180526 やまがら児童公園・北松園楸幼児公園

2018年5月26日(土)快晴から晴れへ
180526yanagara-jido.jpg

サンタウンへ。
岩手山通りに入って、北松園二丁目にある、やまがら児童公園。
0.23ヘクタール、平成元年3月31日開設。
ほぼ平成と歩んできた公園な訳だ。

180526yanagara-buranko.jpg

ヤマガラはシジュウカラ科の鳥らしい。
4連あるブランコに鳥がのっかっているのだが、あれなのだろうか。
他には、コトブキのザイルクライミング、砂場、水飲み場。
そして、トイレも置かれている。

180526yamagara2.jpg

残りは普通に広場になっている。
比較的大きな公園だが、地面はやや荒れ気味な印象だった。

180526kisasage-koen.jpg

次は、比較的近くにある北松園楸幼児公園。
団地の端にあるので、隙間から岩手山が見える場所がある。
いや近い。小鳥沢の団地を手元に置いて、山が迫ってくる。
公園名は、現地の看板では「楸」と漢字だった。
「きささげ」を読むわけだが、ノウゼンカズラ科の木らしい。

180526kisasage-suberidai.jpg

公園に楸があるかは、僕はわからない。
0.02ヘクタール、資料では平成15年3月31日開設。
北松園の他の児童公園と日付が違うので、なんかあったのかな。

滑り台が2台あるのは、面積にしては珍しいかも。
ノーマルなのは、日都産業の4分の3の一本足。塗装は傷んでいる。
もう一つは、LANDSCAPE STRUCTURESの幼児用の滑り台。
こちらも時代は刻んでいそうな色になっている。

180526kisasage-panda.jpg

さらに、スプリング遊具2台。片方はパンダ。
また、今までとは違う顔していた。
白目が独特なのかな。

180526takamatunoike.jpg

午後、ツレがなんか気の毒だったので、高松の池へ。
スワンに乗る。自分もこの池で乗るのは初めてだろうか。
30分で1000円だった。

ツレの足では、やや動かしにくいペダル。
ということで、動力は自分が担うはめになり疲れる。
水上からはこう見えるのねと誠桜高校と向き合う。

180525takamatu-jyutaku.jpg

旧競馬場跡にも行くが、思ったより遊具は少なかった。
南半分を軽くフラフラして帰る。

その途中、高松の旧サンクス(今ファミマに改装中)のところを入ったところにある住宅群。
なんと解体中だった。

○山王小5年生21人が学校田で代かき作業(25日)
→40年間農業指導をしてきた石川さんが今年で引退
○絆まつりの有料臨時駐車場は3箇所。1台3,000円
→滝沢市役所周辺、盛岡タカヤアリーナ、いわぎんスタジアム

この記事のトラックバックURL

http://iwatelife.blog7.fc2.com/tb.php/5561-017df04e

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99