めば、隠れた名作・開連アパートがあるくらいかな。オレの中では。

ひとつのしあわせを見送り、それに乗じて酒を飲む。
「いろんなかたちの愛があり・・」
まあ、そんなことを思いながら、結構泥酔(笑)。
記憶も曖昧なままタクシーで家路へ。雪は降り続いていた(と思う)。

○岩手談合事件の排除勧告第3回審判。85社が公正取引委員会の指摘を否認(13日)
○盛岡市の大雪による農業施設被害 6,551万円(3月9日現在)
○メモ 隆之助、仁哉、紗季、廣夢

060313 玉山区

3月13日(月)雪中心の晴れ間にて


窓を開けると、路面が白かった。ふと来た休みに感謝するが、海を見るのは断念。
気持ちを取り直したのは、午後になってから。
オンボロ車で玉山区まで走る。その頃までにはあおぞらも。
盛岡上空だけって感じでもあったけれども。

ユートランド姫神へ。無性に風呂に入りたかっただけ。
R282からのアプローチは相変わらず自信がなくて、道の駅にしねまで行ってしまったが。
500円を払って、気持ちを新たに。
寝転びながら、ちょっと古めの再放送ドラマを見るなんて
かなり無駄な時間の使い方ではないだろうか。或る意味、贅沢。
フルーツ牛乳で決めて、英気みたいなものは片隅で養われたかも。
そんなところからの姫神山。

060313shijyushida.jpg

それからはあてのない旅。好摩から国道4号に出る。
アルプス電気跡は確かに工事をしていた。
滝沢をあーだこーだして、県立大学~葉の木沢踏切なんてルート。
四十四田ダムでひとやすみ。

湖は白くなった氷で覆われていて、まだ冬であることを教えてくれる。
ダムサイトに近い場所に浮かぶ桟橋のような周辺だけが水に戻っているだけ。
こういう風景を見ていると「君をのせて」が頭の中に流れる。

海へ漕ぎだす勇気はなかなか出ないけど、湖くらいなら。

060313ueda.jpg

そして上盛岡で水を補給し、日が暮れた。
基本的なトマソンをひとつ。

○盛岡地域で粗大ゴミが4月1日から有料化。処理券は1枚600円
○盛岡市が3月25日、4月1日に臨時休日窓口を開設
○動物公園は3月15日から開園。高校生以上は400円

060312 西仙北一丁目

3月12日(日)くもり時々雪ちょっぴり


あのニュースからどうなっているんだろうと西仙北へ足を運んだ。
もちろん岩手銀行グランド跡である。
回復しようとすらしなかった灰色の空の下でグランドに変わりはなかった。
僕がこのグランドであった頃は、もう空き地に近い状態で近所の子供たちの遊び場だった。
でもバックネットはあったし、ポプラもあった。
そしてまだベースボールができるような状態だった。

それから5年が経ち、ここもマイヤができてしまう。
立地としては微妙な感じもするが、手薄なエリアではあると思う。

最後の証人でもあろう、レフト側のポールが空をさす。
たぶん、ここで誰かの運命を分けた試合から、誰の記憶にも残らない試合も行われたのだろう。
確かなのは、その1打に込められた思いはそんなに変わらないってこと。
できるだけ遠くにって思いながら、みんなバットを振り回したはずなんだ。

060312homac.jpg

せっかくだからと、できたばかりのホーマックスーパーデポも見学。
開店後初の休日でもあり、結構な混雑。原敬記念館そばにも臨時駐車場があったよ。
かつての県道盛岡環状線周辺も道路がなかったら、思い出せないくらいになっている。

ホーマックは確かにでかい。東仙北のお店には不満はあったが、今度は大きすぎ。
遠野のコメリくらいが個人的にはちょうどいい。
コメリ来てくれ・・。中野あたりに(笑)。

向側のイオン工事現場には土砂の山がふたつばかり。
敷地の奥には鉄骨が空を隠し始めていた。そんなに遠くない未来にできるんだもな。

060312motomiya.jpg

本宮駐在所はすでに2月28日で閉所となっていた。
「おおみや交番」は城東タクシーの近くらしい。そこは3月1日から。
下旬から本格的に勤務がはじまるのだとか。

いずれ、ホーマックあたりも住居表示されるのだろうが
「ゆいとぴあ盛南一丁目」とかにならないように祈るばかり。
今から書いておこう。

○盛岡市が住みやすさ2年連続1位
時事通信社の「くらしと環境に関する世論調査」の「すみやすさ指数」で県庁所在地及び川崎、北九州の中で1位に(57.10)
ちなみに2位宮崎市、8位山形市、11位秋田市、13位仙台市、24位福島市、41位青森市
→そんなもんかなと思いつつ、居着いてしまっているのは居心地はいいからかも。
 でも、海が遠い、冬寒い。どうしようもないことですが、ココロ定まらぬ理由。
盛岡市のホームページ

○北陵中が11日卒業式。290名卒業
→大地讃頌を歌うんですね。でも仰げば尊しだよなあ。
○盛岡市で黄色いゴミ袋の実験を市内3地区で
→城南地区8カ所、山岸地区11カ所、北厨川地区10カ所

060311 三ツ割りんご山公園

3月11日(土)はれのちくもり時々雨


三ツ割りんご山公園(三丁目)にて。黄色い滑り台が春を待っていた。
歩いても空気が春の匂いをしている。科学的にそんな成分って入っているんじゃないだろうか。

三ツ割は思ったより由緒があるところのようで、下小路あたりも三ツ割村だったんだとか。
今はR455と盛岡バイパスが立体交差するあたりから、三ツ割ってイメージ。
住居表示地区は国道にへばりつくように細く長く北へ。
盛岡では珍しい五丁目まであって、あの清掃工場あたりまでだから広いといえば広い。

一丁目はすんなりとしているが、二丁目からは独特の地形に張り付いた家たちが面白い。
二丁目のはずれの高台にある金比羅神社にも久々に参拝。
一度下りて、それなりの幅の道を極めると、北山の裏手に出て岩手山が見えたりして。
高低差があるから、体力は消耗する。

060311shimizugaoka.jpg

三丁目は岩手教弘会館を中心とするエリアだが、裏手には団地がある。
クレストコート三ツ割なんてところは岩清水とつながっているのだが
まだ余地があり、ぽつんな家もあったりする。
団地は好きではないが、それぞれの人生の集大成でもあるから、あまり責められない気もしている。
北山散策路のルートにもなっており、道案内も少々。
確かに間違ったかな?と思わせる風情ではある。

清水が丘団地から長嶺バス停に出ると、ひとつの区切り。
下り坂へ。道路も広くなり更ノ沢と言われていたあたりへ。

060311mituwari5.jpg

四丁目の「ながさわ」で一休みする。それなりに混雑。
このへんの並びも微妙に変わっている。ブックバーンなんて覚えている人も少ないだろう。
靴流通センターもFOOT PARKに変わっている。
スパーはローソンになってしまったし。

東山堂、ロッキー、県営野球場のスコアボード。このあたりは不変か。
野球場の裏手あたり(鉢の皮団地入口)は野球場の駐車場が広がる。
来ているようで来ていない場所だった。スコアボードも試合結果がわかるほどよく見える。
もうすぐ球春ってやつ。楽天も春先にやってくる。

雨が降り出し、くじけそうになったが一踏ん張りして五丁目。
こちらはあまり縁がない櫃石と呼ばれていたエリア。
向陽ニュータウンから清掃工場の煙突。

山岸六丁目から再度五丁目をわけもわからず歩いていると、あれと思う建物。
昭和っぽい雰囲気だが、寂れている建物。
県庁生協の文字が見える。何のためにこんなところにみたいな疑問少々。

そんな感じで、一日で三ツ割をざっと。さすがに疲れる。
1時間1本程度の桜台団地のバスをなんとか捕まえて、サヨナラ。
歩いてくるには、やはりちとつらい場所ではある。

○ほっかほっか亭は2月末でサヨナラ
060311hokahoka.jpg

三ツ割のほっかほっか亭は閉店。まだ月も経っていないので寂しさひとしお。
最近はあまり見かけなくなったような気もします。

○県立みたけ養護学校ひまわり分教室が今年度で閉室。21年の歴史に幕
○メモ 燈真、叶
○本宮のホーマックスーパーデポの北には「ランドシティ盛南」建設へ
○県内高校生就職率 82.1%(前年同期比 4.8%増)

060310 盛岡調理師専門学校前

3月10日(金)くもり


中央通と本町通の境目。帷子小路から三戸町への筋。
盛岡調理師専門学校には卒業証書授与式の看板。きょうだったのかな?
何かをつくるってのが、ほんとの仕事ような気がするこの頃。
「つくる」にどんな字を当てはめるかは、あなた次第。
ここの卒業生の料理は一回は食べているんだろうな。

この筋も久々。
かたびら薬局は営業はしていないようだが、建物は健在。
あのフォーエバーな看板の文字を見ると、元気がでてくる。
若林歯科医院が休業していることを知り、金光教あたりはいつもな感じにホッとする。

ずっと、くもりぞら。昼には晴れるという予報は空耳だったか。
それでも週末はやってきた。ゆっくりと休めそう。

060310nagamachi.jpg

もりおかタウンウォッチング好きでは、話題になっている長町の福田パン前。
見てきましたよ。まだ前工場のかたちはあります。
どうやらマンションではないようで、ちょっと安心しました。

せっかくなので、福田パンも一個。新作らしい「れんこんしめじ」(200円)。
ここで若い頃を過ごした訳ではないのに、
塗ってもらっているあいだは、なんとなく高校生に戻ったような気持ちになる。

○県北バスの観光バスガイド入社式(9日)
→今年は4人採用。なくなりそうでなくならない職業ですよね。好きですが(笑)。
○メモ 珀
○GMシボレー盛岡が三本柳に11日グランドオープン
○盛岡市が都市計画道路の整備計画を見直しへ 9路線について2009年まで事業凍結
→あの盛岡南大橋線や本町新庄線、本町上田線など
○きょう見たアパート名(中央通あたり)
CENTRAL AVENUE→そのままやんけ!
ロイヤルヒルズ中央通、コーポ和弘、コーポ中山
→コーポはコーポラスの略。そしてコーポラスは和製英語。
 cooperative houseから来ているらしい。


060309 名須川町

3月9日(木)はれ


また名須川町。吉祥寺の裏手の墓地。
細長く用水路が伸びる。小さな橋が町と町を結ぶ。
たぶんこいつは中津川はたどりつくはずだが、最近そんな興味は薄れている。

ひとつの区切りがやってきた。
涙を流すとか、ココロあらたにとかではない小さな区切りだけど。
そして新しいことがやってくる。

卒業も入試もなくなった暮らしの中で、
どこかで区切りをつける場合、それはかなり命がけになるのかもしれない。
飛び降りてみれば、あっけないことも多々あるのだけど。
たいていのことで命まで奪われることはないのは知っているつもりでも
春はまた僕を少し臆病にさせる。

060309haduki.jpg

アパート名の研究。少し始める。
名須川町で見つけた「葉月荘」。今となっては古典的。
葉月は八月。知っているようで曖昧なことが調べてはっきりとする。
たとえ、わけのわからぬ名前でも意味や思いは込められているのだろう。
アパート名研究の効用はおそらく、どうでもいい知識が増えることにあると仮説を立てる。

○今日みたアパート名(名須川町~本町通あたり)
Green Village、名須川ヒルズC、パレ名須川、コーポ菊池、ブランメル名須川
フラワーハイツ、Jugend Heim盛岡→若い家?

○県立高校に副校長を導入へ
○柳村滝沢村村長 4選出馬をしないことを表明
○県国際交流プラザ(大沢川原)を売却へ
→今月末で閉館とのこと。かわりにアイーナに国際交流センター
○1人あたりの老人医療費 岩手県 67万4千円(全国で43位)
○本宮字熊堂にカラオケ合衆国盛岡店オープン

060308 南大通二丁目

3月8日(水)はれ


基本的には「何にもなし」な日だった。
たまには、一日にひとつくらい何かを得て眠りにつこうなんて殊勝なことも考えるけど
それほど人間はできていなかったりする。

南大通二丁目と三丁目の境目。サウスヒルズの裏手からもりおかの町。
木製の電柱の向こう側。
マンション多賀。盛岡マンション界では先駆的なんだろうか。懐かしさの雰囲気すら。
サーパス南大通。立地場所の割には、あんまり目立たないような。結構でかいのだが。
きんさん酒販。赤い看板はこのあたりを通るたびに目にしているはずだが、普段は何をしているのか知らない。
酒販会社であることは間違いないのだろうが。

また、あおぞらか。先を急ぐ。

060308mansaku.jpg

日報で岩手公園のマンサクが咲いていることを知り、ナマで拝見。
こいつが咲くと、春な気持ちはしてくる。
オンボロカメラでは難しいが、接写で向き合う。
なんとか捉えることができたのが、この一枚。写真は深い。

○盛岡の大型店売り場面積占有率は65%へ(イオン玉山含む)
○岩手のいわゆる1円起業は制度設立以来で103社
→盛岡は45社。全国では36位
○岩手、宮城、和歌山、福岡の統一学力テスト
→岩手は9教科中6教科でトップ。中学2年では数学、英語が最下位
○高校入試2日目 きょうは英語の応答試験と面接
○玉山のアルプス電気跡に大信工業(東京都八王子市)が進出
○大通一丁目の「魚将」は長田町の山の屋系
○滝沢村の岩手看護短期大学4号館が落成(6日)
○メモ 智也、陽樹、椿、康希、春、侑生、勇輝、愛翔、詩華、真歩、大路、洸希、翔瑛、優人、心暖
○大通の藤沢体育堂が改装のため13日~17日まで休業

060307 名須川町

3月7日(火)快晴


スッキリなそら。それでも岩手山は僕のセカイからは遠い。
頂上を建物の隙間や屋上の上からちらりと眺めるだけで、フラストレーション。
なんか間違っているかな自分の暮らし。

数日前の盛岡タイムス「杜陵随想」に「カタカナのアパート名」というコラムがあった。
矢巾町の女性がある日、手帳にアパート名を書き込みながら歩いた。
カタカナ名ばかりであることを嘆き、まず「アミ矢巾」というのに出会い、
最後にはオール漢字が使われている物件に出会って、ホッとするという内容。

アパート名は、前から気になっていたことなので、なるほどと読む。
きょうは名須川町あたりをふらりとして、目につけばその名前を見てみた。
「名須川ハイム」。カタカナと漢字の真ん中あたりで彼女もホッとする物件だろう。

僕は○○荘や名無しアパートに住んできたけど、今はカタカナ名のアパートだ。
正直なところ、意味はわからない。

名前というものは、人間にしろ、地名にしろ、時代を映すものであるから流行はある。
ただいずれにしろ、実は一般教養って大事なんじゃないかなあと考える。
この銭にもならない知識の蓄積が、こういうときににじみ出てくるような気がしてならない。

なんでも響きや字面だけで考えていれば、いつか危ういよなあ。
漢文でも勉強するか・・。

060307nasukawa-komichi.jpg

そんなことを名須川町で考えた。
本町通二丁目北あたりは横と縦の道で区切られたエリア。
成瀬とか、むかで姫の墓とか、吉祥寺なんて微妙に気になるものがある。
雪解けは進み、このあたりの道でも恐れることはない。

岩手公園のマンサクも咲いたらしい。もう間違いはないのだろう。

○3月8日 ホーマックスーパーデポ盛南店
→本宮の大物物件第一弾ってところ
○6日 岩手川の債権者集会が岩手教育会館で 負債総額14億1000万円
→負債のうち一般債権は2億7千万円、金融機関は約10億円
○メモ 莉那、成太郎、那奈美、京華、丈太郎、藍名、朱里、空我、星哉
○IGRの青山駅は3月18日開業
→開業セレモニーには厨中と城西中のブラスバンド登場
○矢巾町広宮沢にグリーンデリカが進出
→ファミマに弁当などを供給

060306 大沢川原三丁目

3月6日(月)くもり時々雨


開運橋から宣教師館あたり。不来方橋が開通すれば、一方通行が解除される。
ほどほどな通行量だったが、これからはどうなることやら。

もう古い建物はすっかり減ってしまった中で孤軍奮闘しているのが
「群馬事務器(株)盛岡営業所」の看板を掲げている建物。
内外レジスター、電子計算機、複写機を取り扱っていたらしい。
ネットで検索すると、同名の会社は群馬県藤岡市にまだあるようだ。
群馬と岩手ってすぐに結びつかないけど、理由があったのだろうな。

060306kosaten.jpg

背丈が半分くらいなったマイアミあたりに出れば、
宣教師館前の交叉点は人間による交通整理。
間に合うのか?って感じだが、主要な設備はすでに配置されている。

060306maiami.jpg

マイアミ解体も進捗が他の物件に比べれば遅いような気もする。
そしてお決まりの建築計画の看板が登場している。
「D' グラフォート開運橋」。このシリーズは川向と同じだっけか。
あんまり高いの建てないように。明治橋を愛するものとして。

○菜園のパブロ跡には、博多ラーメンのお店「一風堂」
→まだ更地。「すみれseptember love」を思い出さずにはいられず
○盛岡市の介護保険料 4月から引き上げ
→第1号保険者の保険料基準額  月額3,676円に(993円アップ)
○上野豆富店(寺の下)は安政年間に今の馬場町で創業。明治17年の大火のあと現地へ
○西松園町内会に第一公民館が完成
○新「久慈市」ができて、県内市町村数は35に

060305 青山四丁目

3月5日(日)くもり


冬期閉鎖中の交通公園。
どこか懐かしさを拭えないのは施設そのものから出てくるものだろうか。
運動公園前の歩道橋は交通公園に直結している。
普段は閉鎖されているようだが、存在意義があるようでこのままだ。
公園内にもプチな歩道橋はあるからなあ。
また疑問増える。聞くしかないか。

そんな場所から青山四丁目の旅を始めた。

060305berufu.jpg

四丁目の南限はベルフ青山あたり。
ゆっくりと公務員宿舎跡地の変貌ぶりも楽しむ。
「しまむら」が移転してくるわけだが、細長い敷地はかつての面影はない。
グレイのシートが周囲や建物を囲んでよく見えない。

ここから北は住宅地で、北高へ続く道あたりまでそんな感じだ。
そしてケーズデンキ、ニットーがあるエリア。
運動公園が見えてくれば、そこが北限。
木賊川から南が青山四丁目であることは、あまり知られていないのではないだろうか。

060305aoyama4.jpg

個人的に気に入っているのは、岩手県体育協会から南、東京インテリアの裏側あたり。
電柱を見ていると「県庁住宅」の文字が見える。
県庁の人の団地だったのだろうか。緑が丘あたりにもそんなのがあった気がする。

それこそ家しかないのだが、ほど良い古さの町になっていて面白い。
特に東京インテリアの裏手。

時折、陽射しがのぞく程度だったけど、青山はまじめに考察すると深いよ。
デジカメも入院から復活。

○運動公園内の木賊川は災害復旧工事中
→これを機会に親水公園っぽくなるようです。平成18年3月完成予定
○アークスクエア金宝堂完成
→3階から8階は賃貸マンション18室
○盛岡的住居表示 館向町、東安庭二丁目
http://iwatelife.ashigaru.jp/index.html

城東中出身(特に昭和55年度卒)の方へ

060304 桜山神社前

3月4日(土)はれのちくもり


休みなのに晴れて仕事だと、つらいです。
空を眺めてはためいきをつく。

桜山神社前の古ぼけたアーケードで自転車が休息。
ここらへん、たまにあれなんていうヤツが停まっていたりします。

きょうは「クドウ料理」の謎を解きました。
聞いてみれば、あっけないものですが、聞いてみなければ、わからない。
うーん、いろんなことに通じるなあ。
ささいな勇気を出すことが「毎日」かもしれません。

(正食普及会のロシアクッキー)
060304roshian.jpg

きのうは飲んでしまったせいで、食べ損ねたロシアクッキーに挑戦。

「うっ!硬い」。
100%ライ麦パンといい、正食の道は厳しい・・。
口の中で噛み砕いているうちに、人気の秘密がわかるような味がしてくる。
そんな複雑な経路をたどるモノでした。
普段、柔らかいものばかり食べているのだなという反省も少々。

○河南中が統合した学校の校歌を復元
060304kanan.jpg

河南中学校の1年生が、総合的な学習の時間を使って、自分の学校の歴史を学んだようです。
そして、統合した学校の校歌を復元。CDにもしたとのこと。
砂子沢小中、根田茂小中、簗川小中、川目中、不来方中、河南中が収録。
幻の「不来方中」の校歌は聞いてみたいものです。
ただポスターを見てみると、「中野中」「大慈寺中」というのがあり、
2つの学校の校歌は見つからなかったようです。在校したことがある方は情報提供を。

○1月の有効求人倍率は0.74倍
○駅前通のRistoro金宝堂は、3月9日リニューアルオープン
○できちゃった婚で生まれた第一子の比率 岩手は全国第3位
統計的には「都道府県別にみた結婚期間が妊娠期間より短い出生の嫡出第1子出生に占める割合」。
沖縄、佐賀についで33.4%で第3位。ちなみに低いのは滋賀、神奈川、兵庫。
<厚生労働省 人口動態統計特殊調査より>
こちらへ

○「クランズスクエア」だったんですね。「グランズスクエア」と思ってました。
→三戸町に作っていたクランズスクエア盛岡アーバンレジテンスが完成した模様
○県内新規高卒予定者就職内定率(1月末)82.1%(前年同期比4.8%増)

060303 市立武道館

3月3日(金)晴れとか雪少々とか


金曜日。正食普及会を思い出し足を伸ばす。
ロシアなんだかの発売日だったよなあ・・なんて。
行ってみると、今焼いているとのことだった。予約が多いらしい。
慎ましく1つ(5枚入り)を頼んで、お店を出る。

住吉町の小道に入ると、市立武道館が裏側からスッキリと見えた。
ちょうど空き地になっていて、建物の様子がわかる。
二高側からだと、よくわからんふうにしか見えないけれども、こっち側はいいかも。

武道と分類されるものとは縁遠く生きてきた。高校のときの授業で柔道をやったくらい。
でも、あのとき覚えた受け身は、今年の冬も役に立った。
上手に「転ぶ」って大事だよなあ。

弓道は密かに憧れている。生まれ変わったらでいいから、あの弓を手にしてみたいな。

060303jyonan.jpg

武道館裏手の道はやがて二手に分かれ、車はつらそうな道へ。
そして城南小学校へ出る。

ここまで来れば、城南のそらを確かめずにはいられない。
二高の新校舎でどうなることやらと思ったが、このとおりあまり変わらない。
細かいことを言えば避雷針が見えるようになった。
目を細めれば気にするほどではないだろう。

○本町あたり
060303honcho.jpg

→昔は宅急便の基地だったような気がするが、チーズとワインのお店があることに気づく。
この並びを見ると、「すあま」食べたくなる。

○岩手大学が講座制を廃止し、学系を検討
→「助教授」ってなくなるんだあ・・。「准教授」になるそうです
○盛岡市役所職員7人が3日間の民間企業研修
○第22回「平和の日」いわての集い
→宮沢りえは見たかったけど、仕事(泣)。
○盛岡駅のキリンシティはジャスターの経営
○メモ 拓飛
○旧JA飯岡中央店が、あすなろ園の加工販売所へ。オープンは4月17日予定
○いさごだの制服取り扱い(中学校編)
河南中、黒石野中、松園中を除く旧市内中学校と飯岡、見前、見前南、滝沢、滝沢第二、滝沢南(女子)
→河南中の皆さんはどこで買うのかすごく気になりました

060302 不来方町

3月2日(木)くもり時々晴れ&ゆき


すぐに朝。容赦ないね。
微妙に緩んでいる道をなるべく濡れないようにかきわけて歩いて行った。

医大の裏手は不来方町。たぶん医大が支えている町。
大陸飯店の看板を見れば、あの頃を思い出し、そのときの人たちの顔が浮かぶ。
今でも逢う人、途切れてしまった人、二度と逢うことのない人、逢いたい人。

医大の前で突き当たって、通り抜けの話を思い出す。果敢に挑戦(笑)。
構内でそらを見上げると、「詰まっているなあ」という印象。
すぐにスロープがあって、納入業者の車が並ぶ。

底辺には、やっぱり喫煙所。椅子は2台。あとは立ち喫煙。
記念に一服。

そして、数日前に反対側が見ていた景色をたどる。
スロープの向こう側には希望のあおぞら?。
まあ、そんなつまらないことばかりしている。
でも、使えるなこの道。

060302atago.jpg

下小路中あたり。それなりに歩くところだ。
医師会附属の准看護学院の黒っぽい制服が行き交う。このへんらしい光景。
ゴルフの練習場があったのは昔話。あの世へ行くための巨大な施設ができている。

いつも目に留まるのは同じモノ。
カワムラ洋傘の看板、愛宕パンション、市役所分庁舎、下小路中生徒会のテーマ。

(今月の大慈寺児童センター)
060302daijiji.jpg

啓蟄ってやつですかね。ここでもコンニチハとサヨナラが予定されているようです。

○「游悠」が100号
→創刊は1998年4月。フリーペーパーでは古い方です。
○紫波町は星山小学校を建て替えへ
○女性専用フィットネスクラブ「カーブス」が盛岡にオープン予定
○メモ 梨乃、瞳、咲良、来輝、桃花、悠太
○岩手川の債権者集会は3月6日
○盛岡と玉山の社会福祉協議会が3月1日合併
○選抜高校野球大会の開閉会式司会に盛岡二高の生徒が選ばれる。

Template Designed by DW99