070731 穀町

7月31日(火)くもりのち一時雨もやがて晴れ


夏休みも本格化。昼間の街中でも子供の姿が目立つようになって来た。
きっと、これが貴重な時間だとは知らずに生きているんだろうなと思う。
でも、夏休みに限らず、人生の一瞬一瞬はそんなもんかもしれない。
大人になっても、そういう思いを繰り返して、どこか遠くへ消えていくことになるのだろう。

070731moss.jpg

昼頃まではくもりぞらベース。明日からは、さんさ。
雪駄、足袋、腰紐なんぞ購入。高っ!
東大通には、いろんな印刷をしてくれる「いろは」が開店していた。
MOSSの2階には開店してしばらく経つが「HERO'S BASE」。眼鏡屋さんの隣。
これで埋まった感じだろうか。

070731kaiunbashi.jpg

もう7時にはかなり暗くなる。
昨日からはじまった開運橋ライトアップを見に行く。
時間が早かったかな?LEDの光は確かにアーチ型の橋を照らしていた。
綺麗な写真は、どこかで、誰かがすごいカメラで撮影されるでしょうから、そこで鑑賞してください。
私はそこそこのカメラで不来方橋から遠目で。
ライトアップは8月31日までの午後7時から午後10時まで。

(ブログ拍手に見る7月のイワテライフ日記)
○松園展望台が人気があることを知った七月でした。
もりおかの坂 その50(松坂) 5.6% 15
070630 松園の展望台 4.9% 13
もりおかの坂 その33(高松の坂) 4.9% 13
もりおかの坂 その35(柵坂) 4.9% 13
070724 岩手管工事会館 3.4% 9
もりおかの坂 その38(上田堤の長い坂) 3%  8
もりおかの坂 その32(学び舎坂) 2.6% 7
もりおかの坂 その36(下町坂) 2.6% 7
もりおかの坂 その43(兄坂) 2.6% 7
もりおかの坂 その48(田屋前坂) 2.6%  7

○デンコードーが来年3月末までに「ケーズデンキ」に店舗名を統一
→東北人としては、やや寂しい気持ちも
○全国高文祭@島根で岩手高校将棋部が3位。県勢としては11年ぶり
○大通の「盛岡市つどいの広場」の愛称は「KOKKO(こっこ)」
○岩手大学構内に盛岡市産学官連携研究センター「コラボMIU(みう)」が開所
→17企業が入居(入居率約6割)。事業費は約5億円
○月が丘小学校にも万灯祭があるんですね
○第21回参議院選挙比例区 盛岡市の確定得票
 維新政党・新風  296
 社民党      8,357
 公明党      9,755
 9条ネット    572
 共生新党     223
 共産党      8,920
 国民新党     1,914
 自民党     28,964
 民主党     75,858
 新党日本     2,655
 女性党      1,178
○市長の日程(31日)ハンギングバスケット設置日本一達成報告会、おもてなしクリーンアップ作戦出発式、まちづくり懇談会

もりおかの坂 その53

もりおかの坂 その53 内科坂(永泉寺坂)<仮称>


松尾町と大慈寺町の境の坂。
上小路から下町へは曲がらずに、旧三浦内科医院の建物へ向かう道です。
文字が建物の色と同じ色に塗られた病院の建物はアクティブではないけれども、外側はそのまま。
永泉寺のもうひとつの入口もあって、そこまでは車が入ってきます。

070727naikasaka2.jpg

そこからは車が通ることがない道。
漫画に出てくるような雷の道筋がキュートだったりします。
お寺側の壁は石垣+竹風の柵+生垣。
風情があるようなないような不思議な空気をかもしだしています。
まあ、確かに傾斜があるのです。

坂の出口は水原町。木造の家はかなり減りましたが、落ち着いたたたずまいの道。
水原さんの所有地から取られた名前です。

ここは、自分の中では「内科坂」なんですよねえ。なぜだか。

070730 ござ九

7月30日(月)くもり


くもりぞらの一日だったけど、微妙な気温で、冷房がないところにいたから体は汗ばむ。
仕事が終わり、ふらり紺屋町へ。
ござ九を遠目から眺めた。あれは「うだつ」だっけか?カッコいいな、あのライン。
ここが不燃ゴミ集積場所だったとは、はじめて知る事実。

070730iwatekoen.jpg

岩手公園の広場では、さんさの特設会場のセッティング。
スペシャルロードってことで、伝統さんさや入賞団体の踊りが披露される。
阿波踊りなんてのは、こんな感じじゃなかったかな。

070730fujisaki.jpg

映画館通りに出れば、我が心の「そ」的存在である藤崎盛岡店(北東北営業担当)が移転。
30日からヒグチビルから、駅前の小岩井・明治安田ビル5階に。
仙台的な要素が、この町から少なくなるのは、やや寂し。

さわや書店のMOMOも2階は閉鎖。売場変更とのこと。
なにか新しい展開でもあるのか?

○参議院選挙岩手選挙区 盛岡市での確定得票
平野 達男(民主)88,265
千田勝一郎(自民)32,393
伊沢 昌弘(社民)13,257
若山 明夫(共産)8,528
○衆院選岩手1区補選 盛岡市(旧)での確定得票
階  猛(民主)85,326
玉沢正徳(自民)41,682
瀬川貞清(共産)9,138
○盛岡市の参院選の投票率は60.53%(前回より1.34アップ)
○期日前投票 岩手県は101,036人(前回参院選の1.51倍 過去最高)
○東北銀行盛南プラザ支店は8月6日オープン
→とうぎんローンステーションも夕顔瀬支店2階から盛南プラザ支店2階に移転
○第31回北上川ゴムボート川下り大会(29日)1,119艇、2,238人が参加
○岩手競馬 第8回フェアリーカップ サイレントエクセル(板垣吉)<29日>
○市長の日程(30日)庁議、盛岡市産学官連携研究センター開所式、各部等の運営方針に係る市長ヒアリング、開運橋ライトアップ点灯式

070729 国道455号

7月29日(日)はれのちくもり時々雨


午前中はまあまあの天気だというから、ちょっとだけ歩いてみた。
数年ぶりに栗山大膳の墓を訪ねたりする。
大膳さんのとなりに大吉さんのお墓があるとは発見だった。
登りきると、広大な墓地がある。恩流寺の墓地らしい。そして聖寿寺も。
そして盛岡市火葬場がつながっている。

へえへえ、と思いながら、バイパスに下りて長い坂を登る。
国道455号との立体交差。三ツ割が始まる風景を眺めた。

070729kitayama-t.jpg

久しぶりに南部家墓地の空気を吸う。長い階段の向こう側にある静かな情景。
平成の年号を刻む墓石もあるということは、リアルであるわけでだ。
盛岡で南部さんという人には会ったことはないけれども。

旧桜山はやっぱり素敵な場所で、再び盛岡バイパスに出る。
こちら側の北山トンネルの入口もプレートが設置されて準備は万端だ。
来年には、見違える風景になっているに違いない。

きょうは選挙。いつもの投票所で一票。
3種類も書くのは、大変だなあと思いながら、めったに握ることがなくなった鉛筆を動かした。

(あれからの貯金事務センター)
070729chokijimu-c.jpg

志家町の盛岡貯金事務センターは正面はこんな感じで何も変化がわからない。
裏側にまわれば、結構消えていることを知る。

○第21回参議院選挙
 岩手は平野達男氏(民主)が再選。衆院選岩手1区補選は階猛氏(民主)が初当選
○県立中央病院で増築工事中
→バス停近くの自転車など置けたスペースは現地事務所に
○盛岡市の開票所は盛岡市体育館
○先人記念館が20周年記念式典<28日>
○岩手競馬 第1回風鈴賞 ノーブルウィング(村上忍)<28日>

もりおかの坂 その52

もりおかの坂 その52 四ツ家の教会坂<仮称>


四ツ家教会から三戸町方面へ、ゆるりと下っていく坂。
盛岡北部へ向かうバスが頻繁に通る盛岡的には重要な道路のひとつ。
坂の途中には司法書士会館があり、晴れた日には川口印刷の駐車場ごしの岩手山。
銀杏並木もそれなりに・・と楽しめる坂ではあります。
傾斜は緩やかですから、自転車でもそのまま登っていく人が多いようです。

070727kyokaisaka-yotuya2.jpg

やはり、この坂の風景を作っているのは、四ツ家教会。カトリックの教会。
十字架が空間をひきしめている感じはする。
願わくば、ゴシック風時代の建物でこの風景を見たかった気もするが・・。

070728 材木町

7月28日(土)くもり一時土砂降り


まあ、いろいろと仕事がたまっていたので、休日出勤なるものをする。
よほど神様が驚いたのか、窓の向こう側で土砂降り。
慣れないことはするものではないな・・。

夕方、あーだこーだで材木町。酒買地蔵さんのお祭りとも重なって賑やかではあった。
でも、なぜか個人的には縁がない場所である。そのまま通り過ぎてしまう。
夕顔瀬橋まで来れば、「最後のお願い」をする候補者。
そういや選挙だったなあ・・という感じ。

駅前北通を進むと、どこかで見たロゴのお店があった。
「胡洞」である。盛岡にいなかった頃は、東見前に当時あったお店でよく食べたものだ。
やや懐かし。

070728otesaki.jpg

こちらは大手先の入口。
ドマーニ内丸も売りつくしセールなんてのをやっている。どうなるのだろう。
この筋、東家の隣も工事しているし、ここ数年で結構変わっているところだと思う。

(短期連載 とことん都南2007 最終回)
070722kyoduka.jpg

説明しづらい場所なんですが、岩手飯岡駅入口から永井郵便局方面へ。
水路が交差しているあたりを、それに沿いながら歩いていく。
すると「経塚荘」という素敵なアパート名の白い建物が見えてきます。
その近くにあるのが、れっきとした史跡である「経塚」。
仏教の経典を経筒に入れて埋めた塚らしいです。
もう、塚というよりは土の盛り上がりという感じで、風化しています。
そこがまたせつなくて、なんかたまらない気持ちにさせてくれるスポットだったりします。

○東北新幹線の次世代車両が導入されると、東京~盛岡は2時間を切ることになるかも・・らしい
→2010年度末の話
○盛岡まち並み塾が「浜藤私邸」の取得を断念
→酒蔵2棟は取得の方向へ。なんでも結構改造されていたり、部材が移築に耐えられない状況
○ミスさんさは、今年で30代目
→昨年のミスさんさのPR活動は150回超。結構大変です。

070727 南部土地株式会社

7月27日(金)晴れ


映画館通りに出て、北側(中央通方面)を眺める。
密かに坂じゃん(笑)。
しかし、いつもと風景が違っていることに気づく。
映画館通りで唯一古そうな建物である南部土地の建物がシートで覆われているではないか。

070727nanbutochi.jpg

裏側にまわって確認すると、中はいじっているようす。サヨナラか?
保存ってほどの建物ではないのかもしれない。
でも、この大通かいわいを開発した由緒ある会社が変わろうとしているのであれば、しみじみ。

070727odori.jpg

今週は、ずっと良い天気だった。
急にやってきた夏にとまどいながらも、お盆までと数えてみれば、残された時間はさほどない。

夜は善隣館でシューベルト。
ピアノソナタ第13番にしびれる。

(短期連載 とことん都南2007 その5)
070722mimae-nagai.jpg

それから、ボクは見前小学校まで行き、学校の角を曲がる。
宅地的風景の境目を進んで、小さな川(正式には鴨助堰)を渡る。
その流れに沿いながら続く道。結構好きな道。ここらは永井になる。
ずっと行くと多賀神社。あの狛犬にも、しばらく会っていないなあ。元気だろうか。

○駅西口のラウンドワンは8月10日グランドオープン
→それを告げる県交通のバスが盛岡の町を走りまくってます
○柳新道の「代一元」は7月7日から八幡町で営業中
→どっかで見た店名だと思っていたんですよねえ・・
○大工町町内会 全世帯約290のうち、マンション・アパートが188世帯
○第1回「盛岡夏まつり・さんさ踊り」(1978年)
→太鼓150個、参加総数1,500人、約15万人の観客
○2008年度教員採用候補者選考試験(一次試験)2,024人が筆記試験を受ける
○矢巾の徳丹城跡に徳田小学校の旧校舎廃材が埋められていることが発覚
○月が丘幼稚園が31日付で、県内3番目の認定こども園に
○市長の日程(27日)国予算に対する統一要望(国交省、議員会館)

もりおかの坂 その51

もりおかの坂 その51 第四山王バイパス坂<仮称>


小杉山側の山王橋から東新庄へ下っていく坂。
このあたりらしく、まあ目立ったものはないというか、堅実な風景。
山王橋を囲む4つの坂の中で、そういう点では地味かもしれません。
ただ、橋へたどり着くあたりの風景は、この坂が4つの中で一番素敵です。

070716sanno-bp-daiyon2.jpg

傾斜は、4つの中では比較的緩やなほう。
若かりし頃は登りきった記憶もあるようなないような。

この先は東新庄。盛岡の隠れた名坂王国へ誘う道。
だから、意外に使っている方かも。

ちなみに第一は南部会館からの坂、第二はその反対側。
第三は中野から小杉山に登る坂、第四は今回紹介の坂。
と、勝手に名付けていますのであしからず。

もりおかの坂 その15(南部会館から登る坂)

070726 大正館前

7月26日(木)快晴


善隣館に用事があって大沢川原まで。
大沢川原の道路拡幅工事は大正館前の交叉点で工事中。
アスファルトが剥がされて、あーだこーだとやっている様子。
善隣館の建物は、正式には「日本基督教団 奥羽キリスト教センター」という。
環境に配慮している旨の看板があった。外断熱工法の採用等。

宣教師館を曲がり、イーハトーブこずかた跡が「MCL教育会館」として再スタートをきっている。
このあたりも龍沢関係の施設が多いので、若い子たちがたくさんいる。
でも、余計なことをして、美しさを失っている人たちが多いよなあ・・。

最近、気になっているのはMOMOの動き。
さわや書店の2階に一部の漫画本(少年系かな?)が移動している。
専門書のスペースは減ったなという印象。何かの前兆かな?

きょうも晴れ。真夏日。個人的には爽やかな暑さだと思ったが・・。

(きょうの地図)
070727odori-chizu.jpg

大通三丁目の三田さんの駐車場にて。
ミドリヤが開運橋のそばにあった頃の地図。別な会社の手書き版。

(短期連載 とことん都南2007 その4 十文字屋)
070722jyumonjiya.jpg

さて、北野神社を抜けて、北へ歩いていくと、整備されたなという道に出ます。
両側を見渡して、信号がある交叉点を目指します。そこが十文字屋。
たぶん、ここにあるから店名がそうなんでしょうね。
特に、この十文字に名前はついていないようです。
しかしながら、画面左に行けば見前小学校、右へ行けば盛岡南高校。
画面の奥、まっすぐ進めば、国道4号(カネマンあたり)。
それなりなジャンクションです。
たまに来ても、ここは見覚えがあるので、印象には残っている場所なんでしょう。

○柳新道の「29」はFROM HEARTの地下1階へ移転。8月上旬オープン予定
○盛岡天満宮の文墨展は今回で64回目
○北陵中(生徒767人)の半数が、携帯電話を使用(本人、家族名義を問わず)
○久慈琥珀が仙台に支店。東映ビル1階
○上ノ橋町の「ル・グラン・ブルー」は津志田から移転
○市長の日程(26日)IES外部監査(クロージングミーティング)、盛岡市介護保険運営協議会、盛岡市青少年問題協議会

もりおかの坂 その50

もりおかの坂 その50 松坂


名須川町の赤坂病院と北山交番の間からはじまるのが松坂。
ちゃんとした名前がある坂道のひとつ。
交番付近は確かにちょっとした坂になっていますが、
報恩寺の生垣からは、歩いていると平坦な感じすらしてきます。
やがて、また坂らしくなってきて、山田線の小本街道踏切で一区切り。
そんな二段構えの坂です。この先は、泣く子も黙る三ツ割の「たんぞう坂」が待ち受けています。

070724matusaka-iriguchi.jpg

松坂の由来は、街道筋の松並木が盛岡名所のひとつだったからとのこと。
昔は、上田~法泉寺~願教寺~報恩寺~盛岡というのが、メインルートだったそうで
松坂は北から来ると、最初の宿場町だったらしく、遊郭までもあったそうな。
その関係で、三ツ割の金刀毘羅さんも賑わった。

今では、そんな面影はなくて、国道だから車こそ多いものの、坂を囲む風景は結構普通です。
夢の跡ってあるわけで、栄える場所があれば、衰える場所もある。
それはいつの時代でも変わらないのだなとしみじみなんかするところです。

070724matusaka2.jpg

「もりおかの坂」も50回を迎えてしまいました。
まだ、あそこやあそこなんかも行っていないのに、どうしよう・・という感じです。
ここで紹介している坂のほとんどは「無名坂」(名前がない坂)です。
ということで、皆さんが実際に呼んでいる愛称なんかを教えていただければ嬉しいです。

やってみて、意外だったのは坂に想いを持っている人が多いことです。
このブログについている「ブログ拍手」を見ると、本編より好評のようです(笑)。
当面は100坂。季節が良い秋ぐらいまではがんばる予定ですので、よろしくお願いします。

もりおかの坂マップ

所信表明のようなもの
もりおかの坂 第1回 谷小路坂

070725 中央通一丁目

7月25日(水)はれ


盛岡も通り抜けることができる細い路地ってのは、なかなかありそうでない。
中心部では、中央通一丁目の笹川ビルや村上ビルが作っている、この空間が代表選手か。
シネマ横丁と呼ぶが、ピンと来る人はそんなにいないはずだ。

梅雨明けでもしたような空が放つ厚さから逃れるように、「外小路左近」側から入る。
怪しげな雰囲気は昼も夜も変わらないなあ・・というイメージが自分の中にある。
ふと立ち止まると、白い看板に「ヒョッコリ」の文字が目に留まる。
味わいある絵だと思って、矢印の方向を見る。
「ヒョッコリフルギテン」と看板。「フルギテン」というカタカナも美しいな。

光が強い方を見ると、中央劇場の一部を背景に大きなバイクが停まっていた。
映画館通りはすぐそこ。

(きょうのイワマ)
070725iwama.jpg

17日付け以来の掲載です。いつの間にか綺麗な更地になっていました。
地下を見るのを忘れたなあ・・。さんさ前にほぼ終了というところでしょうか。

(短期連載 とことん都南2007 その3 北野神社)
070722kitanojinjya.jpg

盛岡南高校の大きな体育館が見えるT字路を北へ。このあたりも風景が広がっているところ。
高屋敷堰を渡り、再び突き当たり。適当に右に進路を取れば、鳥居が見えてきます。
これが、西と東の見前鎮守(村社)「北野神社」の入口。

境内に入ると、神社らしくない開放感みたいなのがあります。
平地にあるせいのかなあ。見渡すと、社務所に上通公民館が併設されています。
そのそばにはサッカーボールの形をした遊具。
神楽をやるところは、2箇所も。見たことないですけど宮崎神楽ってのがあるようです。

敷地のほぼ中央に鳥居が立ち。また、それがディファレントな感じ。
日影がないよなあと思っていたら、もう一つの出口あたりに大きな根株があることを思い出しました。
宮崎の大杉(樹齢800余年)ってのが、昭和40年まで存在していたそうです。
このあたりは、昔ながらの見前な雰囲気が残っていそうな境界線なんじゃないかな。

○第30回盛岡さんさ踊りは過去最高の216団体
○サイクル・オダシマの創業は大正8年
○中河の創業者が屋台を始めたのは昭和30年2月22日
→現在地にお店を出したのは昭和43年。4月から3代目候補がデビューしたそうです
○盛岡市議会議会制度検討委員会 政務調査費 376万7338円の自主返還を合意
○市長の日程(25日)盛岡市戦没者追悼式 

もりおかの坂 その49

もりおかの坂 その49 小山坂<仮称>


盛岡の東にある素敵な町、東山一丁目。
ファルの裏手からうねうねと歩いていくと、東山荘というアパートがあります。
そこが小山(こやま)観音への入口。

最初、その果ては見えないのですが、
一度軽くカーブすると、茶色の瓦屋根が緑の中に見えてきます。
見た目は緩やかそうですが、長さがあるので坂としての手応えはあり。
すぱっとまっすぐでない道筋も歴史を感じさせてくれます。
ただ、周辺の建物は典型的な団地にあるような建築物なんですが・・。

やがて左手に生け垣が現れ、鳥居が近づいてきます。

070716koyamasaka.jpg

小山観音は盛岡三十三観音の第九番札所。
新庄観音とは姉妹関係にあると伝えられているのだとか。
観音様と坂はダイレクトにはつながっていなくて、別の脇道から入るようなスタイル。
そこで坂とはやや高度差ができるので、
鳥居あたりから坂を見下ろすと、いわゆる南昌山たちがつくる屏風のような山並みたち。
なかなかの絶景です。

ここは素直に「小山坂」。問題ないでしょう。

070724 岩手管工事会館

7月24日(火)はれ


きょうも晴れた。まあ、いろいろあった。

赤坂病院や赤坂商店に囲まれている交叉点から伸びる坂道は「松坂」という。
人通りは少ないけれども、学校帰りの女子高生、夏休み前の小学生なんてのとすれ違う。
踏切までこれといったものはないのだけど、目立つのは岩手管工事会館。
角度の大きい三角屋根が印象的な建物だ。

その手の業界団体があるんだろう。管工事の世界ってのが。
知らない世界は、もう数えきれないほどある。
どこまで知るかで身の程を知るのか、世界を広げていくのか、まあそれはそれぞれである。
正しい答えなんかありゃしない。

070724yamayashoten.jpg

本町通一丁目。7月末で閉店する山屋商店から山安方面を眺める。
MAMAの隣にあるステンドグラスアート・ブラッサムもがらんとしている。
玄関のドアに貼紙があって、17日からステンドグラス教室は桜山神社近くに移転したという。

(短期連載 とことん都南2007 その2)
070722minamiko.jpg

都南といえば、盛岡南高等学校。
校舎までのアプローチは変わっている。
鵬南館があって、ものすごく大きな自転車置場。
やっぱり秩序みたいなのがあって、3年生のほうが楽な場所に配置されている。
屋根付きの自転車置場のはずれにあったが、ノーステッカー自転車置場。
「担任にノースステッカーで来た理由を必ず連絡すること」とある。
言わないとものすごく怒られるのかしらん。
でも、ここが校舎に一番近かったりする。

今となっては意味があるとは思えないことも、その頃は生活を左右する重大事だったりする。
あの手この手でステッカーを手に入れようとしたあの頃を少し思い出した。

(これが1,000エントリー)
内容はともかく、「イワテライフ日記」ブログ版は、このエントリーが1,000件目みたいです。
「もりおかの坂」をやっているので、日記本文の数(849)より多くなっていましたが・・。
2,000件くらいまでは続けられればいいなと思っていますけど、どうなることやら。

○三ツ石神社で奉納演舞
○「地域ブランド調査」(ブランド総合研究所)
市区町村魅力度ランキング 盛岡は75位(前年度51位)
→遠野(157位)、花巻(172位)、八幡平市(267位)・・・。
○岩手競馬 第二期(6月2日~7月23日)売り上げは46億9,300万円(計画比▲4%)
○岩手競馬 第8回若鮎賞 リザルト(小林俊)<23日>
○市長の日程(24日)IES外部監査(オープニングミーティング)、第3回岩手県市長会議

070723 加賀野二丁目

7月23日(月)くもり時々晴れ


きょうで小学校はおわりなんだろうか。
ピアニカなんかを持った子供たちが北へ進んでいく。
夏休みは、遠い彼方の記憶になってしまったけど、それはそれで良し。
今までがあり、現在があるのだから。

・加賀野二丁目歩道橋
070723kagano2chome-hodokyo.jpg

てっきり附属小のためにあるかと思っていたら、城南小の皆さんのためにあるんですね。
ここも階段は非対称タイプ。

070723kaminohashi.jpg

雲は多かったけれども、暑さは戻って来ていた。歩けば汗ばむ気温。
上の橋そばの某店のシャッターには「決勝観戦してきま~す!」との貼紙。
笑ったのか、泣いたのか?気になるところではある。

高校野球県予選決勝は、花巻東が逆転サヨナラの4-3で専大北上に勝利。
2年ぶり4度目の優勝。これで私立の優勝は13年連続に。
見前中出身の彼ががんばったようですね。

(短期連載 とことん都南2007 その1)
070722sanbonyanagi-karinto.jpg

日曜日の都南散策は収穫が多かった。久々に都南特集でも。

三本柳のゲオが見えてくるあたりに藤繁菓子舗があることを知る。
都南名物「三本柳かりん糖」の看板にやけに惹かれてしまった。
実物は見たことはないが、いつか食べてみたいもの。

都南って、まとまったイメージはつかみにくいところだけど
随所に光るものが点在しているところ。それがボクの都南観です。

○本町通一丁目の山屋商店は今月で閉店するらしい
○県が中核市指定同意の文書を盛岡市に交付
○岩手競馬 第8回オパールカップ ボスアミーゴ(菅原勲)<22日>
○市長の日程(23日)庁議、国保連合会総会理事会

もりおかの坂 その48

もりおかの坂 その48 田屋前坂<仮称>


我らがN野(中野のこと)にも可愛い坂があったりします。
上小路から盛岡バイパスを越えて中野へ。なんとなく風情がある道がつづきます。
これが昔からの宮古街道の名残なわけです。
調子こいて、車でまっすぐ進むと痛い目に会います。
今は、片岡橋がこの旧道を分断しているので、車はどこかで106号を目指す必要があります。

その救いの道となるのが、この中野児童公園に沿った小さい坂道です。
短いながらも、公園の滑り台と一緒に鑑賞すると、それなりな美しさ。
この段差は簗川が作ったのでしょうか。

坂の向こう側には、倒産した某釣具店跡の看板がまだ見えます。
今は、中野の相互タクシーが集う場所になっています。

070716yanagishitasaka2.jpg

このあたり、てっきり柳下だと思っていました。
夏になると、公園では柳下町内会の盆踊りが行われていたからです。
正確には、田屋前という地名なんだそうです。
町内会的には、柳下で良いようですが・・。

地名の方に敬意を表して、「田屋前坂」にしておきます。
余談ですが、ファル茶畑店前には「田屋荘」というのが残っています。

070722 見前歩道橋

7月22日(日)くもりから晴れへ


少しずつ、いいそらに向かっていく。嬉しい。
三本柳までバスに乗って、都南まで。

国道4号に架かる見前歩道橋にのぼる。
このあたりゆるりとカーブしていくせいか、歩道橋も少し傾いているような気がする。
4号も様々な表情を見せるが、盛岡南部ではこの区間が好きだ。
広くて、風景もなんとなく開けているから。

こうして俯瞰すると、北側は、しまむらとやってなさそうなガソリンスタンド。
そして、最近できた西見前のすき家が見える。
南側は、スーパーオートバックス・カーサたもり、南部屋敷。ノンクトンクもこのあたりだ。

・見前歩道橋
070722mirumae-hodokyo.jpg

なんとなく傾いているでしょ?非対称型。見前小学校用かな。

070722bannai.jpg

西見前を南へ進んでいくと、喜多方ラーメン坂内小法師が閉店していることを知る。
チャーシュー食べたかったのに・・。ちとショック。
会社のウェブサイトによると、平成13年に盛岡店はオープンしたらしい。
もう看板類も外されており、時間は経過している模様。
あくまで感覚だが、都南のロードサイドは最近寂しい感じがしないでもなく。

その後、ジョイス~盛岡南高校~北野神社~十文字商店~見前小学校~都南図書館なんてルート。
電車には恵まれず、津志田からバスに乗って帰る。

もう、その頃には、すっかり夏の日差し。
忘れかけていた感覚を思い出した。暑かったです。

(きょうの地図)
070722sanbonyanagi-chizu.jpg

三本柳バス停からほどなく。大きい、古い!名作かも。

○盛岡先人記念館は130人を顕彰。2003年以降、入場者数は年間2万人割れ
○第78回都市対抗野球 8月27日 岩手21赤べこ軍団は四国銀行(高知市)と対戦へ
→組み合わせ表を見ると、唯一の「町」代表ですね
○高校野球県予選(準決勝)
 盛岡大附1-9花巻東(7回コールド)、専大北上 一関学院
○岩手競馬 第8回ジュライカップ トーホウハヤテ(小林俊)<21日>

もりおかの坂 その47

もりおかの坂 その47 朝香坂<仮称>


盛岡気象台から山王橋でバイパスを渡り、山王小学校へ。
「考える人」がなぜかいる小学校です。
小学校は小杉山で、敷地の向こう側からは東中野町。
緩やかな坂道がつづいていることに気づきました。
このあたりは段差が激しく、南側はガードレールで守られています。
農地が残っていて、眺めもそこそこいい場所。

070716asakasaka2.jpg

坂の途中には、朝香稲荷神社。
住宅に囲まれた小さな神社ですが、正面は石造りの階段があったりして立派です。
里東顕寺(さととうけんじ)と呼ばれていた頃の雰囲気を伝える貴重な場所。
由来はよくわかりません。

坂はやがて突き当たり、東中野町を縦目に貫く坂と交わります。
基本的には、そのまま下って、旧河南病院あたりに出る。そんな道です。

短い坂ですが、良い写真が撮れたのと「朝香」の文字が美しいので載せてみました。
「朝香坂」。結構いい響きだと思いませんか?

070721 高松二丁目

7月21日(土)概ね雨


調べものをしに、市立図書館。
目的は果たせずも、インプットするものは得られた。
最近、放電状態だったから、たまにはこんなことをするのもいいかもしれない。
くもりぞらに感謝か?

ついでに、そのへんを散策。高松の池もさすがに人影まばら。
毛無森も雨に煙っていた。

NHK前の交叉点に出る。歩道橋が多いことに今更ながら気づく。
四方向のうち、三方向に整備されているんだな。
歩道橋には逆風が吹いているらしい。平泉の歩道橋も撤去の方向なんだとか。
そうなると愛しくなってくるから不思議。
気軽に別角度を味わえるという、意味はあるのかな。
毎日、渡るとなれば、多分面倒なだけなんだろうけど。

・上田四丁目歩道橋
070721ueda4-hodokyo.jpg

上田公民館側に架かる盛岡バイパスの歩道橋。

・上田三丁目歩道橋
070721ueda3-hodokyo.jpg

国道46号、上田小学校前にある歩道橋。茶色系。
もしかして、この先46号に歩道橋ってあるだろうか?思いつかず。

・上田二丁目歩道橋
070721ueda2-hodokyo.jpg

岩手トヨペット側に架かる盛岡バイパスの歩道橋。
正統派の四方向への階段が素直に美しい。

070721takamatu-bill.jpg

高松の盛岡バイパス沿いも変わっているみたいだ。
auとなりのサラ金の無人店舗が集積しているビルも数社撤退したようだ。
Y字路にあった居酒屋も「bliss」という文字がシンプルにある建物になっている。
画像は、その間にある金浜アパート。

盛岡食堂の唐揚げ定食デビューを果たす。
確かにでかい。ご飯を半分にしてもらって、なんとか完食。
キッチンあべといい、このあたりは食欲に関する若さのバロメータになるお店が多いなあ・・。

○玉山のイオンは来年2月28日新設の日付で大店立地法の届出
→現行の渋民バイパス北端あたり。店舗面積1万6千平米
○高校野球県予選(準々決勝)
盛岡市立0-9花巻東(7回)、盛岡中央3-8専大北上、一関学院8-7大野(延長13回)、盛岡大附4-0盛岡四
○岩手県の投票終了時刻の繰り上げ投票所 1008箇所/1156箇所中(87%)

もりおかの坂 その46

もりおかの坂 その46 東新庄一丁目のびっくり坂


この連載をはじめてから、いただいたコメントがありました。
「市営球場から変電所の方にちょっと行き、丸乃タイルの裏手を通る道に曲がるとびっくり坂があります。とっても可愛いです。」

東新庄はそれなりに歩いているつもりだったので、
そんなのあったっけ?と頭の中の地図を広げたりして、考え込んだり。
まあ、そんなことしているよりも現地に行くのが手っ取り早い。

盛岡バイパスから丸乃タイルの裏に入ると、
平坦ではないのでしょうけど、すらっとした道が伸びていました。
坂なんかないよなと思いながら、ずっと進んでいきます。

もうすぐ終わっちゃうよという頃に、コンパクトながらも、坂している場所に出会いました。
坂の向こう側には東盛岡変電所。それなりに風景をつくってくれて、意外に美しい。
東新庄おそるべし・・・。なんてね。

070716bikkurisaka2.jpg

上から眺めると、市営野球場へ行く道とY字路のようになっています。
傾斜もあるんですが、車も平気で通っていきます。
さすがに冬場大変なようで、下の方に滑り止め用の砂の箱がありました。

この手の短くて傾斜がある坂は市内にも何箇所かあり、強く印象に残る場所です。
思いつくところだけでも、紅葉が丘や上堂にあります。
ひとつジャンルをつくれるかもしれません。

それにしても、どうして「びっくり坂」なんだろう?

070720 肴町

7月20日(金)くもりのち雨


きょうも正しくくもり。
選挙な感じもしないし、夏な感じももちろんない。
どこか世の中から隔離されたような気分だ。

杜陵小学校の裏手をあがっていく。
並ぶ鉢たちは朝顔だろうか。こういうのきちんと育てられた記憶がない。
隣接してヘチマもいた。このへんのセレクトは昔から変わっていないみたい。

アーケードに入る手前。錆びたドアと向き合う。
「医院」という文字がうっすらと見える。

070720sasakidenki.jpg

夜、フォーラムでマイナな映画を1本見る。
レイトショーだったから、1,000円。

日付が変わるまで、あと1時間。そんな大通を自転車で進む。
夜の事情には詳しくはないが、前はもっと賑やかだったような気がするのだが・・。
路面店に飲食店が増えているのに、そう感じてしまうのは
現実にそうであるのか、ただの自分の年齢のせいのか。

○岩手公園の鶴ヶ池に架かる橋が工事中
070720iwatekoen.jpg

→片側の欄干がなくなっていました。しかし、この橋は名前があるのだろうか?

○自転車利用者に対する警告件数 3,087件(5月末現在)
→自転車絡みの事故件数 304件。死傷者 304人
○高校野球県予選(4回戦)
盛岡四7-0西和賀(8回)、花巻東4-0不来方、盛岡大附7-0大東(7回)、盛岡中央14-0宮古(5回)、盛岡市立8-5遠野
※きょうは準々決勝。やっぱりね・・な状況に
○市長の日程(20日)北上川ダム整備促進協議会総会、各部等の運営方針に係る市長ヒアリング

070719 宝くじ神社

7月19日(木)くもり


正式には「宝くじ神社チャンスセンター大通本店」というらしい。
15日にリニューアルオープンとのことで、鳥居が外に出てきて、より神社っぽい感じに。
なんか賑やかだなと思ったら、きょうからサマージャンボが発売。
たぶん買うことはないだろう。

そのまま桜城小学校あたりまで行くと、サンジェルマン通りは営業を再開していた。
さらに中央通まで進めば、盛岡石油跡はコンビニっぽい風情の骨組。
せっかく見えていた勤労青少年ホームも半分くらいは隠れてしまいそうだ。

070719kitagin.jpg

また、くもりぞら。涼しいくらい。
北日本銀行本店もさんさモードに。今年は創立65周年なんだとか。
半端なような気もするが、一年一年勝負って部分は経営にはあるからなあ。
岩手銀行本店にもさんさ用の看板が設置された。

○大通のワイド盛岡支店は7月13日で閉店
070719wide.jpg

→大通の路面店はこれでまたひとつ消える
○短歌甲子園の出場校は28校33チーム参加
→北海道から福岡まで全国大会っぽくなる見込み
○盛岡白百合学園高校が韓国・馬山市の聖旨女子高と姉妹校の締結。海外の高校とは初めて
○肴町のフルエダ靴店跡はマルトク靴店ファミリー館に。7月25日オープン
○関東自動車工業岩手工場が中越沖地震の影響で19日夜から一時休止
○岩手競馬の大通場外「UMACCO」は16日までの発売実績は5,000万円、地区場外は3,200万円
→1日平均279万円。計画額を20%余ほど上回る推移
→全体の売り上げは、88億4300万円で計画額の98.6%。
○盛岡信金と二戸信金の合併は来年7月に
→名称は「盛岡信用金庫」、二戸信金は解散。本店は盛岡信金本店
○市長の日程(19日)経済団体等に対する雇用拡大(求人)要請、IES自己評価(内部監査)報告、各部等の運営方針に係る市長ヒアリング

もりおかの坂 その45

もりおかの坂 その45 スタンド坂<仮称>


緑が丘一丁目の東。かつての競馬場に近いところ。
競馬場の敷地とを隔てていた壁と一筋系のまっすぐでロングテールな坂。
二拍子?そろったなかなか美しいところ。
薄い厚さのゴミ集積所もいいアクセントになっています。

この先、まっすぐ行けば、どこへ行けるという訳でもないけど
途中で曲がれば、隠れた名公園・黄金児童公園があったりします。
だから、ここへ来るとなんとなく登ってしまいます。
坂の上にビクターの犬がいて驚いた記憶もあります(今のあるのかしらん)。

070707sutandosaka2.jpg

10年くらい前は、競馬場のスタンドが残っていた記憶があります。
その頃は、コースに出入り自由で、馬が走る姿を想像しながら建物を眺めたような気がします。
ここがまだ競馬場だったら・・。
まあ、たらればの話は、やはりたらればです。

ということで、かつてのスタンドをしのび「スタンド坂」にしておきましょう。

もりおかの坂マップ

070718 仁王診療所

7月18日(水)くもり


名須川町の仁王診療所が6月28日で診療を終了したと玄関に大きな貼紙。
併設している「はり」のほうはまだ営業している模様。
建築計画の看板によれば「(仮称)仁王介護施設」とあり秋頃着工予定のようだ。
ウェブサイトをみれば、週2回午前中だけ内科の診療をしていた。
役割を終えたというところなのだろうか。

建物自体に思い入れはないのだが、ここの自転車置場が好きだった。
確か「○○式」と書いてあって、たぶん屋根が動きそうな感じなのだ。
たぶん消えてしまうのだろうな。サヨナラ。

医療生協は生協法に基づくものらしい。
ご存知だとは思うが、川久保病院も医療生協の病院である。

盛岡医療生活協同組合
http://www.morioka-medi-coop.or.jp/

070718hanayacho.jpg

きょうはくもりぞら。なかなか立ち上がらない天気。涼しいのはいいのだけど。
花屋町に出て、国道455号を中心部方面へ。
道路の向こう側、「DRESS or DIE」という手書きの文字が目に入ってくる。
古着屋さんらしい。テーブルを挟んだ学校机もちょっとかわいい。

休んだ分だけ、仕事はたまるわけで、まじめな一日。

(八日町夏まつり)
070718yokamachi.jpg

7月15日だから終わってしまいましたが、八日町の夏祭り。
ここは小さいポスターながら、毎年デザインが変わる盛岡では珍しいおまつり。
今年も好きかも。

○みまつ商店となりの「アトム不動産」が本宮へ移転しました
○四ツ家教会向かいのお家の改修もほぼ終わった模様
○9月24日「いしがきミュージックフェスティバル」が開催
→岩手公園をメイン会場に中心部6箇所で音楽団体約70組が出演予定
○うつみピアノ教室が50周年
○高校野球県予選<6日目>16強でそろう。遠野がまた快進撃?
 不来方7-0千厩(8回)、宮古3-2盛岡一、盛岡大附7-0水沢(7回)、盛岡中央10-2久慈東(7回)、盛岡四13-0岩泉田野畑(5回)、盛岡市立3-2黒沢尻工、大東8-0盛岡南(7回)
○市長の日程(18日)盛岡市老人スポーツ祭典開会式、国保運営協議会、短歌甲子園実行委員会、知事に対する19年度市町村要望

もりおかの坂 その44

もりおかの坂 その44 高松の兄弟坂 弟坂<仮称>


きのう紹介した高松さんかく公園(高松三丁目)で別れていく坂道のもうひとつのほう。
やや緩やかで、細い坂は、ゆっくりと住宅地に吸い込まれていく。
閑静そうな宅地の中をひねくれながら伸びていきます。
ただ車のすれ違いは大変そう。

このまま行くと、同じように国土交通省高松宿舎あたりで頂点です。
そこからは、旧競馬場方面へ下っていくのですが、最近はすっかり様変わり。
厩舎跡?あたりには、ガーデンヒルズ高松公園が整備されて、もう面影はありません。

070707ototosaka2.jpg

坂の途中で分かれて行く道があります。
あの毛無森にアプローチできる、もうひとつの道がここなんです。
あーだこーだで着けるはず。ぜひ訪ねてみてください。三角点がある由緒ある場所です。
結構浸れますよ。休む場所はありませんけど・・。

きのうが「兄坂」なので、こちらは「弟坂」。
やんちゃな感じというよりは、むしろ落ち着いた雰囲気ですが
傾斜と細さでご勘弁を。

070717 肴町

7月17日(火)くもり少しパラリ


また冴えない空模様。
何する訳でもなかった一日。
意味がなく、肴町から餌差小路方面をパチリ。

070717toryo.jpg

きょうは衆議院岩手1区の補選も告示。
2つのポスター掲示板にもポスターが出そろう。
1区は狭いから、選挙カーがやってくる頻度は高い。
しばらくは賑やかな感じになるのかな。

(きょうのイワマ)
070717iwama.jpg

こちら側からは、早くも建物の姿は見えなくなる。

○館坂橋の整理
 下流側は幅員4Mの歩道のうち、2M分が自転車通行部分に県公安委員会が指定しているらしい
○岩手競馬 第11回マーキュリーカップ(Jpn3)シャーベットトーン(吉田豊)<16日>
○高校野球岩手県大会<5日目>
 遠野6-1盛岡北、不来方16-0釜石北(5回)、一関高専10-9雫石
○県中総体(3日目)
 バスケ女子 白百合が5連覇、陸上学校対抗 男子で下小路が3年ぶりに優勝
 ハンドボール 男子は黒石野、女子が城西。ソフトテニス男子は黒石野が初優勝
○市長の日程(17日)
 庁議、レジ袋使用量削減協力店認定証交付式、岩手県都市計画街路事業促進協議会総会、JR東日本花輪線整備・利用促進期成同盟会総会、まちづくり懇談会(太田)

もりおかの坂 その43

もりおかの坂 その43 高松の兄弟坂 兄坂<仮称>


登って下りたり、下りて登ったりという場合を除いたペアな坂というのは盛岡では珍しい。
マナ自然食から高松三丁目を緑が丘方面へ向かうとY字路があります。
小さな高松さんかく公園を挟んで2つの坂が別れていきます。

坂の世界では、男坂・女坂という名前の坂があります。
傾斜がきついのが男坂で、その反対が女坂。本場の東京には何箇所かあるようです。
また、夫婦坂というのもありますが、それは谷のように相対している場合をいうのだとか。
やっぱり、そのまま別れてしまっては縁起が悪いってところでしょうか。

なんとなく、どちらもしっくりと来ない。
そこで兄弟になぞらえるのはどうだろうと考えてみました。
仲が良い兄弟も世の中にはいると思いますが、
始まりはいっしょでも別々の場所へ向かっていくというのがボクの兄弟観です。

070707takamatu-otokosaka2.jpg

道幅が太いほうがやっぱりお兄さんという感じ。
ここは下から見るのがとても好き。
頂上の国道交通省高松宿舎からすぐ下り坂になるせいか、坂の向こう側が空なんですよ。
まるで、小さな港町にありそうな、登りきったら海だよ・・みたいな幻想を味わえます。
まあ、盛岡なんで、やっぱり海はないんですがね。
ここと北夕顔瀬にある坂が幻想を味わえる坂の両横綱でしょうか。

そんな幻想が終わると、ゆるりと下り坂が緑が丘方面へ。
そして、かつての競馬場への道へ出ると言うわけです。

「姉坂」でもいいのですが、とりあえず「兄坂」にしておきます。

070716 東山一丁目

7月16日(月)くもりのち晴れ


颱風が過ぎ去ったせいだろうか。予定外の晴天へ空は向かっていく。
うろこ系やはけ系など、いつもとは違うそらのかたちを楽しみながら行く。

誰も来ないような細い林檎畑へつながる道で人とすれ違う。
まだまだつづきそうな坂道をゆっくりと登っていく。
生活とつながっているから、その姿には重みみたいなのがあるんだよな。

070716higashishinjyo.jpg

盛岡の東をちょっと歩く。
この時点では、まだそらは回復途上で日差しが途切れる時間帯もあり。
東新庄にあるという某坂を見に行く。丸乃タイルの裏手の道という。
平坦だ・・ということで、まあいいやと進めば、こんな物件に出会えるから楽し。
「はやちね荘」というらしい。このへんから見えたかしらん。
だんだん少なくなっているタイプの2階だ。

目的の場所は見つかる。ああ、なるほど。
このタイプなら好きな場所は幾つかある。詳しくは「もりおかの坂」で。

070716kawame-hoikuen.jpg

ひとやま越えて(という感じか)、東山エリア。
こんなのあったっけ?なんてのが何箇所かあったが、説明できるほどの記憶力はない。
違っているというのは感覚でわかるのだが、言語に変換できないのだ。

東山も山の麓にあるから、坂は豊富。
久々に小山観音まで登る。もっときつい坂だと思っていたが、坂としてみると緩やかにも見える。
いろんな坂を見てきたせいかもしれない。

そんなふうに、いろんなものを見ていけば、同じ場所も違って見えてくる。
大きな視点でその場所が客観視され、どこかで順位付けされていく。
でも、それが正しい方向に導かないコトも幾つかありそうだ。
旅路はいつまでものようで、いつまででもないからだ。

川目保育園を正面から眺める。
複合施設だが、らしくない風情だよな。
昔は見逃していた風景。

○岩手競馬 第29回せきれい賞 サイレントグリーン(板垣吉)<15日>
○高校野球県予選<4日目>
 花巻南5-4盛岡商、北上翔南9-2盛岡農(7回)、盛岡市立3-2前沢、盛岡南8-3花巻農
○ゲキレッドをやっている人は、北上市出身なんですねえ・・。がんばれ!
○県中総体(2日目)バドミントン女子団体 見前南が初優勝
→ソフトテニス男子で河南中がベスト8
○サンタウン渋民で「大橋川ほたる公園」の園名板除幕式(15日)
○プリンスリーグ 盛商は得失点差で全日本ユースを逃し2位(9勝1分1敗)

もりおかの坂 その42

もりおかの坂 その42 配水場坂<仮称>


高松のサンクスからまっすぐ進みます。
マナ自然食のところでついつい曲がりたくなりますが、それも我慢してまっすぐに。
すると、センターラインはないものの幅がある坂がはじまります。
右手の家たちは高度を合わせず、やがて階段での接続に。
左手には、やがて名前がわからない団地が現れます。

ある一定の高さまで来ると、開けた世界が向こう側に見えたりして風景はなかなかです。
それから舗装が途切れます。
説明しづらいですが、配水場の敷地の角にあたる左手に心細い道がひょろひょろと。
そこが高松の坂たちを作っている原因と思われる毛無森山(海抜174.9M)へ誘う道です。

070707haisuijyosaka.jpg

さらに砂利道を進めば、右手には農地ごしの高松の池が見えます。
手軽に池を高いところから見ることができる貴重な場所かなと。
そのまま、カーブを描きながら高松配水場の入口となり、ゴールとなるわけです。

配水場というのは、水道関係の施設らしいです。
高松の施設は昭和38年に完成。どうやら中屋敷浄水場と関係があるようです。
雫石川で取水した水がここまでくるんですねえ・・。

登って達成感があるところではあります。

070715 仙北町交番

7月15日(日)くもり一時パラリ
070715senbokukoban.jpg

盛岡はくもりぞら。颱風の余波を感じるくらい。
暑くないのは嬉しいが、どうもスッキリしない日々ではある。
仙北町交番の彼も移転しても相変わらずがんばっているのに、こんな天気じゃ気の毒だろう。



ほとんど無意味に仙北の町を自転車で進む。
そういやどうなった?ってことで仙北三丁目の県営仙北アパートの様子を見に行く。
外から見る分には、あんまり変わりはしない。
しっかり作っているってことなんだろう。

そのアパートの前を走る市内屈指の「狭いのに車が通る道」を南へ。
喜盛の湯の前に「calda(カルダ)」というお店ができていたことを知る。
このファル跡地も住宅で埋まり、もう面影はない。

070715shinokyo-mae.jpg

ガードをくぐって、盛南地区をさまよい、本宮小学校あたり。
こんなバス停がまだ残っていた。「盛岡市農協前」バス停だ。
農協そのものが本宮からいなくなってしまったから、改名は必須の情勢。
さて、どんなふうに変わるのかしらん。

○岩手競馬 第1回ラ・フランス賞 エルハーベンハイト(村上忍)
○高校野球県予選(3日目)
 盛岡大附13-0福岡工(5回)、盛岡一14-0東和(5回)、大船渡5-4盛岡工、盛岡中央8-0岩手、盛岡四10-0水沢一(6回)
○県中総体(1日目)剣道女子団体で飯岡が初優勝
○県立美術館のピカソ展が入場者3万人突破(14日)
→3万人突破は開館時の「モネ展」以来2度目

もりおかの坂 その41

もりおかの坂 その41 高松団地の坂(ことわられ坂)<仮称>


上田堤二丁目を代表する坂といえば、小さな団地のメインストリートであるこの道。
上田堤と高松の池や三ツ割を結ぶ、意外に使える道です。
ただ、慣れていないと、上田堤側からこの坂道の上に来るのは難しいかもしれません。

いわゆる団地の坂なんですが、このあたりでは古くからのところで由緒はあるようです。
傾斜もしっかりあって、歩くにしても手応えは十分です。
かみしめて歩けるところでしょう。

070707gomensaka2.jpg

個人的には、上から見るのが好きで、突き当たりにある田んぼがいいアクセントになっています。
あの田んぼは、上田堤の迷路をくぐりぬけたという間違いない目印です。

かつて、4WDがなかった頃、冬場にはタクシーに拒否されたほどの傾斜だったそうです。
そんな故事?に敬意を表して「ことわられ坂」にでもしておきます。

ここは覚えておいて損がない坂でしょう。

Template Designed by DW99