060930 北松園二丁目

9月30日(土)だいたい晴れ
060930kitamatusho.jpg

サンタウンまわりの接続もまずまずで、1時間弱で北松園に降り立つ。
北松園の街路樹はすっかり秋色になっていて、季節が町中よりも早く進んでいる。
予報はまずまず的中して、やがて晴れた。

060930tennis.jpg

サンタウンの太陽通りから南側が一丁目。
その奥に緑の里近隣公園があって、隣接してテニスコート(ここは東松園三丁目)。
それなりの稼働率に見受けられたが、売地の看板が掲げられている。
どうなることやら。

060930kitamatu3-osmon.jpg

北松園小学校とユニバースがあるのが二丁目。四丁目とともに中心的存在。
サンタウンの事務所が民間会社の事務所に衣替えしていることを知る。

まだ若い感じはするサンタウン。北へ南へ歩いて行く。
やまがら児童公園まで来て、岩手山通りを渡って、三丁目へ。
ここはほぼ住宅ばかりのところ。様々な人生が詰まっているところ。
倒れたコスモスと出逢う。最後だって知ってるかみたいに綺麗に輝いていた。

ノルマは果たしたが、もう少し歩くことにする。
三丁目の南端の階段から東松園三丁目に出る。



サンタウンと比べると、どうしても「年季」が入っていることは否めない。
ニュータウンの老後って、本当にどうなるんだろう。
ファミリーマート(旧キャメルマート)で一息入れて、三丁目を極める。
小鳥沢公園の東と西、そして県営東アパートの北側の3つに分けられるエリア。

だんだん陽が落ちて来る。長い影が伸びる。
この先には松園中学校がある。この夏のハンドボール部の活躍を伝える看板。
やけに青いジャージも見る。なにか行事でもあっただろうか。

060930kita-ap.jpg

もう一度同じ道を戻って、この際だからと東松園四丁目まで攻める。
こっちは半分は県営北アパートだから、比較的楽だろうという算段だったが甘かった。
アパートと宅地は別世界であり、一度メインストリートあたりまで行く必要がある。

宅地部分はポンプ場がメインのアプローチ道路。そして行き止まりになる。
東松園さんかく公園ってのがあって、ここでも人民帽パンダと出逢う。

県営北アパートは広い。高台にあるからか、それとも高層棟があるせいだろうか。
いろんなタイプのアパートが揃っていて、興味深い場所。そのうちじっくり。

060930higashimatu4.jpg

北アパートで日没。まあまあの夕焼け。
晴れた日を松園に捧げるのも、たまにはいいだろう。
これで松園ニュータウンはクリア。

○2005年工業統計調査速報
岩手県の製造品出荷額等は2兆3770億878万円(前年より1.5%減)
○メモ 優利、星奈
○岩手県の2005年度普通会計決算見込み 実質収支は20億円の黒字も前年より14億円の減
○大沢川原の国際交流プラザが売却へ。
○8月の有効求人倍率 0.77倍
○岩手県の性犯罪発生状況(1月~8月)認知件数は28件(28人)被害者の半分は未成年

060929 天神町

9月29日(金)そして晴れ


こんなマルタカもあったのか。
天満宮への道側から正面に見る。自転車がいいアクセント。

案外、真正面から見るコトがない暮らし。
なんだか近くなったり、遠くなったり。揺れたままに九月が終わろうとしている。
角度を変えれば、いろんなコトが見えて来る。盲目に近い気持ちも、また冷静になったり。
受け入れるということってのは、ホント難しい。

060929tenjin.jpg

天神町まで行く。出世の宿・菅原別館あたりからクリーニング店。
岩手銀行加賀野支店の脇を通り抜け、パブテスト教会、天満宮前へ。
住吉町に入って、旧盛短裏から城南小学校に出る。

城南小学校の空は、東端から見ると、例の2つのマンションがそびえ、すっきり感はなくなった。
校舎正面は大丈夫か?と角度を合わせてみる。結果は胸を撫で下ろすというところで落ち着く。

また季節が巡ってきた。十月は好きだけれども、なにかシャッキとしない。

(あれから)
060929otesaki.jpg

大手先のカエルくん。バイト募集してました。

○新しい市火葬場のアクセス道路は国道4号に直結へ
○メモ 優月、萬聖、真咲、優真、詩月、慧・翔
○北上川上流の作況指数は99
○下小路中学校の文化祭は58回目 「進風~響け、虹色のハーモニー~」。明日から2日間

060928 MOSSビル

9月28日(木)早朝は雨だった。そして晴れ


菜園からMOSSビルの裏を見る。
こちら側は防音シートに覆われていて、何も見えないのだけれども
このグレーって意味があるのかしらん。落ち着く色なのか、無難な色なのか。
どこの工事現場でも同じように見えるシートだけど、いろんなメーカーがあるらしい。
MOSSビルのやつは、大阪に本社がある会社の製品のようだ。
いろんな製品がある。知らないことは山のようにあるなって今更ながら。
http://www.kyowa-inc.co.jp/index.html

柳新道側のフェンスにはベルセンターのパートナー社員とアルバイトの募集の貼紙が登場。
もう10月だもんな。

060928saien.jpg

そのまま東へ進み、菜園ヴィレッジのビル。
きょうは普通にいいそらだった。

進みもしないし、後退もしなかった日。そんなのが本当かもしれない。
行く先は前しかないのだけど、留まることはもうちょっとだけ大切にされてもいいと思う。

060928fujisutajio.jpg

ラジオは番組改編の時期。お別れの言葉もちらほらりと流れてくる。
「朝のペパーミントタイム」のパーソナリティーも変わるらしい。10月からは2人体制に。
テレビ岩手の上に移転するFM岩手。スタジオからの眺めはいいのだろうか。

○大通 平出貢金物店跡のビルが姿を見せていた
○多賀アパートにあった「花ごころ」は向中野の八日市場に移転したのですねえ・・・
○大通商店街の49店舗で10月1日から携帯電話での決済可能に
→ドコモの「iD」が使えるようになる
○メモ 瑠渚、美那、優太

060927 鷹匠小路

9月27日(水)雨


雨だったね。
でも弱い時間帯もあった。

肴町のアーケードで多少のウィンドウショッピング。
微妙に買いたいものはあったけれども、財布に手が伸びるまでには至らず。
十三日町、馬町、穀町、大清水小路と来て、鷹匠小路まで来る。
パチンコ店には美空ひばり。最後の大物キャラか。

近くの自転車店にて。支えがあるから生きて行けるなんてこと思う。

060927mumeiso.jpg

ふと見上げれば、無名荘の看板は健在だった。
この前の八幡宮例大祭のとき、い組の山車置き場にかかる横断幕は無名荘の寄贈だった。
無名荘跡地はドラッグストアが建つ。今はツルハ。
成り立つんかいって場所ではある。

060927shimonohashi.jpg

「一身上の都合により」という文字が目に入って来る。
その食堂に近づいてみると「数日、休ませて頂きます」と続いていた。
感覚的にちょっと違和感。

世の中に出てから、一度だけまじめに書いたことがある。
あのときは行き先も考えずに、まあ無謀だった。
この町に住むとはちっとも考えていなかった。もう両手では数えられない昔話になりつつある。

○東北新幹線の青森延伸でIGRピンチ?
→青森県から運輸指令システムの分離を打診されているとこと。約20億円の追加投資が必要
 青い森鉄道からの車両の共通運用も難しくなり、車両の購入も必要になるかもとのこと
○巣子駅と青山駅の利用が当初計画よりも低調
→4月~6月の1日あたり利用者 青山駅 1,376人、巣子駅 640人
○メモ 日陽・大輝、唯愛、凰汰、彩、晴也、明日翔・実來、仁、虹瑚、永和
○新しい総理大臣は安倍宗任の子孫らしい
○岩手県の県税滞納者から差し押さえ物品のインターネット公売結果 約10万5千円
→最低価格の2倍に近い結果

060926 松尾町

9月26日(火)やがて曇り気味


僕と向き合っても逃げ出さない猫と松尾町で出逢う。
慣れているのか、泰然としているのか。僕のことをぢっと見ている。
動かないことは、動くことよりも難しい。そしてあまり評価はされない。
「そのままでいて」なんて言葉はわがままでしかないのだろう。

青空が続いた日々も終わり、雲が多めのもりおか。
気温は高くもなく低くもなく。初夏と同じくらいのベストシーズン。
封印していたオフコースをiPodに突っ込んで聞く。
勝手に孤独に浸る(笑)。

060926rakutenchi.jpg

大通へ足を伸ばす。まあ、そんなに急激に変わりはしない。
気づいてみたら・・なんてのが、変化に気がつくときだろう。
柳新道にあったパーラー楽天地が閉店したことを知る。ネオンなどが取り外されたファザード。
シャッターの隙間からは、パチンコ台が撤去された店内がちらりと見えた。
ここの交叉点。デンコードーも閉店してそのまんま。大丈夫かな?というエリア。

大通を挟んだMOSSビルは確実に作られている。
町中での楽しみといえば、今はこれくらいか。

ケイタイを3年半ぶりに買い替えた。技術の進歩とやらをひしひしと。
今のケイタイにはアンテナがない。ICチップが核で、本体は箱でしかないなど。
もちろんカメラ付きは初めてだったりする。

こんなふうに僕ですら、少しずつ変わっている。

○メモ 栞、凛太、梨杏、空
○盛岡市都市景観賞は藤村工業所(鉈屋町)とアイーナ
→今年から部門別を廃止して、一本化。応募件数は大幅減

060925 富士見橋

9月25日(月)また晴れ


気分が塞いでしまう日は、ついでに晴れていたりなんかしていれば
川に降りて、そらを求める。

与の字橋をくぐり、上の橋をくぐる。
川のスペースがぐいっと広くなる。そこに富士見橋が架かる。
中津川で一番好きな場所はここかもしれないなと思った日。

060925konya.jpg

チサンマンションあたりで下小路に戻る。
気分は少しだけど上向きになる。
でも、気持ちは立て直すものでなくて、また別な方向へ行くだけなのかも。
あれだけあったモチベーションも沈むときがある。
気持ちはそんなふうに長続きはあまりしない。でもどこかでそんな迷信を信じている。

大手先のかほくビル跡。早くも駐車場事務所風の建物が登場。
肴町のルサンクのモデルルームは解体で間違いなし。

○秋季高校野球は盛岡中央が8年ぶり2度目の優勝(24日)
→3位には盛岡大附
○厨川二丁目に建設中だった特別養護老人ホーム「コアトレース厨川」が本日落成
→10月1日開所。三馬橋から杜陵学園へ向かう方にあります

060924 箱清水一丁目

9月24日(日)快晴

晴れた日に行きたくなる場所は・・。
060924midorigaoka2.jpg


上田線に乗って、緑が丘二丁目で下車。
アネックスカワトク裏手あたりに広がる緑が丘二丁目を旅する。
黒石野に残る最後の田んぼも色づいていて、早くも秋は本番か。見逃すな。
坂道を上って行くと、箱清水と繋がっているあたりに出る。
窓をベニヤでふさがれたJTの社宅なんかがある。

このあたりは旧葉たばこ技術センターの北側にあたり、
このあたりから眺められたらなんて・・ずっと思っていた。
でも、敷地に隣接して家が並ぶので、願いはかなわないまま、風景は消えようとしている。

大きな倉庫あたりから道があり、こちらはたどれる。でも畑沿いではないことが残念。

060924hatabako.jpg

葉たばこ技術センターの建物はそのまんまって感じで残っている。
ポストにガムテープが貼られていること、敷地が少し荒れ気味なこと。
そんなあたりから閉鎖されていることがうかがえる。

060924jt.jpg

一度、ジョイスや医大の緑が丘総合グラウンドをぐるっとまわって箱清水一丁目。
ビューとしては、やはりここからが一番。
岩手山があって、箱清水の北あたりの林がずらっと並ぶ。
変わったと言えば、手前の畑。もう荒れて果ててしまっていている。
数年前の東安庭を思い出した。



気持ちを入れ替えて、箱清水の旅。
箱清水一丁目は52番地まである実は大型な町である。
ただし43番地以降はほとんど三田関係の土地らしく、45番地をのぞいて家はない。

風変わりな入口を持つ箱清水北児童公園。
微妙に孤独な箱清水さんかく公園。
長い階段が隔てる町の向こうにある岩手山などに再会する。

そして、箱清水のくねり道。公民館からあーだこーだでたどり着くところ。
道の周りに何か植えてあるのをはじめて見る。豆だということはわかったが・・。
正確な品種はわからない。

060924neneya.jpg

三田の風に吹かれながら、高松四丁目の畑を過ぎて、高松二丁目まで行く。
北大橋から高松の池口のローソンまでが二丁目だから侮れない。
サンマルク跡の寧々家ともちゃんと向き合った。すぐ入ったなあという印象。
川市、ゲオ、東北銀行高松出張所なんての出会ったり離れたりしながら
西から東へ詰めて行く。
ローソンまでやってきたときには、やはりヘロヘロ。疲れた。

060924idai.jpg

北上川の北は地理的条件のせいもあってか、そのままというか広い風景が残っている。
でも、葉たばこ技術センターも医大グラウンドも先行きは怪しい。
このままでいられないのは僕らの運命。
にしても、10年後くらいまでは僕はこのポールの前で「ノーサイド」の歌を心の中で奏でたいのだ。

○緑が丘二丁目・一高の自彊寮に足場。改修か?
○第29回箱清水町民大運動会が10月1日に開催。場所はもちろん医大のグラウンド
○盛岡女子高 生徒410人
○県高校選抜バスケット 男子は盛岡市立が2連覇(23日)

060923 上堂三丁目

9月23日(土)はれ


上空には雲はなし。周辺に雲少々。出かけるしかない。
バスに乗って、氏子橋で下車。上堂を旅する。
国道4号沿いをくだり、ニトリの出来具合と木賊川を見学。
昔の駐車場やバッティングセンタ側に建物が出来る。今のところ川はそのまま。

内部へ入って行くと、分譲地がある。グリーンプロット名前は川見台。
確かに川が近くなるところで、僕はここからの岩手山を結構愛している。

060923kamidokannon.jpg

上堂三丁目はなかなか一筋縄ではいかないところだし、広い。なかなか抜け出せない。
細田さん王国であることを改めて確かめながら、上堂観世音あたりに出る。
入口沿いには新しいアパートが建つ。変わったんだろうな。記憶にない風景。
境内の裏手には公葬地があって、秋分の日だったことを思い出す。
今年は結局墓参りせずに終わる。

060923kamido4-basutei.jpg

上堂三丁目から今度は上堂四丁目へ。
ようやくまとまって北に伸びる国道沿いに町はできている。
カローラとかもロゴを変えたのか・・なんて思いつつ、行ったり来たり。
蛇の島入口にも立つが、犬の声に怯え、今回はパス。
ヤクルトの工場の先に岩手日報の紙倉庫があることを知ったのが収穫か?

画像は上堂四丁目バス停の待合室。安倍館バス停待合室なき現在。
市内では貴重な物件ではないか。ただし座るところはない。

060923kamido4-kutu.jpg

上堂馬ッコ公園あたりだったと思う。洗いざらしの靴と出会う。
もうその季節は過ぎた。でもやってくる季節はある。
そのときに出そうとした答えはやっぱり答えでなくて、そのまま抱えている。
同じふうにはできないけれども、それなりに蓄えた経験できっと前よりは上手にできる。
大人になることはたぶんそういうことなんだと思う。
もっと大人になりたい。

060923shinka-soko.jpg

線路をくぐって、みたけ二丁目。
消費都市・盛岡の工業出荷額を支える数少ない企業JTがある町。
工場の北側あたりに新化食品の倉庫がある。オンボロな風情がよかったが、壁を補強していた。
見た目は綺麗に。というか使われていたのか・・。
この先にあるガーデンセンターサンQハウス盛岡店は10月15日で閉店。
だが、2号店を北上に来春出店らしい。文章に矛盾あり?

再び、国道4号に戻って、運動公園北口からバスに乗る。
なかなか寂しいバス停。見たことある人ならわかるでしょう。

○10月1日から岩手県でも地上デジタル放送スタート
テレビ岩手 4、岩手放送 6、岩手朝日テレビ 5、岩手めんこいテレビ 8
○メモ ななみ、優斗、梨公、祐太朗、和樹
○アイーナのエレベーター2基に不具合発生。うち1基は展望用エレベーター(21日)
○2005年度の岩手県の指導力不足教員は5人(過去最多)
○盛岡市東京事務所が来年度から岩手県東京事務所の旧宿泊棟へ移転

060922 南大通

9月22日(金)はれ


何もかも嫌になりそうな朝だったけれども、やがて気持ちは立ち直った。
オレの場合、なんとかなることに、もっと自信をもっていいのかもと思った。
考え過ぎても、世の中は動かない。

タイムスによれば、南大通の多賀アパートが解体へとのニュース。
昭和32年~33年に建てられた当時としては画期的な高層アパートだったらしい。
敷地と1階の店舗スペースは地権者で2階以上が盛岡市の所有。
画面左のA棟が来春、画面右のB棟が2008年1月に地上権設定の期限になるとのこと。

060922minamiodori2.jpg

古いアパートだよなとは思っていたけれども、近頃のアパートにはない匂いは好きだった。
たぶん騒がれもせず静かに消えて行くことだろう。
こういうのこそ残してみると、後年おもしろいことになると思うのだが、マイナな考えか。
どのように解体するかは結論は出ていないみたい。
騒ぎもせず、黙って見送ってあげたいと思う。

060922muika.jpg

某不動産会社のチラシより。さてここはどこでしょう?
「盛岡中心街までは徒歩圏内。すぐそばのバス停は各方面行きのバスの基点。しかも国道4号線に隣接していて通勤・ショッピングや郊外への行楽も便利。この最高の立地にして都市の喧噪は届かない、静かで暮らしやすい街です。」

答えは鉈屋町にできる「フローラルアベニュー大慈清水」ですが、微妙にしっくり来ないんですよねえ。
あのへんにバスの基点なんてあったっけ?
4棟販売するようです。お金があったら、まじめに考えても良いかな・・。
値段はまだわかりません。

ちなみに一番大きいコピーは「人間にとって大事な何かが残っている。」でした。

○小岩井の一本桜に駐車場整備へ。普通車20台、大型バス3台分
○メモ 悠尚、織恩、朱梨、賢汰、竜司
○六日町の十一屋の後ろで杉山組が「パークサイドテラス」を建設中

060921 盛岡聖公会

9月21日(木)快晴


「登りたい!」なんて思わせてくれたのが、盛岡聖公会の建物についている梯子。
たぶん見晴らしはきかないとは思うけれども、屋上に何かあるのかしらん。

060921sakuragishomae.jpg

佐々木電機で10年ぶりにミステリー映画祭のチケットを買って、大通を突き抜ける。
白崎時計店のビルでやっているチャレンジショップの行方をやや心配しながら・・。

アーケードを抜けると開放感がある空が広がる。また秋晴れだ。
歩道橋までやってきたので、桜城小学校方面へ抜けることにする。
うーん、なんか今までと違うと思ったら、歩道橋にネットがつけられている。
あやふやな記憶だが、ちょっと前までは道路に面したところには何にもなかったはず。
やっぱし小学生向けの安全対策なんだろうか?

新築地、桜城小学校脇を通って、盛岡聖公会というのがきょうの散歩ルート。
附属の仁王幼稚園は「こひつじのひ」だった。

(きょうの発見)
060921wakoji.jpg

我らが上小路からも岩手山が見える!てっぺんちらりだけど、嬉しかった。

○自民党総裁選挙(岩手県の結果) 投票率 50.56%
安倍氏 4,436票、麻生氏 2,118票、谷垣氏 642票
→党員算定票は 安倍氏4、麻生氏1

○公衆浴場料金の上限額が改定へ
大人 350円→390円、中人 100円→150円、小人 70円で据え置き
実測調査では1施設1日あたりの入浴者数 47.6人、1ヶ月あたりの収入額 33万4,089円
大人の改定は8年ぶり、中人は21年ぶり

○メモ 凛、ここみ、創太、美姫、朔、真優、勇樹
○滝沢の室小路土地区画整理組合が都市計画道路の未整備区間の直接施行着手(20日)
○上田のセルフにて レギュラー 130円
○盛岡信用金庫の南支店・うかい支店が近隣の支店に統合へ
○岩手大学の教員組織が来年度から「講座制」から「学系」に再編へ
○中央通のライト写真館前の駐車場 3台分が北日本銀行のお客様用に

060920 上堂四丁目

9月20日(水)快晴へ


やがて綺麗なあおぞらに。

東京や仙台へ行くと、異様に目立つのがドコモのビル。盛岡のはこんな感じ。
大きな普通のビルに大きな鉄塔がのっかっている。
ランドマークにいまひとつなりきれないような存在感。
周辺から見ると、目には入ってくるのだけれども。

060920staitonpark.jpg

ドコモのビル南側にはローソン、洋服の青山、ガスト、TSUTAYA、パロがある。
この場所を「STATION PARK」と呼ぶことを初めて知る。
上堂の交叉点を過ぎて、すぐの場所だから寄ることはあまりないが
盛岡の東にもこんなのがあっても悪くはない。

国道4号を走っていての雑感。
・高松になるのか、昔のアルペンが解体している模様
・東大橋そばにあったサンマルク跡には「寧々屋」
・ニトリはまだ鉄骨状態
・前のレッドバロンあたりが幸楽苑になるのだろうか?

そのまま北へ。西根から松尾あたり。
ごつい岩手山との旅。秋のやや強い風に吹かれながら。

○秋季高校野球ベスト4は盛岡大附、花巻東、盛岡中央、専大北上
→江南義塾盛岡は盛岡大附に1-2。惜しかった
○久保学園がやよい幼稚園などを新しい学校法人コアトレースに移管へ
→新法人は幼稚園と菜園調理師専門学校、盛岡社会福祉専門学校を運営へ
○岩手川問題 鉈屋町側は民間事業者との連携による保存へ
→盛岡市が市議会に伝える。仙北町側は難しい様子
○メモ 咲絢、愛菜、大・真凛

060919 ル・サンク上の橋

9月19日(火)曇りときどき晴れ


台風が運んできた南の国の空気を嗅ぎながら、上の橋を渡る。
予報よりは暑くないとは思ったけれども、汗はかいた。

第一勧業銀行跡にできたル・サンク上の橋とプロスペールのぞみの間に立つ。
隙間に流れるそらに惚れたりする。
この2つの建物の間に流れる感情はどんなものなんだろうか。
部外者はいろいろと邪推する。

争っていも平和がぽっこりとあったりするし、平和そうに見えて深刻な溝があったりもする。

中の橋通にあったル・サンクのマンションギャラリーは9月12日で役割を終えた様子。
今後は建物内に販売窓口。とりあえずファザードは撤去されている。
また駐車場に戻るかはわからない。

060919uchikagano.jpg

上の画像は内加賀野あたり。ここから若園町経由で上の橋。そして四ツ家まで。
我ながらよく歩いた。四ツ家の本屋で探していたものをようやく見つける。
今更ながら、ハンカチ王子について学んだ。

(きょうの定休日)
060919tokoshoten.jpg

上の橋際。昔の紙町にある東光書店。きょうがお休みの様子。
持って行かれても良いのかな?とやや心配の銀色の布に覆われた本棚2つ。

○2006年度地価調査(7月1日現在)
住宅地は6年連続、商業地は13年連続の下落。下落幅はわずかに縮小
→商業地の1位は「盛岡市盛岡駅前通8-17(小岩井・明治安田ビル)」406,000円
→住宅地の変動率マイナスの1位は「西松園四丁目12の3」。▲10.7%

○栃乃花が年寄株「二十山」を取得
→岩手県出身力士としては、若ノ海以来
○北東北大学野球秋季リーグで岩手大学が3位
○グルージャ盛岡の筆頭スポンサーが経営難のため賛助会員から除外

060918 大通

9月18日(月)雨又はくもり


午後になってから、大通へ出かける。
お目当ての本がちゃんとあった、さわや書店。あんたは偉い!
そんな地価が一番高いと言われるところから、イオン後の大通を眺める。
雨だったし、連休の終わりだしという条件はありにせよ。
人の密度という点では、やはり寂しさは否めない。

吉野家の牛丼復活祭の日でもあった。まだやっていたので、並をひとつ。
記念品ももらう。肉の盛りがいつもより少なかったような気もするが、慣れ親しんだ味だった。
特に行列もしなくてもOKだった。これも時間帯のせいだといいのだが。

チャレンジショップを入口からのぞけば、奥の方で白崎時計店がまだ営業している。
完全に売りつくすまでがんばるのだろうか・・。

060918moss.jpg

MOSSビルの鉄骨はほぼ組み終わった様子。
フェンスには12月9日のオープンをつげるロゴや店舗の案内が登場。
ここができれば、また人の流れは多少変わるのかもしれない。

この連休は天気が悪かった。
そのかわり、たくさん本を読めたし、体も休めることが出来た。
雨も悪くなしというところ。

(プチ定点観測 上小路)
060918wakoji.jpg

ちょっと前からなんですが、敷地の一角。ゴミ捨て場がある道が拡幅されています。
近隣への配慮なのかしらん。跡地については未だにどうなるか看板類はなし。

○天皇杯サッカー 岩手大学0-2高知大学 県勢は17連敗(17日)
○秋季高校野球は順延 江南義塾盛岡がベスト8で頑張っています

060917 イオン盛岡南SC

9月17日(日)ほぼ曇りで雨ぱらり

空模様を検討した結果、某所へ行くことは断念。また来年。



そのかわりと言ってはなんだが、自転車にてイオン盛岡南SC見学へ。
ヤマダ電機あたりから人が集まりだし、歩道も賑わっている。さすが。
車の渋滞は臨時駐車場もあったせいか、それほどとは見受けられなかった。
自転車も臨時駐車のスペースが設けられており、「入っている」のはわかった。
建物は、イオンらしいというか。イオンそのもの。

060917yuinoichi.jpg

サティ側から入って、くの字型の建物の内部を眺める。
前潟で慣れたせいか、大きさという面ではそれほどの衝撃は受けず。
ただ人はいる。盛岡にこんなにいたんかい・・みたいな。

ほどなく「結いの市」の入口に。
遠野ふるさと公社のブースに行って、暮坪かぶ&やまめの一夜干しを購入。
懐かしい食材だ。産直の野菜もあって、プチ風の丘といったところだろうか。
遠野まで行かなくても、本宮で買えるとは便利になったものだ。

060917ion.jpg

専門店街もふらついてみる。
微妙にマーケティングから外れているだろう30代独身男に居場所はあまりない(笑)。
3階のキッズプラザでガチャピンのメモを購入し、反対側に位置する東山堂へ。

東山堂は想像していたよりは広さは感じられなかった。
新書にビニールの帯が巻いてあるのが、個人的には興ざめ。
ジュンクに期待。

ただし、ここは建物の真ん中にあたるようで、市立病院方面を眺めることができる。
晴れた日はなかなかの風景かも。岩手山もいい位置にあった。

こうして思うに、単純に新しい商店街が本宮というところにできただけなのかなと。
それがたまたま1つの建物にまとまっているだけのこと。
ただし、交通手段の変化には的確に対応していて、駐車場は無料。
車をどこに止めるか心配しながら行くのでは、心理的に大きな差がある。

周辺の開発もとどまるところも知らない。商業の重心はこちらに移っている。
あとは基本的な公共施設(役所とか)が来れば・・決定的だが、そこは難しいようす。
しばらくは、ゆいとぴあ盛南時代か。

060917maiyaguran.jpg

イオンに行く前に西仙北を通ったので、愛しの岩手銀行グラウンド跡へ。
マイヤグランは5つの建物がすでにできている。
新幹線沿いに4つ。岩手銀行社宅側に1つ。さらにもう1つ建物ができそう。
マイヤとマツモトキヨシは看板までできていた。フィットネスクラブはまだシートに覆われている。
駐車場は未整備だったが、来月中にはそれなりの姿になっていると思われる。

(プチ定点観測 フローラルアベニュー大慈清水)
060917nataya.jpg

先日、言及した鉈屋町の広大な空地。ダイワハウスのフェンスが敷地を囲みました。
「鉈屋町」より「大慈清水」のほうがイメージがいいんすかねえ・・。

○盛岡八幡宮流鏑馬 3人射手奉行 27本中17本が命中
○ベアレン醸造所が「岩手の小麦のビール」を発売。7,000本の限定生産
○盛岡市清水町で22歳男性が同居の18歳女性を絞殺で逮捕(16日)

060916 湯沢団地

9月16日(土)くもり一時雨


飯岡線というバスに乗れば、湯沢団地へ行ける。
調べてみると、他にも路線はあって、本数が思ったよりあるなという印象。
仙北町の交叉点から向中野に入り、スコーレ高校前から飯岡の筋へ。
羽場小学校あたりはr13を走り、そして岡田前を経由し、湯沢団地に入る。
降りた客は3人。土曜日の昼間だから、こんなものか。
唯一といっていいショッピング施設であるAコープは健在だった。
さて、どこへ行こうか?

060916yuzawa-suberidai.jpg

湯沢東から攻める。ここは中央公園、岩手銀行の出張所、県営アパートなどがある。
公園を含んだところが一丁目。大きな池と野球場がある。
団地にしては穏やかな坂道を下って行くと、湯沢団地の入口に出る。
野球場あたりからの長い滑り台の終わりがここである。

別な道を選ぶと県営住宅だ。5階建てと2階建ての複合タイプ。
住所的には湯沢東三丁目。久々の雀神社も文字にも惹かれるが、他にやることがある。

060916yuzawanishi-ki.jpg

公園の東側の湯沢東二丁目をクリアし、今度は湯沢西。
こちらは横長に三段重ねで三丁目まで。
着実に淡々と歩いて行く。稲荷街道に向かって斜めになっていることがわかる。
それなりの運動にはなりそうだ。
ちょっと荒れ気味の遊歩道。個人的にはこれが湯沢的風景。

060916yuzawanishi-kaidan.jpg

稲荷街道沿いも好きな場所で、
湯沢西の端から見れば、ぐいっと下がって湯沢南方面へ道が伸びる。
その曲線が見ていてなんとも心地よいのである。黄金律に近いものがあるかも。
街道へ接続する階段たちも美しいヤツが揃っている。
ややくたびれたときに出る美しさである。

060916ushiroshima--minami.jpg

湯沢南で雨が降り出す。
後島南幼児公園で出会ったベンチ。もちろん誰もいない。
煙草を吸いながら、とりとめもない未来のことを少し考える。

傘は要らないくらいの降りに戻り、「こなす」という感じで歩いた。
再びAコープ前に出たときは、ちょっとホッとしたりなんかして。

地図で想像してよりは小さい団地だった。
松園の町名ひとつ分くらいだろうか(例えば「北松園」「東松園」とか。)

帰りのバスも思ったほど待たずに済んだ。
同じ飯岡線だったが、仙北町駅西口を経由するレアな路線。
しかし、疲れて眠って、駅で降りた風景をうっすらと覚えている程度になってしまった。

○メモ 麻央、暖人、雛子、空樂、優菜、胡柚、真太郎
○岩手公園愛称に関するアンケート採集結果 674件
→「盛岡城跡公園」33.5%、「盛岡お城跡公園」21.5%、「反対」29.2%、「別名称提案」6.1%、「その他」9.6%

30万アクセス御礼

おかげさまで、イワテライフ日記(ブログ版)が30万アクセスを到達しました。
9月15日という盛岡に因縁深い日にたどり着いたのも、感慨深いものがあります。
御礼と言っては何ですが、昔のイワテライフ日記を連休中に公開します。
イオンもサーパスもなかった頃(1999年~2002年春)の盛岡です。
お暇なときにどうぞ。平成18年9月18日までの公開です。

http://members.at.infoseek.co.jp/tonolife/fukanzen-iwatelife/index.html

※画像表示の不具合はほぼ修正しました(2006.9.16)
※公開終了しました(2006.9.18)

060915 東大通

9月15日(金)はれ


程よい大きさの雲と戯れることが出来る日でした。
ほんとの例大祭の日は晴れるものなんでしょうかねえ。

イオン盛岡南はグランドオープンの日。
情報ではめちゃくちゃ混んでいるという感じではなかったとのこと。
・先着粗品 たち吉「めでた尽くし小皿・宝船」
・大宮神楽、お組の音頭上げ、大宮さんさ踊り、ふじみ幼稚園のさんさ踊りなど
・清心のミニライブ
なんつうのがオープニングのイベントであったようです。

060915ohori.jpg

雲に誘われつつ、あちこち徘徊。
岩手公園のお堀には「いしがき文化祭」の看板が浮かんでいました。
こういうやり方もあるんだなあ・・。やっぱり目がいきます。
仕掛人はここの向かいにやってきた帽子店の店長さんらしいですが
新しい人材が出てきたって感じですね。

060915iwatekoen.jpg

きょうは、100周年の記念式典が行われるというので、岩手公園の中へ。
多目的広場にはステージが設置されていて、たくさんの折りたたみ椅子が並んでいました。
記念しているのに、名前を変えるというのは『?』ですけど
「盛岡城跡公園」という愛称が市長から発表されたようです。

いずれにしても、ブランドというものは名前ではなく、中身からついてくるもの。
そこがわかっていれば、名前を変えるのもひとつの起爆剤としては「あり」かもしれません。

夜は1年に1度会う人たちとの飲み会。
インフォーマルな繋がりも大事だなあってことで。

○大手先の「かほくビル」はほぼ姿を消す
○メモ 美優、飛由、清乃、玲奈、美玖、美?、乃希、穂香
○簗川道路の9号橋の連結式
→県内初のエクストラドーズド橋とのこと。供用開始予定は2010年度末
○中川町の誕生は明治24年とのこと
→町内会で町史を発行。町内会名で中川町は残るようです
○岩手県の100歳以上の高齢者は269人(昨年より5人減)
→最高齢は一関市の女性で108歳、男性は106歳で紫波町にいらっしゃるようです

060914 開運橋通

9月14日(木)くもり


気持ちにも停滞前線。探してみても光が見つからない。
開運橋通で出会ったヤツ。ちょっと慰められる。

「ハチミツとクローバー」の最終巻を読んだ。
主人公のひとりである彼は盛岡へ旅立つ。岩手で何を修復したのだろうか。
途中はあまり読めなかったけれども、ラストはしっくりと来た。
「気持ち」はいつか自分の中でいつか消化できる。身を以て知っているから。

060914hachiman.jpg

八幡宮の例大祭が始まって、山車の音が町に響く。
夜、山車3台が八幡宮の通りにいた。せっかくだからパチリ。

こうして外部者として見ると、山車って面白くもなんともないんだけれども
参加しているとめちゃくちゃ楽しいんだよなあ。あれは幸せな日々だったよ。ホント。
夜店が埋め尽くす境内もパスして、先を急ぐ。

(プチ定点観測 MOSSビル)
060914moss.jpg

柳新道のMOSSビル。ここまでの高さかなという感じしょうか。
関係はありませんが、吉野家は18日に1日限りで牛丼復活祭です。

○日影門入口、ライト写真館前の駐車場が新しく整備中
○県北バスの「盛岡南営業所」行きバスをはじめて見る
→西口&イオン盛岡南経由
○岩手県の来春卒業予定の高校生求人倍率 0.42倍(全国は1.14倍)
○ハンドボール女子の日本代表に長野選手(松園中出身)
○16日・17日「いしがき文化祭」
○岩手日報によれば、「盛岡城跡公園」で新名称が決定へ
○南昌荘に高野槇あります
○メモ 大河、優芽
○岩手県の高校中退者数 521人(前年比 44人増)

060913 肴町

9月13日(水)はれのちくもり


朝はあおぞらで、良いこともあった。
そらは昼までは持たず、曇り空へ向かっていた。
不規則なコースをたどって、やがて肴町。昔、角屋ホテルがあったあたりのマイナな肴町。
門柱に孤独に置かれている木製の牛乳箱とのひととき。

060913rimando.jpg

十三日町の筋に出て、リマンドあたり。1階ってこんなんだっけ?
駐車場の募集の貼紙。1分前のことすら覚えていられないこの頃。
ネジがどこか緩んでいる。

060913umamachi.jpg

無性に馬町に行きたかったので、ここまで無理矢理やってきた。
岩手山久しぶりに見る。てっぺんちょっぴりだけだったけど。
盛岡に住んでいるのなら、ちゃんと見えるところに住もうか。
少なくとも、通勤の途中にきちんと見える場所を通るところにするべきなんだろうか。
まあ、そんなどうでもいいことを考える。

デザインという言葉を今まで誤解していた。
印刷物とかを綺麗に仕上げることだと思っていたけど、もっと意味は広いらしい。
人生も暮らしも仕事もデザインができるという。
体もデザインができる。見た目は自分の頭の中のデザインの結果。

鉈屋町の大慈清水近くにできた広い空地に大和ハウスの幟。
マンションか?と思って、近づいてみると「フローラルアベニュー大慈清水」の文字。
どうやら分譲地のシリーズの名前らしい。さすがにここには建てないか。
道路沿いに町家風の家でも建てたら、たいしたものだがどうなることやら。

○サンビル2階に「法テラス」が10月2日から開設
○今年の山車
・八幡町い組 碁盤忠信
・鉈屋町め組 義経弓流し
・お組 熊谷陣屋
・の組 狐忠信
・盛岡観光コンベンション協会 助六
・や組 国姓爺合戦和藤内「紅流し」
・盛山会さ組 暫「鎌倉権五郎景政」
・二番組 早川鮎之介
○メモ 奈緒子、梨帆、綴里、奏夢、結、俊、春、悠惺、一花
○上太田の大屋敷稲荷神社にキツネの石像が建立
○まつばや ケーキセット 525円、ケーキフェスタ 1,365円(税込み)
○盛岡の人口 300,178人(8月1日現在 前月比 28人増)

060912 菜園のスクランブル

9月12日(火)くもり


イオン盛岡南が事実上スタートした日。
菜園のスクランブル交叉点に立つ僕。
長らく空いていたビルの広告スペースはアパマンショップが看板を設置していた。

噂やニュースではさぞかし賑わっていたようで、興味はある。
でも初日から並んでまでも行く気はなかった。
こういうのを好奇心というのだろうか。だとしたら失せているのは今の僕。
並ぶのは嫌。まあ、わがままな人生だ。そのうち歩いて行こうかと思っているけど。

060912sakanacho.jpg

夜7時過ぎの肴町アーケード。いつもこんな感じだと思う。
イオン盛岡南テナント会の会長は東山堂さんとのこと。競争は激しい。
八幡宮の例大祭も安全祈願祭が行われた。商店街にも提灯が並ぶ。

商売の中心というのは、時代を経れば移り変わって行く。
水運が盛んだった頃は河南が賑やかで、鉄道ができて重心が変わった。
車の時代になって今がある訳で、時代の必然である。
そのまま復活というのはあり得ない。
復活に見えるとすれば、また別の道をきちんと選んでいるということではないだろうか。

こうして四半世紀生きていれば、サービスの変化はそれなりに感じている。
百貨店に行くことがステータスだった時代、町中のスーパーマーケットがおしゃれだった時代。
そんなのが今はイオンであることに過ぎないこと。

時代は動いて、僕らはまた新しいサービスを求める。
すでにそれを探している人たちはたくさんいる。
やっぱりインターネットが変えるのだろうか。
もっとパーソナルで個別で細かくて、そんなサービス提供方法が主流になるではないか。
配達なんかは復活の兆しがあるという。

「イオン後」あたりまでは寿命は残っていそうだ。そのときを楽しみに。
もしかして「どこでもドア」ができているかもしれないし。

いや待て。おまえの場合、現在を生きろ。明日はない。
そんな神の声も多少聞こえたりするが・・。

○地方公務員の削減目標 岩手県は2010年4月までに1,579人。削減率 6.0%
→岩手県職員は26,379人(2005年4月現在)いるそうな
○高校野球秋季大会出場校(盛岡地区)
→盛岡大附、盛岡四、盛岡中央、盛岡工、江南義塾盛岡
○メモ 知子、深紅

060911 三戸町

9月11日(月)くもり


どこか冴えない空模様。誰かさんと同じでどっちつかず。
秘かに9月15日前後の天気はあんまり良くない。
かの地のまつりも雨に降られるのだろうか。

四ツ家のクリーニング店跡には新しい家ができていて
そこからバス通りに入って、上盛岡停車場線へ。
製粉会社の剥げた看板と向き合う。アクディブなんだろうかなんて心配するほど静か。
駅前にはいつも通り平和タクシーが客待ち。
ここでお客様をひろえるのかというのも、自分にとってはちょっと謎。

060911nasukawa.jpg

週末にさぼったぶんだけ、体がたぶつく。
同じくらいの努力で体重が増減すればいいのに。

生きて行くうえではモチベーションは大事。
また新しい場所を目指し、ふりかぶってボールを投げなくてはならない。

○盛岡市の政務調査費 60万円(1人当たりの交付額 年間)
○岩手県の児童数 77,456人(5月1日現在 前年比 ▲1,533人)
→学校数は437校(うち分校は3)前年より10校減
○東北社会人サッカー グルージャ盛岡は連覇を逃すことが確定

060910 ホーマック東仙北店

9月10日(日)くもり→晴れ→集中豪雨→雨


休む。どこへも行かないと決めれば、気も楽になる。
貯まっていた単行本を読み進めては、寝て、読み進めては、寝て。
しあわせな午前中だった。

午後になると、陽射しが強くなり、暑くなって家にいられなくなる。
車に乗って、買い物へでかけることにした。

国道4号沿いのホーマック東仙北店の跡を見学。8月20日で閉店。
本宮にスーパーデポができた時点で、役割は事実上終えていたのだろう。
狭い店だったし、致し方ないところ。
しかしなくなれば、なくなったで困ったもの。
盛岡の東には、あんまりホームセンターないんだよなあ・・。
本宮まで行くのは面倒だし、これから混むだろうし。

中心市街地もさることながら、盛岡の東にも愛を・・と書いておこうか。
とはいっても、まとまった土地がないのが盛岡の東のネック。

060910mirumae-hoikuen.jpg

060910tonan-daini.jpg

そのかわり、ホーマック都南店まで。
東仙北よりは広いかなという印象。ガソリンキングがガオーって感じで敷地内にある。
目的のものは手に入れたが、お風呂用品などもついでに買ってしまう。

周囲をサラッと散策。見前保育園があった。
お店の裏手は第二都南ニュータウンであることを知る。
遠くに見えるのは消防署だろうか。渋滞の道へ出て、ローソン、そして同じ場所へ。

家に戻って一息ついていると、豪雨。洗濯物を救助。
長い間強くしっかりと降っていた。ついているのかついていないのか我が人生。
答えはいまだに出ていない。

○盛岡中央高校サッカー部がロシアへ遠征

060909 松園三丁目

9月9日(土)くもり一時晴れそうだったが


松園三丁目側から松園のメインストリート。
片側2車線の道路がカーブを描きながら、黒石野方面へ伸びる。
両側にあまり余計なものはなく、松園の中では好きな風景。

060909minami-ap.jpg

バスターミナルから適当に乗り継いで、松園三丁目下車。
コープまつぞのまでてくりてくりと歩いて、三丁目の旅を始める。
生協の内部は相変わらずレトロで、2階の寂しさも変わらない。
今更ながら、みかわや松園店がここだったのかと知る。
1階の東北園芸も9月下旬には無人化になるとのこと。

松園ショッピングセンター、松園小学校と過ぎ、小学校の脇からぐりっと降りる坂道がある。
アパート群が姿を見せる。県営松園南アパートだった。
敷地的にはかたまっているのに、点在しているように感じるのは道路のせいだった。
車では南と北のアプローチは別々だと思われる。
これは南側からのアプローチ。1号棟から4号棟はこちらからだ。

060909miharashikoen.jpg

再び、コープまつぞのに戻り、岩手銀行松園支店から西松園三丁目。
松園第二病院、松園運動広場以外は基本的に家。修業にはぴったりのお散歩コース。
誰かに教えてもらったのだが、松園の区画は他の団地より大きい。
言われてみれば・・と思う。

疲れた頃に、みはらし公園。バス停名にもなっている公園はここだったのか。
上田松屋敷の風景が確かに見える。晴れていれば、岩手山でも見えるのだろうか。
公園自体はシンプルタイプ。

060909taiya-koen.jpg

天気予報は見事に外れて、空は元気を失って行く。
でも、せっかくだから西松園四丁目も歩く。ここもやよい幼稚園付近をのぞいては家ばかり。
北端まで来ると、さらにその先があることを知る。
階段を下りると、まだ宅地があった。ロータリーの向こう側にくねった道。
西松園四丁目32番地。前に盛岡に住んでいたときにはなかったはず。
当たり前だが、ここだけ今までの松園とは違う。

歩みを進めると、「たいや公園」。それほどのタイヤはないよなと思ったら、これがシンボルか?
名前を付けるのが面倒だったのだろうか。
その先の道は記憶がつながる道だった。自然がそのまま残っている場所が左側にある道だ。

空模様は回復の兆しなく、旅を止めることにする。
バスはすんなりとやってきて、すんなりと乗り継いで、町へ帰る。

○2つのイオン
→商業施設面積9万1千平方メートルは市内の大規模小売店の36%
→売上高は前潟の2005年度が約215億円なので400億円超へ。市内の小売販売額の約1割
○メモ 健一郎、和香、七海
○川徳の売上高は2006年2月期で約285億円

060908 大通二丁目

9月8日(金)くもりから晴れへ


大通・野村證券前。ややコテコテな盛岡な風景です。
映画館通りが交叉し、この交叉点から夜を始めた人も多いのではないでしょうか。
でも、若い人たちなんかは、ここが街の中心だとは思っていないでしょうね。
きょうは平日ですから、人通りは多い方でしたが、土日は静かになりました。

12日には、南に巨大なショッピングセンターができて、開戦前夜みたいな気分で見てきました。
どんなふうに変わって行くのか、その前を体に実感として焼き付けておきました。

060908nakau.jpg060908oherense.jpg

そんな大通ですが、シャッター通りというわけではありません。店はできています。
別な場所に移転したJTBトラベランド跡には「なか卯」が15日にオープン。
いつのまにか、丼もののお店もそろってきました。
10年前に願っていた状況ですが、今の僕はこの手のお店にはあまり行かなくなりました。

そして、白崎時計店のビル1階には、チャレンジショップ「おへれんせ」がオープン。
来年1月19日まで。いわゆる「中心市街地活性化」な企画です。
閉店したあとだったので、内部は見られませんでしたが、17のスペースのうち15埋まっている模様。
弁当屋さん、カウンセリング系が多いです。

(プチ定点観測 MOSSビル)
060908moss.jpg

しばらく来ていなったのだろうか?と驚くくらいMOSSビルは鉄骨が高さを稼いでいました。
オープン日を考えれば、これくらいはあたりまえなんでしょうが。

○9月10日 馬車の試験運行 岩手公園外周コース 2台の馬車がそれぞれ2周
○メモ 歩奈美、葵、一葉、竜ノ将、真夜
○サンビルへの場外馬券場計画は断念
○ご当地検定「盛岡もの識り検定試験」は12月2日実施。今回は3級のみの実施
→受験料は3,200円(3級)。
○「地域ブランド調査2006市版」(ブランド総合研究所)魅力的な都市ランキング
→盛岡市は51位。遠野が97位!

060907 山王町

9月7日(木)雨がメイン


傘をさして仕事場へ行くなんて、いつ以来だろうか?
そんなことを考えながら、朝の雨に濡れる。
「○日ぶり」という正確な数値は、僕にとっては意味がないけど。

静かな志家の町を通り過ぎて、コープ山王の前に出る。
よくよく見てみれば、山王ハイツって、でかいよね。
外側は新しくなった高校教育会館を背中に八幡宮方面へ向かう。

くねって、車同士がすれ違うには微妙に気を使う道が伸びる。
実際に運転すると、電信柱がパチンコの釘のように仕切りみたいになっている。
加賀野から八幡宮へ行くときに愛用している道だけれども
コープ山王を過ぎると、よっしゃと気持ちのモードがあがる区間なのだ。

060907kopesanno.jpg

雨は微妙な降り方で外に出る僕につきまとった。
濡れると濡れないのボーダーラインの上で。

きょうは小さなお別れひとつ。
きょうは小さな会話をひとつ。
きょうは小さなプレゼントひとつ。

過去と未来が自分の中で交叉し、その化学反応は、やっぱり前へ向かうしかないのだ。

(きょうのみち)
060907sanno.jpg

山王町にて。
「愛の花園」を擁する微妙な広さの短い道。
気象台から八幡宮方面の国道106号に出る場合は大切な存在に変わります。
ここは不必要に広そうで、意味がある道と個人的には評価。

○岩手公園愛称問題 市民アンケート 5日までに617件の意見
「盛岡城跡公園」35%、「盛岡お城跡公園」22%、反対 29%、別名称 4%、その他 10%
○メモ 愛莉、朗人
○矢巾町長が3選出馬へ

060906 盛岡駅前通

9月6日(水)朝はまあまあ、夜は雨


盛岡タイムスによると、エフエム岩手の本社が10月からテレビ岩手7階に移転とのこと。
10月1日に引っ越しをして、2日から新社屋で放送スタート。
1984年設立、1985年10月放送開始。
今回の移転は固定費削減の意味合いも。小岩井明治安田ビルは盛岡の一等地ですもんね。
テレビ岩手が筆頭株主というのは初めて知りました。

テレビを見なくなってからは、エフエム岩手が貴重な情報源です。
特に「朝のペパーミントタイム」の水曜日はちょっと懐かしい曲がかかって好きなプログラム。
安倍礼司よりはちょっと若めの選曲ですけど、これで元気を出して仕事しています。

ラジオってのは、どうなるのかなというメディアではありますけど
本と似ているような気もします。無くなりはしないのかなと。

060906fezan.jpg

というわけで久々の盛岡駅。フェザンの麺ロード(でしたっけ?)の向かい側にファミマが。
いやあ知らなかったなあ。どうやら24時間ではないようです。
駅も今やそうではないですしね。0時で閉まっちゃいますし。
夜行列車は絶滅寸前。盛岡には北斗星とカシオペアくらいで開けている必要性もなくなっています。
「はくつる」を思い出しました。ほろ苦くも楽しい思い出がある列車です。

(東京の中のイワテ)
060906pyonpyon.jpg

半年ぶりくらいの東京。時間があったので銀座四丁目。
ぴょんぴょん舎銀座百番を探してみました。
東京を離れて十ウン年。地理感覚がなくなっていますので難航。
数寄屋橋交叉点を起点にうろうろ。
「松屋通り」「文祥堂ビル」「細い路地」をキーワードに。

確かにそんな場所にありました。わかるようでわからんよという感じです。
繁盛しているようで、待ちのお客様数名。
食べませんでしたが、いつの日か狙ってみたいと思います。
なお、川崎にも「ラゾーナ川崎プラザ」にも9月28日お店がオープンとのこと。

気持ちは時間はかかるかもしれないけど、どこかに収まるもんだ。
テトリスでいえば、上下左右に回転していてハマらなかったブロックがぱちっと入ったような。
僕らはずっと旅をしている。

○5日 岩手競馬を集中審議するための県議会の臨時会開催
○メモ 梨恋、爽、翠、聖哉、幸来、幹帆、涼太
○ヤマダ電機が来年4月に2号店を出店
→大店法の届出があった模様。今の場所から500メートルほど南
○都市対抗野球で秋田県にかほ市のTDKが初優勝(5日)
→岩手21赤べこ軍団からの2人補強選手も優勝に貢献。意外に熱い夏だった岩手の野球界?

060905 葺手町

9月5日(火)晴れのちくもり


葺手町の長福院にバドミントンのセット。
小学生のときはよくやったものだっけ。あれはどうしてなんだろう。
キャッチボールみたいな安心感があったのかな。
あのときは「続ける」ことに意味があったような気がする。
小さな思いやりがひとつひとつのやり取りにあった。考え過ぎか・・。

葺手町の奥まで進むと、マンションの工事が本格化していて、敷地にはフェンス。
中の様子は入口からしかうかがえない。
まだ空はそのままだけど、やがて小さくなるのだろう。
覚えていていることだけが、僕の出来ること。

060905yozora.jpg

朝から「魔法のコトバ」なんて聴いていたせいか、前向きな気持ち。
ちょっと勇気を出して、メールを送ってみる。
ただ元気でいてくれればいい人がいるって人生は、それはそれで悪くない。

夜は月明かりに導かれながら、家路をたどる。
秋はからだにしっくりと来る。

(きょうの定休日)
060905fukidecho.jpg

葺手町のお店にて。手書きの文字とセロハンテープが素敵。

○岩手公園の拳銃自殺を図った巡査が死亡
○今春の県内高校卒業者の大学等進学率は37.2%で過去最高
→それでも全国で下から2番目。就職率は30.9%で全国で5番目
○メモ 侑希、汐音、瑞希、琉斗、明日香、美月、陽士
○イオン盛岡南ショッピングセンターのチラシがウチにも入ってきました
→会員じゃないから、ご近所さんということみたい。サティと136の専門店。
 ガチャピングッズはちょっと欲しいかも(笑)

060904 中央通三丁目

9月4日(月)まあ晴れ


熊谷食堂あたり。
なぜこんなところまで来たかと言えば、話題のスポット金光教盛岡教会の最後を見に来たから。
仁王三小路界隈は、中央通をのぞけば、静かな道が横に並んでいる。
何がある訳ではないのだけれど、それぞれの小路に微妙な違いの雰囲気がある。
新山小路の長谷川印刷の筋が一番いいけれども
中央児童公園~勤労青少年ホーム~県民生活センター~啄木新婚の家というラインも捨てがたい。

060904konkokyo.jpg

金光教盛岡教会は取り壊しにより、半分くらいになり、屋根は瓦が剥がされ裸の状態。
古いタイプの街区表示板は、まだトタンの壁にかかっているものの、やがて消えると思われる。
マンションが建つというが、3階建てみたいだから、まだ可愛いほうなんだろう。
この建物には脇道があって(長田町との境目になっている)、
ここから上横町のラインに出るのも、散歩コースの楽しみのひとつだった。
さてどうなることやら。

その後、盛岡中央郵便局のコインパーキングなど。
話題のスポット?を見学しながら、町へ戻る。

○岩手公園で菜園交番勤務の巡査が拳銃で自殺未遂
○県立美術館の敷地を流れる川は「下太田川」というらしい

060903 山岸六丁目

9月3日(日)晴れ一時くもり


山岸六丁目。みたけとともに貴重な「六丁目」。
そして50番台まである番地も盛岡では屈指。
でも、ここは「洞清水」といったほうがピンとくる場所である。
山岸から三ツ割へ向かって方向転換するあたりから、団地が道路沿いに並ぶ。
幾つかの団地に分かれていることも今日知った。

バス通りの南側の第二洞清水団地の公園がいい。
桜でも咲くのだろうか、洞清水西幼児公園。横長でうっそうとして美しい公園だった。
程よく草がはえ、滑り台の背中も歴史を感じさせる。

真ん中にあるのが洞清水中央児童公園。ここはコーポ洞清水から見る入口が素敵。
さらに心打たれたのは、洞清水東幼児公園。
役割を終えているのか、夏草に覆われた敷地。夢の跡って俳句みたいなところ。
洞清水、侮れないところだ。

それに比べると、プリムローズ洞清水は、まだ歴史の浅さがにじむ。
このあたりが六丁目になって、50番まで有する大きな町になった。
ワークショップ方式で整備されたプリムローズ公園を見た。
洞清水西幼児公園クラスになるまでは、やはり歳月が必要のようだ。

「ここは、幼き希望(ゆめ)がよみがえる丘。」
プリムローズとは、桜草のことで、少年時代の希望という花言葉がある。
家を建てる。それは少年時代の希望かどうかはともかく。人生のひとつの節目ではあるんだろう。
だから、いたずらにつまらない街並なんても言えない。
ひとつひとつがそれぞれの人生の結晶であるならば、街並についての責任はむしろ違う場所にあるのだと思う。

060903komagatajinjya.jpg

名乗町から、山岸四丁目へ。白百合の入口から南側、バス通りの西側に広がるエリア。
縦目の道路の宅地が並ぶ。ある場所で、階段があって導かれるままに登る。
ワンランク高い場所に上がって、風景が変わる。そのままの高度を保って、南へ歩く。
すると、コンクリートの壁に隙間があって、階段。
その先にあったのが、オンボロの神社。これが「駒形神社」らしい。
三ツ割の金刀毘羅さんもかなり来ているが、ここはそれ以上かもしれない。
境内もないに等しく。マイナの頂点といったところか。
それでもお参りする人はいるようで、マルボーロライトなどがお供え。

紅葉が丘の文字が見えてくれば、四丁目の旅も終わる。
東北銀行山岸出張所など見慣れた風景に出た。

(白百合へ)
060903shirayuriko.jpg060903shirayurisho.jpg

どきどきしていた。
その長い坂道のはじまり。自転車置き場があって、そこで最初の生徒と出会う。
そこからが長かった。修道院、マリア寮、第2修道院が過ぎても坂道は終わらない。
幼稚園まで来ると、なんとなく風景が見えて来た。
中学校と高校の校舎の全景が見えて、そこがゴールだった。ふーっ。

道路を挟んで小学校の校舎。今年は創立50周年とのこと。受付も小学生の女の子。
同じ制服を来ているところが、なんか別世界であること教えてくれる。
松尾鉱山じゃないが、ここは一種の地上の楽園か(笑)。
隔離された世界に慣れていないので、最後まで僕は落ち着きがないまま過ごしたのである。

・学園祭のテーマは「凛」
・高校のクラス名は、桜・菊・梅・松・藤・楓
・敷地に教会ってのはないんだなあ。白百合ホールっつうのがあったけど。

(きょうの懐かし)
060903yamagishi-kanariya.jpg

内丸・大手先でよく見ていたヤツがいた。山岸六丁目にて。

○盛南開発の居住人口(3月末)6,387人<計画の約35.5%)
○自由民主党東北ブロック大会がホテルメトロポリタンニューウィングで開催
○1968年「ハンバーガーとサラダの店・ベル」が創業
→今は「アレフ」となって、札幌に本社があるそうです。

(お詫び)みたけにも六丁目があります。訂正しました。ご指摘ありがとうございました。

060902 三高祭

9月2日(土)おおむね晴れ


まだ小学生だった頃、近くには女子高があって、文化祭に行くのが楽しみだった。
友達と連れ立って、あちこちのお店をまわった。とても大人に見えた彼女たち。
自分たちが実際その年齢になってみれば、はた迷惑なことをしていたんだと気がつく。
僕が育った町の場合、文化祭は学校に女の子が来る貴重な機会だったのだ。

そうして、高校生の娘がいても不思議ではない歳までやってきて、
僕は別な意味での敷居を感じている。

盛岡でもきょうと明日が文化祭のシーズン。ちなみにここは三高祭。
小さな彼もやがてわかる日が来るのだろう。
そのときどきの居場所が貴重だってことが。

060902kuroishino2.jpg

緑が丘二丁目バス停で降りて、緑が丘四丁目の旅人になる。
アネックスカワトクがあるのが四丁目。
それほどの更新はなかったが、グリーン銭湯もがんばっているようだ。
マルイチ、GA-ONEも健在。

緑が丘四丁目から坂を下ると、田んぼに出る。そこが黒石野三丁目のはじまり。
初めて来たときはいたく感動したものだった。
砂利の道は変わらないでいる。稲穂の色も秋色に変わりつつある。

黒石野中学校は別棟の改修工事がはじまっている。
そんなグラウンドでソフトボールの試合。
女の子が一斉に気合いを入れるとすごいね。この世のものとは思えない音が響く。
ここのソフトボール部はこの前の市中総体で優勝したとのこと。

黒石野二丁目といえば、かわむらストア。建物は解体されて、敷地はフェンスに覆われている。
片隅でクリーニング店が寂しく営業中だった。
ここを起点にして、二丁目は道が伸びている。それぞれに楽しめる道だった。
画像は緑が丘四丁目との境目。青いトタンの美しさに敬意を表して。

あまり意味なく、みどり台を2往復くらいする。
ここも宅地になる前をかろうじて知っている。原風景っぽくて感動したもだったが。
真ん中に墓地がある珍しいこの場所で、僕は煙草を吸う。
空は気まぐれだったが、最後にはいいそらに変わっていた。
僕はどこまで旅が出来るのだろうか。

060902zenrinkan.jpg

夜は、大沢川原の善隣館にショパンのバルカローレ(舟歌)を聞きに行く。
演奏者の解説で、この曲には希望の旋律が入っているんだそうだ。
だから、ずっとひかれていたのかも。
どん底の中でもどこか先を感じさせるのはそのせいだったんだ。
この曲を聞くと、もうちょっとがんばろうかって気持ちになる。

コンサート終了後、衝撃の事実。
内丸教会の牧師さん曰く、この建物は善隣館ではなく、奥羽キリスト教センターというらしい。
中にNPO法人善隣館、善隣館書店は入っているものの、建物の名前としては違うらしい。
これが一番勉強になったなあ(笑)。

(きょうのしみじみ)
060902kurochu.jpg

黒石野中学校にて。
自分を好きになるって意味がまだわからないから、なんかしみじみ。

(きょうのそら)
060902kuroishino-sora.jpg

黒石野二丁目にて。
黒石野はいい空残っていますよ。これはぽっかりふんわり系。

○岩手県競馬組合 常勤の副理事長が引責辞任へ
→競馬存廃の基準も設定へ。収支均衡が方針になる見込み
○メモ 光太郎、宇海
○岩手県の最低賃金(2006年度) 610円 <全国最低>

Template Designed by DW99