061031 北山一丁目

10月31日(火)はれ


元銭湯のせいだろうか、やけに似合うの気がするのは。
本来はのぼりだったと思うが、のれんになるとは思わなかっただろう。

本当は・・なんて言葉はよく使うし、そう考えることはある。
真実であるコト、モノは少ない。自分の思い込みにしか過ぎないのがほとんどかもしれない。
空は青くないかもしれないし、紅葉なんて気のせいかもしれないし。
明日のためのその1。タテをヨコにしてみること。

ひじきを水につけたまま、ウチを出て働いた日。
どうなることやらと思ったが、漫画みたいな事態にはならず。
そこから粛々とひじきの炒め煮をつくった夜。

(プチ定点観測スペシャル)
061031wakoji.jpg

上小路のお屋敷跡にプレハブの事務所が登場。いよいよ何か動き出すのか?
いまのところ建築計画の看板はないが、トイレ完備の事務所だし、何か変わりそう。

061031yoshiyo.jpg

瓦屋根の葺き替えがちょっと話題になった吉与。
ファザードも終わったみたいで姿を見せていました。格子が赤くなったかな。
ここはしばらくこの風景が続きそう。

061031kaminohashi.jpg

ジョイスからサーパス上の橋がベールを脱いでいたので、近づいてみる。
サーパスはやっぱりどこまでいってもサーパスだった。
形は違うはずなのに同じように見えてしまうのは、てっぺんのせいなんだろうな。

10月が終わった。後退を食い止めるような日々だった。
いいときもあれば、悪いときもあるさ。
そんなふうに考えるしかないか・・。

○メモ 昴樹、咲良、見優、真斗、蒼空、柊香、謙心、一翔
○未履修問題 
・盛岡中央高校は学則の変更で生徒負担軽減へ
・岩手大学、県立大学は推薦入試においての虚偽の調査には柔軟に対応
○2005年国勢調査 岩手県の総人口 138万5,041人(前回調査から2.2%減)

061030 川留稲荷

10月30日(月)はれ


岩手公園の中津川沿いは黄色に染まっている。
県立中央病院跡の大きなイチョウは、まだ緑だった。
加賀野の川沿いのコスモスはどこかへ行ってしまった。
また、秋を見過ごしてしまったなあ・・って思う。もう10月も終わりだ。
盛岡って町は、秋があまりにも短い。

久々に川留稲荷あたりまで。

061030koiwai.jpg

ついでに文化小路まで足をのばす。小岩井マンションのゴミ収集所。
変則的なかたちがなかなか美しい。
岩手高校寄宿舎跡は家が3軒ほどできたあとは動きがない。
ここからUターンして、中津川の川原を歩く。

061030atagoryo.jpg

ここから見る山岸や愛宕町も新鮮だった。
派手な色のアパートの隣に白い地味な建物がある。
県職員の愛宕寮だったところ。窓がなくなっていて、解体風情。
表側から確かめたわけではないので、あれだが、サヨナラか?

サヨナラといえば、岩手県知事が今季限りの勇退を表明。
来春は政治の春になりそうな岩手。
まあ、そんな先に思いを馳せるより、まず目の前の冬対策。

○岩手経済研究所の民力指数 盛岡市が246.3で1位
→1人あたりの民力水準は金ヶ崎町が1位
○飯岡才川遺跡で16基の古墳が出土
○高校サッカー選手権県大会 決勝は盛岡商VS遠野に
○県内市町村2005年度決算
盛岡市の経常収支比率 90.4%、1人当たりの地方債残高 480.7千円

061029 円光寺

10月29日(日)くもりベースで晴れたり雨降ったり


鉈屋町あたりをふらふらする機会に恵まれる。
円光寺に入って、出逢ったのがこんなお地蔵さん?
ウルトラマンに出ていたキャラにも似ていないでも無く。

境内は微妙にグレードアップしている。特に参道。
米内光政さんのお墓とかにお参り。首塚なんてのがあることも知る。

061029nataya.jpg

集団行動ってのがいつの間にかできなくなっているなあって身にしみてわかるこの頃。
誰かといたいのなら、やっぱり一人になってはいけません。
長ければ長いほど、戻れなくなります。

061029daijijisho.jpg

大慈寺小学校では未来が駆け回っていた。
大切しないといけないことは、そんなに多くないよね。

その後、天気は荒れ気味。雨が強めに降ったりの気まぐれな空模様。
また、一週間へ。

○県営運動公園の敷地 24.3ヘクタール
○県立青山養護学校が創立30周年

061028 長橋

10月28日(土)くもりから雨が降ったり、晴れたりして


あんまり長くもないのに「長橋」。
地味な親柱、欄干、その先へつづく新しい町。
諸葛川も冬枯れて、もう向こう側の季節の足音がしているようだった。

061028shimomaegata.jpg

前潟のイオンまでバスで行く。繋温泉や鶯宿温泉行きのバスも立ち寄る。
駅からはほどほどの人を載せて、ほどほどの人数が下車する。
このあたりが前潟四丁目になる。

デンコードーあたりが三丁目、洋服の青山・ユニクロあたりが二丁目。
消防署があるあたりが一丁目。稲荷町はすぐそこ。
そんなのが住居表示されている前潟の姿。

記憶の糸をつなぐのはやはり難しくなっていて、
例えば下前潟のバス停。自転車置き場は昔からあったけれども、以前の風景は思い出せない。
街区表示板はほぼ整備されていて、まずはクリア。

061028nagahashi2.jpg

長橋を渡らずに、諸葛川沿いを北へ。川の向こうにほんの少し残る長橋町を目指す。
鹿島前橋あたりの一部がそうであり、「産直ながはし」なんてのができている。
昔のお墓らしきものとジョイスなどを重ね合わせる。

061028nagahashidai2.jpg

長橋台に深く入ってみる。まだ結構空地があることを知る。これからなんだろう。
そのせいか、街区表示板の縦長版がちっともない。皆無だった。
由々しき問題(笑)。

長橋町はほとんど全域で再開発されたんだということを、しいのみホームあたりまで来て気づく。
ここの前ではグループホームが建設中。

ローソンの西側もすっかり宅地化されていたが、空はまだ広い。
小さなしあわせでこれから埋まって行くものとは思われる。
その後、久々の前潟イオンを歩くが、手ぶらで帰ることに。

○必修科目未履修問題 県内は36校に(27日現在)
→県教委は既卒者の卒業認定は取り消さないとの正式見解
○競馬組合 組合職員の給与をカットへ
○メモ 心温、昴大、伶奈、聖

061027 盛岡駅

10月27日(金)くもり


目覚めた町では雨だった。
乗り換えた新幹線は、盛岡止まりの「はやて」。そんなのがあるのか。
一ノ関、水沢江刺、新花巻としっかりと停まって盛岡へ。
少しずつ天候が回復して行くのをぼんやりと眺めていた。

盛岡駅西口へ続く地下道を歩く。
人影まばらなのに、妙に明るいこの道。非日常から日常へ戻る儀式のためにあるみたいだ。
出口に差し込む光を見ながら、体はリセットする方向になっていた。

君が西口だった頃、オレは東口で、あいつは北口だった・・。
かつて流行したギャグの一節が頭の中にかけめぐる。

061027nakanohashi.jpg

そのあとは普通に仕事。普通に帰る。
中の橋から見る夜空には不穏に流れる雲。
昼間だったら綺麗だったのに・・という流れ方だった。

ちょっとダメな日々を立て直すには、いいタイミングで休みがやってきてくれた。
ありがたいこと。

○必修科目未履修問題 市立高校や私立高校でも発覚し35校に(26日現在)
→盛岡市立や私立高校でも教育課程表と異なる授業が行われたことが判明。
 盛岡中央では最大で350時間の未履修の生徒がいるとのこと

○岩手県内の作況指数「98」でやや不良
○メモ 優樹、百萌、楓太、想太、煌人

061026 盛岡駅前通

10月26日(木)くもり


新幹線を使う出張。のんびり準備をしていたら、ぎりぎりの時間に。
慌ててチャリにまたがって、駅を目指す。
駅前ならばそんなに時間はかからないのだけど、無料で停められるのは西口。
そこが試練。

不来方橋を渡って、実は名前を知らない陸橋をひーこらと登って行く。
その途中で見つけたのが、これ。
薄れた文字で「協和焼酎」。かつて工場がこのへんにあったと聞いたことがある。
名残だろうか。秘かなお宝だと思うが、いかがでしょうか?

061026ekinishi.jpg

なんとか西口へ。自転車置き場へ向かう途中で、隣が駐車場になっていることを知る。
新聞で1時間100円で繁盛しているというのを見ていたけど、ここだったのか。
9月からやっていたらしい。

アイーナに絡んで駐車場の問題はいろいろあるわけだけど、300円と100円の違いは大きい。

061026yamagata.jpg

新幹線は最低な1列目。足が伸ばせないのがつらい。
この席になったら1割くらい安くしてくれてもいいのではといつも思う。

旅路の果てはこんな町。駅らしくない駅に隣にはドコモのタワーがそびえる。
ついつい盛岡と比べながら、時間まで観察。

ここも城下町だったというか、駅の裏手にお城がある。
門が復元されていて、それだけでも城な感じがグッとして来るから不思議なもの。
平らなお城で、中には野球場とかもあった。石垣は盛岡の勝ちかな?

地名は「旅籠町」「鉄砲町」「十日町」「三日町」「七日町」という城下町系もあるし
「末広町」「寿町」「美畑町」という佳名系も存在するところ。
城下町系の地名が少ない盛岡だが、ありがちな佳名系地名は今はない。これは引き分けかな?

○必修科目の未履修問題 岩手県では県立高校で30校(25日現在)
一高、二高、三高、四高、北高、南高、不来方、青山養護などなど
○メモ 悠太、心ノ実、裕斗、文絵、にいな、悠真、優翔、零央、優芽

061025 桜山神社前

10月25日(水)あおぞらはあり


その入口の前にたどりついたとき、僕はそのあとの言葉を持っていない。
本当のコトは扉の向こう側にあるのに、何かを恐れている。
少し距離を置いてみる。それから見えるモノもあるんだと思う。

青い空は見ることが出来た日。開運橋あたりまで軽い散歩をする。
あの店なくなったなあ、あっこんなのできたんだってのはあるのだけど
昔見たいにいちいちメモするのが面倒くさい。
そうして、そのうち他の記憶とともに曖昧の果てへ消え去って行く。

高校の必修科目未履修問題が岩手でも。

(プチ定点観測 MOSSビル)
061025moss.jpg061025moss2.jpg

立体駐車場はあっというまに空間を支配。
見た目はどうも整然としないけど、車でのアプローチはちゃんと配慮すべきだから仕方なし。
ホテル東日本あたりから眺めると、ロゴマークが見られるようになっていた。

○肴町の再開発ビルの概要が公表
鉄筋コンクリートの建物が2棟。東棟は高齢者福祉関連施設&高齢者賃貸マンション。
西棟は「クランズスクエア盛岡ビューステージ」と名乗る分譲マンションに。
完成は2008年1月予定。
○中野製麺(川目町)が民事再生を申立。負債総額は約2億9千万円
○メモ 奏、菜々絵、成騎、芽生、丞、新之介、結衣、羽惟、遼、莉愛、希風、惺太、響己、勇之介
○都南の園は来年4月から県療育センター(仮称)として再スタートへ

061024 中の橋

10月24日(火)雨


雨だった。
遠くへ行った。
あきらめそうになった。
余計なことをしゃべって、寿司とうどんを一緒に食べた。
寒かった。秋は深まらないまま冬の足音。

061024hachiman.jpg


○メモ 彩芽・悠登、和奏
○ファミリーマートの盛岡市内1号店は盛岡津志田近隣公園店。岩手県内には現在86店舗
○滝沢のマイヤは役場から北500メートル北東の県道沿い。来年7月オープン予定

061023 中央通

10月23日(月)くもりや雨


スポーツ用品店に一番通ったのは、高校生のときだろうか。
育った町のスポーツ用品店は、大会があると写真を販売してくれた。
弱小チームだった僕らの学校の試合もちゃんとあるのが妙に嬉しかったものだ。
そんなお店も、もう消えてしまって何年になるのだろうか。
遠い場所でそのニュースを聞いたときは、しみじみしたものだ。

中央通のこのビルは僕が来たときからずっとこんな感じのまま。
今はサッカーの絵がチラリと見えるようになっている。
あっけなく消えてしまうものもあるのに、何となく残っているものもある。

061023chuojidokoen.jpg

金田一駐車場前のマンションショールームも緑色のシートで覆われてサヨナラ風情。
そのまま中央通を進んで、中央児童公園まで。ランドシティ中央通は姿を見せている。
それほど高さを感じないのは、隣の自民党本部のせいか。
冬を前にマンション落成ラッシュという感じになりそう。

061023showaya.jpg

雨は微妙に降っていた。僕も傘を少し使う。
三戸町の「昭和屋」。ホーロー看板のセレクトが微妙にシブい。

○自民県連 岩手1区の公募による候補者決定を打ち切り
○私立高校の募集は13校で定員2,885人
→岩手女子の普通科に健康医療、総合文化の2コース新設。盛岡中央は特進SPを新設

061022 南仙北二丁目

10月22日(日)はれのちくもり


少しずつ、少しずつ曇りになっていった日。久しぶりに南大橋を越えて仙北地区へ。

ターゲットは南仙北二丁目。「川久保」とか「小鷹」とかと言ったほうがフィットするところ。
オンボロな仙北町交番、住んでいてはまずいかない岩鋳なんかがある。
県道盛岡環状線沿い。盛岡バイパスとの合流点からやや北側はちょっとした商店の集積。
吉武、理容川久保など、小さく光っている懐かし系のお店も残っている。

061022minase-komichi.jpg

概ね、盛岡バイパスから新幹線までが南仙北二丁目のエリアになるのだが
中規模な田んぼ、農地がまだしっかりと残っている。
例えば、小鷹公民館の脇を入って進むと、こんな裏技的な道があったりする。

整然とはしていないので、なかなか難渋するが、
岩手山も楽しめるし散歩するには楽しいところではあると思う。

061022maiya.jpg

使命を終えて、北へ進路をとる。
南仙北一丁目の道路公団公舎跡、温泉はきちんと作っているようで鉄骨が3階ぶんくらいまで。
バイパスあたりからも見えるので、目立つ施設になりそう。
でも、ピンと来ないよなあ。周りの風景と「温泉」というキーワードが。

目の前のファル跡宅地もそれぞれの人生が立ち並び、僕は狭い道をのぼっていく。
県営仙北アパートあたり。吉田商店北側でも建物が伸びようとしている。
が、管財人の貼紙が一枚だけひっそりと。中断しているのか?

最後は、マイヤタウングラン。岩手山の見え具合を確かめる。
マイヤあたりからは、アパートの影に隠れて見えなくなってしまった。
かつて、よく愛でた場所にはマイヤが建ってしまったから。
ダイソーとマツモトキヨシの間あたりからは、こんなふうに見える。
アスファルトと草原の違いは大きくて、もう失ってしまったんだとしみじみする。

マイヤ仙北店はオープンしたばかりで賑やか。福田パンの実演販売も。
せっかく運動してきたのに、黒豆きなこと抹茶を購入。嗚呼。

(きょうの園児募集)
061022senbokuyochien.jpg

仙北幼稚園はなんか立派になったような。
ここは自分が通った幼稚園と外側の雰囲気が似ているので好きですね。

○あれから 東仙北のガスタンク
061022gasutanku.jpg

すっかり忘れていたけど、東仙北のガスタンクは大きくは変わらず。
さんさのキャラはアニメ系に変化。

○雫石町長選挙は現職が再選
○県高校ラグビー決勝は盛岡工が2年ぶりの優勝

061021 旧覆練兵場

10月21日(土)概ねはれ


近代化遺産の全国一斉公開で、青山の旧覆練兵場の内部が見られるという。
天気もいいし、みたけに行かなくちゃいけないので、バスに揺られて県営体育館前まで。
公開されていたのは、体育館に近い方の建物。

内部はというと、何にも無かったわけで、ただ歴史みたいな時間の重さを感じるしかなかった。
知識があれば、この建物のすばらしさとかわるのだろうけど(小屋組がすばらしいとか)・・。
隅々まで見られる雰囲気ではなくて、パネル展示などを仕方なく見る。
建物も生きているんだよなあと思う。使われていてなんぼ。

それから、とぼとぼ歩いて運動公園まで。みたけ一丁目から旅をはじめる。
時折、太陽が雲に隠されるが、概ね良好な秋の空。
運動公園では、大会花盛り。陸上競技場も野球場も中学生の県大会だったみたい。

061021chuokoko-ura.jpg

みたけ四丁目は、真ん中の北側に位置するところ。
盛岡中央高校があり、「西みたけ」行きバスはここが終点。
中央高校の校舎は、しばらく見ないうちに何となく綺麗になっており
「CHUO」なんて文字が脇に光っている。
いつも表側ばかりだったが、裏側をはじめて通る。
土曜日だったが、生徒があふれだしてくる。何かあったのかな?

061021jyaguchishoten.jpg

厨川五丁目とのすりあわせ部分を通り抜けて、
かつてコンビニだったところにある「ちょうてん」で一休み。

061021mitake3-kosaten.jpg

四丁目の南側が三丁目で、城北中や県武道館を擁する。
バッティングセンターのネットの下にお店ができていたりして驚く。
しばらく来てなかったかなあ?

記憶が正しければ、アルテマルカンとダイソーの間の道を月が丘方面へ南下する道の交叉点。
ここも点滅信号。点滅信号の交叉点は美しいかも・・なんて仮説をたてる。

061021mitake-anpan.jpg

3時を過ぎたあたりから、空気は夕方になる。
運動公園前のビルにて、ベビーカーに乗るアンパンマン。綺麗だった。
もうちょっとしたら、公園はもっと綺麗に色づいているかもしれない。

旅路の果ては県武道館。でかさだけが際立つ建物だが、オレンジ色に染まれば素敵に見える。
弓道場からは高校生たち。スケート場では冬の準備。
もし、もう一度高校生になれるのなら、弓道部だよな・・なんとなくだけど。

○メモ 新大、心咲、南海、珠波、泰誠・侑誠、稜太郎
○全国高校駅伝県予選 盛岡女子は2位(20日)

061020 与の字橋

10月20日(金)くもりベースに雨が降る


帰る場所があるってことはしあわせなことで、
僕がこの世に産み落とされてからは、そんな場所をずっと探しているだけなのかもしれない。
こうして産まれた場所で役割を果たして死ねれば、すばらしいこと。
中津川のサケを覗き込む意味は誰もが持っている気持ちを確認することだと思う。

帰ることが出来る場所は、実はそんなにないわけで
旅路の果ては自分でもなんとなくわかっている。

061020sakanacho.jpg

おでってや肴町では盛岡麺まつりがスタート。オレンジの幟が地味に揺れる。
おでっての広場では、白龍、わんこそば、ぴょんぴょん舎のブース。その場で食べれられる。
アーケードでは、真ん中で地味にワゴンが戸田久などの商品を販売している。
盛り上がりに欠ける気持ちを抱えたまま、アーケードの南あたり。

笑っている。
彼女の凄さをリアルで知っている訳ではないが、自分がキャラになるとは思わなかっただろう。
ままならないから、生きていけるってこともある。

061020denryokumae.jpg

葺手町に入り、にたない旅館跡地のマンション工事。
石の掘り起こしは落ち着いたのか、きょうは作業もないようす。
やや煙っている向こう側に電力のタワー。

与の字橋まで来て、冒頭のサケに出逢う。
少し視線を動かすと、電力の下あたりの石垣に「はいっていけません」の表示。
痛んでいるのかもしれない。

○国土交通省岩手河川国道事務所の開所式が19日に行われる
→実際は10日から供用開始。延床面積5,720平米、鉄筋コンクリート5階建て
○メモ 侑愛、颯、怜央菜、龍二
○岩手県の医学生研修先充足率 52.8%で全国で41番目(56人/160人)
→岩手医大は充足率10%!で全国の大学病院の中で最低

061019 中津川

10月19日(木)はれ


盛岡市役所へ。
「盛岡市バス路線マップ」「盛岡駅西口散策マップ」なるものを入手する。
バス路線マップは頭の中の地図を整理するにはなかなかいい。
イオン間シャトル線なんてのもあるんだね。

西口散策マップはややチープなつくり。
だが、マリオスと岩手朝日テレビの間のエスカーレタあたりが「アーバンモール」というのを知る。

市役所裏に抜けて、光が揺れる中津川に出逢う。
そのまま誘われて川沿いを歩くことにする。

061019shimonohashi.jpg

中の橋の向こう側では、イベントの準備の風景。週末には農業まつりがあるらしい。
テントの脇を通り抜け、毘沙門橋からは静か。
下の橋まで来て、この先のことを考える。上に出られたっけ?
そんな不安を抱えながら、さらに進む。

061019osawakawara.jpg

川原橋まで来ると、土手の上の道はかなり高い場所になる。
やっぱりアクセスはできない。しまったと思ったが、救いの梯子があったはず。
おぼろげな記憶は合っていて、橋の向こう側にちゃんといてくれた。
こういうオレみたいな人に設置した訳ではないだろうが、ありがたいこと。
慎重に登って、無事生還。

ほんとは「エリンギ」だと知って、軽いショックをひきずっているこの頃。
ずっと「エンリギ」だと思っていたのだ。それでも秋は深まるばかり。

○日本オイルターミナル盛岡営業所(永井)は営業開始から25年
○メモ 洸香、彩乃、大良、輝月、真佳
○「あんしん保育所・学童所」は八幡町から西仙北1丁目へ移転し「あんしんこども園」に

061018 光照寺

10月18日(水)快晴


秋とそらときみは裏切らない。
それくらい澄み渡った青が僕の頭上にあった。
だから、前はあまり見ないで、視線は45度くらいを指していた。
本当は「きみ」はかなり裏切ったりするのだけど・・。

花屋町の北端にあたるのだろうか、光照寺からは岩手山が比較的まともに見える。
河南に住み、低層な場所で仕事をしているので、なかなか岩手山と出逢う機会はない。
ここから名須川町にかけて、かきわけるようにして見える場所を求めた。

061018shitakouji.jpg

どうなることかと思った始まりから、なんとかなった一日。
過信してはいけないけれども、大抵のことは「なんとかなる」。
だから、もっと前向きに受け止めてあげたりすることが大事なんだろうな。
できません・・はあまり言わないようにしよう。

061018aburacho.jpg

下小路中学校からジョイスの本町店。ここも新しくなってから、いいそらになった。
内丸病院がこんなかたちだったのかって、通るたびに思う。
吉与の屋根は新しくなったが、まだ正面は何かやっているようだ。

秋とそらときみは、たぶん裏切らない・・。

○東山一丁目の第二小山荘で火災。1人死亡(18日)
○山岸の猪狩工務店が6日で事業停止
○メモ 優月、和樹、琉那、美颯、花南・園望、祐輝、暖周、光翔、ひなた、楓真、颯太、杏、瑛、修吾、圭吾
○中央通3丁目につくっている盛岡学生マンション(仮称)は家賃46,000円~59,000円
○県立大の県内就職率 2005年度は35%
○西仙北のマイヤタウングランが19日にオープン
→愛しの岩手銀行グラウンド跡地にできた施設。まずはダイソーとマイヤが先行オープン。
 マツモトキヨシ、アクトス盛岡は11月1日、ポポラーノは11月17日
 マイヤは3店舗目を滝沢の鵜飼に出店する計画があるとのこと
○アイーナのエレベーター停止は施工不良が原因

061017 菜園一丁目

10月17日(火)はれのちくもり、雨も降ったはず


ランドセルの日々は遠い思い出。
あの頃、一緒に過ごしたヤツはどこで何をしているのやら。
社宅育ちの宿命として、いつかはバラバラになる。
いつまでも同じじゃないことはわかっているつもりなのに、どこか信じている。

慌ただしくも長い一日が終わった頃には、街は息を潜めていた。
県公会堂の前を通ると、道路を掘り返して何かの工事をしている。
僕が眠りについているはずの時間にこうして行きている人たちがいる。

ただネクタイを外して、ふとんに包まり、眠ることだけを求めるような日は
心のカセットテープから尾崎豊や浜田省吾が流れ出す(笑)。

もりおかの街は昼間くもりだったと思う。そんなことだけの一日。

(きょうの園児募集)
061017mojimigaoka.jpg

あさ開の敷地の角にて。もみじがおか幼稚園。
あの長い坂道にも行かなくては・・。

(プチ定点観測 MOSSビル)
061017moss.jpg

駐車場も柳新道側にかなり進出してきました。
画面ではわかりませんが、MOSSビルでは外壁の設置もはじまっています。

○民主党が県議選岩手選挙区に盛岡市の前商工観光部長を擁立
○高松の池に白鳥が来たようです(16日)
○メモ 光希、頼都、優斗、咲希穂、夢萌、希晃
○県生協連の灯油暫定価格 1リットル82円、18リットル1,476円(配達)
○大慈寺小学校で「太平洋のかけはし給食」(16日)
→新渡戸稲造が公会堂多賀で食べた料理をアレンジしたもの

061016 神明町

10月16日(月)


「花くれないに」の面影があるかなあって、神明町から住吉神社折り返しコース。
住吉神社の大きな木も上の方は色づいてきた。

人をわかりやすく分類したくなるのは世の常。血液型とか星座とか。
僕が考えているのは「レギュラー体質」と「補欠体質」。
スポーツだけじゃなくて、仕事や遊びや惚れたはれただったって、そんなのがあるんじゃないか。
いつも表舞台に立つ人とその影で生きる人。
僕はたぶん生まれついての「補欠体質」ではないかなんて。
でも、いつかは勝負しなくてはならないことがあるってのが、今更ながらある。
そんなことを秋の風と考えている。

061016niko.jpg

二高の筋に入って、また校門がグレードアップしていることに気づく。
きちんと校名が入ったプレートが設置されている。少しずつなのか?

副知事公舎跡のほうのダイワのマンションは姿を見せ始めている。
サーパスは相変わらずそびえてるぜって感じで空を支配していたよ。
ライオンズマンション紺屋町以上の存在感だなあ。ここは。

岩繊ビルがトランクルームを20日からはじめるらしい。
大手先にもある。駐車場の次はこのビジネスが流行るのだろうか。

061016kahoku.jpg

その大手先に入れば、かほく駐車場の工事は終わっていた。
かほくたばこ店は姿を変えたものの健在。
気持ちは無くしてその大きさに気づくが、建物はその狭さに気づく。

(きょうの園児募集)
061016hakubai.jpg

二高の隣の白梅幼稚園はポスターを見かけない幼稚園のひとつ。
営業しないのがポリシーなのだろうか。それとも少数精鋭なのかしらん。
でも入口には、ひっそりと募集している看板が。謎が多い幼稚園だ。

○清次郎のポイントカードが12月から変わるとのこと
○松園一丁目町内会が30周年
○女子かじ付きクオドルプルで盛岡三高が7年ぶりの全国大会へ
○高校ラグビーは盛岡工業vs不来方に。不来方は初めての決勝進出

061015 北山二丁目

10月15日(日)はれ


赤山から見る盛岡。ちょっとした都会に見えなくもなく。
この街にいると、工場とかビルとか、そんなものに飢えるときがある。
ここはビルが綺麗に重なってみる場所。地味ながら侮れないところ。

ミステリー映画祭に行く。「花くれないに」という50年前の盛岡ロケの映画を見に。
教育会館は9割の入り。なかなかの盛況だった。
映画そのもののストーリーは僕にとってはピンとこないものであった。
でも、この映画の売りは随所に出てくる盛岡の風景である。
正直なところ分からない場所ばかりだったけど、
大慈寺前は舗装じゃなかったんだなあとか、二高の門は変わんねえなとか。
笠智衆が高松の池らしき場所にいたのが、なんとなく感動だった。

061015uedanichome-kita.jpg

そして現在の街へ飛び出す。時間もないので近場をセレクト。
上田二丁目は県立中央病院から北側でバイパスと上田通りで区切られたエリア。
上中、杜陵高校、正覚寺なんてのがある。

前々から気になっていた「上田二丁目北」。昔はなかったような気がするのだが・・。
もうちょっと適当な名前なかったのかなあなんて思うのだ。
かといって、ランドマークらしきものがないのも事実だったりする。
まあ、そんなふうに縦長なところなわけで。

061015uechu.jpg

上田通りから中に入って行くと、細い複雑な道が網羅されていて、効率的には歩けない。
ようやく上田中学校、杜陵高校、医大アパートあたりに来たときにはホッとする。

上中では野球部がどこかの中学校と練習試合。
いまどきの親はホント偉い。せっかくのお休みなのになんて思うのだが。
オレが中学生だった頃、父兄なんて見に来なかったよなあ。うん。

061015kitayama-t.jpg

国道4号に出れば、目立つのはやはりアルペン跡(その跡は中古車関係だっけ?)。
増築して回転寿司「かっぱ寿司」に生まれ変わるらしい。
それよりなにより、ニューショップ北山が無くなっていたことにしみじみする。
同じ建物の3階には卓球ホールというのがあるらしい。
チープな映画に出てきそうな垂れ幕が揺れていた。

赤山の団地を堪能しても北山二丁目は終わらない。三ツ割のほうまであるから。
北山トンネルの上田側はこんな感じ。出口の大きさが違うがそれでいいらしい。
右折車線が大きい方にはできるからみたい。

061015kyusakurayama.jpg

東禅寺前を通り過ぎて、R455へ降りる。森林管理所あたりを攻めてから、旧桜山へ向かう。
緩い坂道が続いて、静かに家が並ぶ良い道。そして榊山稲荷神社の脇に出る。

聖寿禅寺を背にして、バイパスへ続く坂道。今はむしろ色がない季節なのかも。
国土交通省のアパートも相変わらずだ。隣接する岩手大学のアパートも。
陽はすでに低くなり、もうタイムリミット。

ちょっと来るのは早すぎたか?
でも北山二丁目はどこ歩いても楽しめるところだと思った。

(プチ定点観測 フローラルアベニュー大慈清水)
061015nataya.jpg

もう家が3軒ほど建設中。やっぱり町家風ではなかったか・・なんて思いながら。
でもお金があったら、住んでみたい場所でした。

○「どんど晴れ」のさんさ踊りの場面は5月16日放送予定
○盛岡バイパス 上田のスイミングスクールへ入るところに右折レーンができるらしい

061014 ギボーシプラザ

10月14日(土)はれ


お出かけ日和なのに、仕事・・。
うらめしく空と向き合う。

そんな日もあるさ。そんな日ばっかり。
どっちなんだろう?

061014mori.jpg

仕事は終わらず、やがて日が暮れる。もったいない一日だった。

香醤でじゃじゃ。久しぶり。
じゃじゃ麺は好きだけど、おれのソウルは揺らさないんだなあって気がつく。
オレのソウルフードは違うのである。残念ながら。

(秋のさんさ)
061014sansa.jpg

県庁の前を通ったら、さんさ踊りの音。
公会堂と県庁の間で「どんど晴れ」のロケが行われていた。
この時期では寒いことだろう。さんさ踊りの風景を収録しているらしい。
傍目で見ていると、小規模。全国の皆さんがさんさ踊りを誤解しないか心配する。
たぶん、オンエアでは本当の祭りと同じくらいの雰囲気になる撮影テクニックがあるんだろうな。

○メモ 慎之助、百花、珠奈、知優、凛佳、みなみ、綺、柚月、彩花
○杜の大橋は11月17日開通
○サッカー ドーハ・アジア大会代表に山本選手(早大・盛商出身)が選出

061013 岩手公園

10月13日(金)はれ


自分にしてはいいことがあった日だった。
笑顔で癒されて、何気ない言葉にウキウキしたり。
そこらへんにいる普通の女神に感謝。

いい天気でもあった。大沢川原あたりまで歩く。
善隣館の前はすっきりとした状態はそのままで、下水道と電線共同溝の工事。

岩手公園まで戻り、桜山神社の脇へ通じる坂道。
秋がはじまっている中、老夫婦が向こう側に小さくなる。
誰かと歩けば、きっといいことのほうが多いだろう。
どうなることやら、我が人生・・。

夜は飲酒。日付を越えた。うーむ。

(プチ定点観測 MOSSビル)
061013moss.jpg

MOSSビルは柳新道に面した部分に灰色のシート。高弥建設のキャラが登場。
画面にはないですが、隣接する立体駐車場もそれなりの高さになってきました。
入口から見られる状態に。

(きょうの園児募集)
061013chabatake.jpg

水道橋くるみ、さくら、あおばの三点セット。茶畑にて。
くるみ幼稚園も変わんないよなあ・・。

○みかわやは、月1~2回の不定休になったらしい。でも10月は休まず営業
○盛岡を舞台にした朝ドラ「どんと晴れ」のロケが11日からスタート
→山岸の中津川橋が登場。場合によってはブレイク?
○メモ 光咲、一颯、一樹
○こまくさ幼稚園存続の請願は不採択
○サーパス津志田が「子育てにやさしい住まいと環境」(ミキハウス子育て総研)の認定
○吉与の屋根瓦ふき替えは創業以来初らしい。店舗建設からは123年。瓦は約6,000枚使用

061012 岩手病院

10月12日(木)そして概ね晴れ


ふらふらしていると、岩手医科大学の交叉点が変わった風景になっていることに気づく。
岩手病院の部分(1号館)が外壁工事でシートに覆われている。
やっぱり賢治にゆかりがあるから大事にするのだろうか?
医大がいなくなったら、どうなるのかしらん。
清水建設の施工で、予定では12月半ばまでかかる様子。

ネットで調べてみれば、この建物のファザードも昔とは少しかたちを変えている。
上も増築したようだし、正面もちょっと増えている。
新渡戸稲造も入院したことがあるってのは、きょう初めて知った。
やはり由緒はあるんだなあ。

061012hikagamon.jpg

さらにふらふらして、日影門。松園からやってきたバスとすれ違いながら北へ。
斜めになって一所懸命になっているカッパ?はハロウィーン仕様に。
いつだっけなんてくらいの関心度だけれども、心に入って来る。

四ツ家を過ぎて、上田のファルあたりまで歩いた。
暑くも寒くもない幸せなひととき。このまま、どこかへ行きたいなあなんては思う。
でも、それは「思うだけ」。

「思うだけ」ができるだけでもマシかもしれない。
それほど、なぜか時間が足りないこの頃。

(きょうの園児募集)
061012sakura.jpg

本町界隈は子どもがいないのかなあ?ポスターはあまりなくて、ようやく八日町で一枚。
さくら幼稚園を見つける。青に桜のマーク。これも変わんないなあ。
こちらは年と入れるところがブランクになっているので、ストックがあるのがわかる。

○四ツ家にて 「アイビー」が上田堤に移転
061012aibi.jpg

岩手日日新聞の隣にある町家風の建物。10月11日から上田堤に移転。しぶいなあ。
緑が丘動物病院のとなりらしいです。

○岩手県初の併設型中間一貫校を一関一高に導入へ
○「イーハトーブこずかた」は龍澤学館に7,712万円で売却へ
○メモ 美咲、美結、雅樹、颯太、心美、モモ、優大、虹三朗、紅葉、寿樹、美砂、結萌奈

061011 盛岡駅前北通

10月11日(水)くもり


木伏の川原から材木町の風景を眺める。
光原社や駐車場のタワーが目に入って来る。
秘かに入ったことねえよなあ・・なんて、ぼんやりと考える。

材木町はどうしても僕の行動範囲に入ってこない不思議なエリアなのだ。
行きたいお店はあったりするのだが、しばらくごぶさたしている。
このへんの北上川の流れは水路みたいで、人工的な感じがする。
独特な雰囲気を保っているのは、マンションのせいなんだろか。
まっすぐな流れのせいなんだろうか。

061011kitadori.jpg

盛岡駅前北通にも市営アパートがあって、南大通の後輩みたいな感じなるのか。
1階にお店が入っている。ローソンとか橋市武道具とか。
窓の形とかに懐かしい雰囲気が少しずつ匂ってきているような気がする。
いつか惜しまれる存在になるだろう。

そんなふうに忘れられた頃に惜しまれれば、悪い人生ではない。
深い平凡を目指して、静かに消えて行きたい。

と書きつつも、ラジオでは、玄関に灯油のポリタンクを置くのは風水的に良くないと。
本の平積みも同じくよろしくないという。両方ともクリアしているオレって・・。
まずはポリタンクを玄関から撤去する。置くところないので台所にとりあえず。
まだ欲望から離れられないことに気づく(笑)。

(きょうの園児募集)
061011nioyochien.jpg

10月になれば幼稚園の園児募集の季節。
馴染みのポスターたちが街にあふれる。朝顔の向こうにあった仁王幼稚園のポスター。
緑色の枠に文字だけのシンプル系。観察を始めた頃から変わらない。
こういうの10年分くらい刷っているだろうかってくらい変わらないよな、ホント。

○9日の岩手山初冠雪 例年より4日、昨年よりは15日早い
○メモ 禅生、哉太、みのり、結子、遼人、菜穂、暖陽、樹
○岩手競馬 南部杯の売上は4億4391万円で前年比で22%増
○セブン銀行と岩手銀行のATM提携がはじまる
→とはいっても盛岡にセブンイレブンはありません・・
○第61回国民体育大会 岩手県は天皇杯で34位

061010 映画館通り

10月10日(火)はれ


ある日を境に突然自分が生まれ変わるなんてことはない。
社会人になったからといって、三十路を越えたからといって
たどり着くまでの期待値ほどの感動は案外なかったりする。

「こんなもんか」

そんな感じで人生の節目を通り越してきた。
そして振り返ったときにこそ、その大きさに気づくわけだ。

寝坊して目覚める。しまりのないの朝。
悔しいから、とっておいた新しい靴を衝動的にデビューさせた。
せめても・・のって思いで。

061010odori.jpg

動き出せば、少しずつ自分の中のエンジンはこなれてくる。
お昼頃にはいつもの自分を取り戻す。

大通に出てみれば、社会実験の駐車帯を自転車駐輪場にしている風景。
さわやの前あたりは効果があるかも。やや広々としていた歩道。
MOMOのほうで一冊漫画を買う。

061010lilio.jpg

数日前からリリオではじまった「シネ街ック展」。
無料かと思ったら、200円かかるとのこと。それならじっくりと見たい。
また今度ということにして、見送る。
昔の映画館通りが復刻されているらしいのだが・・。

ちいさな幸せも少々。そんな積み重ねを大事にして行きたい。

061009 西青山二丁目

10月9日(月)はれ


この前、くもりで今ひとつだった西青山の交叉点からのショット。
3連休の最後の日は、あおぞらに恵まれた。バスに乗って月が丘二丁目まで行く。

061009tukigaoka2.jpg

月が丘二丁目は、シティ青山・月が丘幼稚園・盛岡少年院など大型施設が集まる。
そして県営備後第一、県営月が丘、県職員や国家公務員のアパートもある。
だから広さの割には番地は少なくて、比較的楽に歩みを進めることできるところ。

グッとくるのは、月が丘児童公園周辺だろうか。
もりしんのアパートはそのひとつ。この建物には「2」とある。
ならば「1」があるはず。ちょっと本腰を入れて探してみるが、見つけられない。
半端に消えてしまったのだろうか?またそれがいいのだけれども。

公園前のお店の集合している建物も良い。みたけ台団地が出来た頃は賑やかだったのだろうか。
そんな昔日のことに思いを馳せることが出来るからだ。

061009nishiaoyama-yamazaki.jpg

道路を渡り、いよいよ最後の残された難関である西青山に足を踏み入れる。
広くて、複雑な道がはりめぐらされていて、簡単にはクリアをさせてくれないところ。
まずは二丁目、中央自動車学校あたりから始める。
ここキャメルだったよなあ・・。ヤマザキショップに変わっていた。
でも、しあわせな変わり方のほうだろうな。

位置関係がわからなくならないように小諸葛川を指針に歩みを進める。
でも、そのうちにどこがどこだかわからなくなる。
ホントおそるべし西青山。

061009nishiao2-nochi.jpg


やがて、西青山二丁目児童公園から懐かしい道に出る。
右手に農地が残っていて、正面にシティ青山が見えるところ。
ここ結構好き。緩やかに登って行くところとシティ青山がビシッとはまってくるところが。

パーラークエストが工事中のバス通りからぐるっと回って、遠藤酒店あたりから三丁目に入る。
マルマサ跡地は跡地のままだった。

長橋町に隣接する長畔団地から攻めるが、案外一筆書きには歩けない。ロス。
さらにその先は何をいわんや。
完全に自分がどこにいるのか見失う。
なんとなく見覚えはあるだが、果たして同じ場所なのか確信が持てない。
そんな不思議な風景がつづくところなのだ。三丁目は特に。

061009nishiaoyama3.jpg

諸葛川沿いには久しぶりに来た気がする。
朝からラジオで言っていた岩手山の初冠雪。ちゃんと確認できた。
3回降れば、里にも来るんだっけ?ああそんな季節ももう近いのか・・。

五時まで明るいつもりだったが、そんなことはなかった。
やがて日没。ギリギリで西青山をクリア。これでゴールは見えてきたか。

帰りも月が丘二丁目からバスに乗る。
やがて誰もいなくなり気まずくなりながらも、暗闇のバスセンター脇にバスは滑り込んだ。

○矢巾の県立産業技術短期大学校は今年で10周年
○秋季高校野球東北大会 盛岡大附8-1仙台一高
○松尾の丸勘商店が創業85周年。発祥は仙北組町とのこと

061008 永井

10月8日(日)雨気味


数年ぶりに都南図書館に足を運んだ。
以前、住んでいた頃はよく通っていたものだ。高松よりはこっちが綺麗だったし。
当時からカード式だった。

そこから飯岡駅口までちょっと歩いてみた。
大きな電話交換所がまずあって、その先には心細くなる道が続く。

061008shimai.jpg

この筋で心に残る店名は「理容 姉妹」。「美容 姉妹」ならわかる気もするが、そうではない。
やってなそうな回転寿司、支所になった元都南商工会。ちょっと古めの薬王堂。
鴨助堰を越えて、小笠原不動産鑑定所。
このあたりから拡幅の気配がしてくるが、まだ未整備。
ふじみ食堂が孤軍奮闘しているほかは、この交叉点をめぐる風景は変わっているようだった。

飯岡駅までの道も以前来たときほど進捗していないように見受けられた。
今はむしろr120沿いのほうが工事が進んでいるみたい。

061008taga.jpg

同じ道を引き返し、ブックス多賀の文字に惹かれて、団地の中へ。
こんなところにも普通の本屋さんが頑張っていた。
その昔ローソンがあったところを曲がる。このあたりは多賀ニュータウンというらしい。
神社から採られた名前なんだろうか。

平和に都南中央公園とキャラホールの前に出る。
雨はぽつぽつと降り続ける。何か嫌になってしまい、僕はそのあとの旅をやめた。
明日は晴れの予報。そのとおりなればいいのだが。

○その後、適当に湯沢あたり。林檎落ちていました
○中野二丁目 かつての武蔵貨物あたりは、宗教法人の駐車場へ
○大通で10日から 駐車帯10台分が駐輪帯へ
→去年に続く実験のようです
○八幡町が電線地中化へ。事業は5年計画
→完成予想図を見るとかなり変わりそう。ちなみにこの道、市道中ノ橋通一丁目八幡町線といいます

061007 茶畑二丁目

10月7日(土)雨


強い雨と強い風。つづく。
世の中は大荒れだったらしく、緑が丘一丁目のアパートの屋根がめくりたり
イベントの類いが軒並み中止に追い込まれたりしていた。

そんな中で、河南中では文化活動発表会が開催。
合唱コンクールは終わっていて、ちょっと残念。早起きしなきゃだね。

体育館は2階にあって、戸惑う。なかなか複雑な構造だ。
中は広くて、金色の文字で「自立 協力 向上」が真正面に。
生徒の数は寂しいってほどではないが、男子と女子は左と右に分かれていた。
やっぱり時代なんだろうか。女の子のほうが元気。
キューティーハニーなどを聞く。 

061007jikanwari.jpg

各教室では展示が行われているわけだが、生徒は体育館にいるから校内は静かだった。
学校という組織を離れて十年以上過ぎると、この場所が独特な世界であることに気づく。
あの頃は、この世界が中心で、すべてに近かったけれども。

時間割、黒板、職員室、図書室・・。
学校オリジナルなものがとても特別なものに思えた。

061007roka.jpg

僕の中学時代は悪くはなかったと思う。人にも恵まれたし。
でもネガティブな部分もあの時代に作られた。
そんな部分が大人になってからも時折、顔を出す。

だからといってあの頃に戻りたいとは思わない。
やり直しても、たぶん納得の行く成果は得られることはないだろうから。

現在を生きるしかなくて、抱えて、乗り越えていくしかない。
来年は、早起きして「大地讃頌」を聞こうと思う。

○ちなみに課題曲は1年生「夢の世界を」、2年生「若人の歌」、3年生「いざたて戦人よ」
○河南中は各学年4組まであった
○メモ 鈴菜、美咲、結月、悠貴、大成
○県教委がこまくさ幼稚園の2008年度末に閉園する方針を決定

061006 中央通一丁目

10月6日(金)雨


季節がまた一歩進んだ。今こうしてキーボードを叩く部屋はちょっと寒い。
Tシャツだけの日々は終わりを告げた。

正しい雨が降った日。傘は手放せず。
このまま連休前半も降り続けるらしい。平和に普通に降ってくれれば良いのだが・・。

夏から自分に課したノルマ。進捗率は95%というところか。
これだけ頑張ったのは仕事に就こうとしていたとき以来。
でも、その成果を出す日はやってきそうにもない。

どこにゴールを設定しているかで、伸び具合は違って来るそうだ。
就職や合格に置いている人間とその先の次元に置いている人間とでは余力に差が出るから。

最初の気持ちを少し思い出さなくては。
そういう意味では明日の雨は僕にとっては、必要な時間をくれるのかもしれない。

061006id.jpg

大通ではミステリー映画祭とともに、こんなのが揺れている。
盛岡にもお財布ケータイの時代が少しずつだがやってきた。
お店のリストを見ると、オレが行くのは佐々木電機とさわや書店くらいだろう。
せっかくだし、今度使ってみるか・・。

でもケータイで買い物するというのは抵抗がある。スイカはまだいいのだけど。
テクノロジーについていけない人をどうしてなんだろうと思ったいた若い頃。
今なら、その気持ちを少しは汲み取ってあげられそうだ。

○盛岡地裁の301号法廷が模様替え。裁判員制度に対応したもの
○メモ 琉、武史、颯、広貴、健太、萌亜奈、愛未、洸太、旭稀
○岩手県の議員会館のパソコン環境がISDNから光ファイバーに変わるのだとか
○柳家が年内にも矢巾店をオープン

061005 油町

10月5日(木)はれ
(リニューアル二題)


油町のシンボル・吉与。
屋根の瓦がなくなっている。職人さんが青空のもとで作業。
そんなに高い場所ではないはずだけど、実際にあそこに立ったら足がすくむのだろうな。
ファザードもシートで覆われている。
どれくらいの古さかはわからないけど、もう少しいてほしい建物ではある。

061005mituishi.jpg

そこからジョイスを挟んだ場所にあるのが三ツ石マンション。
三ツ石神社の真ん前にあって、屋上の昔風の宇宙船のような給水タンク?があるところ。
こちらも緑のシートに覆われており、塗装が新しくなるようだ。
周辺の車はビニールに包まれて、それはそれで奇特な風景を作っていた。

061005honchodori.jpg

体にガタが来たなとリアルに思った経験はない。
でも、そんなボーダーを越える日は遠い向こう側のことではない。
そのときのためにできることをやっておく必要がある。
人間は修復はできないから。

○盛岡労働基準監督署管内で死亡事故がこれまで6件発生で緊急要請
→休業4日以上の労災事故も8月末で472件で増加傾向
○メモ 花梨、柚良、美羽、優衣、心乃、颯晴、穂乃実
○断水事件関係
 標高 東黒石野1丁目(195m)、厨川地区(170m)、みたけ地区(155m)、青山3丁目(141m)

061004 南大通一丁目

10月4日(水)それから晴れ


まあ、毎日は毎日続くわけで、南大通を待ち時間なしで渡れれば、ちょっとしたラッキーな日。
幸運の総量が誰もみんな同じだとしたら、こんなところで使いたくないなとは思う。
でも、幸せなんてモノはどう感じるかにもよる。

「前向きに」。

自分に欠けている部分。一休さんでも見習うか・・。

061004terebi-iwate.jpg

中ノ橋通からテレビ岩手。何か変わっていますよね。わかりますか?
7階にある新しいスタジオからは岩手山が見えるという。
眺めの良いオフィスで仕事をしてみたいもの。
住居も仕事場も高い場所とは、とことん縁がない。
生まれづいての低層階体質。

やがていいそらに。嗚呼、秋。

061004matuo.jpg

あるオファーをいただく。少し悩むが断る。
くぐってしまえば、簡単なコトに過ぎないのだろうけど、気力体力に自信がなかった。
また次はないのはわかっているけど、今は違う気がした。
そんな選択の結果の積み重ねが今の僕である。

○盛岡市中心市街地活性化協議会の設立準備会が3日に開催
→11月中の設立へ。改正まちづくり三法では国の認定がないとなかなか大変らしい
○上田四丁目の野方建設が倒産。負債額は今年最大規模の26億円
○岩手県人事委員会が給与据え置きの勧告
○メモ 翔睦、凌馬、弦人、鈴々、友生、悠吾、柚乃、悠人、心菜、圭吾、恵美佳、悠真、禅、諒汰、絆希、壮太、大翔
○資源集団回収活動優良団体
・回収重量の部 最優秀賞 西青山3丁目町内会、優秀賞 黒石野平地区子ども会・月が丘1丁目町内会
・回収率の部 最優秀賞 道明町内会、優秀賞 東黒石野ニュータウン自治会・田ノ沢町内会
○松園第二配水場の緊急遮断弁が誤作動。1万3000世帯で断水
→東黒石野、厨川、みたけ、月が丘がつづいているんですね・・

061003 菜園一丁目

10月3日(火)くもり


今こうして「菜園」って文字をぢっと眺めてみた。
この街のイメージってのが「大通」や「内丸」や「開運橋通」と比べると、はっきりしない。
しなくてもいいのだが、なんか曖昧なんだよなあ。

川徳はあるし、町の真ん中ではあるけれども、
自分の中ではどうもしっくりと一言でいえるイメージがない。

昼飯をかろうじて確保して、曇り気味のそらを歩く。
坊主頭の赤い羽根募金の風景を見ながら、僕はまた待つ仕事へ戻って行くのだった。
冬服の世界になり、盛岡の町は一気に黒っぽい感じになってきた。

朝のラジオのパーソナリティは全国放送もローカル放送も男の人の声に変わった。
こっちの気持ちはどうもパリッとしない。

(きょうのMOSSビル)
061003moss.jpg

前よりは四角っぽくなったような・・。

○松園商工会が「松園議会」を発足へ
○自民党県連岩手1区支部長の公募 応募は3人。29日に結果発表へ
○メモ 千種、美緑
○フェザン南館「自然食バイキング・めぐみ会いわて」 ランチタイム 大人1,575円(税込み)
○兵庫国体 山岳 少年縦走で盛岡南高校のコンビが優勝(2日)
○岩手競馬の上半期売り上げ実績 168億2900万円(前年比 6%減)
○戸田久の「姫神生めん工場」が玉山区芋田に落成

061002 南大通二丁目

10月2日(月)おおむね雨


なんかしっかりとしっとりと雨。
去年はずっと週末が雨だった。そんなふうにならなきゃいいけど。
フラッグアートが揺れる肴町を抜けて、十三日町から南大通に出る。
まっすぐ行けば大慈寺という選択肢もあるけれども、このあたりが限度。
このあたりは街並としては目立ったモノはない。でも、やっぱりここにも暮らしがある。

バスセンター方面へ進路を取る。大慈寺口バス停で立ち止まっている人をみかける。
「そこはめったにバスは来ませんよ」とアドバイスしてあげるべきか悩んだけど
なんとなくいいそびれる。雨の日はためらいが顔をのぞかせる。

061002kananchu.jpg

これは河南中学校の文化活動発表会のポスター。ものものしい行事名だこと。
「真骨頂~見せろ河南の底力~」とのこと。
たまたま岩手日報の夕刊に河南中の3年3組の学級新聞が掲載されていた。
このときに行われると思われる合唱についての記事だった。夏休みも練習するんだ・・。
それにしても、男子が練習にまじめに参加しないとか、昔も今も変わらないんだな悩みは。
合唱コンクールは、やけに思い出深くて、校歌は忘れても大地讃訟は覚えていたりする。

ちなみに河南中は生徒425人とのこと。
合唱、ボランティア、応援を三本柱にした文化活動がさかんらしい。
応援って誰にするのだろう?

061002isu.jpg

慌ただしく月曜日は駆け抜けて行った。前へ少し進む。
やっぱり一歩一歩。

(今月の大慈寺児童センター)
061002daijiji.jpg

秋は運動会っす。小学生の頃は学校の運動会より地区別の運動会が好きだったなあ。

○法テラス岩手は本日サンビル2階にオープン。弁護士4人を含む11人体制でスタート
○中野一丁目の人口は1,058人(2005年)、標高127m
→なんてことが下のホームページで調べられます
「地図インフォ」http://info.jmc.or.jp/

Template Designed by DW99