180506 南青山ともだち公園・南青山幼児公園

2018年5月6日(日)くもり
180506mianamiaoyama-tomodachi.jpg

連休最終日。南青山町にいた。
西部公民館から大新小学校、大新保育園。なんか変わらない。
そこから細い道を通り、再び道幅を回復。
土が目立つ土地もちらほらな感じのところに南青山ともだち公園はあった。
中くらいの木が公園を取り囲み、緑が強い印象。

180506tomodachi-suberidai.jpg

0.02ヘクタール、平成7年3月31日開設。
メインは日都産業の二本足の滑り台。
他には砂場と水飲み場があった。

180506minamiaoyama-yoji.jpg

そこから西へ。また細い道を通り、再び道幅を取り戻す。
同じようなことを繰り返した後、行き止まりのところに南青山幼児公園はあった。
0.03ヘクタール、昭和54年3月31日開設。
幼児公園では古いグループの一つ。

180506minaao-suberidai.jpg

遊具は滑り台と鉄棒。
更新されたみたいで、コトブキの赤い一本足が立つ。
春のなので手前の丸い花壇にはチューリップ。まさに花を添えていた。
他には砂場と水飲み場。基本施設はある。

(大館町遺跡)
180506odatecho-iseki.jpg

大新小学校の柵には、大館町遺跡の案内表示があった。
「縄文時代中期のムラ」「岩手県指定史跡」の文字。
そのまま矢印を辿ると、要所要所にまた矢印付きの看板。すごい。

180506odatechoiseki2.jpg

最後の住宅のところは、通っていいのかなとおもったりもするが、その先には広々とした風景があった。
ここも、こんなことを始めた頃に出会って、強い印象を受けた場所。
当時は遺跡だとも知らず、感動したものだった。
散策路や看板は整備されたが、基本的な雰囲気はあの頃と変わらないと思う。

(青看)
180506aokan.jpg

ツレが気の毒だったので、南にある遊び場へ連れて行くことにする。
南インターチェンジの手前にあるコンビニ付近。
青看が地上に置かれている。ディファレントな雰囲気を写真に収めておく。

○5日未明に大きな雷
○さわや書店は1947年に今の本店がある場所で本や文具を売ったのが始まりだそうだ
→茅町にあった赤沢号支店の新規事業だったとのこと

この記事のトラックバックURL

http://iwatelife.blog7.fc2.com/tb.php/5541-a1170803

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99