070930 盛岡市動物公園

9月30日(日)概ね晴れ


盛岡市動物公園は盛岡の東にある岩山の中にある。
岩山パークランドを越えて、抜けたかなと思う頃に左手に駐車場が現れる。
上の有料駐車場は満車の表示。ゆえに下にある有料駐車場へ。
そこも3分の1は埋まっていたと思う。なかなかの盛況ではないのかしらん。
お兄さんが寄って来て、200円を支払う。

入口までの道のりも緩やかな傾斜。大人は400円なり。
岩山の施設とは連携しているようで、
岩山パークランドは、ここの半券を持っていくと入場料が無料になるらしい。

さて、動物たちといえば、基本的にはこんな感じで眠っていたりするのが多かった。
そんな彼ら、彼女らに誘われるように、まったりとしたムードになる。
周囲を眺めりゃ、家族連れがほとんど。
男って・・と思いながら、いろんなかたちの家族を眺めたりしていた。

070930saru.jpg

キリンがいるところが一番底のようだ。行きは良いが、帰りは長い長い坂だ。
シャトルカー、確かにあったら嬉しいよ。

最後に、サル山の前にて。
リアルじゃありません。記念撮影用のサル山にいた動かないサル。
なんか格好よかったので一枚。

070930kita-yubinkyoku.jpg

そしてやがてそれから、盛岡北郵便局の前を通ることに。
オレンジ色の看板、オレンジ色のライン。
何かが変わることを教えてくれる。

明日から神無月。大好きな季節が本格化する。

○岩手競馬 第33回姫神賞 ユーセイキャロル(村上忍)<29日>

070929 北山一丁目

9月29日(土)やがて晴れ


北山は東禅寺までの道の途中。
このお家、かつては素敵な階段を持ち、通るたびに向き合っていたものだった。
しばらく来ていないうちに撤去されてしまっていた。
2階の接続部分は残ったものの、階段があった場所は日焼けの跡みたいに面影だけ残す。
煉瓦にかかるちりとりとほうき、そして街区表示板。
今年は好きな風景をかなり失っている一年であるけど、淡々と受け入れた。

070929adajio.jpg

上田から北山にかけての坂を集めつつ、中央公民館までやって来た。
そこを拠点にグランドホテル経由で愛宕山記念公園の展望台へ登った。
昼間に登るなんて、久しぶりのような気がする。
ここの弱点は我らが河南の風景のかなりが目の前の木々によって遮られていること。
それでも見える範囲での風景は味わう。

アダジオの碑も久しぶりだ。
太陽光線が文字を浮かび上がらせる場所からなんとか彼の詩を捉える。
彼が見た風景をたどろうとしてたどっていない自分がいる。
いつか、やらなくてはいけないことなのだが・・。

070929akamatuchaya.jpg

下界にて。加賀野の例のたぬきさんがいた建物は、ほぼ姿を消した。
まだ残っている鉄骨をゆっくりと除去する重機たち。
間接的な寂しさがこの場所を見ると、自分の中では静かにおきる場所。

(きょうの気になるヤツ)
070929nakanahashidori.jpg

ライバル?IBCの2つのタワーの向こうに。

○岩手県の水稲作況指数(15日現在)99の平年並み
○松園中の芸術鑑賞教室で松井利佳子さんが演奏。卒業生とのこと(28日)
○高松三丁目の盛岡聖心幼稚園が来年度の園児募集を停止。2009年度末で閉園
→1965年開園。経営する学校法人東北カトリック学園は東北で30園。岩手で7園を経営
○盛岡市が乳幼児医療費助成制度のうち、10月から全額助成を2歳児までに拡大
○2007年の最低賃金 10月28日から時間額619円に
○二高「校舎落成並びに創立110周年記念事業」の一環で、10月6日小柴昌俊さんの講演会
○旧三ツ割清掃工場は築30年、旧門清掃工場は築38年。両施設の解体は最高で8億円の見込み

070928 清水町

9月28日(金)雨から回復へ向かう


回復傾向にはあったけど、いまひとつな空模様のままの河南。
またまた、コレクティブモードの前に来てしまった。
建物の脇にいたのが、黄色に染まった灯油タンク。
あのキャラに変身しているではないか。名前が「コレモくん」だと知る。

070928tochinai-byoinmae.jpg

コレクティブモードからは肴町寄り。
栃内病院前バス停あたりから下ノ橋町方面。
意外にこのカーブが好きだっったりする。うまく道を曲げたものだな。

070928tosando.jpg

一日は比較的平和に過ぎて、仕事帰りの東山堂本店。
立てかけて展示してある文庫本の一冊目にビニルがついたのは、いつからだったっけ?
疑問に思いつつも数ヶ月は過ぎていたと思う。

「湿気でカバーがめくれてしまうのでビニールをかけてます。」

言われてみれば、ビニルがない本はペロンとめくれていたりするなあ。
やっぱり言葉を尽くすことが大事なんだよね。できないけど。
それならわかるよと、東山堂をあとにする。

アーケードはフラッグアートの季節。
そして郵便局となりに新しいお店ができそうだ。
げんきや本舗 盛岡肴町整骨院という看板が出ている。

○大沢川原の「いわて社会保険センター」は予定通り29日で閉館
○盛南地区の遊歩道
・ふれあい通り(並木広場~西二児童公園)ハクモクレン
・並木通り(西一児童公園~並木広場)ベニヤマザクラ
・学園通り(並木広場~盛商の南あたり)シダレザクラ
・公園通り(西一児童公園~盛南公園)ヤマモミジ
・みちくさ通り(盛南公園~であいの道)ハナミズキ
・であいのみち(林古児童公園~泉屋敷児童公園)コブシ
○向中野の「かっぱ寿司盛岡南店」は10月17日オープン
○岩手競馬 構成団体の事務レベルによるプロジェクトチームを設置へ
→全面民間委託や一場体制も検討項目に
○金ケ崎町は大きい「ケ」で表記を統一
○日曜日、小岩井で岩手ゆるキャラ選手権というイベントがあるらしい
○市長の日程(28日)市内用務

もりおかの坂 その99

もりおかの坂 その99 栗の木坂<仮称>


前回紹介した坂からの風景です。
栗の木があって、その坂の名前は決定と思ったんですよ。
でも、よくよく見てみると、道は画面右から左へが本流だったのです。
ちょっとがっかりでしたが、そちらも立派な坂なので、きちんとたどることにしました。

大きな栗の木です。
私の樹木の知識といえば、桜、梅、松、栗、銀杏、その他・・みたいな状況(汗)。
本当なら坂を彩る植物たちの名前がわかれば、
命名のバリエーションに幅が出るのですが、それができないのが残念だったりします。
でも、こんなわかりやすい栗がいてくると、本当に助かります。

070825kurinokisaka2.jpg

この坂も紅葉が丘と山岸五丁目の境目を形成。
山岸の低い場所から来るので、登りがいはあると思います。
栗の木付近が分岐点で、紅葉が丘方面と山岸五丁目方面へ別れるわけです。

この坂は山岸五丁目の奥へ向かいます。
ガードレールの下に平屋のアパートを従えながら、最後は直角カーブ。
その先にはコンクリの小屋がある行き止まりです。
どこか寂しい終わり。

安易かもしれませんが、ここは「栗の木坂」です。
やっぱ、もうちょっと木の判別ができるようにならなきゃいけないですね。

070927 菜園一丁目

9月27日(木)くもり


菜園一丁目・佐々木ビル。
傘も疲れを癒しているのか、閉じてひとやすみ。
こうしてみると、閉じた傘もなかなか鑑賞に値するもんだ。

070927saien.jpg

ちょっと戻って、菜園二丁目。
魚将が入っているビルは「ヒロオリエントビル」というらしい。
その建物の片隅に「ここは盛岡市菜園2丁目4番5号です」のプレート。
特別にここまで表示する理由が気になったりする。

そんなMOSSからの帰り道でみつけた菜園的風景でした。
なぜか風が強かったなあ。

070927ekimae-chikado.jpg

夜、駅まで歩く。
小岩井リグレ跡は和風に染まって来たが、看板はまだ出ていない。
地下道へ滑り込むと、真ん中に板張りが施されている。
点字ブロックの工事らしく、終わったところは真新しい黄色のラインがつづく。
今までなかったっけ?なんて思いながら、足を重ねてみたりなんかする。

最近、つらいときもあるけど、うまくバランスがとれるようになってきたと思う。

(きょうの気になるヤツ)
070927sakurayama-jinjya.jpg

桜山神社から。日報と東署の間からかろうじて。

○大雨被害のJR花輪線は10月6日に全線再開へ
→9月28日からは松尾八幡平~荒屋新町。6日からは荒屋新町~鹿角花輪が再開予定
○岩手競馬支援のため日高軽種馬協会が有名種牡馬産駒種付け権利を提供
→アドマイヤボスの種付け権利3頭分。サンデーサイレンス産駒とのこと
○県交通安全協会加入率は2007年7月末で45.8%
○日報では、11月9日、三菱東京UFJ銀行盛岡法人営業所を盛岡支社に改組との報道
○市長の日程(27日)国保連臨時総会

もりおかの坂 その98

もりおかの坂 その98 つなぐ坂<仮称>


紅葉が丘18番地と山岸五丁目4番地の間にある坂道です。
かなりの急坂で、いきなり「冬期間凍結時通行注意」の看板が出迎えてくれます。
その向こう側には山岸の街並。眺めもなかなかです。
ややうねっている路面がアクセントとなっている部分でしょうか。

070825tunagusaka2.jpg

その存在意義は、紅葉が丘の隠れた高台である18番地や19番地から下界への道というところ。
道なりに進めば、紅葉が丘の北境をなぞりながら、山岸のバス通りに出られます。
ここからはまだ歩きますけど・・。

下からのほうが傾斜のすごさがわかるのかも。
短いながらも、多分この道は役立っているのではと思わせるところです。
そんな短絡線という意味を込めて「つなぐ坂」にしておきます。

070926 中津川

9月26日(水)はれのちくもり


中の橋からの中津川。
やっぱり大雨の傷跡だったみたいで、河川敷の石がむき出しになっていたところに土
バンソウコみたいに浮かび上がった場所が傷ついたところなんだろう。

扱いとしては仮復旧らしい。
ここで行われるイベントも結構あったと思うから、とりあえずということか。

傷ってのは、埋めていくしかないんだろうな。
完全に元通りというわけにはいかない。
どこかに残っているそのときの気持ちは抱えたまま、また新しい世界へ行くしかないんだよな。

070926gozaku.jpg

ござ九にて。きょうは古紙の日らしい。
紙ひも。そこまで思い至らない暮らしをしている。
下についている段ボールの切れ端の意味はいまひとつ不明。

夜は夜。今まで行ったことがないエリアで飲む。
調子に乗ってしまった。
早く終わったのだが、やがて足取りは怪しくなっていくのだった。

(きょうの気になるヤツ)
070926kajimachi.jpg

鍛治町からの気になるヤツ。ちょっと凛としている。

○ヤマダ電機前のかっぱ寿司は姿を見せていますね
○クシュリナ盛岡店は9月12日で閉店
○上ノ橋町にあったヘルシー風土は、大手先の阿部魚店の2階に移っていたんですね
○盛岡商工会議所斉藤会頭が、次期会頭に永野岩手銀行会長を推薦
○盛岡市内の空き店舗(大通、肴町、駅前、材木町等の商業集積地の1階部分)
 04年度 50店舗→05年度 67店舗→07年2月 75店舗
○福田内閣発足。増田総務相は再任
→地方分権改革、地方再生、道州制、郵政民営化も担当
○滝沢村が「滝沢村IPUイノベーションセンター」(仮称)を県立大地域連携研究センター敷地内に開設へ
→2008年12月の開所を予定
○県市立学校審議会が盛岡中央高校附属中(仮称)の設置計画を了承(25日)
○岩手競馬 今月24日時点での発売額は145億600万円(計画達成率94.1%)
○市長の日程(26日)市議会定例会

070925 永卯ビル

9月25日(火)くもりのち晴れ


狭いエレベータで3階まで上がる。
扉が開くと、懐かしい空気がそこに満ちていた。
「ビル」って感じだ。

案外広いなと思ったら、それは鏡の向こう側の風景で錯覚だった。
フロアに入り、目的の場所・風のギャラリーへ。

きょうでおしまいだという写真展。
27人のポートレート。
見たかったバレエをする女の子の写真の前に立つ。
やっぱり素敵な作品だった。

人が写るとその平面はグッと魅力が増す。
その理由はよくわからないけど、そんな写真も撮っていこうと思う。
ここには公開しないけど。

(きょうの気になるヤツ)
070925iwatekoen.jpg

いしがきMFの夢の跡から、広場へ。そんなところから気になるヤツ。
一部で好評らしく、ちょっと嬉し(笑)。

○コレクティブモードに行っただよ
070925c-m.jpg

少しの勇気を得て、六日町のあのお店に入りました。
マルツ工房グッズがいっぱいあって、顔が緩んでしまいました。
Tシャツは入りそうもないので(汗)、小さなモノを買いました。
袋もかわいいハンコテイスト。

○山賀橋は1934年(昭和9)建設
→盛岡市道には橋りょうが582基。長さ15m以上は113基
○仁王小学校5年生は上太田で稲刈り体験をする
○盛岡大学が四年制の栄養科学部を新設へ。2009年度の開設目指す
○日本フットサルリーグ ステラミーゴ花巻は初戦は黒星(24日)
○岩手競馬 第1回サファイア賞 マツリダワルツ(南郷家)
○市長の日程(25日)市議会定例会本会議

070924 天昌寺保育園

9月24日(月)くもりのち晴れ


天昌寺保育園の園庭には3つの車輪付きの籠が並んでいた。
2つの意味はわかりつつあるが、3つの意味はまだよくわからない。
この位置にあるのは、仕切りがわりかな。
たぶん聞いてみれば、なんでもないことなんだと思う。
だから、ココロに留めておいたほうが楽しい場合もある。

070924zenkunen-rittaikosa.jpg

このあたりのやや気になる場所といえば、盛岡駅青山線の函渠工工事。
「かんきょこう」と読むらしい。剛性カルバートの一種とのこと。
請負額は看板では65,835千円なり。
よくわからんが、こんなのが函渠工なんだろう。
コンクリートで道の形が作られている。アーチカルバートの反対みたいなものか?
かなり道な姿になっている。

070924zenkune-haitu.jpg

そして、愛していた前九年ハイツ界隈の風景は変わった。
あっという間にアパートは姿を現し、工事は終盤戦の様子だ。
大好きだったアングルからハイツは頭をのぞかせるだけになっていた。

070924morioka-byoin.jpg

少し思案して、みたけの坂を求めることにした。
北天昌寺、大新町、南青山町、青山・・。歩くと案外遠い(笑)。

思考力が低下して来た頃、盛岡病院で風船に出会う。
飛び立とうとしているのに、何らかの理由で草から離れられない。
右に行ったり、左に行ったり。もがいている姿は何かに重ねずにはいられなかった。

070924hokuryo.jpg

それから、ちょっとがんばった。目的はほぼ達成して、新化食品の工場まで来てしまった。
何を思ったのか木賊川を越えて、北陵中方面へ向かう。
進入禁止のマークと黄色と黒の縞模様の壁があるカーブを曲がる。
そこは坂だった。でも、ここは滝沢村。なかなかいい傾斜だが残念。

北陵中をまじまじと見るのは久しぶりのような気がする。
校舎は裏側から見る限り、ざっと7割くらいが綺麗になっている。
坂沿いにはプールと自転車置場が並ぶ。

クラスの番号と思われる数字のほかに、「白」の文字があった。
なんだろう?これも気になる。でも知らないでもいいことなのかもしれないとも思った。

さて、帰るかというには、遠くまで来てしまった。
バスを求めて、みたけへ戻ることにする。

070924hachiman-sora.jpg

バスではぐっすり。駅通過も気がつかないでバスセンター。
空が綺麗だった。というよりは雲が綺麗だった。
そんななかパラグライダーが飛んでいる。
ミュージックスフェス関係?下りる場所あるの?
また、気になるコトを増やしてしまうが、休みは終わりだ。
忘れることにして家路をたどることにした。

○いしがきミュージックフェスティバル 開催
○みたけのスーパーセンター 9月下旬に、おやつショップオープン予定
○みたけ2丁目 JTの東あたり (仮称)みたけ給食センターが建設中
○今更ネタですが、ごちそう市場青山は3月末で閉店。そのままな感じが哀愁っす。
○境田川原踏切が防音壁工事に伴い夜間全面通行止め
→8月31日から12月25日まで。時間21時から翌朝6時30分まで
○自民党総裁選挙 岩手県連の予備選結果
 麻生氏 4,085票、福田氏 3,012票。無効票35票。投票率は48.53%
 →ドント式により麻生氏2票、福田氏1票。
  ちなみに鈴木俊一代議士(麻生氏の義弟)は麻生氏に1票
○杜陵高校の卒業記念試合 杜陵高1-2岩手建設工業新聞(22日)
○秋の高校野球決勝 盛岡四高4-3一関学院、3位決定戦 盛岡大附7-6軽米(23日)
→四高は初優勝。公立高校の優勝は8年ぶり
○北東北大学野球秋季リーグ 岩手大学が5勝1分4敗で過去最高タイの3位に
→富士大は4位、盛岡大は6位
○岩手競馬 第12回りんどう賞 フジプライド(草地保)<23日>

もりおかの坂 その97

もりおかの坂 その97 紅葉が丘のかがみ坂<仮称>


一点集中で美しいヤツってあるじゃないですか。
全体としてはそうでもないけど、ピンポイントで輝きを放つ存在。
例えば・・と聞かれると困るのですが、もりおかの坂では、ここじゃないかな。

紅葉が丘の20番地と16番地の境目の道を入るところがはじまり。
傾斜部の下を通りつつ、平坦部との接続をとる道のことです。
その95で紹介した、びっくり坂(仮称)を過ぎると、本格的に坂になっていきます。

そのあたりになるのでしょうか。
遠くに寂しくぽつりと仕事をこなしている道路反射鏡が現れるわけです。
背後は畑ということもあって、そらが埋めます。

何でもないことをちゃんとやるって意味を教えてくれるような気がします。
これを見るだけでも価値はあったのなかと思わせる坂でした。

070825mirasaka2.jpg

ただ、この坂の名誉のために書けば、傾斜も長さもそれなりに持っているところです。
道路反射鏡の先は小さな鉤型になっており、もみじが丘幼稚園を見上げる位置に。
それから、再度、傾斜ははじまって山岸五丁目へ接続をとろうとします。
知っていれば、散歩のルートが広がる坂です。

070923 本宮

9月23日(日)快晴


イオン盛岡南ショッピングセンターの杜の道側交叉点。
その一角に建設中だった建物には「洋服の青山」のロゴが入った。
しばらく前から、N野の青山は移転のためと銘打ち、閉店セールをしているが
行き先は、やはりここだったか。東から南へ移るものがまたひとつ。

しかし、紳士服業界も人口減少で大変らしい。
集客力がある施設の近くに立地するのが今の流行なんだとか。

070923katabunko.jpg

思わぬ天気に恵まれて、国道46号の旅人になる。
気まぐれで行き着いたところは、小さな廃校を活用した施設。
懐かしいというには、ボクにとっては小さすぎるサイズだった。
でも、木造校舎で中学時代を過ごしたから、DNAみたいなレベルで体は少し反応した。
オルガンの音を聞きながら、独特な雰囲気の中にココロを浸す。
まったりとした時間が流れた。

070923r46.jpg

帰り道の夕暮れ時、国道46号が渋滞することを知る。
どうやら、雫石川を渡る橋への右折レーンが原因のようだった。
勉強になるなあ。現在不通の盛岡鶯宿温泉線のせいか、いつもなのかはわからないけど。

そんな国道46号の盛岡市のカントリーサイン。
こんなところにあったんやね。

○盛岡駅西口区画整理 事業期間を2年延長
→東西通路拡幅工事が始まることに伴い、交通広場と南駐輪場が閉鎖へ
○21日 こまくさ幼稚園で最後の公開保育研究会
○第42回盛岡市つなぎロードレースは大雨被害のため中止
○岩手競馬 第7回ハーベストカップ マイネピルエット(高松亮)<22日>

もりおかの坂 その96

もりおかの坂 その96 祭壇坂(神殿坂)<仮称>


紅葉が丘傾斜部の3大坂のうち、東寄りにあるのがこの坂道。
山岸一丁目方面からだと、山田線に架かる小さな岩谷陸橋と接続しているところ。
はじめて紅葉が丘に行って、
その魅力に取り付かれたのは、たぶんこの坂のせいだったと思います。

070825shindensaka2.jpg

ひーこら上っていくのは、他の紅葉が丘の坂と変わらないのですが
この坂の特徴は何と言っても、上部の階段区間です。
階段の背後には覆いかぶさるような大きな緑。その先を目指したくなる階段なのです。

070825shindensaka3.jpg

階段区間は3段階に別れていて、その段階ごとに家は存在します。
最初は車が停まっていて、びっくりしたのですが、これは別ルートでアプローチ可能です。
だんだん厳かな気持ちになってきます。
まるで、祭壇を上っているような気分なのです。
そうでなければ、どこかの神殿をのぼっているような感覚。

終わりには緑に覆われた盛り上がりと茶色の蓋がされた短い煙突みたいなもの。
おそらく給水関係なんだろうかと思います。
階段から見る景色は、またさらに素晴らしいわけです。

紅葉が丘の傾斜部はこのように3つともそれぞれの魅力を持つところ。
どれも外せないというところが、なかなかありそうでない。
いつまでも魅力的な場所であることを願いつつ、紅葉が丘傾斜部シリーズはおしまいです。

もりおかの坂マップ
→その95までプロット済み

070922 津志田西二丁目

9月22日(土)くもり


ちょっとできた空白の時間に自転車をこいで出かける。
北上川の傷跡を眺めながら、野球で快進撃中の四高グランド脇をすりぬける。
隣接する、かつての盛岡高等技術専門校跡地は荒れているように見えた。
どこかに売却されたらしいから、去年まで見られてソフトボールガールズの姿も見られない。

やがて津志田。住居表示後の位置関係はまだ頭の中に入っていないボク。
綺麗になったぽい夢屋からのストリートを南に。
まあ、かなり今更なネタなんだが、サーパス津志田ができて風景が変わったところ。
その前にはツルハが存在する。これも比較的新しい。

野田踏切を越えて、残された津志田へ。
いわゆる線路の西側を自分の中では、そう呼んでいる。
まだ田園風景が色濃く残っている2地割や3地割あたりのこと。

070922moriokaminami-bs.jpg

鴨助堰から南側は永井。たくさんのバスが見えてくる。
岩手県北バスの盛岡南営業所だ。県「北」のバスが「南」にある。
違和感があるのは、偏見に過ぎないか。

ここには「盛岡南」という立派なバス停がある。
宮古~東京を結ぶ「ビームワン」やイオン盛岡南を経由のバスセンター行きが発着する。
周辺の風景は立体交差の影に隠れたようなところ。
利用者数なんてのはどれくらいいるものだろう。不思議な存在感があるバス停だ。

070922nagai.jpg

飯岡駅裏で見つけた、盛岡南公園の案内看板に身を任せてみる。
意外に近いじゃんと思いながら、ペダルを踏んだ。
永井小学校の別な入口をはじめて意識する。石の柱が立つ。
もしかしたら、こっちのほうがホントの入口だったのだろうか。
現校舎の風情では、明確な入口がよくわからなかったので、なんかそんな気がしている。
スキー山とオリジナルな進入禁止の赤い標識がキュート。

盛岡南公園まで来たのは良かったのだが、折り返しを思えば憂鬱になる。
でも、最後の力を振り絞って・・。

070922tagajinjya.jpg

多賀神社がそう遠くないことを思い出す。
台座に彼らは確かにいなくて、ウソじゃないんだと知る。
いつもは閑散としている境内に足を踏み入れる人たちがいた。
気になっている人は多いようだ。

失ってしまったことの大きさは、どうやって感じることができるのだろう?

○一人当たりの実質的な借金(地方債+債務負担行為ー基金)
 盛岡市 50万円。藤沢町 156万円、滝沢村 31万円、市町村平均 56万円
○盛岡大学の学長、今月末で退任へ。理由は家族の看護
○岩手競馬 馬インフルエンザのレース前日検査を終了(21日)
○東京三菱UFJ銀行の盛岡営業所が支店に昇格へ。11月9日から
○岩手銀行がはじめて幹事としてシンジケートローンを組成。マイヤに14億融資
○盛岡市の放課後児童クラブ 5月1日現在で31箇所、登録児童は1,295人
○滝沢村の自衛隊巣子宿舎浸水事故 現状復旧で自衛隊と合意。工事費は約680万円
○駅前の小岩井・明治安田ビル1階 かつての小岩井リグレ跡、工事してますね

もりおかの坂 その95

もりおかの坂 その95 紅葉が丘のびっくり坂<仮称>


ちょっと都合で、傾斜部を外れます。
傾斜部からすぐの脇道に入ったところは別の坂のはじまり。
その途中にあるのが、紅葉が丘の「びっくり坂」。
このサイトでは、短くて、傾斜がきつくて、車で通りたくない坂を、そのような定義にしています。

ここの特徴は、接続する部分も傾斜であること。
ゆえにちょっと斜めに接続点の辺がなっているわけです。
車での難易度は高そうです。でも接続したかったんでしょうね。

070825momiji-bikkuri2.jpg

上からの眺めもなかなかです。
びっくり坂から続く道は、滑らかに平坦部の紅葉が丘に続いています。

盛岡市内で私の知る、そそる「びっくり坂」はこれでおしまい。
車では無理でも、自転車などで、その傾斜を味わってみたらいかがでしょうか?

■いまんとこ盛岡三大びっくり坂
もりおかの坂 その77 上堂三丁目のびっくり坂<仮称>
もりおかの坂 その46 東新庄一丁目のびっくり坂

070921 仁王診療所

9月21日(金)くもりのち晴れ また真夏日


名須川町の仁王診療所。
重機の手が建物にかかる。もうすぐ、かたちとしてもサヨナラ。

きょうも暑い日だった。おそらく30℃は越えたはず。
記録はあっけなく更新されたと思われる。
汗は確かにかくけれども、もうあの季節のものとは別である。

070921telwel.jpg

隣接した場所にあるのが、テルウェル盛岡ビルだ。
4月1日に仙北小学校前あたりに移転していたことを知る。
外観はそのままだったので気がつかなかった。
正確にはテルウェル東北株式会社岩手支店というらしい。

070921shirayuri-p.jpg

四ツ家教会にて。盛岡白百合学園小学校のポスター。
久しぶりにつぼに入ったデザイン。
制服をモチーフにした後ろ姿がかわいいね。単純に。
これから入れようかななんて、思ったりするのは自分だけか?
シンプルに、児童募集/第1学年女子/多学年転入可。
転入できるんだというのが、新しい発見。

(悲しいニュース 多賀神社の狛犬盗難)
000930tagajinjya.jpg

盛岡市永井の多賀神社の狛犬が19日夜から20日朝にかけて盗まれたそうです。
それも両方とも・・。天満宮に負けず劣らず愛嬌がある顔が好きだった。
150年の歴史があったらしい。元に戻してください。
※画像は2000年9月30日のもの

(きょうの気になるヤツ)
070921chuodori.jpg

中央通からストレートに。市役所ごしも意外に素敵(笑)。

○21日の盛岡は30.3℃。1961年の観測開始以来、最も遅い真夏日を記録
→それまでの記録は2000年9月15日(30.2℃)
○よくわかりませんが、前潟のイオンは「イオンモール盛岡」に22日から名称変更
→イオンモールとダイヤモンドシティが1つの会社になったからだそうです
○盛岡のタクシー値下げから3ヶ月も、客・売り上げとも減少
→6月の輸送人員 508,537人、運送収入 約4億1千万円(協会加盟+個人)
○きょうの日報夕刊はびっくりしました。いしがきMUSICフェスに包まれていました
○市長の日程(21日)市議会定例会本会議

もりおかの坂 その94

もりおかの坂 その94 まんなか坂(みぞ坂)<仮称>


こちらも、もみじが丘の傾斜部にある3つの坂のうちのひとつ。
いわゆる、真ん中に存在する道です。
実はノーマークだったのですが、よくよく観察すると路面に模様があるのでした。

は虫類の腹にでも存在しそうな赤い斜めのラインが真ん中の溝に集まって、
それがひたすらに上まで続いているのです。
滑り止めであることは、なんとなくわかるのですが、ここにだけ存在するのは何故?です。

070825mizosaka3.jpg

上っていくと、時折、真ん中の溝に斜めの溝が横切っていきます。
路面工学?として理由はあるんでしょう。また独特の風情を演出します。

070825mizosaka2.jpg

坂沿いは基本的に家であり、特別な施設はありません。
しかし、もみじが丘傾斜部が持つ、あの坂っぷりは持ち合わせています。
終わりは、壁でせつないのですが、右手に行けば、もみじが丘幼稚園です。

まあ、真ん中にあるので「まんなか坂」。
あるいは、この溝に敬意を表して「みぞ坂」にしておきます。

070920 さわや書店

9月20日(木)くもりのち晴れ 史上最も遅い真夏日にて


さわや書店の2階のトイレ。
今まで何回か救われた思い出はある。
小便用が対になって2つ、大きい用が1つある。

2階はMOMOの一部(漫画本)が移って来てから、あまり利用しなくなった。
明確な理由はないのだけど、まあなんとなく「薄く」なった気がするから。
1階に下りて、欲しい雑誌と文庫を1冊ずつ。

070920morigeki.jpg

お昼頃には、暑いなと思わせる温度にはなっていた。
観測史上最も遅い盛岡での真夏日なんだとか。
秋モードに戻りつつあった自分の服装も、ちょっとだけ逆戻り。
なんだか変な天気がつづく2007。
そんな日の朝に見た役割を終えた扇風機。

(きょうの気になるヤツ)
070920shiyakusho-ura.jpg

市役所裏から。

○フジモリ茶畑店のチラシ 店舗新築改装のため、9月30日で一時閉店
○上小路 田山商店が消えたら、可愛い家が現れる。しかし、すぐ新しい家が跡地に立つ模様
○柳新道にlovelockがオープン予定
○2007年度地価調査結果
 住宅地は7年連続、商業地は14年連続の下落
・住宅地 盛岡市住吉町8-34 114,000円(▲5.0%)
・商業地 盛岡市盛岡駅前通8-17 382,000円(▲5.9%)
○秋の高校野球県大会4強 軽米、四高、一関学院、盛岡大附
○神子田の朝市 115の区画に生産者227人、32の業者が登録。駐車場は350台収容
○大新小学校でも「漢字ぐんぐん」
○盛岡市内小中学校の不登校 小学校12人、中学校100人(8月末現在)
○北松園の国民年金健康センターもりおかの入札は不成立(18日)
○市長の日程(20日)市議会定例会本会議

もりおかの坂 その93

もりおかの坂 その93 送迎坂(幼稚園坂)<仮称>


この角度、この長さ、そしてここからの眺め。
坂に必要な美しさを凝縮しているのが、もみじが丘幼稚園へ続く坂ではないでしょうか。
あまりの傾斜に幼稚園への送迎は、下に自転車を停めて歩いていくらしいです。

下からの眺めは、まっすぐな道に緑の柵と白いフェンス。
その長さにひるんだりします。

070825sogeisaka3.jpg

特に、この坂は傾斜部にある団地の東端にあるので、眺めが良いのが特徴。
紅葉が丘の平坦部や山岸の街並を見ることができます。
坂の上っているときの苦労もこれで少しは和らぐというものです。

070825momijigaoka-yochien.jpg

ひたすらまっすぐ。時折の空地にしみじみしながら、行き着く果ては幼稚園です。
どうしてこんなところに作ったのか。事情を知らなければ、ホント不思議な場所にあります。
経営は学校法人紅葉学園。「こうよう」と読むらしいっす。
紅葉が丘幼稚園は昭和44年に開園!それだけで親近感も湧いてきました(笑)。

070825sogeisaka2.jpg

幼稚園側から眺めは天満宮の森を正面に捉えながら、傾斜の厳しさを感じさせます。

下に自転車を停めて送り迎えしなくてはならないということを表現したかったのですが
ぴったり来る単語が思い浮かびませんでした。
味気ないですが、「送迎坂」で仮置きさせてください。
良い名前募集中です。

今回から、紅葉が丘界隈の坂がつづきます。
隠れた名坂の宝庫です。お楽しみに。

070919 富士見橋

9月19日(水)ほぼくもり


再び中津川。そして富士見橋。
その上から眺めれば、あそこにあったはずのベンチがない。
河川敷に孤独にぽつりといたヤツだ。
しばらく来ていなかった場所だけど、まさか流されてしまったのだろうか。
よくわからないけど、ちいさな喪失感。

昨日よりは水がひいてきたことは間違いない。
それでも富士見橋と上の橋の間は、そんなふうにできているのか、水が乱れたままだった。
上の橋と与の字橋の間はいつもに近い風景だったが、忘れな草用の遊歩道は冠水していた。
来年に影響があるかもしれない。

070919domani.jpg

大手先のドマーニ内丸が空になって、どれくらい過ぎただろう。
そんな場所から、あーだこーだな旅。

二高まで行く。
桜並木側の入口から見ると、いろんな施設ができてしまったようで見通しは悪い。
校舎解体といい、結構来ているつもりだが、肝心なときに出会えないところだ(笑)。
二高前バス停が青山天神線専用だったとはじめて知る。
バスが停まらないとは思っていたが、通学用だったのか。

070919kosode.jpg

こちらは生姜町にできた「和のくらし 小袖」。
染織工芸品の展示スペースとして14日にオープンしたのだとか。
本町通の「こうや」の姉妹店とのこと。

じんわりと和への流れはあるような感じはしている。その手の本も多い。
今は企画展で、ふろしき関係の展示をやっている。
エコバッグよりふろしきで包んでお持ち帰りってのもかっこいいかも。

(きょうの気になるヤツ)
070919kaminohashicho.jpg

上ノ橋町から。

○2005年度県民経済計算
・1人あたり県民所得 236万3000円(国を100とすると82.1)
・県内総生産 4兆5954億円(名目)、4兆9760億円(実質)
・経済成長率は▲0.8%(名目)で2年ぶりのマイナス
○大雨で四十四田ダムに大量の流木
→今回の大雨で、四十四田も御所も過去最大の流入量を記録
○ミッシェルは県内5店舗に集約したんですね。一時は26店舗あったのだとか
○市長の日程(19日)市議会定例会本会議

もりおかの坂 その92

もりおかの坂 その92 妙泉寺坂<仮称>


新庄浄水場と加賀野の大日如来を結ぶ道があります。
あんまり整備されていなくて、坂の両端では緑に包まれている坂です。

新庄浄水場の敷地が終わると、緑のトンネルが待ち受けています。
山火事注意も文字が今までの世界とは少し違うところへ行くのかなという気持ちにさせます。
センターラインもない細い道が右手にカーブしていきます。

覆う緑を抜けると、少し風景が開けます。
小岩井中津川マンションやグランドホテルが登場。
左手は畑なんですが、どうやら岩手保養院の農場とのこと。

070825myosenjisaka2.jpg

この農場との区間が坂の斜面に日差しが当たるので鑑賞ポイントかと思われます。
上からも下からも自然なつくりが良いです。
そして、再び坂は緑の中に吸い込まれ、傾斜も失っていきます。
木々の向こう側に大日如来の建物が見えて来て、小さなカーブ。
もうそこは加賀野。三丁目と四丁目の境。

この傾斜の山側には、妙泉寺というのがあります。
普段は敷居が高い場所ですが、こんなところに・・という感じの建物です。
由緒もそれなりにあったはずです。
そんな隠れたお寺に敬意を表して「妙泉寺坂」にしておきます。

070918 中津川

9月18日(火)雨もやがて止み


朝になると雨は弱くなっていた。また「いつも」の生活がはじまる。
外に出ると、Yシャツだけでは肌寒い。
引き返して、スーツの上をはおったのは、秋祭りが終わったからか?

しかし、お昼の中津川は「いつも」ではなかった。
杜陵小学校付近では、川幅いっぱいに茶色の水が占拠する。
こんなに増水した中津川を見るのは何年ぶりだろうか。
普段は遊歩道が存在する場所は、何も見えなくなっていた。

070918shimonohashi.jpg

こちらは夜の下の橋から下流方面。
水量はやや少なくなったかもしれないが、「いつも」の風景ではないことは確か。
早く「いつも」に戻ってくれることを願う。

自分の身の回りでは被害はなかったのだが、
間接的には大変な目にあった人の話も聞いた。
自分が住む場所はどうなんだろうと思い、こんなページも開いてみる。

「盛岡市洪水ハザードマップ」
http://gissv.city.morioka.iwate.jp/Map/bfStatic.ASP?env=FloodAbout

最大規模の雨(2日間で226mm程度)が降った場合を想定して作られているとのこと。
なるほど・・こうなるのかと思いつつ、地図を見て、覚悟をココロの隅に置いた。

(きょうの気になるヤツ)
070918minamiodori.jpg

南大通、かつてのみちのく銀行付近から。

○大雨 降り始めから18日午前6時までの総雨量は盛岡で206ミリ
○岩手県知事部局の女性管理職は5人(全体の1.1%)
○岩手競馬 ダービーグランプリの売り上げ大幅減の6689万5千円(昨年は2億1300万円)
○岩手競馬 第22回ダービーグランプリ ハルサンヒコ(村上忍)<17日>
○岩手銀行が八戸(十三日町支店)と名取(美田園支店)に新店舗
→美田園支店は12月10日開設予定。仙台圏は5店舗体制へ
○市長の日程(18日)庁議・政策形成推進会議、行政評価推進委員会
○清水町にトランクルームが建設中(柿沼医院の向かい側あたり)
○10月15日から青春館で道造関連の展示をやるようです

もりおかの坂 その91

もりおかの坂 その91 つつじが丘へのバスが通る坂(才ノ神坂・周波坂<仮称>)


つつじが丘シリーズ最終回。

つつじが丘へは、路線バスが走っています。
もちろん終点になっているわけですが、
浅岸方面からではなく、新庄浄水場を経由して団地にアプローチをします。

岩山への道を上り、やがて分岐点。
右手は今では岩山漆芸美術館と呼ばれる場所へ誘う道。
左手がつつじが丘への道。

それから下って、上って、下って、つつじが丘団地・・というのが感じです。

070825hekomisaka.jpg

鑑賞していて美しい区間は、やはり凹んでいる部分になるでしょうか。
東野建設工業の資材置場から山崎組の作業所までのところ。
アップダウンしているよという感じが何かを感じさせるのでしょう。
緑も豊富ですし、気持ちがよい区間。
知識がなければ、この先に団地があるのかという思いすらします。

070825hekomisaka3.jpg

山崎組の作業場付近の緑を抜けると、つつじが丘団地。
なんとなく団地に接続しているようにも見えます。
このあたりにバス停はあり、回転スペースも確保されています。
終点風情はありです。

というわけで、こちらがメインの入口なはずです。
でも、個人的にはそんなふうに思えないのです。
団地の端に接続するという位置のせいなんでしょうか?

ひとまとめにするのも、問題があるかな?と思いましたが
ここは逆に分ける方が不自然かなと判断した次第で、まとめてご紹介してみました。

070917 盛岡八幡宮

9月17日(月)大雨


例大祭が終わった八幡宮の境内。まだ流鏑馬の舞台がほぼそのまま残されていた。
コースの全長は約420mあるそうだ。そこに容赦なく雨がふりつづける。
何かが終わったあとのモノゴトをうまくココロの中に整理するのは難しい。
結局、散乱したまま抱えて生きていくしかないんだろうな。

八幡宮のキャッチフレーズの一つは、神社のテーマパークらしい。
いつもよりはじっくりと境内を歩いた。
こんな天気だから、人影は少ない。そんな中でお宮参りする若い夫婦をみかける。
護国神社まで進むと、さらに寂しさは増す。

なんかもういいや・・。
そんな気持ちになって、雨に負けて、ボクはウチに戻ることにした。

070917matuojinjya.jpg

きょうは家でじっくり何かを考えろよ・・。
外出するのを阻む雨が降り続いた日だった。
県内でも被害が出ている模様。

(雨の十六羅漢)
070917jyurokurakan.jpg

暇だったので、全部撮影を実施。
中でも、最近のマイフェイバリットはこちらの像。

○県内大雨 夜の時点で、みたけ・乙部・盛岡駅西通の一部に避難勧告
○天皇杯サッカー1回戦 埼玉SC 3-2 FCガンジュ岩手(16日)
→岩手県勢は18連敗。初勝利ならず
○岩手競馬 第9回ジュニアグランプリ シュベルロバーツ(菅原勲)

もりおかの坂 その90

もりおかの坂 その90 つつじが丘団地の坂


こちらは、いわば「上の」つつじが丘。
つつじが丘団地を北西から南東につらぬく長い道は概ね3本ある。
どれも味わい深い風景を提供するが、選ぶとすればやはりこの坂だろう。
県警つつじが丘寮跡地から、つつじが丘会館やスパー跡を経由して、市営アパートまでつづく坂だ。
もっと急な坂だと思ったけれども、下から眺めると、あとからじっくりと上っていくんだと気づく。

つつじが丘会館は、選挙になれば投票所になるところ。
いわば団地の中核施設?だろう。
それから菊屋薬店は、この団地では貴重な小売店だと思われる。
スパー跡は跡のままで、変化はない。そのあたりから傾斜が出てくる感じがする。

ひと区画終わると、つつじが丘幼児公園。
あとは宅地中心で市営住宅へとたどりつく。

070825tutujigaoka2.jpg

上からだと、下からの印象とは正反対になる。
ぐいっとした傾斜に見えてくる。ビルの3~4階分は違うような錯覚をする。
岩手山が右手に電線に阻まれながらも、姿を見せる。

他の坂も基本的構図は同じ。あとは取り囲む家たちが違うので、それを楽しめばいい。
とにかく、つつじが丘は、上も面白いですよ。

070916 遠野

9月16日(日)雨中心


遠野ふるさと村で開催されている「遠野ブログ画像展」を見に行った。
着いた頃には雨が降り出していて、苦労しながら一番奥の肝煎りの家を目指す。
開場は隣接する蔵の中。

ボクの作品も額縁に入るとそれなりに見えるから不思議。
ここまでのかたちにすることに素直に敬服した。
感謝。

そのあと、ゆっくりと家をめぐりながら下っていく。
軒先に座って、まったりとした時間を過ごす。
雨のふるさと村も悪くない。少し見直す。

夜、この町で会うべき人たちに会った。
この町に対する気持ちが少し軽くなった嬉しい出会いだった。

○上飯岡・長善寺の墓地で地蔵10体が盗難
○自民党総裁選挙 岩手県でも予備選挙実施
○フェザン1階が大規模に改装、4年ぶり。15日オープン。県内初出店の5つの衣料店が入居
○岩手競馬 18日から馬の移動制限を条件付きで解除へ
○岩手競馬 第7回ムーンライトカップ ノーブルウィング(村上忍)

もりおかの坂 その89

もりおかの坂 その89 川徳コーポラスへの坂


つつじが丘シリーズつづく。
下の団地への分岐点から、さらに上る。
少し目立つ空地は、かつては県警の独身寮があった場所。
その敷地に沿いながら、まっすぐ進むと突き当たりに見えてくる赤い屋根の建物。
何かに立ちはだかるような、その存在感に来るたびに惹かれて、ボクはその坂をのぼるはめになる。

赤い屋根の建物は、つつじが丘川徳コーポラスと呼ばれていた。
社員寮だったのだろうか、丸みを帯びた縁取りの窓が心を離さない。
でも、今は人は住んでいない。窓から見えるのは荷物置場という雰囲気だ。
2006年版ゼンリン地図では「(株)川徳ソーコ」の文字。
役割の通りの名前になったということか。
でも、やっぱり自分の中では、コーポラスなのである。いまのところ。

070915 西仙北二丁目

9月15日(土)くもりのち薄い晴れ


予報よりは少し遅く天気が回復する。
いまひとつの空模様の下で、家のことができたのは収穫にしておくべきことなんだろう。

ベルフ仙北の裏にある地下道から西仙北へ出る。
この地下道がまったく独立したルートであることを今日はじめて知った。
新幹線に守られながら、南へ進路をとる。
かつて踏切があった場所から道路を横切る小学生たちに会った。

西仙北もなかなかつかみどころがないところ。
特に二丁目はそんな印象が強い。

住居表示地区が終わって、南仙北へつづくガードがあるところに出た。
ここでも旧道のアスファルト剥がしが進捗していて、記憶の彼方へ行こうとしている。

070915mukainakano.jpg

石川町の南側あたりに東西への広い道が設定されている。
おそらく基軸となるのだろう。ここも13日から道路切替があった。
まだまだ動くところ。

農免道を渡って、野原。向中野が飯岡新田に食い込んでいるところ。
このあたりまでがおそらくかなり変わるエリアと思われる。
まだ農村な風景は残っているけど、出る場所に出れば、ヤマダ電機が見通せたりする。

しっかりと記録しておきたい場所だが、なかなか訪ねる機会がないのが残念。

(河南中プール)
070915kananchu-pool.jpg

我らが河南中のプールが新設されて、解体される。
9月末から工事は始まるとのこと。
学校の敷地から一本道を隔てた変則的な存在だったプール。
見ることができる範囲でも、そのボロさはうかがえる。
どこかの廃校でみたようなコンクリート色をしていた。

新しいプールはグランド西側(ソフトボール練習場付近)に新設されるらしい。
桜も少し伐採。ソフトボールのバックネットも体育館側へとのこと。
この独特な存在感は惜しいが、同じ敷地にあるのが素直ってヤツなんだとは思う。

(きょうの気になるヤツ)
070915kamoiri.jpg

南大橋そば、鴨入水門にて。緑色のアイツはなかなかの存在感だった。

○イオン盛岡南SCの1周年祭はじまる。まだ1年か・・との思い
○9月14日 仙北町交番管内の交通死亡事故ゼロ日数 1000日達成
○県民体育大会「少年の部」が原則廃止
○仙北二丁目の拡幅が完成していた。最後まで残っていた鈴木プロパンの看板もいずこへ
○飯岡新田の県公舎近くで鹿妻穴堰土地改良区新事務所の建設工事。本来の場所へ?

もりおかの坂 その88

もりおかの坂 その88 富士見坂(巌鷲坂)<仮称>


岩手山が見える坂では、ここがベストだと思っている。
たぶん、坂と岩手山が純粋に楽しめるのは盛岡でもここだけだと思う。
坂の向こう側に岩手山だけが見えるようにファインダを動かす。
至福なひとときだったりする。


ここは、岩手県住宅供給公社によって開発された、つつじが丘団地。
盛岡の東、岩山の北側に位置する。名前は「つつじ長根」にちなむと言う。
平成17年の国勢調査では1,449人が住み、575世帯があることになっている。
昭和60年の調査では2,092人、662世帯だから、かなり減少しているようだ。
それでも、個人的には大好きな場所だから、よく通っている。

070825fujimisaka2.jpg

この坂は、浅岸方面から、最初にあるアクセス道路。
一段下がった団地の東側部分への道だ。
岩手山を求めて坂を上っていけば、山は正面から左手に姿を移していく。
東桜山や浅岸の街並が見えてきても、また別な美しい風景を提供してくれる。
ホント風光明媚なところだったんだなあ。

坂のカーブはやがて終わり。2番地から7番地あたりの宅地へ。
途中には長い階段があり、東桜山方面へのショートカットとなっている。

いずれにしろ、これ以上岩手山が素直に見える坂はないだろうから「富士見坂」。
でもここは盛岡だから巌鷲坂でしょうか。
晴れた日はぜひ鑑賞しに、つつじが丘へ。

070914 盛岡バスセンター

9月14日(金)くもりのち晴れ


最近、ライトアップしてないよねと思っていた。
すると数日前から東北電力のタワーには緑のネットをかぶせられた状況になっていた。
一枚ものなんだろうか・・なんて、無駄なことを考えつつも、
緑のネットからのぞく白い物体がキュートで、あちこちから眺めたりなんかする。
志家、与の字橋、葺手町、紺屋町・・。われながら暇。
その中で良いねと思ったのは、バスセンターのプラットホームからの姿。
周りに余計なものはなくて、案外とすっきり見える。
こうしてみていると、一昔前の風景に見えてくるのはバスセンターにいる魔力かな。

盛岡にタワーは数あれど、ライトアップしているのに何となく地味なこのタワー。
ネットがとれるまで気になる存在になりそう。

070914shike.jpg

こちらは、かつて愛用していた志家大駐車場。
入口に小さな車が止まっていた。広告を積んでいた。
「志家大駐車場 8月23日より 料金改定 1日 600円」
料金設定が簡素化されようで、かつての5段階から3段階に。
1時間200円、2時間400円、そして24時間600円。
なんと極端な(笑)。ただ改定前は24時間は1200円だったのだからすごい値下げ。
もちろん綿密な計算で利益は出るようにはなっているんだろうけど。

070914miyazakishoten.jpg

貯金事務センターは更地のまま、特別な動きはない。
106号に出て、宮崎商店が解体されてしまったことを確認。
会計事務所がバーンと見えるようになった。

070914hachiman.jpg

夜、秋祭りで賑わう八幡宮に入る。
うすやき、大きなガチャピン、お好み焼きなど、多数の誘惑に耐えながら護国神社まで行く。
かつてはお化け屋敷があったような気がするが、今年はなかった。
あっても入ることはないけど、なきゃないで寂しいもの。
ドネルサンドにそれなりな行列があった。
トルコからやってきた食べ物らしい。もう1店舗あったので屋台では定番なのか?
結局、何も買わずに人混みを離れた。
なんか偉いぞオレ。

(それからの東大通)
070914higashiodori.jpg

14日朝。例の社会実験関係。東大通にもきちんと白線がひかさっていました。
このあたりではパーキングチケット側に1mの自転車レーンを確保。
イースト21側の路側帯は1.5mに拡幅して、点線の車線は消したという状況。
9月4日に実施した午前7時から12時間の交通量調査では
ここは、自動車4,970台、自転車2,343台通るとのこと。

○岩手県の100歳以上の高齢者は 336人(男性46、女性290)<9月末時点>
→10万人あたりでは24.44人で全国33番目。最高齢者は奥州市の女性で108歳
○13日 鉈屋町「大澤家」が竣工。総事業費1200万円
○岩手大学第一体育館は改修なのかしらん
○岩手大学 敷地内全面禁煙は平成20年4月
○三戸町にあったサンクス中央通店が8月23日で終了し、勤労青少年ホーム前のサンクス盛岡中央通三丁目店に移転(オープンは8月29日だった模様)
○岩手競馬 馬インフルエンザは終息へ 陽性馬は9日以降なし
・交流競争復活へ オーロカップにコスモバルク参戦へ
・11月に2日間の追加開催。3月には連続5日間の特別開催を決定
○岩手公園の石垣ライトアップは11月11日まで。63基の灯具を使用
○市教育委員会「市小中学校適正配置検討委員会」を設置
○中野一丁目の資生堂販売東北支社盛岡支社は八幡平市の介護老人保健施設等で化粧のサービス
○市長の日程(14日)盛岡観光コンベンション協会山車出発式、秋祭り山車八幡下りパレード

もりおかの坂 その87

もりおかの坂 その87 東桜山坂<仮称>


岩山への途中、新庄浄水場前のクランクをクリアすると
左手にぐいっと落ち込んでいく道があるのは、ご存知でしょうか?
そこが小さな東桜山のメインストリート的存在の坂のはじまりです。

最初は立派。止まれの文字が細く長く伸びています。
傾斜で止まったまま、合流しようとする車は、いつも綺麗な風景をつくってくれます。

070825higashisakurayama2.jpg

浄水場の脇を過ぎると、やや狭くなって、横縞ラインの区間。
それもすぐに終わり、廃業した美容室が一角を形成するやや広い場所に出ます。
桜山団地への道が分岐しており、見ておくべき団地のひとつ。
急傾斜地の上にある可愛い団地です。

070825higashisakurayama3.jpg

坂はさらに道幅を狭め、建ち並ぶ家の中を淡々と貫いていました。
あれよという感覚で、坂はおしまい。
もう、世界は浅岸ですが、まっすぐではなく左手を推奨。
ローソンや東北銀行がある中心に出ます。
ちなみに右手は麗しの団地・つつじが丘です。

距離も傾斜も十分な坂です。浄水場あたりはホント美しい。
なんで「東桜山」なんだろうと思っていたのですが、浄水場は「加賀野字桜山」なんですね。
その東となれば、やはり「東桜山」。

語呂はいまいちですが、「東桜山坂」にしておきます。

Template Designed by DW99