090531 北陵橋

5月31日(日)くもり、一時ポツリも

(木賊川を旅する)


みたけ地区自主防災会が設置した橋の名前の看板。全部で11箇所あるという。
それなら、全部見てみたい。運動公園を起点にしてスタート。
公園内にも2つほど橋があるが、対象外の様子。そして月が丘橋は昔から名前がある。

最初に出会ったのは、みたけ三丁目と月が丘一丁目の境にある「突貫橋」。いきなり強烈な名前。
それから「城北橋」「三日月橋」「想い出橋」「観山橋」「みたけ南橋」と続く。
木賊川はこのへんで国分通りと分かれて滝沢村との境目を北上する。

このあたりはたどるのも大変。
「七志橋」は予備知識がないとたどりつくのは難しい。

観月橋もすでに名前あり。せいほくタウンの開発はけっこう進んでいた。
ホーマックはもう外観は完成。隣の生協はまだ鉄骨。家はあちこちにできていた。

「うし橋」を見つけて、それから「北陵橋」。
新化食品盛岡工場やラ・ポムみたけ店があるあたり。
指折り数えてみると、これで九つ。まだ足りない。地図を広げる。

さらに北に橋があるのでとりあえず行ってみる。
法誓寺橋の隣にある古い橋に看板。「ゆずり橋」といって、これで10。
これ以上、上流に橋はなさそう。どこか見逃したか?
もう一度戻ることにする。

途中、見落としはないことは確認しながら、再び運動公園。
となると、あそこしかないかと、青山墓園を目指す。
木の看板のかたちを目にしたときは静かに感動。
「青山橋」の名前を確認して、これで11。
いやいや疲れた。

【不定期連載】橋のプレート その147 木賊川の橋たち編 突貫橋
090531tokkanbashi.jpg

ということで、木賊川の名前がついた橋たちをしばらく紹介。
「とっかんばし」は月が丘橋の北西にあるガードレール橋。
もともと狭い道だが、橋はさらに狭いのですれ違いが難しいようで車は大変そう。
しかし、何故こんな名前なんだろう。一夜でできたのかな?

○北東北大学野球春季リーグ1部 富士大学が秋春連覇。春期の優勝は12年ぶり(30日)
○盛岡~仙台の「アーバン号」60歳以上の人を対象とした往復3,000円の割引切符発売へ
→6月の月曜日から木曜日限定
○県高校総体(30日)
・新体操女子団体は盛岡三が2年ぶり10度目の優勝
・体操男子団体は盛岡北が連覇。女子は盛岡二が2年ぶり20度目の優勝
○盛岡クリニックモールは6月1日開院
→耳鼻咽喉科 わたなべとしや診療室、たけ循環器内科クリニック、くわた脳神経外科クリニック、ノリ・デンタルクリニック
○盛岡市のホームレスは市の調査では7人(28日実施の調査)

090530 上堂東児童公園

5月30日(土)くもり、小雨も


ある指令があり、上堂のホーマックに行く。とても安いものがあるという。
無事に任務を果たしたあと、軽く散策。
細田さん王国の上堂三丁目。その名前をみると来たなあ・・なんて思ったりする。

行き着く果ては上堂東児童公園。
うずくまるような人のかたちをした彫刻がいた。その他にも幾つか。
近づいてみると、作品名もちゃんとあった。
「夜-かい 1979年 藤島明範」
「よるいっかい?」と読んでしまったが、どうも違うらしい。

これらの作品は、第5回盛岡彫刻シンポジウムで設置されたものとのこと。

090530c-aoyama.jpg

その後、やっぱり気になるシティ青山にいた。
2階の55ステーションは27日まで頑張っていたようだが、サヨナラ。
3階の筑紫野きものコンビニ亭のところも空間に。
ここが底なのかな。

気になる貼紙をひとつ見つけた
「都合により6月1日(月)から駐車場が変更になります。
1階屋内駐車場・屋外臨時駐車場をご利用下さい」
新たなスタートへの予兆であればいいのだが。

090530jyohokubashi.jpg

木賊川に架かる橋の看板を見た。橋の名前のほかに、みたけ地区活動福祉推進会の文字がある。
北郵便局や三愛病院へ向う道には「城北橋」という名前がついた。
小学校からか?他のが気になってしまうが、きょうは時間がない。また今度。

■もりおかの集積所(第四部)■ その160 山岸・シンプルに長方形
090308nanori.jpg

山岸は名乗の分岐点にある集積所。
地面に長方形の木枠を置いて、ネットがかぶさるようになったシンプルな感じ。

○市歴史文化施設をめぐるヒマラヤシーダ伐採問題 バス入退出路確保のための15本は6月5日に伐採
→残りはパブリックコメントを実施も、市の基本方針は変わっていない様子
○東京銀座の「いわて銀河プラザ」の08年度売上高 5億4720万円(前年比5.9%増)
○盛岡市議会臨時会 市職員の期末手当等の支給凍結議案は賛成多数で可決(29日)
○大通のウエダビル3階にコミュニティスペース「にこにこ」が31日オープン
→NPOいわて子育てネットが開設
○県内の75歳以上の運転免許保有者 41,159人(3月現在)
○山岸・桜ヶ丘団地の坂道に川柳「この坂に今日も命を励まされ」の看板が設置されたという
○岩手銀行6月1日から、いわぎん「110の魅力づくり」運動を展開
→110の営業店それぞれで誓いを立てるらしい
○県内の事業主都合による離職者(4ヶ月以上の常用雇用者)
→昨年12月~今年4月で16,233人(岩手労働局調べ)
○県高校総体ラグビー準決勝(29日)
・Aブロック 黒沢尻工24-18宮古、盛岡工19-5黒沢尻北
・Bブロック 釜石商工29-0水沢、盛岡一12-10岩手
○県高校総体 柔道男子団体 盛岡中央が2年ぶりに優勝。26回目(29日)
○「遠野まつり」新しい開催案が実行委員会で了承される
○なまえ 心々菜、絢叶、悠磨

もりおかのバス停 その26

もりおかのバス停 その26 附属小学校前


加賀野にある岩手大学教育学部附属小学校。
近年、校舎や体育館が外側からもわかる感じでリニューアル。
時期は忘れてしまったが、体育館付近の歩道も整備されたはず。

何となくたたずまい変だなと感じた。
それはポールが歩道にのっていないためだと気づいた。
歩道が狭すぎたのだろうか。これはこれで味わいがあるからいいのだが。

■新庄線 405(つつじが丘団地)
■浅岸線 314(水道橋)
■岩山定期観光線 406(新庄墓園)

090529 県庁・市役所前

5月29日(金)くもり


盛岡都心循環バス「でんでんむし」。
右回りと左回りがあって、どっちがどっちか、わかりにくいという話があった。
そういうことでバス停に番号をつけるということだったが、その実物にようやく気がついた。

左回りはポールのバス停名のラインが黄緑色。右回りは従来通りの赤色。
番号もついていることはついている。
県庁・市役所前の左回りは15番という整理らしい。

この名前になって、もう何年くらいになるだろう。
あれから遠くへは行かなかったけど、長い旅はしている。
自分の価値観もあれからは変わったと思う。大事なモノやコトはあの頃とは別だ。
ただここの前に立つと「内丸」という文字が浮かんでくることは変わりない。

090529motomiya.jpg

日が暮れる頃に本宮。
スーパースポーツゼビオの近くで砂田屋南新都市店新築工事という看板を見つける。
9月11日オープン予定だという。ここでもじんわりと重心が移っているのが感じられる。

そしてきょうはユニクロ盛岡南SC店がオープン。
サンデーの跡まるごとではなくて、その他にもお店があった。

「アメリカ屋」が3階からやってきた。けっこう大きい。
それから両者の狭間に「ブランギ」。バリ雑貨のお店。
ペットプラスと隣接するところには、「マザーズガーデンペットパラダイス」ができた。

ユニクロは普通に混んでいた。まあ大騒ぎすることもなくなったということか。
アネックスにできたときは入場制限なんかあったよな。しみじみ。

帰り道、かしむら向中野店跡。
「閉店しました」とシンプルな貼紙。
内部は什器類は早くも撤去で、がらんとしていた。

(今年の馬コさん)
090529umako.jpg

視線が合うと、睨まれているようでこわかったりもする。
今年も6月13日。

■もりおかの集積所(第四部)■ その159 西青山・あまり見ない素材
090222nishiaoyama.jpg

西青山一丁目にて。ロの字変則タイプというところ。
集積所ではあまり見慣れない素材だと思って、記録しておく。

○岩手県の4月の有効求人倍率 0.34倍
→1966年1月以来の低水準に。全国では43番目
→盛岡は0.39倍。2002年6月以来の0.4倍を割る
○非正規労働者雇い止め状況(昨年10月~今年6月)4,388人<5月19日現在、岩手労働局調べ>
○県高校総体ラグビー1回戦で勝ったチーム(28日)
・Aブロック 黒沢尻工、宮古、黒沢尻北、盛岡工
・Bブロック 釜石商工、水沢、盛岡一、岩手
○高校生が求人要請へ
・6月の事業主対象の求人説明会で盛商の生徒が雇用確保を要請予定
・6月19日には市立高校2人が「一日ハローワーク盛岡所長」として盛岡商工会議所等を訪問予定
○なまえ 奏恵、裕大、祥真

もりおかのバス停 その25

もりおかのバス停 その25 日本たばこ前


盛岡から撤退するという日本たばこ盛岡工場。
上田にあったときから、この町が弱いとされる製造業を支えてきた存在だった。
(正確には明治時代に駅付近でスタート)

今はキャビン・マイルド・ボックスなど年間約66億本(08年度実績)を作っている。
周囲をあらためて歩いてみると広い敷地だ。
一部機能は残るというが、どうなってしまうのだろう。

憧れの「西みたけ」行きの終点だった頃もあったと記憶している。
それが今では、みたけ東線がさみしく通るのみ。1日6本。
屋根付きなのは、かつてのプライドということなんだろうか。

工場がなくなってしまえば、変わってしまうだろう名前を記録しておく。

■みたけ東線 260(盛岡バスセンター)

090528 中津川

5月28日(木)くもりに近し


中津川に目を向けると、あの薄い青い色が緑の中にちょぼちょぼと。
川原に降りて、もっと近くで見てみる。いつもより集中的に咲いているような気がしないでもなく。
プランターよりも地面に咲いているほうが素朴さがより際立つ。
レンズを向けていると、対岸にはまたあの紺色のジャージ。
すっかり覚えてしまったよ。

どの学年は不明だが、3色(黄色、水色、あとはなんだっけ?)のはちまきがクラス分けみたい。
彼ら、彼女らは富士見橋まで川原を歩いて、その先にあるだろう終点へ向って行った。

090528nashinokicho.jpg

おいしいじゃじゃを体に補給したあとにぶらり。
材木町にあった「しゃおしゃん」跡には美容室が入ったんだ。
カタカナで書くと「ラピス(Lapis)」。

梨木町の拡幅部分。
八百六商店のビルの隣がサヨナラ風情だ。何があったかは覚えていない。
この並びは建物が比較的に残っているが、どんな予定なのか。
もう少し進むと、熊安は跡形もなく更地だった。

■もりおかの集積所(第四部)■ その158 上田堤・隙間の美
090308uedatutumi-sukima.jpg

こちらも上田堤。この敷地の狭間は用水路の跡だったのだろうか。
そこにすっぽりと収まっているの集積所がいた。
組み立て式っぽい鉄材と白い屋根とかに使われそうな素材が綺麗にうつる。
屋根もよくよくみると、斜めになっていたりなんかする。

○盛岡駅東西自由通路は6月13日開通。愛称は「さんさこみち」に決定
→24時間通行可能に
○八幡はしご酒祭り「夏の陣」は6月3日開催
○たい夢肴町店は店舗改装、店名改名のため25日からお休み中
→リニューアルオープンは5月30日11時。たこ焼きやうす焼きもやるらしい
○宮古市と川井村が合併協定に調印。順調行けば来年1月に盛岡市の隣が宮古市に
○岩手県分の所得税確定申告書提出人数は約26万8千人。申告納税額は129億8300万円(前年比▲8.6%)
○エフエム岩手は当期純損失が1543万円。3期連続の赤字
○浅沼醤油店「食樂日和」は35年ぶりの小売り復活
○山王小学校で田植え(27日)
→校庭に田んぼがあることをはじめて知る
○岩手競馬 開幕から5月25日までの発売額 39億200万円(前年比▲1.8%、計画比▲3.2%)
○なまえ 千花、慶大、勇心、穣、優心、柚花、小春、尊、琉星

もりおかのバス停 その24

もりおかのバス停 その24 仙北町駅


仙北町駅は一応「西口」にあたる場所が整備されている。
その風景はロータリーがあって、周囲はいんべクリーニング等がかためている。
歩いていけば、そこは西仙北一丁目で、マイヤタウングランがある。
そこに立つと、岩手銀行グラウンドが懐かしくなる。

このロータリーまでバスは乗り入れているが、数本の飯岡線が寄るくらいだった。
今では仙北町駅西口イオン線ができ、前潟のイオンモール盛岡へ1日5本のバスが出るようになった。
始発ということになり、多少出世したというところだろうか。

■飯岡線 506(矢巾営業所、盛岡駅)
■仙北町駅西口イオン線 520(イオンモール盛岡)

090527 岩手公園

5月27日(火)なんとかほぼ晴れ


見慣れない深い紺色のジャージが公園のあちこちを走り回っていた。
男子も女子もそれは関係ない。
エナジィがあふれくらい出てくるんだろうな。

どこの学校かとわかったのは「附中」というマークを見たとき。
盛岡だったら、あそこしかないのだろう。
ほぼスッキリ。

家に帰ると、附属中の3年生が写生大会をしたという記事をみつける。
ただ、それは昨日の話。ということは他の学年か。

教室を出て、机の前にいなくて済む高揚感だけは、なんとなく覚えている。
大人になっても、それはあまり変わらないかもしれない。

090527michel.jpg

肴町のアーケード界隈ネタ。
ミッシェルがきょうからリニューアルオープン。
看板は赤のみになって、シンプルなファザードに変わった。

3つのこだわりがあるとのこと。
お昼に入ってみたが、すごい混雑。あえなくそのうちに・・となる。
コーヒーコーナーがあって、そこで食べることも可能なようす。

090527natayacho.jpg

そして最後は、市立病院跡地にできるユニバース。いよいよ建築計画の看板が登場している。
ユニバース本体のほうは着工予定が7月15日、完成予定が11月15日。

道路沿いにある大きな木々は今話題になっているやつと同じ種類なのかな。
残るかどうかはわからない。

■もりおかの集積所(第四部)■ その157 上田堤・パイプと板
090308uedatutumi.jpg

バス通りから上田堤の奥へ入って行こうというあたりだったと記憶。
パイプで骨組み、背は板。同様の構成が他の場所でも見られた。
ブロックがいいアクセントになっている。

○岩手日報 6月1日から洋数字の使用を拡大
→西暦、日時、金額などが洋数字に
○シティ青山にマルイチが出店の計画。2010年春開店予定との記事
○26日県議会の臨時会が招集。県職員の期末・勤勉手当を0.2ヶ月分凍結する条例改正案を可決
→特別職は0.15ヶ月分
○玉山区の防災無線から流れる音楽が6月1日から変更
・午前7時「市民歌」→「春まだ浅く」
・午後5時「ふるさと」→「ふるさとの山に向ひて」
○なまえ 侑晟、達也、りの、美瑚、潤紀、悠翔

もりおかのバス停 その23

もりおかのバス停 その23 松本商店前


国道396号沿いに存在する店名系のバス停。
どうしてバス停名になっているのか理由はわからない。
大きなお店という感じもないが、謎は深まるばかり。

お店は交叉点に面しており、そこから黒川の北部へ奥深く入っていける。
岩手県農協情報電算センターなどが存在する。

盛岡市内方面のバス停は屋根付きで、お店にも近い。
一方で乙部方面はポールのみのシンプルなたたずまい。
たんぽぽと緑との調和がすてきだった。

■長岡線 611・612・613・614(日詰駅前)
■日赤経由川久保線・手代森・乙部コース 420(乙部)
■手代森・矢巾駅コース(矢巾町役場)

090526 内丸

5月26日(火)晴れだったらしい


自分サイズの息を吸って、その場には臨んだものの、世の中は思った通りには動かない。
だから面白いのだが、それが言えるのは終わってしまってからのこと。
思い出に変わるまで・・なんて言葉があったと思う。
そんな心境で盛岡市役所あたりを通ったときには闇が少しずつしのびよる時間帯。

この時計がある部分も耐震化の関係で消え行く運命にあるという。
市庁舎ができたのは昭和37年。
当時の市広報をみると、屋上4階は消防望楼と書いてあった。
・総工費 約3億6千8百万円
・総面積 約1万30平方メートル
・地下1階、地上8階
・地上から屋上4階望楼までの高さは約40メートル
その頃は革新的な建物ではあったんだろうなあ。

何事もいずれは古くなる。
少しずつ実感としてわかりはじめたこの頃。

■もりおかの集積所(第四部)■ その156 大館町・柵との調和
090222odotecho.jpg

大館町も面白い集積所がそろっている。
こちらは東子供会に属するエリアにあるもの。
つぎはぎになった木材たちと三本線と柵との調和がすてきだ。

○桜山神社の例大祭が25日から。武者行列には南部家当主第46代・利文氏が登場(25日)
○春の高校野球県大会 盛岡大附が3位。優勝は花巻東(25日)
○岩手日報社の第71期決算 2億3900万円の営業損失、当期純損失は1億2400万円で2期連続の赤字
○盛岡市のジニ係数 世帯主所得0.3926、全世帯員所得0.4097(07年 市まちづくり研究所調べ)
○なまえ 晃祐、清流、美優、五月

もりおかのバス停 その22

もりおかのバス停 その22 北川久保


川久保は正式な地名としては消えてしまったが、交叉点名や病院名で残っている。
県交通もこの地名が好きなのか、路線名やバス停名で残っている。
県交通の旧地名を使う基準がいまひとつわからないのだが、このままでいてほしいもの。

「北川久保」は再販の本社ビル付近に存在。
このあたりといえば、とぎれとぎれな歩道も印象深い。
自転車ではけっこう難渋する区間だ。

■都南基幹Aルート、都南基幹Cルート(都南バスターミナル)
■南インター経由川久保線 511(盛岡友愛病院)
■川久保線 507・508(矢巾営業所)
■日詰線、青山・日詰線 <深夜>・601・602・603・616・618(矢巾営業所)
■北高田線 512、513、514(矢巾営業所)
■北上深夜線<深夜>(北上駅)
■見前廻り志和線、盛岡南高校線 608・610(日詰駅前)
■日赤経由みたけ線、日赤経由川久保線、雫石・日赤線 108・407・412・414・420(手代森ニュータウン南口)
■永井廻り志和線 607(日詰駅前)
■上田・都南BT線 318(都南バスターミナル)
■青山流通団地線 215(矢巾営業所)
■矢巾温泉線 515(パストラルバーデン)

090525 大通二丁目

5月25日(月)くもりに近い晴れ


大通のばくだん焼本舗。
店の前のベンチに座っているビリケンさんもマスク着用。
盛岡でも入手困難な事態になっている。

ばくだん焼本舗をちょっと調べてみた。
本社は茨城県筑西市になるという。
すぐにはどこかわからなかったが、市町村合併前の下館。

大通は平和そうに見えた。
緑の羽根のシーズンで、男子学生ががんばっている。
みちのく銀行が入っている宝来ビルはアーケードから下の部分が少し綺麗になった。

気温はあがっている。今年初めてスーツのみで出勤した。

(プチ定点観測 クロステラス盛岡)
090525kurosuterasu.jpg

角に看板でも設置されそうなでっぱりが現れる。

■もりおかの集積所(第四部)■ その155 北山・花の柄
090130kitayama.jpg

盛岡バイパスのガード下。ここらあたりは北山。ベアレン醸造所が近いところ。
木製のフタ付きタイプだが、そこに花と蝶。
絵がある集積所もありそうでなかなかない。

○国体準備委員会常任委員会 主会場の決定を持ち越し
○大通の全州は閉店した模様。看板が外されていた
○災害時に孤立する地域数(08年度調査)盛岡市 38地域
○旧県立図書館は内部は大幅リニューアルみたいですね。窓もなくなっている状態
○遠野ふるさと公社が運営する南イオンの「結いの市」1329万円の赤字
○定額給付金の給付率 盛岡市30.1%(22日までに実施に支給した割合 岩手日報社調べ)
○盛岡市の生活保護受給世帯 2,711世帯(09年3月末)1年間で260世帯増加
○ハローワーク盛岡の4月中の平均利用者 1日平均550人

もりおかのバス停 その21

もりおかのバス停 その21 柏木平


この「柏木平」という文字を見るたびに、旧宮守村にある同じ名前の場所を思い出していた。
もう何年も行ってないなあ。

このバス停は県道渋民川又線沿いにあり、渋民まではもうちょっと走る。
そして、笹平を経由して岩姫橋あたりに出ることができる隠れた交通の要衝でもある。

待合所はあることにはあるが、使われていなさそう。
その痛みは哀しいが、それが素晴らしいので難しいものである。

■玉山線 331(好摩駅、盛岡バスセンター)
(注)写真のバス停に貼ってある平日時刻表から

090524 なかの保育園跡

5月24日(日)くもり一時小雨


見石の「なかの保育園」跡はまだほぼそのままで存在していた。
民営化もあって、東安庭に新築移転した。

看板類こそ撤去されているものの、明日から営業できそうな雰囲気ではある。
外に配置されている遊具類も健在。
そして、この園内を走り回っただろう三輪車も余生の日々。

090524higashianiwa-kawara.jpg

ぼんやりと東安庭を軽く走って、用事がある時間を待つ。
簗川橋までの軽い坂道。そろそろここで盛岡にやってきたなあという感覚が薄れつつある。

■もりおかの集積所(第四部)■ その154 名須川町・細身
090130nasukawa-hosomi.jpg

盛岡バイパスと山田線が立体交差するあたり。
この小屋は古紙関係専門の様子。
細身の集積所ってあまりないので印象に残る。

○09年のミスさんさ5人が決まる(23日)
○県高校総体 100m女子 下沢田選手<市立1年>は2位(23日)

090523 向中野一丁目

5月23日(土)くもり、ちょっと晴れ間


向中野の西松屋向いに残る青い麦畑。
麦畑のシーズンにまともに向き合うのははじめてかもしれない。しみいるくらいの緑。
狭間の道を通る人たちは、意外に絵になる風景。

麦と言えば、伊丹幸雄の「青い麦」。
サビの部分しか覚えていないが、ひょうきん族に出ていた彼を思い出す。

090523yamadadenki.jpg

午後、眠りから覚めて、
きのうオープンしたヤマダ電機テックランドNew盛岡本店を見学。
道路が渋滞しているということはなかった。
きのうは1000人の行列ができたという。

入口からぽんという感じで2階へ。噂のワンフロアを目の当たりにする。
売場面積の約8,300平米は東北最大級なんだとか。
錯覚なのか、ゼビオスポーツのほうが広く見えたのはなぜだろう。

店内をうろうろしてみる。
書籍のコーナーはそれなりにあって、こだわりがなければ一通りの本は買える。
スペースはスーパーに入っている書店くらいはありそうだ。

もうひとつの売りでもある食品や日用品のコーナーも。
高いか安いかはあまりわからない。でもドラッグストアレベルのものはそろっている。
買えば、ヤマダのポイントがつくというところがポイントなのかな。

肝心の家電は今、欲しい物がないのであまり興味がなくスルー。
ということで初めてのNEWヤマダ電機での買い物は、日用品だった。

大きな店ができるたびに、思いを強くするコトがある。
またそれを実感してあとにする。
風と地について。

090523morioka-cm.jpg

そのヤマダ電機の裏手にあたるところにあるのが盛岡クリニックモール。
こちらは明日が内覧会。そして6月1日に入居している病院などは開院するらしい。

あと、都市再生機構岩手都市開発事務所は向中野のほうが解体中。
事務所はマイヤの近くへ移転している。

■もりおかの集積所(第四部)■ その153 東黒石野・ペタペタな小屋
090117higashikuroishino-gomi.jpg

小鹿牧場へ行く途中で出会った鉄製の小屋タイプ。
全面に掲示板なら注意書きが貼られているうちに味わい深くなったケース。

○運動会シーズン 大慈寺小学校でも開催
○下太田保育園よつば分園 増築工事中
○今日付けの岩手日報によると、神戸で盛岡の男性が新型インフルエンザに感染、神戸で療養中
○県交通は今日からのマスク着用を全乗務員に指示
○県民会館で開催予定だった「全龍福、ぺ・ヨンジュン共同漆芸展」は中止
○月が丘三丁目町内会が来月から回覧板を新調
→150班分で約18万円
○テレビ岩手は3期連続、岩手朝日テレビは2期連続の赤字
→テレビ岩手は組織改正も。編成技術局と報道制作局が統合によって誕生
○春の高校野球大会で8強決定。夏の県大会シード校に
 一関学院、花巻南、専大北上、岩泉、大船渡、盛岡大附、高田、花巻東
 →盛岡勢は1校のみ
○なまえ 萌々夏、芽依、悠莉、凌央


 

090522 南大通一丁目

5月22日(金)雨中心


青空も疲れたのか、ひといきな空。灰色の空と雨の粒。

南大通の駐車場。スロープに自転車2台。
対称っぽい姿がどこかひきつける。車止めがわりか。

お互いにこんなことになるなんて思っていなかったということはある。
でも、同じ場所にいて、同じ役割を果たしている。
それが本来与えられた使命であるかは別として、その奇蹟は考えてみたい。

090522higashiodori.jpg

久しぶりなお店に行って、久しぶりなメニューを食べた。
やっぱりあの食感は、家では作り出せないのだ。おいしい。じっくりと味わう。

雨はまだ多少降り続いてた。
アーケードでひとやすみしてから、雨空の下へ飛び出した。

■もりおかの集積所(第四部)■ その152 一高前・骨組みだけで
090112ichiko.jpg

上田の盛岡一高脇にある集積所。
木材の骨組みと網で構成するシンプルタイプ。
脆そうにみえるが、そうではないだろう。

○岩手公園のヒマラヤシーダ、27日から31日に伐採予定だった花時計側も延期
○新しいヤマダ電機はきょうオープン
○県立図書館 08年度入館者数 約53万4千人、図書資料購入費 約3460万円
→蔵書数 約65万2千冊(09年3月現在)
○31日は第12回YOSAKOIさんさ、45チーム出場予定
○県の発熱相談センターへの相談件数は累計で991件(21日午後5時30分現在)
○なまえ 桜子、蒼、乃愛、和瑚、柚稀、佳衣

090521 大通一丁目

5月21日(木)晴れのちくもり


アーケードに面した部分が更地なると、ちょっとつらい風景になる。
理容店の跡には不動産会社の看板が立ち、駐車場になったようだ。
いつも水産加工品を売っていたおばあさんは、家具のナガヌマに移動したらしい。
たしかに2階への階段入口で商品を広げ、がんばっていた。
今度は何か買ってみようと思う。次にふとやってくる勇気を待って。

090521saibansho.jpg

裁判員制度が今日から始まった。
とはいっても盛岡地方裁判所はひっそり。
石割桜もひたすら緑だったし。

県内の裁判員候補者は1,800人(うち辞退等で選任されない人は524人)。
角の看板は、いつのまにか「始まりました。」に変わっていた。
今日時点では盛岡で対象となる事件はない模様。

暑いということはたしかに言えた一日。
家に帰ると、定額給付金給付決定通知書兼振込通知書という葉書。
めくると、決定額、振込先、住所、対象者などが淡々と記載されていた。

■もりおかの集積所(第四部)■ その151 つつじが丘・ブロック塀タイプ
081220tutujigaoka.jpg

まだ、続けられそうなので第四部へ。
つつじが丘の県営アパートにて。
不統一な模様のブロック塀と錆びた鉄材部分の調和がすてきだ。

○岩手公園のヒマラヤシーダの全部伐採は見直しへ
○いわてめんこいテレビは2期連続の赤字。売上高は38億5053万円(前期比▲2.5%)
○盛岡地検に初の岩手県出身の女性検事がいるとのこと
○なまえ 友那、皐、優奈、渚紗、瑠華

090520 名須川町

5月20日(水)晴れ


なんだか良い天気が続くが、気持ちが青空についていけない。
それでも歩いて行くのが人生ってところか。

八日町の北都銀行跡地では整地がはじまっていた。
どうなるかは見ただけではわからない。

名須川町の成瀬跡に建設中のクランズスクエア仁王ガーデンコート。
「城下町マナーハウス計画」というコピーで売り出し中。
ここは大きな機械が幾つかあった。杭打ちかな。

そして、そこからすぐそこの陣ケ岡商事配送センター等跡地。
まず家が一軒建ちそうだ。

090520daisenji-hondo.jpg

大泉寺口バス停に出会ってしまったせいで、そのまま大泉寺へ足を運ぶ。
門のまわりの緑は美しい。そこで本堂が市の保存建造物だということを知る。
昭和54年の指定。認定番号は第15号。
文政年間(1818~1829)の再建で、屋根のかたちは宝形造といって、それがポイントらしい。

ここまで来たら、おかんの墓へ。手を合わせる。
そしてついに、石で墓石を叩いた。
本当に言われているような音が響いて、ちょっぴり感動。
石を叩くなんて何年ぶりだったろう。

あと、たぶん二度としないことをした日でもあった。
あっさりと終わった。これでいいのかってくらいに。

【不定期連載】橋のプレート その146 大沢川橋
090503osawagawabashi.jpg

国道396号、手代森小学校近くで見つけたまさかのプレート。
車だとあんまり橋を意識しないで通り過ぎていたのは「おおさわがわばし」。
そのままだが大沢川に架かる。川は手代森と黒川の境を形成することとなる。
竣工昭和60年6月。

○第61回県高校総体の開会式@運動公園
○みたけ地区自主防災会が木賊川の橋に名前をつける
→11箇所の橋に名前がついたみたいだ。行かなくては・・
○盛岡地方気象台のトップは「台長」さんなんだ
○なまえ 純、結凛、心那、唯那、嵩琉、颯志、蒼介、謙伸、莉彩、優愛

090519 中の橋

5月19日(火)晴れ

(何かが違う)
中の橋からの風景。どこかが違います。
カメラの違いもありますし、写術の未熟もありますが、違いはちゃんとあります。

■きょうの中の橋から


■5月15日の中の橋から
090515nakanohashi.jpg

きのうの強風で伐採されたという中津川の小さなスロープにあった木を見に行った。
たしかにそれはなく、切り株だけがあった。
内部は空洞だったようだ、痛んでいたのは確かだったのだろう。

気になる人はいるようで、いつも見えるものがないというので遠回りしてきたという人と話もした。
伐採される樹木も多い中で、そのときまでいられたのは幸せだったのだろう。
橋から見る、ぽつんとした佇まいが好きだった。
けっこう重要な景観を形成していたと思う。合掌。

【不定期連載】橋のプレート その145 徳田橋
090503tokutabashi.jpg

矢巾町と盛岡市を結ぶ重要な「徳田橋」。県道大ヶ生徳田線にある。
悩みは古いということで、実際、歩道は別仕立てになっている。
車の部分も古さ否めない。
橋のプレートは読みこそないものの、文字は達筆。これが徳と読むんだと勉強になる。
親柱には橋の概要が書かれているプレートもある。これは珍しい。
橋長 361.0米、巾員 6.0米、橋格 2等橋、
型式 ワーレントラス合成桁、事業費 139,666千円、鋼材 379.23屯
これはできた当時のものだろう。
昭和37年11月竣工。(実は竣工日プレートも難読)

○2巡目岩手国体の準備委員会総務企画専門委員会 主会場は北上が適当
○岩山漆芸美術館は8月1日再オープン
→今は女優のキム・ヘスさんが来ているらしい
○宮澤寺は今年秋に本堂を壊して新築する予定
○新庄町町内会は1961年に結成
○北松園中の1年生は雫石の長川体験農園で田植え体験をした
○きのうの強風で、十六羅漢のカツラも被害。一部伐採
○なまえ 奏風、愛子、太一、凰治郎、彩羽、丈也

090518 上ノ橋町

5月18日(月)雨、虹、強風、晴れ


朝、ラヂオから「虹が出てますよ」との声。
探してみるが、あいにくビルの隙間からしか見えない。
なかなかすばらしそうな片鱗。ちゃんと見たかった。

風が強い一日。きょうは被害が出たらしい。
中野や東仙北でアパートの屋根が飛んだり、中の橋下流の小さなスロープにあった木が折れてしまったり。
最大瞬間風速は23.6メートル。

あの日も風が強かった。
まあ、そんなことを思いながら、いろいろと。

(プチ定点観測 クロステラス盛岡)
090518kurosuterasu.jpg

鉄骨は大通入口まで到達していた。

(きょうのピカデリー)
090518pikaderi.jpg

人が描かれると、看板の絵らしさが出てくる。

○今年の姫神山の山開きは雨(17日)
○もりおか自転車マップを土曜日に入手
→自転車走行幅が100センチあるところは少ないことがわかった

090517 月が丘一丁目交叉点

5月17日(日)雨


国分通りが交叉する月が丘一丁目交叉点。
混んでいるときは車ではあまり通りたくない道。
交叉点の風景を構成していたのは、盛岡レンズセンター青山店。
やはりひっそりとしていて寂しそう。

090517foreru.jpg

こちらはレンズセンターから道路を挟んで反対側、やまやがある一角。
いつからかは知らないが、買円隊だった部分が「フォーエル」になっている。
大きなサイズのお店らしい。

運動公園方面へ北上すると、月が丘橋の工事は終わっていて欄干が立派になった。
Doki-Dokiみたけ店も営業はしているが、外壁などが工事中。
お店の名前も変わってリニューアルするらしい。

終日雨。
壊れたものを幾つか補った日。

【不定期連載】橋のプレート その144 夏間木橋
090429natubagibashi.jpg

好摩の南で静かに松川を渡っているが「なつまぎばし」。
センターラインも歩道もないが、親柱はけっこう立派。
プレートの文字も太めで堂々としたもの。
渡ると、下田地区を走ることになる。裏道として使えそう。
昭和62年7月竣功。

○ユニクロイオン盛岡南SC店は5月29日オープン
→アネックスカワトク店は28日で閉店
○16日 県新型インフルエンザ対策本部連絡会議。12病院に発熱外来設置を要請
○盛岡市も市健康危機対策本部を16日に設置
○第31回県高校将棋大会 岩手高校A1が優勝。2位は岩手高校A2

もりおかのバス停 その20

もりおかのバス停 その20 盛南大橋南


盛南大橋は今ではすっかりと欠かせない道路網の一部として存在している。
行き止まりだった頃はすでに懐かしいが、先へ行けるからこそ、この橋の存在意義は増した。

そんな橋で本宮地区に入ると最初にあるのが「盛南大橋南」。

味わいどころは、ガードレールで作られた分離帯。
他に適当な場所がなかったのか、次とのバランスもあったのか、変わった場所にある。
この「仮」な感じがたまらないというか。

整備構想があるのだろうが、どうなるのかはわからない。
ただこのままというわけではないのだろう。
素っ気ない系の名前と仮な感じがうまく調和しているバス停。

■都南基幹Cルート(都南バスターミナル)
■ゆいとぴあ東循環線 517(盛岡駅)
■イオン盛岡南SC 500(イオン盛岡南SC)

090516 盛岡駅前北通

5月16日(土)くもり気味


橋市さんの近くにあるのが「市営盛岡駅前アパート」。
「駅前」という単語にどんな定義があるかは知らないが、そういう名前になっている。
ローソンや橋市武道具が1階にあるほうが1号館。
長く丸みを帯びた窓が4×4あるのが特徴。
交通量が多い道路沿いでもあるし、必須なんだろう。
盛岡のアパートとしては良い顔しているほうじゃないかな。

090516sakaida-sakai.jpg

駅前周辺はけっこういろいろとお店が変わっているし、新しい建物も建築中だった。
うろうろしながら時間をつぶす。
山田線の列車が北上川を渡るのに出会ったり、多少の幸運を使ったりする。

そのうち、自分は線路を越えて境田町あたり。
中屋敷町との境目を走る道の交叉点。
狭く見通しも悪いが、どこか印象に残っている場所。
ここに出ると、迷い道から抜け出た感覚がする。

それから、ほどなくカメラが息絶える。
ほんと静かに。涙。

【不定期連載】橋のプレート その143 古川橋
090429furukawabashi.jpg

好摩の東と松内の南あたりで松川を渡っているのが「ふるかわばし」。
歩道こそないけれど、親柱は立派な黒い石。そこに橋の名前が直に刻まれている。
生出小やユートランド姫神あたりから好摩駅を目指すと通ることになる。
平成2年2月竣工。

○岩手競馬盛岡開幕。ルー大柴氏がやってきた
○仙北町の虚空蔵さんは丑年なので、11年ぶりの大祭らしい(7月11日~13日)
○盛岡白百合学園小の大運動会は紅白に分かれる
○ステファノアンテルナチョナーレ(旧モードイトウ)が破産申請へ
○岩手銀行と北日本銀行は09年3月期の決算は赤字決算
→岩手銀行は実質初めての赤字(設立直後1932年、終戦後の1946年を除く)
○県北バス関係
・滝沢村内では7系統148本が運行
・盛岡市内では36路線50系統(都市間高速バス除く)
→走行延長は81キロ、県北バスのみの延長は11キロ
→主な県北バスの単独区間(上堂交叉点~運動公園登はん競技場付近など)
○なまえ 暖、廉、愛結咲、寛太、丈士

もりおかのバス停 その19

もりおかのバス停 その19 県立大教員住宅前


サンタウンの端にあるアパート群は県立大学の教員住宅。
県大ができて10年が過ぎたが、まだ新しい雰囲気は残っている。
そのため一応、県大までのバス路線が設定されている。

小鳩児童公園の前に赤と緑の2つのポールがある。
県交通の方は色あせ系でさみしそう。

ちなみに運行本数は、県交通は盛岡大学行きが1日4本。
県北バスは県立大学・農業高校行きが1日1本。
これで通勤している人がいるんだろうな。

近くにあった国民年金健康センターは閉鎖され、解体された。
ただし住宅地として生まれ変わりつつある。
でも、このバス停にはほとんど影響を与えることはないだろう。

■松園・盛岡大学線(松園営業所、盛岡大学)
(県北バス)
県立大学・農業高校
松園一丁目

090515 清流荘

5月15日(金)晴れたけど


「中津川べり」が面白い。
小さな絵画展を見てから、川沿いを歩くと対岸の建物に目が行く。
中津川を隔てた距離感がいいのだろう。
近くも遠くもないから素に近い気持ちで向き合える。

これは県立中央病院の清流荘。
今は使われているかどうかはわからない。
それから、この川の近くに病院があった証でもある。

4階建てなんだということ知った。
画面左側にある突起がかわいい。1階のドアの配置も微妙にずれているんだ。
それに緑の木が彩りを添えている。

090515fujimibashi.jpg

いろいろあった一週間。
こんなに中身が濃い日々はそうはないだろう。
人の優しさに救われながら、生きているんだと今更ながら。
だから今までもらった分は、やっぱり誰かにあげないといけない。

【不定期連載】橋のプレート その142 石花橋
090429ishihanabashi.jpg

再び松川の橋。
「いしはなばし」は松内と好摩を結ぶ。
親柱はあるけど、欄干はガードレールタイプに近いもの。
昭和46年9月竣功。

○岩手県北自動車関連
・1943年に岩泉町で創業。1979年に盛岡市に本社を移転
・負債総額約92億円
・224系統のバスを運行
・今年の3月期は約25億円の売り上げ。3億8千万円の赤字
○西根温泉ゲンデルランドが破産手続き
○赤ちゃん1人当たりの出産費用 岩手県は400,318円。全国平均は423,957円
○盛岡赤十字病院の緩和ケア病棟が18日オープン
○岩手経済同友会 代表幹事の一人に小苅米氏(ジョイス会長)を新任。永野氏は再任
○滝沢村IPUイノベーションセンター開所
○開運橋の交通規制は7月に解除。10月から反対側で工事予定
○なまえ 舞由香

もりおかのバス停 その18

もりおかのバス停 その18 下太田沢田


中野のシンボルの一つでもあった河南病院が名前を変えて移転したのは平成18年のこと。
今は「孝仁病院」として中太田でがんばっている。
市内を代表する病院みたいで、バス路線は設定された。

バス路線マップを見ると、下川原からちょろちょろと伸びているところがかわいい。
鉄道で言えば、盲腸線といったところ。
終点の孝仁病院前の一つ手前が「下太田沢田」。
区画整理の新しい街並にひっそりと立っている。

ここは売り出し中の「太田三百年桜」への最寄りのバス停。
桜はまだ昔ながらの住宅地の中をうねうねと進むと静かに存在している。

■孝仁病院線 423(盛岡バスセンター、中野一丁目)
※日曜日・休日運休

090514 盛岡バスセンター

5月14日(木)雨やくもり、そしてなんとか回復へ
090514kenhoku-basu.jpg

岩手県北自動車が東京地裁に民事再生手続開始の申し立てをしたそうだ。
きょうの岩手日報朝刊では「抜本的経営再建へ」という見出しだったが・・。

ウェブサイトのプレスリリースを読むと、
これまで営んできた各事業は、継続するらしい。
そしてバスもすべての路線でこれまでどおりのダイヤで運行するという。
事業の再生のため、株式会社経営共創基盤と支援について基本合意を締結。
メインバンクの北日本銀行も一定条件下で支援を前向きに検討とのこと。

バスセンターの構内にはおなじみの色のバスがいた。
どこか寂しそうに見えないなくもなかった。

県北バスというと、住んでいるエリアの関係もあって見るだけという日々だ。
乗った思い出といえば、106急行と盛岡駅から内丸まで数回程度(100円なのだ)。
バスカードは駅前の切符売場の関係で何枚か買ったことがあるくらい。
なんとか再生してほしいもの。



移設予定の世界アルペンの記念碑を見る。
横に手形の解説があることを今更ながら知る。

これはメダリストの手形で、上の3つだけ書いてみると
ウルス・リーマン、チューティル・アンドレ・オーモット、ケート・ベース。
裏側も初めて見る。当時のマスコットの絵があった。

周囲を覆うヒマラヤシーダー。
ヒマラヤスギのことだが、マツ科に属するものなんだそうだ。

【不定期連載】橋のプレート その141 永井橋
090429nagaihashi.jpg

芋田橋から北上。途中、舛沢橋というのがあるが、残念ながらプレートなし。
となると、次は「ながいはし」。でもそんなに長くないということは前に書いたかも。
岩手町川口の風景が見える。ここが今では盛岡最北端の北上川の橋となるわけだ。
平成10年3月竣工。だからプレートはやや新しい感じ。
(とは言っても10年は経過しているのだが)

○連休中の県内観光客入り込み数(県観光協会まとめ)
・小岩井農場まきば園 79,277人(前年同期比 32.6%増)
・盛岡手づくり村 36,340人(前年同期比 9.7%増)
○連休中の県内のJAF出動件数(4.29~5.6)高速道77件、一般道435件

○県人事委員会が県職員の期末手当・勤勉手当(6月支給分)0.2ヶ月分凍結の勧告(13日)
○なまえ 凰希、結音、和奏、乃愛、万葉、優弥

もりおかのバス停 その17

もりおかのバス停 その17 東銀大館町支店前


大館町は好きなところ。
短いけど幅が広い道路があったり、駐車場が広いコンビニがあったり。
大館児童公園の風情も独特な趣きがあり気に入っている。

現在の大館町のメインストリートはバスが通る道と思われる。
お店が集中しているあたりは「東銀大館町支店前」バス停である。
銀行の一支店がバス停名になっているのは、盛岡周辺では矢巾にあるくらいか。
ちなみに「大館町」バス停はこの北にちゃんとある。

バスセンター行きのポールは田んぼに面していて、かつての面影をしのばせる。
ポールが乗っているのは丸い構造物。こんなおもちゃがあったよな。

■滝沢ゆとりが丘団地線 222(盛岡バスセンター)

090513 富士見橋

5月13日(水)晴れ、風は強し


今日のことを書いておこう。

五月の風はずっと強く吹いていた。
下小路は相も変わらずまっすぐで、富士見橋からはまた白が少なくなったあの山が見える。
周囲を見渡せば、いろんな形をした雲がそれぞれに浮かんでいた。
中津川の流れは澄んでいて、対岸の銀杏は少し傾きながら新しい緑になっている。
だが、番屋は電線の狭間で黙々と空を指していた。

川留稲荷には珍しく人がいて、ちょっと焦る。
だからというわけではないが、いつもより桁が多いコインを賽銭箱に入れた。
中津川べりの建物たちを見直して、役所で新しい知識を期せずして学ぶ。
そしてヒマラヤシーダは光の影に沈んでいた。

やがて再び富士見橋に立ち、夕方を迎える。
空は青がまだ優勢だったけど、下からぼんやりと夕焼け色に変わっていった。

風は強かったけど、晴れて、空がとっても綺麗だったよ。
そんな日だったと覚えておこう。

○大通の理容川村の建物が消えていたよ
○ラオエムコートに個別指導塾まつがくの看板があった。岩手でも9教室展開
○葺手町の浅沼醤油店の建物が改装中。6月6日「食楽日和(くらびより)」がオープン予定
→オリジナル調味料のお店とあった
○加賀野の「わんちゃんホーム」は4月20日移転していた
○盛岡市の定額給付金 明日(14日)から振込開始
→8日時点で約9万世帯が申請済み(全体の7割)
○花粉症全国アンケートで1日のくしゃみ回数 岩手県は12.8回で北海道とともに最下位
○下米内字伊勢の沢に採石場の計画が再浮上
→中津川と米内川の合流点にある取水口は新庄浄水場へ。それから中心市街地、盛岡駅前、浅岸などへ給水
○なまえ 愛結、桜珠、衣咲、颯、煌・悠、陽依、暖天、舞、那友、瑛斗、こはる

090512 内丸

5月12日(火)くもり、夜には雨


現在整備中の市の歴史文化施設(旧県立図書館)。
そこの道沿いにあるヒマラヤシーダがすべて伐採されるという。
岩手国体の頃に植えられたもので、全部で59本。
うち大型バスの進入路整備に関連する花時計周辺の24本は27日から31日に伐採。
残りも眺望を確保するため、年内にはサヨナラという。
気に留めてもいなかった風景だが、雨の日はアーケードがわりだったなあ。
かなり降っても地面は濡れることはなかった。

そしてアルペンスキー世界選手権盛岡・雫石大会の記念モニュメント
(アルペン手形というらしい)は花時計の東側に移設される。
これは6月~7月頃の予定。

最近、昔の盛岡を勉強中。市立病院が岩手日報のところにあったそうだ。
「四方園の市立病院」と書いてあった。昭和35年に神子田に移転。
もうそれすらも本宮へ移転してしまっているのが、現在。

090512onishi-tamiko.jpg

上の橋まで来て、先日除幕式があった大西民子さんの歌碑。大きい。

「きららかについばむ鳥の去りしあと
          長くかかりて水はしづまる」

本人の直筆と曲がつけられているらしく楽譜があった。

場所に似合ったいい短歌だとは思ったが、そこまでの感想しか持てない自分の限界。
ついつい興味深く見てしまうのは、歌碑の向こう側の中津川べりの風景だったりする。
杜陵美容室が案外素敵なたたずまいだとか。

みんながみんなじゃないから、このセカイはなんとかなっている。

ただ、こんなふうに盛岡から遠く離れて頑張った人たちを顕彰することは大事なこと。

090512mosaodori.jpg

そして猛者踊りの日でもあった。
見ているだけで寒そうな気温だったよ。きょうのこの町は。

【不定期連載】橋のプレート その140 芋田橋
090429imodabashi.jpg

県道好摩停車場線は北上川を「いもだばし」でクリアする。
緩くカーブを描いて、ほどなく国道4号と接続。
やや朽ちかけている親柱も積み重ねた日々のあかし。
昭和50年3月竣功。

○盛岡市が8日で交通死亡事故ゼロ半年を達成
○盛岡市が「もりおか交通戦略案」「道路網計画の見直し案」を公表。15日からパブコメ
・道路整備の規模を縮小して、完了までの期間を30年に短縮
・4車線で整備予定だった路線を2車線に。本町上田線など7路線
・鉈屋町、神子田町の整備計画の廃止
○盛岡市がDV被害者に独自給付金。東北初
○JT、新化食品の工場閉鎖に伴う市税収入は最大で3億円減少
→うちJT関連は約2億7千万円(従業員の個人住民税全額減少、工場を撤去して更地としたケース)
○なまえ 心瑚、芽依、啓悟、綸良、仁恋、亜美、葵、仁、美琴、晨

Template Designed by DW99