071031 岩手川

10月31日(水)晴れのち曇りのち晴れ
(サヨナラ岩手川)


岩手川の仙北町側も解体が目に見えるようになったというので、訪ねてみた。
明治橋にたどりつくと、何階建てはわからんが、高い建物が白いシートに覆われて解体中。
浜藤私邸よりも、この高い建物の方に思い入れがあったから、間に合ったという気持ち。
外壁を剥がしているような状況なのだろうか、クレーンが上から覆いかぶさる。

裏側にまわってみれば、解体風情がさらに漂う。
この先、狭い道だが、迂回路ができていた。
さすがに高屋稲荷神社の前を通すのは無謀だという判断だろう。
感覚だと、工事のせいで道幅は半分になっていた。

071031hamafuji.jpg

仙北町のメインストリート側。ここも白いシートで壁が作られていた。
ただ一部は、低くなっていて解体の様子がうかがえる。
私邸はどこまでかわからんが、それっぽい部分は半分くらいは消えていた。
壁が低くなっている部分は、大きな蔵が見える。
こんなサヨナラは考えていなかっただろうに。

車の交通としてはボトルネックのようなところだから、解体は仕方ないのだろう。
あとは、どんな町並みを作れるかだけ。

071031senbokuchoeki.jpg

気分転換で仙北町駅近くの跨線橋で本宮地区へ出ることにした。
駅にある木造の跨線橋は塗装工事とのこと。
部分的にシートに覆われている。日詰駅などもやっているらしい。

自転車で上ると、相変わらず複雑系な跨線橋だなと思いつつ、西口へ出た。

071031saikawa.jpg

それから、向中野。
姿を変えつつあるスコーレ高校付近から才川あたり。
才川商店がある区間も周辺の家は少しずつ消えて来た。
ここは残された区間と言えなくもない。

ほっかむりのおばちゃん達が行く。
遺跡にはやっぱりなんか似合うよねというか欠かせない。
このファッション、いつまで残っていくのだろうかなんて、ふと思う。

○30日 高松の池に白鳥。昨年より2週間遅い
○北松園の国民年金健康センターもりおか 30日で営業終了。13年の歴史に幕
→現在のところ、引き取り先は未定
○マリオスに「NTT東日本・盛岡116センタ」が30日開所
→岩手と西東京エリアのブロードバンドに関する問い合わせなどを受けるコールセンター
○第14回全国クラブチームサッカー選手権 FCガンジュ岩手が優勝
○岩手県教育委員会の障害者雇用率 1.19%。113人を雇用(6月現在)
○津志田の清次郎盛岡店は今年で9年目
○盛岡市の人件費 176億3142万円(H18普通会計決算)、ラスパイレス指数 95.9(H18)
○市長の日程(31日)盛岡市金婚慶祝会、盛岡地区衛生処理組合管理者会議・同議会

もりおかの坂 その121

もりおかの坂 その121 高源寺坂


盛岡でちゃんと名前がある坂のひとつ。
JR山田線の梨木町踏切から上田一丁目へあがる傾斜を高源寺坂といいます。
その昔、そんな名前の尼寺があったことが由来なんだそうです。

周囲が住宅地でかつ大きな家であるせいか、緑が豊かだったりする風景。
そこを下から眺めれば、右手に緩やかにカーブしていくラインは綺麗であり、
だてに名前がついているわけじゃないよねと素直に感心するわけです。

070929kogenjisaka2.jpg

梨木町踏切方面もなかなか素敵な眺めです。
すらりと伸びる梨木町への道とあの山々がつくる屏風。
そして、「上田三小路公民館」の小さな看板があるのが嬉しかったりする訳です。

この坂の未来はどうなんでしょう。
あの北山トンネルからの道はここへ通じています。
ここまで中央病院前のような広さでやってくるかどうかはボクは知りません。
でも、そんなときが来たら、高源寺坂はまた別の姿になるのでしょう。

とにもかくにも、名前がある貴重な「もりおかの坂」です。
皆さんも使ってみてください。
「高源寺坂を通って、中央病院さ行こう」とかね。

071030 神明町

10月30日(火)くもり


また一灯点滅式信号機。
旧盛岡短期大学跡角の交叉点。ここも静かなところだと思うが存在している。
この建物には多少の思い出があり、まだいてくれることでホッとする面もないわけでない。

ここは、かつて新小路と呼ばれた道。遠くに住吉神社の大きな木が見える。
よくよく周囲を見渡すと、かなり紅葉していることに気づく。
が、きょうは映えない空模様。どこかどんよりとした色に見えた。

071030shoei-bill.jpg

名所の岩手銀行中の橋支店の斜め向かいにあるのが松栄ビル。
そんなふうに書いてみると、すごい場所にあるんだと思ったり。
ビルの一部がシートで覆われていた。メンテでもするのかな。
日報の縦長の電光式掲示板は、そこだけ姿を見せて変わった状態に。
最初、足場が組まれ始めたときは、なくなるのかしらんとも思ったが、そんなことはなかった。
でも、これで情報を入手するってことは、個人的にはないなあ。

071030seki.jpg

「盛岡市バス路線マップ」の平成19年度版を入手する。
表紙となる部分の色が変わり、QRコードがついたのは時代というヤツか。
バスティーくんは変わらない。

詳しくは見ていないのだが、ざっと去年の地図と並べて眺めてみる。
やはり盛南地区のバス路線が充実しているのが目につく。
密度が濃くなったのが、一目でわかる。詳細図まであるだからたいしたものだ。
まちの重心が動いていることがなんとなくわかった。

あっ、画像はあまり関係ありませんが、若園町の理容セキ。
ふと、長沢屋の黄精飴が食べたくなりました。このお店の向かい側に本拠地があります。


○永井の多賀神社狛犬盗難事件で容疑者が逮捕(29日)
→取り調べ終了後に狛犬は神社に返却とのこと。日報では狛犬2体で時価100万円相当と報道
○盛岡市の職員数 2,402人(19年4月1日現在)
○盛岡市立高校の08年度入試要項 前年度と同じ300人を募集
○岩手競馬 07年度第三期の発売額は79億2600万円。開幕からの累計は173億4200万円
→計画比からはマイナスで推移。2億円台後半のコスト削減を置こうなう方針
○岩手山 7月8日に3年半ぶりの火山性微動があったのだとか
○岩手競馬 第33回赤松杯 テンショウボス(小林俊)<29日>
○市長の日程(30日)総合計画審議会、暴力団追放盛岡市民総決起大会、まちづくり懇談会

もりおかの坂 その120

もりおかの坂 その120 上田の隠れ坂<仮称>


はじめて坂として意識して見たときは、やったね!と思った場所でした。
上田一丁目、長田町陸橋を上田側に渡り終えたところにある小さな坂。
程よい傾斜と長さ、そして何よりもその存在感です。

たぶん、この坂の下に住んでいる人でもない限り、通ることはない感じ。
大きな長田町陸橋の脇でひっそりとたたずむ感じ。
生きていく上で、或る意味理想にしている存在感です。

前面に生きて、世のため、人のためになる人生もあるでしょう。
でも、静かに誰かを支えていく生き方もあるんだと思います。
そんなことを教えてくる傾斜というのは過大評価でしょうか(笑)。

070929ueda-kakushisaka2.jpg

坂の正面は普通の民家。だから自転車で下りるときは、ちょっとプレッシャー。
ゆっくりと速度を緩めないと、突っ込みそうな感覚。
坂を抜けると、山田線沿いに並ぶ民家が並ぶ細い道が伸びています。
線路と出会えるのは、河北小が見える頃ですが、ちゃんと梨木町踏切あたりに出ることができます。

一段低い場所から眺めていると、ここも「上田」の「上」の入口なんだなとしみじみ。
「はじまり」みたいなものを感じることができるのは嬉しいものです。

安直な名前ですが、「上田の隠れ坂」。
陸橋を渡る際は、ちょっと停まって、手すりの下をのぞいてみてください。
あなたに何かを訴えかけてくるかもしれません。
まあ、それはその人のそのときの気分次第ですが・・・。

071029 仁王新町

10月29日(月)くもり時々雨


これは一灯点滅式信号機というらしいです。
岩手県での設置基準はよくわかりませんが、
他県の例では、事故があったり、見通しが悪かったりするところで
交叉点を形成する道がすべて2車線以下の道路に設置されているようです。

ここは仁王新町。かつての寄合乃湯があったところの交叉点。
一灯が地道に点滅していたりします。
どうなんでしょう?見通しが良くなっていってことなんでしょうか。
交通量はあまり多い道とは思えないので・・。

普通の信号機が点滅していると、遅くなったなあ・・と気持ちが疲れたりしますが、
なんか最近、この手の一灯点滅式信号機はすんなりとココロに入ってきます。

071029nova.jpg

大通をまたふらり。
レストランやまとが消えていたことをすごく今更で知る。
その他、あまり更新することはなかったけど、町はそれなりに動いている。

駅前ではなかったけど、こんなところにあった。
CT33ビルにて。

071029chuodori-gomi.jpg

中央通の開運ビルの端にある、ゴミ収集所にて。
かつての自分の成績表にも似て(笑)。
(資なんてのはありませんでしたがね)

○旧みちのく銀行南大通支店で車がたくさん停まっていて、動きがあります。何か変わるかも
○洋服の青山、盛岡盛南店は11月3日開店
→盛岡バイパス店が移転して・・とありました(涙)
○岩手銀行が創立75周年で盛岡駅西口にオオヤマザクラ
→市道太田橋中川線沿い。盛南大橋から杜の大橋付近まで90本植樹
○大相撲九州場所 栃乃花は東十両3枚目
○全国高校サッカー県予選 決勝は5年連続で盛岡商-遠野に
○岩手競馬 第1回きんもくせい賞(ネオユニヴァース賞)ボスアミーゴ(菅原勲)<28日>
○市長の日程(29日)庁議・政策形成推進会議、民主・県民会議への要望

もりおかの坂 その119

もりおかの坂 その119 みたけ六丁目の坂


ここは、みたけ六丁目の滝沢村に近いところ。
工場の敷地と木賊川に挟まれながら、大きくカーブする道はやがて坂に。

カーブの後は、結構実直に傾斜を描いているところが好感を持てます。
ここもなんとなく、昔のみたけを感じさせる雰囲気がわずかですが残っています。
この先は、県営スケート場につながる、みたけの主要道です。
でも、なんか素っ気ないところがあるような気がします。

070924rokuchomesaka2.jpg

また、この坂を下っていけば、やがて北陵中への入口の道へ。
ここも川がらみの傾斜なのかもしれません。

名前がつけづらい感じがしたので、そのままにしておきます。
でも、たぶんいろんな人の思い出がそれなりにしみついている坂なんだとは思います。

それぞれの場所に誰かの思いがあるだろうから、
たぶんこの世につまらない場所なんてのは、本当はないんだと思います。
気がつかないだけ。見えないだけ。
そんな理由が大半なんじゃないかなと。

071028 上堂四丁目

10月28日(日)やがて快晴など


遠くへ行く前に上堂交叉点の近くのローソンで軽い旅支度。
TSUTAYAやガストなどがある一角に洋服の青山もある。
車を停めると、お店が静かなのに気づく。
看板があって、10月21日で完全閉店。前潟の盛岡インター店を利用して欲しい旨。
時代はやはり前潟・本宮みたいだ。

071028matuo-kozan.jpg

予想以上の好天に車を走らせる。
八幡平へ。御在所まで行くが、やはり気になる場所があって戻る。

松尾鉱山のアパート跡はやはりゆっくり見ておきたい。
脇道に入る。学習院の施設はすでに更地になっていたが、道路沿いのアパートは健在。
崩れかけた階段は、「楽園」のその後を静かに訴える。
この松尾鉱山跡地も産業遺産の認定を受けたと数日前の日経新聞で読んだ。
これからすごく変わるかもしれないし、そのままなのかもしれない。
青空とのあまりにものコントラスト。
いつまでもひきつける所だ。

071028hachimantai.jpg

八幡平の紅葉はすっかり終わっていた。
それでもアイスは売っていた。
ちょっと危惧していた頂上の渋滞はなかった。

そのまま秋田側へ。
やがて、鹿角がきりたんぽ発祥の地だと知ることになるのは
あと数十キロ走ってから、知ることになる話。

○全日本合唱コンクール全国大会高校部門が24年ぶりに岩手で開催
→Aグループで不来方高校が銀賞
○盛岡市動物公園にヒトコブラクダのオスが婿入り。群馬から
○きょうは盛岡タイムスの創刊記念日らしい。38周年とのこと
○岩手競馬 第9回岩木山賞 ペルターブレス(草地保)<28日>

071027 川久保

10月27日(土)くもり時々雨


川久保交叉点の歩道橋の上、旧道はまっすぐと仙北町へつづく。
ここの歩道は自転車ではめちゃくちゃ走りにくい区間。
車の接続部分が歩道を断続的にしている。

南から男子高校生。このまま、まっすぐ進むのかしらん?
と思ったら、やはり彼も歩道を外れて、平坦な道を選んだ。
みんな同じ思いなんだろうか。

071027hirota-yakuhin.jpg

東仙北から軽く旅をはじめる。
タマホームになって、その裏側も雰囲気が変わった。
以前よりはひっそりとした感じになったのかな。

4号に出れば、広田薬品のビルに回転寿司「まぐろや」が入居していることを知る。
ここのかつても忘れちまったよ・・。

071027shinkawa.jpg

一級河川・新川。バイパスとの交差部分。画面の右側はアポロ。
川という風情にはほど遠い状態だが、確かにどこかからやってきて、北上川に注いでいる。
この川沿い、なんてことないが、ちょっと歩けたりするから侮れないところ。

そのあと小鷹あたりをひやかして、くもりぞらの旅は終わる。
高崩にて、今年の初灯油。リッター78円。1,404円(税込み)

(見納めかな?)
071027max-denkodo.jpg

夜、前潟Sモールまで行く。
ついでに、デンコードー盛岡西店にお別れ。
「まごころ感謝ラストセール」は11月4日まで。
そんなにサヨナラ感はない。また復活するからかもしれない。
「ケーズデンキ盛岡西本店by Denkodo」となるのは11月22日から。
こちらも「本店」だよと。プライドみたいなものだろうか。

○盛岡バイパスの歩道橋補修している模様 茶畑、加賀野、上田など
○盛岡幼稚園の100周年記念式典・祝賀会が市内のホテルで開催(26日)
→タッピング先生で有名な本県初の幼稚園。卒業生は約6,000人
○いわて盛岡映画祭が26日開幕。3日間で14作品上映
○米内川落合橋から上流1キロ付近で採石場の計画
○高校サッカー県予選 盛岡商、不来方、市立、遠野が4強
○柳沢小・中に賢治の文学碑
○夕顔瀬橋のたもとにカッパの石像が設置されたのだとか

071026 大通三丁目

10月26日(金)くもりのち雨


「反対側」に「マウシロ」とルビをふるセンスは結構好きかも。
平出貢金物店はメインストリートからは離れて、今はがんばっている。

071026fukufukuya.jpg

くもりぞらで冴えない天気。
でも、なぜか体は快調だった。

大通二丁目から三丁目かいわいではそれなりに動きがある。
ローソンの上には「福福屋」の看板が掲げられ、この交叉点の風景が少し変わった。
吉野家跡には、CoCo壱番屋が近日中にオープンするというお知らせのポスター。
ただ、店舗はまだオレンジ色が残っている状態。

071026iwatenugui.jpg

マチナカまできたのは、ららいわてでこの手ぬぐいを入手するため。
マルツ工房の「イワテヌグイ」。青と白があって、ついつい両方買ってしまう。
青が1050円で、白が945円。

欲しいモノが手に入ると、ちょっと元気が出てくるね。
きょうはいろいろ買い物でストレス発散。

(それからの気になるヤツ)
071026denryoku.jpg

スカート状態になってからは、ヤツに注ぐ視線は少し穏やかになりました。
朝の時点では、そのスカートも小さく。
もう少しで終わりなんだなあとしみじみ(多分今度こそ)。

○盛南開発の「盛岡市役所移転候補地」が売却の方向へ
→市立病院と県立美術館の間あたり。盛岡市は取得断念へ
○県競馬組合議会が存廃判断を12月20日までと知事に勧告
○ワイズマン 当期純利益が赤字に
○盛岡商の林選手が浦和(J1)に入団
○県内のNOVAは3校。盛岡大通校、盛岡校、ツインモール北上校
○市長の日程(26日)盛岡幼稚園創立100周年記念式典、盛岡地区広域行政事務組合全協議会


もりおかの坂 その118

もりおかの坂 その118 新化坂<仮称>


みたけ四丁目から滝沢村を経て、みたけ六丁目至る。
だから、半分「たきざわの坂」です。

木賊川が作った坂なんでしょうか。
新化食品盛岡工場から眺めれば、すらっとした感じで坂のラインは伸びています。
りんごのネオンサインも健在で、ここにくると「境界」に来たなという気分にはなります。

070924shinkasaka2.jpg

坂としては普通かもしれませんが、ここが好きな場所であるひとつには、
おそらく滝沢村部分になると思うのですが、ユニバース側にある歩道にある石のブロックたち。
やや長方形っぽい立体には穴があいていて、不規則そうに点在しています。
これが大好きで通るたびに写真を撮っています。
そうそう、ユニバースがあった場所に、ファルやカインズホームがあったのは昔話になりました。

070924shinkasaka3.jpg

四丁目の交叉点から眺めても、坂のラインの滑らかさに変わりはありません。
一番、坂している区間は滝沢村と推測されますが、まあ気にしない気にしない・・。

みたけを代表するもうひとつの坂ではないでしょうか。
ここは工場に敬意を表して「新化坂」にしておきます。

071025 盛岡駅前バス案内所

10月25日(木)くもり一時晴れ


少し遠くへ出かけていた。そこから戻ってくれば、盛岡の町はもう暗い。
バスを待つ間、周囲を見渡す。
クイッと気を惹くのは盛岡駅前バス案内所。
旅を感じさせる施設はどこか魅力を持っているのだろう。
丸いフォルムから蛍光灯の明かりが漏れる。働きごこちはどうなんだろうね。

行き先が見えないまま、ここまで生きて来た。
時間の大切さが身にしみるこの頃。

そうそう、開運橋前のトレンタ跡は工事中。
レオパレスのポスターがべたべたと貼ってあった。

大通・吉野家跡も動き始めているんだそうだ。そんなメールもらう。

○Honda Cars岩手本宮店が10月27日グランドオープン
○盛岡市の2007年度都市景観賞
・ジョイス本町店
・メディフィットクラブうすい(松園二丁目)
・好摩二自治会花壇(巻堀中と好摩小あたりにあるそうです)
○2005年度1人当たりの市町村民所得 盛岡市 297万円
○オータムジャンボ 盛岡南イオンチャンスセンターから1等と前後賞
○全国学力テストの平均正答率
・小学6年生 合計正答率 297.2(全国で10番目)
・中学3年生 合計正答率 282.5(全国で39番目)
○市長の日程(25日)行財政改革推進会議、中国河北省社会科学院の委員長以下研修員市長表敬、岩手競馬組合議会、まちづくり懇談会

もりおかの坂 その117

もりおかの坂 その117 たばこ坂(JT坂)<仮称>


みたけにも坂があるじゃん。
そんな感動に包まれたのが、この場所でした。

日本たばこ産業盛岡工場から厨川駅裏へつづく道は、
長いアプローチから最後にキュッとあがる切れ味がある坂です。
工場の大きな煙突もなかなかのアクセントになっています。

坂を上りきる頃には、新化食品の倉庫が現れ、厨川駅裏へという流れ。
このあたりには、大好きな場所の一つである「みたけの原風景」的な家が残っていたりします。

070924tabakosaka3.jpg

坂の上からの眺めも良いです。
岩手山が見えるのはもちろんですが、盛岡中央高校が意外に景色を作っているのです。
これは新たな発見だったかな。

いずれ、盛岡西北部では貴重な坂。
合併前の盛岡市の工業出荷額を支えていた日本たばこ産業に敬意を表し「たばこ坂」ですかね。
専売公社という響きにもすごく懐かしさを覚えるのですが、
ピンと来る人も徐々に少なくなっているようです。

071024 与の字橋

10月24日(水)快晴


県民会館では大きなイベントがあったようで、昼間からタクシーの列。
そんな風景を横目に与の字橋。
川を覗き込むのは、この季節のよく見る光景。
だけど、これだけそろえば、別な意味を持ってくるような気がする。
よそから来れば、相当珍しいんだろうか、サケ。

確かに屍骸を見ても、しみじみするし。
跳ねている姿を見ても、何かを思わずにはいられない。
生きている核心部分に触れざるを得ないというのは言い過ぎか。

071024tenmangu.jpg

雲ひとつない・・なんてありがちな修飾がそのまんまあてはまりそうな空。
スッキリした風景を拝みたくなって、足は自然に天満宮へ向かう。
階段を少し上っては振り返り、その姿を確かめる。
雪は山頂にちらりと見える程度だった。

そしていつものとおり、石割梅、狛犬、撫牛たちに面会する。

071024uchikagano.jpg

また、マチナカへ戻ってくる。
新小路あたりも平和。内加賀野あたりも平和。
関口屋あたりから、葺手町方面を見る。
にたない旅館跡のマンションは、かなり「壁」らしくなってきた。
上に伸び始めれば、意外とすんなりなもんだ。
人生もそんなもんかもしれない。
基礎は時間がかかっても身につけろってことか。

○イオン銀行 イオンモール盛岡と盛岡南SCにATMを11月に設置予定
→東北銀行はATM利用の提携
○上厨川の工藤組が22日に盛岡地裁に民事再生手続きを申立て
○盛岡信金紫波支店が11日26日全面建て替えでの新築オープン
○市長の日程(24日)東北市長会役員会議
○2008年度公立学校教員採用試験結果
 小中学校の採用候補者79人(前年比24人増)受験倍率16.1倍
 県立学校は68人(前年比9人増)受験倍率11.0倍
 →新卒は36人、講師をしている人は77人
 →今回からB合格(補欠)も新設。小中学校9人、県立学校19人
○キクコーストアが来年5月に花巻進出
○薬王堂 盛岡厨川店が25日グランドオープン 薬王堂で最大売場面積を誇るのだとか

もりおかの坂 その116

もりおかの坂 その116 権現坂


名著「もりおか思い出散歩」によると、天昌寺あたりの古い地名は権現坂というそうです。
「盛岡の坂道」という項目に出てくるのが、ちょうど上の画像付近。
写真の絵解き?には「権現坂」の文字です。

実際に、このあたりを歩いてみると、お寺付近は比較的平坦です。
そして、東北新幹線の高架付近はやや盛り上がっているものの、坂というには?な感じ。
天昌寺の大きな木も昔と比べると寂しくなったような気がします。

070924gongensaka2.jpg

ただここは高台です。
天昌寺から盛岡車両センター方面へ行くときは、ひとつ段差を下りていくかたちです。
だから、このへんのどこかに「坂」があったんだと思われます。
地名になるくらいだから、なかなかのものだったんでしょう。
ボクの知識では、ここが「権現坂」とは特定できませんでした。

或る意味、謎のまま一生を終えることになりそうです。
まあ、でもわからないままでいることもあったほうが、いいこともあるのかなと思います。
「権現坂」はそんな存在になりそうです。

071023 MOMO

10月23日(火)晴れ


大通、久しぶりだったのかなあ・・。
さわや書店の隣にある「MOMO」が完全に本店へ吸収されたことを知る。
まず2階が閉鎖になって、そしてとうとう1階も。
個人的には漫画というよりは、クラシックの本とかでお世話になった。
まだ新しい本店の売場の状況は把握していないが、どうなんだろう。
今までのレベルで本を手に入れられるのだろうか。

071023ueda.jpg

その先へ歩いていくと、ウエダ本店で閉店セール。
ホントにやめるのか、改装なのかは不明。
店内のポスターは「改装のため」とは書いてあったが・・・。
なんとなく入店。はじめてかも。
1階は服地、地下はカーテン、2階は毛糸などなど。
手芸も楽しいだろうなと思うのだが、手が出ない分野。
売りつくしセールはチラシによると11月19日まで。

(新 気になるヤツ・・までにはならず)
071023saibansho.jpg

気になるヤツのライバル?NTTのタワーが微妙に緑(笑)。
でも色が薄いせいもあって、ココロには入って来ない。

○岩手競馬 第8回オクトーバーカップ センリオー(板垣吉)<22日>
○今年の「盛商マート」は本宮の「産直大宮市場」で開催
○盛岡市内のガソリン価格 22日現在でレギュラーが140円~143円に
○22日午後2時半頃、白百合あたりでは二重の虹が出たのだとか
○市長の日程(23日)盛岡さんさ踊り実行委員会役員会、盛岡花火の祭典実行委員会役員会

もりおかの坂 その115

もりおかの坂 その115 よんろく坂<仮称>


館坂交叉点の国道46号・前九年側も微妙に坂。
あくまでも感覚ではあるのですが、自分の中にある国道のイメージとは違うので
どうも国道を走っている感覚がしないところです。
でも、ここは2桁の立派な幹線道路なんですよねえ。

前九年交番あたりからゆるりと館坂橋へ向かって下り坂。
右折レーンなどが登場し、道幅が広くなっていくところ。

070924zenkusaka2.jpg

交叉点付近は幅あるせいか、坂という雰囲気は乏しいのですが、
交叉点側から車線が集約されている方向を見れば、それなりの傾斜であることが確認できます。
思ったより風情あるよななんて、思いながらの一枚。
この先は線路を越えて、天昌寺になるわけです。

どうやらここも「館坂」ではないらしいので、「よんろく坂」とでもしておきます。
国道46号にあるからという安易な発想です。

071022 南大通一丁目

10月22日(月)雨のちくもり


再び南大通一丁目。
今度はインドレストラン マドゥバンにお別れの貼紙。
リニューアル時に予定していたコック長来日の予定が立たなくなったことなどから
10月15日で閉店とのこと。2年余の期間だったらしい。

その向こう側には、みちのく銀行南大通支店跡。
ちょっと寂しさも漂う南大通一丁目かいわい。
雨のはじまり。

071022sakanacho-yubin.jpg

いろいろあるこの頃だが、月曜日だけどがんばる。
肴町アーケードにあるホットライン肴町郵便局のJPバージョンはこんなふうに。
市内では一番大きな(もしくは目立つ)オレンジ色ではないかしらん。
よくある縦の看板がないせいかもしれないけど。

(続 気になるヤツ)
071022denryoku.jpg

スカートをまとったヤツを紺屋町で眺める。
ほぼ下までネットが伸びた。
けど、足りなかったのか、一部が白色だった。
つぎはぎなスカートだが、これも愛嬌?

○社会生活基本調査「生活時間の配分に関する結果」(岩手県分)
 睡眠時間 8時間、仕事時間 6時間32分、家事関連 2時間1分、食事 1時間38分
 休養等自由時間活動 4時間、身の回りの用事 1時間12分
○第25回全日本ジュニア新体操選手権大会 滝沢南中が日本一(21日)
○第59回全国理容競技大会が岩手産業文化センターで開催。岩手での開催は43年ぶり
○青山日曜朝市が30年目
○県中学校新人大会サッカー 北松園が2年連続で優勝(21日)
○2008年私立高校募集要項
・岩手高校普通科で調査書入試と一般入試の併願が可能に
・盛岡大附の普通科は一般入試の科目が5教科に
○旧盛岡市域のクマ出没回数(9月20日現在)通報60件、捕獲12頭、出動数66回
○全国高校ラグビー県予選決勝 盛岡工75ー5黒沢尻北(2年連続33回目の優勝)(21日)
○岩手競馬 第32回ウィナーカップ(ゴールドアリュール賞)ワンヌン(小林俊)<21日>
○市長の日程(22日)庁議・政策形成推進会議、行政評価推進委員会・行政評価推進本部会議、全国老人福祉施設大会

071021 旧覆練兵場

10月21日(火)くもりや雨


近代化遺産全国一斉公開の最終日。
また、青山の旧覆練兵場へ行って来た。

今年は去年と違って、展示がグレードアップ。
「みんなで持ち寄る昭和の企画展」が同時開催。
いわゆる懐かしグッズが並ぶ。
個人的には、ミリンダの瓶と観武ヶ原開拓農協のトラクターに反応した。

そして、隅々まで歩いた。
窓から射す光をどうとらえればいいのか、とか考えながらシャッターを押す。

でも、保存しながらの活用方法は難しそうだな。

071021jss-aoyama.jpg

空模様が回復傾向へ向かう青山を軽く散策。
三丁目のJSS青山あたり。向かい側ではマンションを建てている。
まだ高さは低いけれども、隣のパレ青山と壁を作るのは、そう遠くない未来。

県営体育館の駐車場は珍しく満車。
県中学校新人大会のバスケが行われているかららしい。
せっかくなので、内部へ入る。
やっぱり屋根は、あんなかたちをしていた。
女子は白百合中学校が準優勝。そんな情報を仕入れる。

071021aoyama-ap.jpg

そして、旧覆練兵場から北へ。
盛岡市営アパート4号が日差しを浴びる。
その手前は青山保育園。

それから三丁目の商店街。
ひとつだけ繁盛しているお店を見つける。
たいやきの「待夢」だ。
スーパーセンターにもあるんだという情報を仕入れて、さらにその先へ。

○地方交付税の増減(03~06年度)盛岡市 50億7,899万円 増減率▲23.6%
○東北社会人サッカー グルージャ盛岡は最終戦は黒星。13勝1敗で全日程終了(20日)
○岩手競馬 第7回黄菊賞(アドマイヤボス賞)ジェベルロバーツ(菅原勲)<20日>
○岩手大学人文社会科学部は学部創設30周年
○蝶ヶ森の展望台に花壇
→岩手大学附属特別支援学校の中学部生徒たちが整備

071020 新田町

10月20日(土)くもり時々雨

城下町線に乗っておこうと思い、あさ開へ行く。
いつも通り4~5人のほのぼのとしたスタートである。
なくなるのは仕方ないかなあ・・と思いつつ、ぼんやりと雨降りの外を見ていた。

すると、菜園川徳前で異変が。
長蛇の列がバス停で待っているではないか。
あっという間に座席は埋まり、立つお客様がでるほどの盛況ぶり。
たまたま他のバスが空白の時間帯だったのか?
個人的に初めて見る満員の城下町線だ。

なんでも菜園川徳前から駅までは100円らしい。でんでんむしと同じ。
もうちょっとアピールしたら良かったのにね。

071020daiochan.jpg

駅を起点に、稲荷町あたりをなんとなくのターゲットにして歩き始めた。
夕顔瀬の商店街から新田町のラインも久しぶり。
短い時間帯だったが、ここでは陽が差す。
郵便局建築ではフェイバリットな盛岡夕顔瀬郵便局も多少JP仕様になったことを確認。

地下道をくぐって、新田町へ。
とある薬局で見慣れないキャラに出会う。「ダイオーちゃん」というらしい。
なんとも微妙な愛嬌が興味をそそらずにはいられない。
あとで調べたら、ちゃんと現役のキャラだった。知らなくてすまん。

071020nakayashikicho.jpg

城西町から太田橋の交叉点を左へ。
湯沢交叉点の県道跡が除雪ステーションになったから、ここは貴重な長い道路跡があるところかも。
ゆっくりと歩いてみる。宮崎商店があるんだ。
大通の平出貢金物店の仮店舗あったよな・・なんてことを思い出す。

道路が終わる頃、見えてくるのが長安殿。
数々の変遷を経た物販店の建物をそのままリサイクル。
だからセレモニーホールっぽいイメージがあまりしない。



目的だった稲荷町の厨川稲荷まで無事歩いて、折り返し。

盛岡では貴重な高架な風景がある中屋敷町から天昌寺町かいわいに戻る。
中屋敷郵便局がみえてくるあたり、かつて、JA盛岡市天昌寺出張所があった場所は宅地に変身。
真新しい建て売りの家が並んでいた。

その家たちに沿って歩いていくと天昌寺児童公園だ。
なかなかの広さがある公園。
その公園の一角に「公園管理事務所」を名乗る建物がある。
なんかすごいぞ、ここ。って思う。
市内にこの手の児童公園、幼児公園数在れど、「管理事務所」まであるのはそうないだろう。

071020kiha.jpg

そして、天昌寺町と言えば、盛岡車両センター。
宮古行きの汽車が駅へ向かおうとしている。
このツートンカラー、消え行く運命にあるタイプのキハ52。
見納めになるだろうから載せておく。

(それからの河南中プール)
071020kananchu-pool.jpg

若干のリクエストに応えて。
まだプールのかたちあるかなと思ったけど、もう瓦礫でした。
うーむ残念。

○盛岡一高では生徒の約8割にあたる689人が自転車通学している
○遠野の千葉家が国の重要文化財の指定へ。文化審議会が答申(19日)
○高校駅伝県予選女子 盛岡女子が初優勝(19日)
○不来方高校が創立20周年。きょう市民文化ホールで記念式典
○大通のローソンの上に「福福屋」が26日オープン
○中屋敷町のかつてのスパーだったところは、別なコンビニになって、今はソフトバンク

もりおかの坂 その114

もりおかの坂 その114 なぜか坂<仮称>


前九年一丁目です。
厨川小学校の西からはじまり、国道46号の鎌田商店付近に出る道。
そこはやんわりと坂でした。

気になるのは、田代歯科医院を過ぎて、46号が近づいてくるあたり。
道幅はそんなに変わらないのに、歩道が登場するところです。

070924nazeka-hodosaka2.jpg

柵がついているちゃんとした歩道です。
観察すると、軽い高低差があったりします。
交叉点付近という理由なんでしょうか?
その隔離の理由がわかりそうでわからないところがまた興味をそそります。
同じような雰囲気のところが天昌寺町にもあった気がします。

このなんとなく特徴的な風景は、坂として認めてあげても良いのかな。
「なぜか歩道がある・・」というところから「なぜか坂」にしておきます。

071019 中の橋

10月19日(金)晴れのちくもりのち雨

(続・気になるヤツ)


昨日の夜から変だなとは気がついていた。
明るくなって、その全貌がわかる。
ヤツは緑のシートを真ん中から下に伸ばし始めたのである。
まるでスカートもしくはパレオみたいにまとっている。

数日前に自分の中で盛り上がっていた惜別の気持ちはいったい・・。
気持ちを返してよ!って思うのは、第一書店が一時期中央通に復活したとき以来だろうか(笑)。

夜には、さらに緑のシートは丈をのばしていた。
また、新しいつかの間の風景が生まれた。

071019fujiya.jpg

朝は良い天気だった。
これは八幡町にあるメゾンプラザ藤屋。
特に意味はないが、白が日差しに映えていたので。

あとは予報通りの下り坂。
中津川河川敷では、明日からの盛岡農業まつりのテントが並ぶ。
大きな、いものこ汁用の鍋を横目に下の橋あたりまで歩いた。

071019sakko.jpg

フラれづつけているのは、このお店。
桜山神社前は若い人が経営するお店が増えているような気がする。

(城下町線はサヨナラ模様)
4月から試験運行していた「盛岡城下町線」と「盛岡城下町循環線」。
どうやら利用実績が伸びないまま、11月4日でおしまいです。
   盛岡城下町線(駅~あさ開) 循環線(あさ開~あさ開)
4月 1,619(4.7)        342(3.0)
5月 1,468(3.9)        261(2.1)
6月 1,332(3.7)        188(1.6)
7月 1,467(3.9)        178(1.4)
8月 1,436(4.4)        224(2.1)
9月 1,359(3.8)        181(1.5)
※()は1便あたりの利用者数

盛岡市は本格運行を模索しているようですが、県交通は難色を示しているとのこと。
私も循環線はなくても良いと思います。
駅へのバスは助かりました。ときどき、歩きたくないときってあるので。

ダイヤがやや変則的だったのが残念。
10時~17時に00発にすれば、わかりやすくて良かったのに。

公共交通がない、鉈屋町・神子田町界隈。
集客力がある公共施設または民間施設がにないと採算面はきついんだろうな。

○県立病院の医師の退職数 2006年度は92人
→内訳 大学へ戻った62、定年退職2、開業12、民間病院へ7、行き先未定9
○佐藤健レディースクリニックは10月25日、津志田西二丁目に開院
○岩手県の臨床研修病院は14箇所。募集定員112人に対し59人を確保(52.6%)
→岩手医大附属病院は定員35人に対し13人
○大新小学校の学区
 中堤町、天昌寺町、稲荷町、南青山町、前九年二丁目、大館町、北天昌寺町、中屋敷町、大新町
○市長の日程(19日)都市計画審議会

もりおかの坂 その113

もりおかの坂 その113 堂の前踏切の坂


「坂」として載せて良いのか、少し悩みましたが、傾斜であることは変わりないし、
味わいがあるところなので、紹介させていただきます。

JR山田線は夕顔瀬町と北夕顔瀬町の境目をつくりながら北上川へ向かいます。
その途中、川を越えるためなのかわかりませんけど、盛り土の上を走る形になるわけです。
盛岡駅を出発して、最初の踏切が「堂の前踏切」。
起点からは「1K185」の地点らしいです。
この先も山田線は幾つかの踏切風景を盛岡市内に作りながら、宮古へ向かいます。

夕顔瀬町側から見ると、意外にシンプルと言うか、まっすぐと言うか。
ただ、斜面の溝は冬は大変なのかなと思わせます。

070924donomae-fumikiri2.jpg

個人的には北夕顔瀬側から、JR堂の前アパートを入れながら鑑賞するのが好きです。
坂は緩くカーブしながら、その先にあるアパートへ吸い込まれていくよう。
「国鉄」っぽい感じが、育ちのせいか、郷愁みたいなものをそそらずにはいられないのです。

説明しづらい場所ですが、県道氏子橋夕顔瀬線沿いにある三浦精肉店から脇道へ。
JRアパートの前を通り、踏切が姿を現します。

071018 名須川町

10月18日(木)晴れ


秋やね。とは言っても、マチナカの紅葉関係はいまひとつ。
建物が消えた仁王診療所跡からオレンジ色っぽい屋根に惹かれて、仁王小の脇へ。
代休だったのか、早く学校が終わったのか?
小学生たちがこのへんをうろうろしていた。

071018kamimorioka.jpg

どこかのココロの底で、遠くへ行きたい気持ちがあるのだろう。
駅の雰囲気をときどき求めて、上盛岡駅へ行く。
まあ、ここはいまやホーム1本で、こじんまりとした待合室。
遠く・・という気分でもないのだが、手軽に行けるのはここくらいなので仕方ない。
この線路が「つづいている」ってことは、何度も書くけどすごいよね。

ホームに立つと、見るのがこんな風景。
さわや書店の後ろにできたマンションがこの風景における新参者。
以前はビッグハウスによく通っていたが、最近はご無沙汰だ。

071018zeimusho.jpg

上盛岡停車場線を三戸町方面へ歩いていけば、盛岡税務署がシートに覆われている。
耐震改修工事のためとのこと。建物は古そうだから、ガタが来ているのかも。

○いわて社会保険センターは法人が3億3,300万円で落札
→西仙北の社会保健いわて健康管理センターは9億200万円で落札
○山田線と岩泉線にもキハ110系導入へ。11月25日からは完全移管
○旭橋から中央通までの140メートルを4車線化へ
→都市計画道路盛岡駅長田町線。工事は2013年~14年。まだ先の話ですが
○ブロードバンド関係 サービス利用可能世帯率 86.0%で全国で2番目に低い(総務省まとめ)
○市長の日程(18日)市林業振興審議会、町内会連合会永年勤続者表彰

011017 肴町

10月17日(水)はれ


あまり意味はないが、こちらも最近入れ込んでいる餌差小路かいわい。
坂本屋さんの建物。ごついなあ。
実はこの先の阿部鮮魚店ラインも好きなのだが、それはまた別の機会に。

071017seishunkan.jpg

もりおか啄木・賢治青春館へ入る。
中に入るのは、オープンしたての頃以来じゃないだろうか?
ずっとお金がかかると思っていたが、実は入館料が「無料」だったことを知る。

2階の企画展はお金がかかるときもあるらしいが、
31回目の企画展は「立原道造と盛岡」展。やはり足が動いてしまう。
お昼休みだったが、中はまばら。
メインは、盛岡ノートの原本だろうか。見覚えある表紙だったが、かなり薄いことを知る。

個人的に印象に残ったのは、盛岡から水戸部アサイにあてた手紙。
最後に「では さようなら」が二重線で消されて、その隣に「迎へに来られる?」と書いてある。
意外と読み易い字とともに、ココロの揺れみたいなものを感じた。

アサイさんの写真もあったが、今の時代にもいそうな顔立ち。
へえへえへえと眺めた。

青春館。無料ならば、これからはもう少し入ってみようかと考え直す。

071017kudo-ryori.jpg

またまた夜は夜。
今度は日付を越える。
嗚呼。

○岩手21赤べこ野球軍団が休部へ
○盛岡市市勢功労者に4人と1団体
○盛岡市と石川啄木記念館が「悲しき玩具」の復刻本を発行
○市長の日程(17日)企業立地促進法に基づく基本計画に対する同意書の交付式、(移動)東京→盛岡

もりおかの坂 その112

もりおかの坂 その112 南無阿弥坂<仮称>


北夕顔瀬町の西部にちょっと良い傾斜があります。
バーシティハウス夕顔瀬というアパートがあるあたりです。
入口には民家があり、ブロック塀に寄り添って、石碑が2つ。
由緒はありそうな感じ。古くからの道なのかしらん。

070924namuamisaka2.jpg

じんわりとあがっていきます。
道路沿いは一軒家とアパートですが、混沌とした見た目はこの町らしくもあり。
振り返れば、マリオスなんかも見えます。

070924namuamisaka.jpg

この坂の見所は、上りきったときでしょうか。
晴れていれば、岩手山が顔をのぞかせくれます。
雲の状態によっては、海の町にいるような錯覚に陥るときもあります。
【実例】

あんまり坂のイメージがない、このへんですが、侮れないところです。
ここは入口の石碑に刻まれている文字に敬意を表して「南無阿弥坂」ではいかがでしょうか。

071016 愛宕町

10月16日(火)くもりのち晴れ
(サヨナラ 気になるヤツ)


愛宕山の麓・関口あたりをふらついて、看護学院から町へ戻ろうとしたとき。
ヤツの異変に気づいた。

気になる原因だった緑のシートがなくなっていた。
朝はあったはずなのに・・。気のせいだったのだろうか。
いや、いくら記憶力がないオレでも、それくらいは間違えないはず・・。
ちょっと動揺しつつ(笑)、ココロには寂しい風が吹き始めた。

071016tohoku-denryoku.jpg

真偽を確かめるためには見に行くしかない。
富士見橋あたりで、もう一度ヤツをとらえるも、そこにいたのは以前のヤツ。
そして、東北電力岩手支店まで足を運んだ。

観察すると、真ん中あたりに踊り場っぽい場所に緑のシートがあった。
上からスルスルっと脱げるように落ちていったのだろうか。
見てみたかったものだ。
朝見た風景が幻ではないことを確認で来ただけでも良かった。

ちゃんと調べていなかったが、
やっている作業は「岩手支店無線鉄塔補修」というらしい。
9月9日から10月末までの期間。byユアテック。

この数週間、楽しませてもらったよ。
ホントありがとう。
そして、サヨナラ気になるヤツ。

071016fujimibashi.jpg

サヨナラもあれば、復活もある。
マイフェイバリットな風景だった富士見橋そばの座る場所が復活していた。
この前の大雨で姿を消して、寂しいと感じていたから、やや嬉し。
同じものだろうか?違うだろうな。

071016churinjyo-nishiguchi.jpg

そして、また夜は夜。
西口にいたオレ。すっかり静かになる終電が近い時間帯。
ラウンドワンそばに移った西口の駐輪場。
そして、以前の場所は柵に囲まれて、新しいスタートをきっていた。

○15日 岩手山の初冠雪 平年より2日遅く、昨年より6日遅い
○東京コンピューターサービスが盛岡に進出。11月1日から盛岡駅前通で業務開始
○三ツ割自治会が50周年
○東北学生バスケリーグ男子で岩手大学が2位に。4年ぶりのインカレ出場
→2位以内での出場は1971年以来の36年ぶり
○繋の「ひまわり荘」が2008年3月末で廃止。営業は2月末まで
→県国民健康保険団体連合会の施設だったんだですね。1959年からの歴史に幕
○岩手競馬 第1回パンジー賞 サイレントグリーン(板垣吉)<14日>
○岩手競馬 社台スタリオンステーションから13頭分の種付け権利の提供を受ける
○城東中の清掃奉仕は岩山と市営球場
○いわて生協の組合員が15日、19万人を突破。ベルフ仙北でセレモニー
○県高校ラグビーは盛岡工業ー黒沢尻北の決勝戦に
○市長の日程(16日)下水道関係標語入選作品表彰式、まちづくり懇談会

071015 柳新道

10月15日(月)くもりのち晴れ


柳新道にはデンコードー跡の建物がそのまま残っている。
前にも書いたが、盛岡に住み始めて、テレビを買ったのはここだった。
やがて携帯電話中心の店になり、そして役目を終えた。

盛岡市内のお店は11月下旬には「ケーズデンキ By Denkodo」という。
個人的にはあまり惜別の感情はない。どこか一歩離れた存在だったデンコードー。
会社沿革をみると、八戸が発祥。やがて仙台に本社をかまえることに。
そう、あんまり仙台の会社ってイメージは自分の中にはなかったんだよな。
その中で「小松電気」の文字を見つけ、そちらのほうにDNAが反応した。

この建物はどうなるんだろう?
しばらくはデンコードーのロゴを伝える役割を果たすことになるのだろうか。

071015sugato.jpg

岩手山が初冠雪だったという。
岩手公園にあがって、山を眺めるも核心部分はうかがえず。やや傷心(笑)。

菜園におりて、軽い散歩。
菜園ローソン跡が、ほっかほっか亭になってからは、ちょっと時間が経過している。
それよりも、この上に楽器店があることを今更ながら知った。

071015moss.jpg

こちらはMOSSで出会った、後ろ姿白百合グッズ。
ポスターほどの可愛さはないけど、なんとなく一枚。

夜は夜。とある店に連続でフラれる。
縁がないってことかなあ・・。

(きょうの気になるヤツ)
071015iwatekoen.jpg

せっかく岩手公園まで行ったので、本丸から。
東署は新たなライバルってところか。

○秋の高校野球野球東北大会(準決勝 14日)岩手県勢は2校とも残念
 東北4-1盛岡大附、聖光学院1-0一関学院
○ル・サンク大沢川原の広告より
「まだ、残されていた盛岡の極みに住まう。」
○盛岡市営球場の創設は昭和13年(1938)

もりおかの坂 その111

もりおかの坂 その111 北夕顔瀬町の階段坂


夕顔瀬の山田線ガードをくぐって、ほどなくあるのがこの坂。
県営夕顔瀬アパートつづく、こぶりな坂です。
ですが、興味を惹かずにいられないのは、やはりこのまばらな階段があるせい。

三段の階段が左右交互に並ぶ、この模様は独特。
何故?という思いを好奇心がないボクでもかきたてられます。

考察するに、どちらかというと駐車防止の意味合いが高そう。
この道はアパート側はともかく、ガード側は歩道にしか接続していません。
傾斜の度合いからは、階段にする必要性はあまりないとは思うので。

070924yugaose-kaidansaka.jpg

その小さな階段たちをわざわざ歩いてみると、それはそれで味わいがあるというもので(笑)。
もし、近くにいらっしゃることがあれば、鑑賞してみてください。

アパートの脇を過ぎれば、「宿田」の世界。
迷路っぽい風情の町並みは、個人的に愛しています。

071014 茶畑二丁目

10月14日(日)快晴からくもり、夜は雨


河南中学校前に残る銭湯「菊の湯」からの筋。
確かに弁当のオオクラがあって、ちと感動する。
今まで行き止まりという認識だったから、あまり来ることがなかった場所。
ちなみにこの突き当たりにはアパートがある。
小さな白くて可愛い建物だ。あさ開アパートというらしい。

このへんの話題と言えば、河南中プールの移転改築に伴い
校舎の敷地内に臨時の仮設道路ができたことだろうか。
今の道ではトラック等は角度的にも幅的にも無理だからだと推測される。

ちょっとまじめに仕事をしなくてはならなかった。
しかし、あまりの空の青さに建物の中にいるのがバカらしくなって
早々と片付け、ボクはまた空の下に戻った。

071014ohasama.jpg

だんだん雲は多くなって来たけれども、やって来たのは、大迫。
早池峰ダムへの道から更に脇道に入った小さな集落にある曲がりや。

そこで、昭和48年の冬季国体のポスターを200円で買う。
そのポスターは盛岡の航空写真が図柄?であった。
写真は昭和47年10月の日付。まだ、茶畑にテレビ岩手があった頃のもの。

ちゃんとお別れも言えた。
ひとりでは来るつもりがなかったから、連れて来てくれた同行者に感謝。

(久しぶりの気になるヤツ)
久々に良いのが撮れたので(笑)。
071014minamiodori.jpg

南大通一丁目、かつてのみちのく銀行南大通支店付近から。

071014higashishinjyo.jpg

東新庄の「あの坂」から撮ってみました。

○国道4号 茨島跨線橋以北の4車線化に伴う松並木の伐採本数は約650本
○デンコードー まごころ感謝・ラストセール
→盛岡西店と盛岡南店は10月26日~11月4日。11月5日~21日は改装のため休店。
 11月22日から「ケーズデンキBy Denkodo」に
○岩手競馬 第8回区界賞 マイネピルエット(高松亮)<13日>
○県高校選抜バスケ男子 盛岡市立が3連覇
○秋の高校野球東北大会(13日 準々決勝)
盛岡大附6-1青森山田、東北7-0盛岡四(7回コールド)、一関学院4-2大曲工
○市長の日程(15日)庁議、行政評価推進委員会、東京コンピューターサービス(株)盛岡市立地調印式

071013 湯沢除雪ステーション

10月13日(土)概ね晴れ


はじめてまともな用事があって流通センターへ行くことになった。
盛岡南インターをくぐり、いつもの湯沢の交叉点・・と思ったら、見慣れない建物がある。
真四角でごつい建物は、かつての県道だった敷地に存在していた。

調べてみると、去年の時点ではなかったのはわかった。
なんでも紫波にあった除雪ステーションが移転の必要を迫られて
この湯沢の場所に移ったのだとか。一応県道なので、低コストにできたらしい。
旧都南村、矢巾、紫波の県管理道路の除雪を担当しているらしい。

しばらく来ていなかったんだなあ・・としみじみしながら、周辺を散策。
ガソリンスタンドも2つほど閉店している。
交叉点突き当たりの看板も以前より減った気がしないでもなく。
なんか寂しい感じがした湯沢の交叉点だった。

071013tanaka-gb.jpg

羽場あたりをちょっとふらついていた。坂を少々収集。
それから、意味もなく目につくものに足を止める練習をする。
ココロが動いたら、それを撮るみたいなこと。

例えば、下飯岡にあたるらしい「田中ゲートボール場」。
すごく立派でないのだけど、端々にきちんとしているなという印象を持った場所。
聖地なんだろうか・・と夢想もする。

071013shimohaba.jpg

もう秋だから日暮れも早い。もうひとつ坂を思い出して、高速道路をくぐる。
例えば、下羽場バス停近くの古いガソリンスタンド跡。
レトロな給油の機械がちょっと嬉しい。

でも、油断していると、もう寒いくらいだ。
原付で加速すると、手袋を買わなきゃということを思い出す。
それくらいの気温までようやく落ちて来た。
ここは岩手なんだ。

(版画)
071013niosho-undokai.jpg

仁王小学校や杜陵小学校はきょうが運動会だったようです。
版画テイストにちょっと惹かれてしまった。
彫刻刀を使うのは嫌いではなかったが、版画はあまり得意ではなかったことを思い出す。
最後まで線を残すということができなかったんだよなあ。

○猪去に「ゆうあいの里」がオープン
→医療法人友愛会の経営。かつてのかんぽの宿
○上鹿妻の志波城跡に「官が」を復元。14日オープン。案内所としての機能を備える
○岩手競馬の話題の2頭が能力検査レースに合格
→フサイチギンガ(関口氏所有)とトレジャースマイル(額にハートマーク)
○秋の高校野球県大会(12日)岩手県勢3校がベスト8へ
盛岡大附6-0山形中央、一関学院1-0大崎中央
○久慈のアンバーホールは黒川紀章さん設計

Template Designed by DW99